ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2009年8月25日 2時0分
第96話「幸福と不幸のゲームの概略」(不幸のすべて)
 
播磨陰陽師的「不幸のすべて」
 〜いざ進め、吾等に幸あらんことを願うなり〜

 第96話「幸福と不幸のゲームの概略」



 前回は、
 「では、あと残り僅かですが……それらの戦略について、少し明らかにしながら……この、あなたが幸福になる為のゲームについてを、明らかにしようと思います……。」と言うところでした。今回も、この続きです。よろしくお願い致します。

 あなたが幸福となる為のゲームは……古くから「招福双六《しょうふく・すごろく》」と呼ばれていました。
 これを「祥福《しょうふく》」と言う字で、書くこともあります。
 「祥福」は、めでたいことや、幸《さち》を意味する言葉です。
 「双六」は、単にゲームであることを意味しています。
 そして、これは……「調伏双六《ちょうぶく・すごろく》」と呼ばれる物と、セットで存在するゲームです。
 「招福双六」は、表のゲームです。
 そして「調伏双六」は、裏のゲームになります。
 表のゲームである「招福双六」をしながら、目に見えない裏側の「調伏双六」をプレーすることが……このゲームの基本になります。

 この「招福双六」は、賭けをしながら行われます。
 普通、物を賭ける賭博《とばく》行為は、違法行為ですが……こちらの賭博は、金品を掛けたりしませんので、違法ではありません。
 その代わり、プレーヤーの持っている……幸福や不幸を、金品の代わりに賭けています。
 ……ですので、違法な賭博行為には、なりませんが……こちらの方が、違法性の高い賭博行為より、恐ろしい行為かも知れません。

 しかし、少し考えて見てください……。
 あなたの人生は……あなたの意志とは無関係に、幸福や不幸を繰り返しています。
 そして、あなたが、それを知ろうと、知るまいと……常に、あなたの「命」がその賭けに使われています。
 それは、なぜでしょう?

つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:不幸のすべて]



2009年8月24日 2時0分
第95話「劣等感と優越感と不幸にならない為の基本ルール」(不幸のすべて)
 
播磨陰陽師的「不幸のすべて」
 〜いざ進め、吾等に幸あらんことを願うなり〜

 第95話「劣等感と優越感と不幸にならない為の基本ルール」



 前回は、
 「これは……劣等感と、優越感の関係のようなものです……。」と言うところでした。今回も、この続きです。もう、残り僅《わず》かですが……よろしくお願い致します。

 さて、多く人の心は……常に、劣等感と、優越感の間を行き来しています。
 この劣等感と優越感は、ひとつの心の裏表《うらおもて》のような存在です。
 そして、そのどちらに、エネルギーが流れるかによって……人の心の動きそのものが変化します。
 これは、ちょうど……浜辺に打ち寄せる、波の動きに似ています。
 その波の動きの中に……差別と、偏見が、生まれます。
 差別は……もともと、区別することや、けじめを意味していました。
 人を差別する意識は……劣等感を強く持つ人に、特に多い、傾向があります。

 劣等感は……自分と他人を比べて
 「自分が、劣《おと》っているのでは……?」と、思い悩むことです。
 これは、何ごとにも、勝ち負けを気にする人に……多い傾向があります。

 一方、優越感は、やはり、自分と他人を比べて
 「自分は、とても優《すぐ》れている……。」と、勝手に思い込むことです。
 多くの場合、誰か特定の人物と、自分を比べ……そのような思い込みを、楽しむようなことになります。

 しかし、これらは、ただの思い込みです。

つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:不幸のすべて]



2009年8月23日 2時0分
第94話「四魄」(不幸のすべて)
 
播磨陰陽師的「不幸のすべて」
 〜いざ進め、吾等に幸あらんことを願うなり〜

 第94話「四魄」



 前回は……少し引用が長くなりますが、
 「劣等感を持つ人には……欺瞞《ぎまん》、慢心《まんしん》、卑屈《ひくつ》、見栄の傾向があります……優越感を得るために、他人を攻撃しようとします。その心の裏側には……常に不安と、恐れがあります。また、いつもに孤独な心を持ち、自分をごまかそうとしています。彼らが、自制心が少ないのは、その理由からです……。」と言うところでした。今回も、この続きですね。よろしくお願い致します。

 この……欺瞞《ぎまん》。慢心《まんしん》・卑屈《ひくつ》・見栄《みえ》の四つの心は……神道で言う「一霊四魂《いちれいしこん》」に対応して……播磨陰陽道では「四魄《しはく》」と呼びます。
 「一霊四魂」は、神道では、良く使われる言葉です。
 これは、
 「ひとつの霊は、四つの魂で出来ている。」と言う意味で、使われています。
 四魂の内容は……幸魂《さきみたま》・和魂《にぎみたま》・奇魂《くしみたま》・荒魂《あらみたま》です。

 幸魂は……人に幸福をもたらす魂のことです。
 和魂は……柔和・精熟などの徳を備えた魂のことです。
 奇魂は……不可思議な力を持つ魂のことです。
 そして、荒魂は……荒く猛き魂のことを意味しています。
 この四つの魂が、ひとつの霊体を造り出します。
 しかし、それらは、ちょっと複雑な概念ですので……意味や、解釈も、さまざまあります。

 これに対応した場合の「四魄《しはく》」は……欺瞞・慢心・卑屈・見栄の四つの心ですが……播磨陰陽道では、
 「この四つの魂が、悪い霊性である悪心を、人に、もたらし、厄を生み出すのだ……。」と考えています。
 これらは、悪霊《あくりょう》を構成する要素として考えられています。

つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:不幸のすべて]



2009年8月22日 2時0分
第93話「五厄の相を持つ人」(不幸のすべて)
 
播磨陰陽師的「不幸のすべて」
 〜いざ進め、吾等に幸あらんことを願うなり〜

 第93話「五厄の相を持つ人」



 前回は、
 「決まりを守らぬ者をひとり許せば、また新たに決まりを造らねばならず、人の世は、やがて、住みづらくなる……。」と言うところでした。今回も、その続きですね……よろしくお願い致します。

 すべての決まりを、厳密に守る必要はありませんが……進んで決まりを守らない人は……他の人に、厄を、もたらし易い傾向があります。
 これを「五厄《ごやく》の相《そう》」と呼びます。

 五厄の相を持つ人は……他の人に、多くの厄をもたらし……そして、多くの不幸をつくります。
 ですので、そのような人と関わらないことが重要となります。

 しかし、あなたが、ご自分の意思で……まわりの人を選ぶことが出来ない場合も、世の中には多くあります。
 たとえば、会社で同じチームの人がいたとします。
 その人が……いくら厄の発生源だったとしても……あなたが会社に雇われている内は、それは自由に、なりません。
 注意する必要があるのは……すべては、心に不平不満を持つ人が、つくり出す種類の厄だと言うことです。
 あなたの近くに、不平不満を言い易い人がいたとしたら……その人に注意してください。
 あなたの厄や不幸は……知らず、知らずの内に……その人から、もたらされる可能性があるのです。

 そして、これらは……五悪亡八《ごあくぼうはち》が生み出す種類の厄です。
 これを持つ人を「五厄《ごやく》の相《そう》を持つ人」と呼びます。この五悪亡八については、「不幸のすべて・第91話」にありますので……そちらをご参考に……。

 さて、「五厄《ごやく》の相《そう》を持つ人」とは……他人に厄や不幸をもたらす、五種類の厄《わざわい》の相を意味します。
 五厄の相は、基本的に、木火土金水の五つの厄の相に分類されます。

つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:不幸のすべて]



2009年8月21日 2時0分
第92話「あなたに不幸をもたらす人の特徴」 (不幸のすべて)
 
播磨陰陽師的「不幸のすべて」
 〜いざ進め、吾等に幸あらんことを願うなり〜

 第92話「あなたに不幸をもたらす人の特徴」



 前回は、
 「目の大きな人が……さも真実であるかのような話をすると……多くの人は、簡単に騙されてしまう傾向を持ちます。」と言うところでした。
 これは、
 「これだけ真剣に、わたしを見てくれているのだから……それは真実だろう。」と思う誤解から、起きるのです。

 多くの人は、自分を基準にした誤解を、常に繰り返しています。
 その誤解が、多くの問題の発生源となります。
 人は、自分の心を基準にしてしか、物事を考えることが出来ないのです。
 ですので……他の考え方があるとは、思え無いのです。
 しかし、あなたに厄をもたらし易い種類の人物は……あなたの思考の中に、もともと無い種類の……概念を、持っています。
 それには、多くの場合、誰も対応出来ません。
 あなたが、
 「自分が相手に真剣に話す時、目を大きく見開いて、相手を見るだろう……。」と思うほど……最初から目が丸く大きな人は……真剣では、無いのです。

 そして、その人の声が大きい場合は……もっと、厄が起きる可能性は、高くなります。
 それは、伝承にも、
 「そも、人の話を聞かぬ者は……その声、大《だい》なりと知るべし。また、その行いも粗雑なり。」とあります。
 声が大きいと言うことは、

つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:不幸のすべて]




 前の5件 次の5件
くる天
このブログについて
ようこそ!
ご利用ありがとうございます。

このブログについて
 作成の経緯
 特徴
 お約束
 著作権について
もくじ…
 無料記事一覧
正誤表
リクエスト

よくある質問とこたえ
・有料の文を読むには
・記事を読むには入会する必要がありますか?
・クレジットカードや銀行引き落としはしたくありませんが、購読できますか?
・携帯電話でも読めますか?
・毎回読む時にお金がかかりますか?
・印刷したものを販売していただけませんか?
関連情報
★関連情報★
公式サイトHAKUTAKU
★最新情報★
ここには書けない情報、イベントスケジュールをメールマガジンでお知らせしています。
こちらからご登録ください
播磨陰陽師の見る夢は……-メルマガ

★SNS★
【ツイッター】 @Harima_Onmyoji 【Facebook】
☆播磨陰陽師(播磨陰陽道)
播磨陰陽道☆九州/中国
播磨陰陽道☆関東
播磨陰陽道☆関西
尾畑 雁多
著者メッセージ
はじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。

 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。

 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべて」に関するお話と私が体験した不思議な体験「近世百物語」をお届けさせていただいております。



Facebookにて播磨陰陽師の独り言連載中
管理人メッセージ
ご挨拶
「あ!DVDに出てた方ですよね?痛そうでしたね。」と、よく言われます。おっしゃる通りです。 講座の助手をしています。気軽にお声掛けください。
アクセス数
総アクセス数: 416248
今日のアクセス: 45
昨日のアクセス: 65
尾畑 掲載本
ムック版になりました。 出版時までに雑誌「壮快」で取り上げられた3回分の総集編に、Q&Aや祓詞の書かれた霊符が付録として追加されています。
お祓いの代用として
ご家族、お友達、大切な方々へのプレゼントにも喜ばれています。(販売は終了しました。)


『大祓祝詞入りCD』が付録です!
夕拝の寿詞と、良く眠れる大祓と、強力に祓う大祓いを収録。特別な環境で録音しました。
(ムック版には収録されていません)




Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved