このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
カテゴリ
全て (64)
セフィクラ (10)
ヴィンクラ (7)
ザックラ (6)
セフィルー (2)
ツォンルー (13)
レノルー (6)
ルドルー (1)
リブルー (1)
セフィザ (5)
ルドレノ (1)
セフィジェネ (1)
アンジェネ (1)
クラティ (1)
単体 (8)
最近の記事
07/05 14:33 本家サイトのお知らせ
11/17 01:48 うまくいかない日のコーヒー
10/05 08:22 希望という名の
10/03 01:03 わずかな時間の進み
06/15 15:21 10分の決断
02/17 01:59 記念樹
12/07 00:08 幸せの言葉
10/13 02:44 愛した記憶
09/02 01:46 自己満足
08/21 00:53 ロクでもない俺の傍に
RSS
最近の足跡
足跡はありません。
アクセス数
総アクセス数: 61089
今日のアクセス: 6
昨日のアクセス: 11
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
リンク
■オウエンマテリア(拍手)
■メール
ブログ内検索

ロクでもない俺の傍に
[レノルー]
2011年8月21日 0時53分の記事

■レノルー:SWEET■
人はなぜ誰かを求めるのだろう?
どうか馬鹿笑いをする為ではありませんように。
願わくば一番弱い心の奥を支え合う為でありますように。
 

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


気持ち悪い。吐き気する。
目ん玉の奥が痛い。
俺、病気かな?
俺、死ぬのかな?

そんなことをいつまでもいつまでもぼやいてる。
体調不良は嘘じゃない。
けど病院にいくまでもないかと思ってる。
死んだらそんときだろ、くらいに生きてるから。

しかしそれにしても体調悪い。
こんなふうにダレてるときは、もう何もしたくない。誰とも話したくない。
だけど、それなのに、誰とも繋がっていないと思うのはあまりにも辛い気がした。

誰ともいたくないのに、それでも孤独は嫌だ。
そんな馬鹿馬鹿しい我儘を胸に、ぎらぎら光った太陽の下でせめてもの呼吸をする。

ああ――――やっぱ死ぬのかな、俺。





「だから。どうして医者に診てもらわない?」

「俺、社長と違って温室育ちじゃないんで」

「はあ?今はそんなこと言ってる場合じゃないだろう」

あきれ果てた社長の顔を見るのも何だか面倒で、俺は眼を瞑って言葉だけの返答をした。

あーあ、本当だったら楽しいデート中のはずが、俺の体調不良で全部、ぱあ。
俺だって悔しいんだよ、そりゃあさ。

だけどルーファウス社長が悔しがってるのは、どうやらそういうことじゃないらしい。そもそも体調不良なのにわざわざ呼び付けるな、ということらしい。

ちょっとくらい良いじゃないか。
こんなときくらい。

レアカードだぜ?
こんな弱気なレノ様は。

俺は俺の大好きな赤いベッドの上で、うだうだとそんなことを考えていた。

「悪いが、私はお前が思っているより忙しいんだ。体調不良は医者に治してもらえ。私を呼ぶのはその後にしてくれ」

「冷たいなー」

「冷たくない、私は真っ当なことを述べている。私には、お前の体調不良の原因も症状もその解決方法も分からない。自分にできないことをそのまま放置するのは嫌なんだ」

「そうなんだ」

「そうだ」

確かに、社長は真っ当なことを述べてるのかも。
社長は医者じゃない。
つまり、専門じゃないやつに、こういうことは分からない。

だけど何でなんだろう、社長。

俺の体調不良は、確かに医者が治してくれるかもしれない。けど、俺の弱った心は、医者じゃ治せない気がするんだ。
それはだから、社長が専門なんじゃない?
俺の場合は。

「じゃあ、私は行くからな」

社長は俺の傍から離れると、俺のテリトリーから離れようと玄関へと足を向けた。

俺の家。
俺のテリトリー。
本当だったら、俺のテリトリーに入った瞬間に、誰も逃がさないのが普通なのに。
それなのに今日はどうやら、完璧なる歩行者天国。

「…なあ。ちょっと待ってよ社長」

「?」

俺の目は相変わらず閉じたまま。
けど、社長が立ち止まったのが分かった。

「傍にいてよ」

「え?」

「傍にいてよ。俺、治してほしいなんて思ってないから」

治してほしいわけじゃないんだ。
そりゃあ体調不良じゃない方がいいにきまってるけど、だけど治してほしいわけじゃない。

視界がぐるぐるする。
汗が噴き出る。
ああ、熱があるんだな。
だけどそんなのどうでもいいよ。

俺が欲しいのはさ、社長――――。


「…何だかお前らしくないぞ、レノ」

「たまには良いだろ、こんな俺も」

俺は頑張って口の端をくいってな具合に上げて笑ってみせた。
だけど目は閉じてた。
これが今の俺の精一杯。

目を開けたら、そこに社長はいないかもしれない。
けど、閉じた目の中にはいつでも社長がいるんだから。

そうだよ。

俺が欲しいのは、ただ一つの事実。


「――――仕方ないやつだな、この我儘男」


ちょっと甘い響きの台詞が俺に振りかかる。
俺の顔に影が出来て、やがてその影はひんやりとした感触を俺の唇に落とした。

折角のこのチャンスに、俺はその唇を貪ることすらできない。

ああ、でもいいや。
だって俺、これでも今、マックス嬉しいんだ。


社長が他の誰でもない、こんな弱ったロクでもない俺の傍にいてくれてるんだっていう―――――その事実。



END

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved