このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
骨の啓示
 
2014年12月6日 8時44分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


八月一日の夕方、姪をかじってきれいなひとつの大きい骨を捨ててしまった庭で、時間は長くない、私を見ての骨の上に登って十匹のアリが、翌日の朝、私は驚きを発見して、骨の上に殘ってしまった肉、己は、あと一枚白骨。

私と友達の家で一度の訪問、友達は人の教師が、彼の小孫女が4歳で、一文を読んでてきた。私は意外にもほめて、さすがに教師の孫娘、変わって、頭も賢い。彼は、何が変わって?私はただ子供から2歳以上を育成して彼女の愛を勉強の習慣で、たとえば識字でしょう、三四日彼女の認識の1個の字、三日後に固めという字の基礎の上で、彼女の新しい字を教えては、毎月、認識の字数はどれだけ長い時間、それ大数字。

簡単な言葉が、深い哲理を含む。を思い出して、平凡な大衆、大事な人があまりにも少なく、多くの人の場合はしないいくつかの具体的な、こまごました事、単調な。大事な人にしては一種の恒心を堅持する。

<ひと抱えの木、生とも木、九層の台から塁土、千裏の道も一歩から。この道理>を十分に説明ちりも積もれば山となる。

一滴の水を見て、ぱっとしない限りだが、長期的に一滴一滴一滴を貫くことができて、それは大石。

一本の麻縄も見える、目立たない限りだが、長期的にドラマを続け、その大きい木ドラマ切れ。

まさに<氺滴の石を穿つ縄ドラマ木切れ>よ!

生活の中で、いくつか人は常に自分のせいなのができない大事なことは、自分のやっていることを除いて無道のほか、ポイントは自分を堅持することができる、遅いのは怖くない、恐れはないのを堅持することができる。まるで山に登って、あなたを出た第一歩、頂上まで近い1歩、あなたが一歩一歩上へ登って、ゆっくりでも来ないと、あなたの希望がピーク。

アリがかじる純大骨でできない人ばかりの肉を、それを堅持することができる。

四歳の女の子が短文を読んでて、からじゃないのは先生の子は賢いので、先生とのか懂得、続けることが大切。

一人で、生活の中で、何をするにも事さえあれば、あなたのこの件は常識に合い、あなたを堅持して、が成功した時に。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/caomei/313379
くる天
プロフィール
caomei123 さん
皆(o’ω’o)ノオツカレサマ〜☆
地域:北海道
性別:女性
ジャンル:日記 20代
ブログの説明:
ライフ、健康、恋愛などの雑談です。
カテゴリ
全て (51)
アクセス数
総アクセス数: 8489
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 0
RSS
最近の記事
12/07 08:14 初冬の雨が降りました
12/06 08:44 骨の啓示
12/05 08:36 初対面の男の子?
12/04 08:57 暖かい女子として、そっと笑って、淺い愛
12/03 08:29 病気の夜、病気の小儿
12/02 08:09 明日こんにちは
12/01 08:25 病気で荒れ、病
11/30 08:07 吾の心、吾が思、我が語、吾記
11/29 08:14 兄嫁は一生、私のあなたに借りがある
11/28 08:41 一言一言一情、一感
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved