このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4351)
米国在住の個人投資家satoko女史 (23)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (92)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2328372
今日のアクセス: 305
昨日のアクセス: 830
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
元都民ファースト再選の木下富美子氏は、免停中の無免許運転事故で「大きな事故ではない」と議員辞職を否定。悪質な交通違反を犯しながら、東京都の条例制定に係ろうとするのか。当選無効は当然の処分。
2021年7月6日 14時35分の記事
 
元都民ファースト再選の木下富美子氏は、免停中の無免許運転事故で「大きな事故ではない」と議員辞職を否定。悪質な交通違反を犯しながら、東京都の条例制定に係ろうとするのか。当選無効は当然の処分。

◆〔特別情報1〕
 選挙前の自民党内部での調査では、都民ファーストの存在自体が危ぶまれた結果を想定していた都議選だったが、結果は勝者なしの絶妙な痛み分けとなった。いや、共産19議席と立憲15議席を合わせれば34議席で、辛うじて第一党に返り咲いた自民党の33議席を1議席超える躍進を遂げた。しかも、共産党の当選19議席のうちの女性議員が14議席(約74%)当選している。自民は33議席のうち、女性議員は4議席(約12%)、創立者と続く代表者がともに女性がトップである都民ファーストでさえ、停中の人身事故で除名処分のとなった木下氏を除いて、当選30議席中、女性議員は半分にも届かない11議席(約37%)という状態だ。立憲は当選15議席中、4議席(約27%)が女性、婦人部の強い公明でも23議席中、女性議員は3議席(13%)。無所属では4議席中、3議席(75%)が女性議員。全体では、274議席中、41議席(約15%)が女性議員との結果となった。
 今年3月、女性デーを前に発表された各国議会の女性進出に関する2020年版報告書では、世界全体で女性議員の割合が前年比0.6ポイント増の25.5%となっている。都議会ではあるけれども、世界のメガシティ上位の東京都議会だ、比較して遜色はないとして、全体では女性議員15%と劣るものの、共産党女性議員の躍進により時代の流れに追いついている。当選議院の74%の女性議員を都政に送り出した共産党は、時代の先端を進んでいることになる。しかも、共産党の女性議員はただ者ではない。安倍信晋三首相による「桜を見る会」の疑惑の火付け役として丹念に調査し、しつこく食らいついて追及し続けたのは、共産党女性議員の田村智子衆議院議員だった、いまでも多くの国民の記憶に残っている。
 しかし正義感というものに男女の区別があるものではないだろうけれども、長く議会を席巻してきたのは男性議員だったため、権力の腐敗を招いたのも男性議員だったことも事実だ。その分、女性候補者にはクリーンなイメージを抱きやすい。しかし、権力の腐敗も驕りも、実は男女の差はなく、人間が招くことなのだ。都民ファーストから板橋区で再選した木下富美子が、免停中の無免許運転で人身事故を起こすという、とんでもない不祥事を起こしていた。無免許運転で人身事故を起こした場合は、起訴されることがあるが、木下氏の場合は、どうなっているのだろうか。
定期購読記事
[1000ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
 
このブログへのチップ   1070pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]




最近の記事
09/22 17:24 豪農の河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野太郎の祖父・河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追う
09/21 16:36 自民党総裁選 高市陣営は、独自の電話作戦で連休中に河野・岸田に猛追、決選投票は岸田と高市で争うことを想定しているという。河野陣営は、推薦人のもとに脅迫めいた電話が頻発していたという。
09/20 17:32 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(1)
09/19 13:54 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第三章 満洲事變
09/18 14:18 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第一章 序論  第二章 フリーメーソンの東洋政策
09/18 12:45 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
09/17 16:56 今回の総裁選は、米国の意向としては「安倍・麻生」潰しのための総裁選ということになり、「二階・菅VS安倍・麻生」の戦いは、「二階・菅」に軍配が上がる。新政権は、安倍・麻生を外した挙党体制となる。
09/16 17:35 野田聖子が総裁選に出馬すると、河野太郎の一発当選は難しい。麻生派のなかの河野支持者の一人は「野田聖子出馬の裏には、河野太郎潰しがある」と漏らしている。いずれにしても麻生派は分裂。
09/15 16:24 総裁選一発当選を狙う河野太郎。麻生派53人のうち、30人が河野を支持し、各議員は手持ちの党員約1000人に電話をかけまくって支持を依頼。しかし、麻生太郎はどんな手を使ってでも河野を通させない。
09/14 17:40 2006年国政(補欠)選挙初陣勝利で政権交代への機運をつくった太田和美元衆院議員が柏市長選出馬へ、「野党共闘のジャンヌ・ダルク」となって再び政権交代へ弾みをつけることになるだろう
最近のコメント
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(一読者)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(反IOC同盟)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved