このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
のぶさ さん
だらだら記byのぶさ
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:日記 20代
ブログの説明:
ゲームとか映画とか音楽とかつれづれっと。
カテゴリ
全て (6)
アクセス数
総アクセス数: 9732
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 0
RSS
「SILENT HILL 0」 プレイ ?
 
2008年5月17日 12時17分の記事



「SILENT HILL 0」を始めました。

主人公は30代くらいの渋い男、トラヴィス・グレイディ。
このゲームの前にプレイしていたのが「DEMENTO」だっただけに、なかなか頼もしく見えます。少なくとも、スっ転んで敵に殴り殺される心配だけはなさそうです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。




トラックの運転手だそうですが、夜中にひとりで人気のない暗く長い道をひた走るのはもはやアメリカのホラーの常識!なんでしょうか?当たり前のことですが、危険フラグがビンビンに立っています
人を轢いていてもいいから、トラックから降りないでそのまま走り去るんだ!と、誰もが思うことでしょう。。。


しかしトラヴィスくんはとてもできた男なので、トラックから降りて生死の安否を確認してしまう・・・

さらには、女の子を見つけると、

「こんな夜中に女の子がたった一人で危ないじゃないか!」

と、女の子を探してサイレントヒルの町へと歩いていきます。
むしろ、自分が変質者
操作に慣れずにフラフラ〜っと歩いている様子が、さらに変質者指数を上げています。自分でも怪しいと思う・・・。

歩く。

・・・歩く。

・・・・・・歩く。

そう、私は取扱説明書を読まないヘタレプレイヤー。
「走る」ことができるなんて、分からなかったのです!!


やがて燃え盛る家から少女を救出し、気絶して、いつの間にか町の中に・・・・

それでも少女の安否を心配するくらい、トラヴィスくんはよくできた男なのです。
でも私的には少女よりもボンキュボンのお姉さんの方が好き。
ノロノロと病院を探しだし、ノロノロと病院内を探索します。

というか、ぼろいなこの病院
こんな病院に運ばれたとしても、助かるものも助からない
入院しようものなら、膀胱炎になること必然。
だってどのトイレのドアも開かない
し。。。

エレベーターで2階に上がり・・・

敵が登場!!
グラマラス(?)なナースさんです。


ハンマーを手に取り、さあ攻撃を――――

・・・・






間違って
ナースさんの胸に飛び込んでしまった!!!

もちろん持っていたメスでグサグサにやられてしまいました。。。
うん、まあ、正当防衛と言えるかもしれないけどさ、刺しすぎでしょ(=プレイヤーがヘタレなだけとも言う)。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved