このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
カテゴリ
全て (64)
セフィクラ (10)
ヴィンクラ (7)
ザックラ (6)
セフィルー (2)
ツォンルー (13)
レノルー (6)
ルドルー (1)
リブルー (1)
セフィザ (5)
ルドレノ (1)
セフィジェネ (1)
アンジェネ (1)
クラティ (1)
単体 (8)
最近の記事
07/05 14:33 本家サイトのお知らせ
11/17 01:48 うまくいかない日のコーヒー
10/05 08:22 希望という名の
10/03 01:03 わずかな時間の進み
06/15 15:21 10分の決断
02/17 01:59 記念樹
12/07 00:08 幸せの言葉
10/13 02:44 愛した記憶
09/02 01:46 自己満足
08/21 00:53 ロクでもない俺の傍に
RSS
最近の足跡
足跡はありません。
アクセス数
総アクセス数: 61383
今日のアクセス: 5
昨日のアクセス: 1
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
リンク
■オウエンマテリア(拍手)
■メール
ブログ内検索

真冬の春
[セフィザ]
2009年11月23日 22時43分の記事

■セフィザ:SWEET■
やっぱりほわっと♪
ザク視点です!

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


真冬だってのにでかい氷が高濃度アルコールの中でカランってゆれてた。

ああいうの、なんて言うんだっけ?クラッシュドアイス、だっけ?なんかそういう洒落た奴。

コルクのコースターは真冬のグラスの汗さえ吸い込んで、うまい具合に役割を全うしてる。
ま、あいつもなかなかの洒落者だ。
 
「どうした?落ち着きがないな」

目の前にいるオッサ…おっと!間違い間違い。兄さんは、洒落たグラスを持って話し掛けてくる。

そりゃな。
落ち着きなんてないっての。

「こういう雰囲気ってなーんか堅苦しくてさ。ぶっちゃけ苦手」

「成程。予想どおりの回答だ」

「おーい。予想できてんなら連れてくんなっての!もっとラフなところなら俺もいつも通りやれるのに」

「そんなことをしたらおまえの独壇場じゃないか」

兄さん――基、セフィロスは、そんなことを言ってちょっと笑った。

この兄さんは、俺みたいのが得意なビアガーデンとかでも、こういう洒落た店でも、どっちでもよく似合うっていう羨ましいタイプの人間だ。

なんでかっていうと、この人は場の空気に流されない。
どっかにいくと、そのどっかがセフィロスの空気になっちまうんだ。

だからどんなとこにいても、この人はこの人の雰囲気。
そういうとこがスゴい。

「そんで?なんか話でもあんだろ?まさかセフィロスが無条件でおごってくれるとは思えないし」

「言ってくれるな」

「ひひ、だって図星だろ?」

「まったく。失礼な奴だな。俺だって普通におごることくらいあるんだぞ」

ってことは、俺は今無条件におごってもらってるってことになるんだろうか?

もしや……
これってば超ラッキー??

「まあ、おごるのはともかくとして、話があるのは本当だ」

「ん。で?」

「まあ大した話じゃないんだが…」

セフィロスはそこまで言って、あの洒落た氷を揺らした。
冬だってのに、あのでかい氷。寒々しいよなって思う。

だけどその氷は、ちょっとすると小さくなって、そんで最後には溶けてなくなった。

いち早く春が来たのかな。
俺はそんなことを思った。
だって、春が来たら氷は溶けるだろ?

セフィロスは新しい氷を継ぎ足し継ぎ足し、春から冬に逆回転を推奨しまくる。
でもって、話もなかなかし始めない。

「なに。どうしたんだよ?」

俺がそう催促すると、セフィロスはちょっとした後に小さく息をついた。そして一言。

「やはりダメだな。どんなところにいてもお前はお前のテリトリーを作る。かなわない」

「へ?」

「お前が苦手そうな店に来れば、少しは優位に話せると思っていたんだがな」

「なにそれ。そりゃセフィロスの方だろ?」

俺は驚いてそう返す。
だって、俺はセフィロスにはかなわない。

だけどセフィロスは、でかい氷を揺らしながらゆっくり首を横にふった。

「俺にとっては、お前ほどすごい奴はいない」

俺の目はセフィロスに釘づけだった。俺はずっとセフィロスにはかなわないって思ってたのに、どうやらセフィロスはそうじゃないらしい。

しかもそれってさ…。
俺にとっちゃちょっと嬉しい事実なんじゃない??

「じゃ、お互い様だ!」

チャリン、と音をならして乾杯する。それと同時に洒落たでかい氷がちらっと揺れた。




こんな洒落た場所、俺にはやっぱ似合わないんだって、そう思う。洒落たグラスに洒落た氷だって、やっぱり俺には不似合いだ。

けど俺、気付いたことがあんだ。

それはさ、一瞬にしてセフィロスの空気になるような場所だって、一瞬にして俺の空気になるような場所だって、最後には同じになるんだってこと。

でかい氷が溶けて春が来るみたいに、俺たちの空気は溶けてく。それでそこは、セフィロスのでもない、俺のでもない、俺たちの空気になるんだ。



真冬だってのに、二人でいるとあったかい気がした。
もしかしたらここには…

いち早く、春が来たのかもな?



END

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. き印 2009年12月2日 0時56分 [返信する]
こんばんは
やはり、うふふっとうれしくなるセフィザですね。
お互いの良さを認めている、なんて素敵な二人!!
幸せな気分をありがとうございます。

 ■このコメントへの返信■
1. イズル 2009年12月6日 21時47分
き印さん、こんばんはです!
コメントありがとうございました!!
やはりセフィザはこの感じが幸せでありますっvv結構理想的な関係かなあなどと妄想している私ですっ♪


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved