ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4138)
米国在住の個人投資家satokoさん (1)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1987864
今日のアクセス: 39
昨日のアクセス: 1094
RSS
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年6月13日 9時24分
トヨタ自動車は「ムーンショット」でいうと、イーロン・マスクのテスラ車の燃料電池の特許を5年前に3000億円で買って、世界中に無償で公開し、さらに「ムーンショット」に向けてどんどん増資している
 
トヨタ自動車は「ムーンショット」でいうと、イーロン・マスクのテスラ車の燃料電池の特許を5年前に3000億円で買って、世界中に無償で公開し、さらに「ムーンショット」に向けてどんどん増資している

◆〔特別情報1〕
 上皇陛下の側近である吉備太秦は、トヨタの経営について、以下のように解説している。
 6月11日、トヨタ自動車が愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いて、豊田章男は、販売台数激減するなかでも黒字を確保できる見通しを宣言した。
 トヨタの場合は、内部留保が7兆円ある。その上でなおかつ、今回のコロナ禍で万が一のために、三井住友銀行に融資枠を2兆円とっている。トヨタは売り上げが7兆円で、人件費や原価などのコストで考えると、年間2兆円くらいかかる。そうすると3年くらいは何もしなくても潰れないという計算になる。それでいて、「ムーンショット」に向けてどんどん増資している。「ムーンショット」でいうと、イーロン・マスクのところのテスラ車の燃料電池の特許を5年前にトヨタが3000億円で買って、世界中に無償で公開している。その結果、中国では燃料電池車しかつくってはいけないという法律をつくり、新規でナンバープレートがとれる車は、燃料電池車のみとなっている。ガソリン自動車は、ナンバーの末尾が偶数か奇数かによって半分に分けて、偶数か奇数か一日置きに交互で公道を走れる日を規制している。それでも、まだガソリン自動車のほうが多いので、大気汚染は広がっているけれども、2年後を考えたときには、ほぼ100%燃料電池車になる。それは法律で決められてしまっているので、この先、中国共産党がなくなろうが、なくならまいが、間違いなくそうなる。そうすると、水素社会が実現するし、そのときには自動運転はレベル5までいっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月12日 8時22分
横田滋さんが87歳で老衰死されたことで、外交権を持つ安倍晋三首相の北朝鮮外交が、在任通算9年にもなるのに、1ミリも前進していなかったことがバレバレになった
 
横田滋さんが87歳で老衰死されたことで、外交権を持つ安倍晋三首相の北朝鮮外交が、在任通算9年にもなるのに、1ミリも前進していなかったことがバレバレになった

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相首は、野党から横田めぐみさんら拉致被害者の救出について聞かれるといつも決まって「トランプ大統領に協力して欲しいと頼んである」と答えてきた。だが、政治の師匠である小泉純一郎元首相が日本政府を代表して北朝鮮に乗り込み、拉致被害者5人を救出してきたときのように、自ら率先して北朝鮮に乗り込めばいいのに、そうはしない。全くの「臆病者」である。金正恩党委員長の悪口を言い、「圧力強化」を繰り返すのもで、文字通り、「犬の遠吠え」を外交でもあるかのように装っている情けない首相である。金正恩党委員長は、上皇陛下からMSA資金運用益400兆円をシェアされているので韓国を訪れたとき文在寅大統領から「安倍晋三首相の悪口はいくら言っていいけれども、日本の天皇陛下と小沢一郎衆議院議員の悪口を言ってはならない」と言われている。なお、ポンペオ国務長官は、金正恩党委員長に「日朝外交が成功の暁には上皇陛下からさらに400兆円をシェアされる」と伝えている。
 つまり、日朝外交を前進させる相手は、小沢一郎衆議院議員だけであると決めているので、安倍晋三首相を全然相手にしていない。故に、安倍晋三首相には一刻も早く退陣してもらわねばならない。このことは、与野党議員ともに自覚していない。以下は、上皇陛下の側近である吉備太秦の所見である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月11日 10時32分
新機軸の表の担い手は、キッシンジャー、プーチン、トランプ、習近平としてきたけれども、習近平は外れている。また新しい時代に世界のリーダーとなる日本のリーダーを誰にするかが、新機軸の命運を左右する
 
新機軸の表の担い手は、キッシンジャー、プーチン、トランプ、習近平としてきたけれども、習近平は外れている。また新しい時代に世界のリーダーとなる日本のリーダーを誰にするかが、新機軸の命運を左右する

◆〔特別情報1〕
 上皇陛下の側近である吉備太秦からの情報と決意である。
 安倍晋三首相としては、自分が捕まらないように黒川を押さえておきたかったけれどもそれは出来なかった。桜を見る会の名簿はどの道、表に出てくる。そうなると安倍は逃げられない。それが最後の幕引きになるのではないか。安倍としては、そこはしょうがないと思っているだろう。それだけに、カネだけは盗りっぱぐれがないように、麻生も交えて二階とか話しているだろう。電通と幽霊法人とパソナ、もうお金を抜いてポッポに入れてしまっている。辞める前に火事場泥棒をやってポッポに入れて、「はい、さいなら」のつもりで、会期末にボーナスをもらって休みに入ってウヤムヤにしようという魂胆だろう。検察がどこまで突っ込むはわからないが、退陣までは持っていくとしても、逮捕立件まではしないのではないか。そこは、辞めてさえもらえれば、よしと考える。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月10日 10時45分
アフターコロナは、地球環境を破壊してきた文明が崩壊し、「ムーンショット」を目標とする新しい文明へ、日本人の最大の使命はその新しい時代にある
 
アフターコロナは、地球環境を破壊してきた文明が崩壊し、「ムーンショット」を目標とする新しい文明へ、日本人の最大の使命はその新しい時代にある

◆〔特別情報1〕
 上皇陛下の側近である吉備太秦の観測によると、「天下将(まさ)に乱れんとする時、妖霊星(ヨウレイボシ)と云ふ悪星下って災ひを成すといへり」(『太平記』五)といわれる「妖霊星」が現れたようだ。日本時間の5日金曜日に、青白い色で台形のような形で、ヨーロッパや米国で出現しており、その周りをUFOがバンバン飛んでいた。しかもこの3日間ほど、魂が持っていかれそうになるほどパワーがものすごく、ほとんど食事も摂れない状態だったのを、ようやく振り切ったという。とにかく、ものすごいパワーで、このままいくと竹中平蔵やパソナや電通といった悪事をしている輩は、おそらく全員持っていかれるのではないかというほどのパワーであり、悪政を続けてきた為政者たちにとってはまさに「凶星」の出現ということだ。政治家や官僚も、半分くらいは持っていかれるかもしれない。それほど、ものすごいパワーだった。
 いずれにしても、完全に文明は崩壊するので、アフターコロナがどうなるかということは、ムーンショットで出ている通りになっていく。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月9日 9時49分
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」
 
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は、クリントン・ブッシュ・オバマが長年にわたって行っていた幼児誘拐の人身御供に絡んでいたといわれ、さらに9.11の取調べを受けなければならない日が近づいている。直接の取調べは、9.11の件だという。昨年10月7日、ホワイトハウスで行われた日米貿易協定の署名式典での挨拶のなかでトランプ大統領は安倍晋三首相のことを、「とても良い友人」と呼び「ハッピーバースデー!彼は今日で39歳になった」と半月遅れの実際は65歳の誕生日を祝った。しかし、「39歳」という数字はバーコードの規格「Code39」を意味し、バーコードは「檻の中」、つまり「逮捕」を意味していたといわれ、安倍晋三首相を超恐怖に陥れた。取調べは最低でも2週間はかかり、現職総理のまま身柄を拘束されることはさすがに厳しく、8月の退陣が現実味を帯びてきている。「GoTo(強盗)キャンペーン」は天の采配かと思うほど、「言い得て妙」なネーミング。まさに退陣前に取れるだけ盗ってしまえと、アフターコロナ前の「火事場泥棒」、安倍晋三首相はその「急ぎ働き」といったところ。キューバで取調べを受けた後、どういう形で身柄を返されることになるか。これはイスラエルの諜報機関「モサド」からの情報に通じた軍事専門家からのトップ情報である。
【参考】
「トランプ米大統領は安倍晋三首相を「とても良い友人」と呼び「ハッピーバースデー!彼は今日で39歳になった」と半月遅れの誕生日を祝った。この言葉は、安倍晋三首相を超恐怖に陥れている」2019年10月29日
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]




  次の5件
最近の記事
10/01 10:01 菅政権は、前途洋々だが、世の中は、そんなに甘いものではない。いわゆる「内憂外患」に取り囲まれているからだ
09/30 11:13 安倍晋三前首相は、キューバでの取り調べで「中国との関係を完全に切れ」と厳命されてきた模様で、これを受けて、菅義偉首相と二階俊博幹事長が米国と話し合う
09/29 10:09 菅首相は安倍晋三前首相が捕まることを覚悟して、上川陽子法相を再任させており、指揮権発動をするかしないかはともかく、実行犯の菅首相も捕まる可能性がある
09/28 09:37 菅義偉首相が、中國の習近平国家主席と電話会談をしたのが、なぜか21時に電話していたとき、日本のNSAの北村滋局長がワシントンにいて、ポンペオ国務長官に会っていた
09/27 11:33 ファーウェイは現在、世界スマホ出荷台数トップで、2位がサムスン、3位がアップル、オッポ(OPPO)などはかなり下位、このままいくと3か月後にはオッポがアップルに肉薄して4位になる
09/26 11:22 「文春砲が、早くも炸裂」週刊文春で平井卓也デジタル相の政治資金について「仕事師大臣」の正体 平井デジタル相 母の会社に政治資金8100万円が還流」との記事が出た
09/25 10:48 米CSISは、親中派の二階俊博幹事長を菅政権から外そうと企んだけれど、老獪な二階は論功行賞により、幹事長を続投、菅首相は中国の習国家主席との電話会談を25日に実施する
09/24 09:50 トランプ支持者が、全国各地で水上パレードを挙行、どこでも数千ものモーターボートやクルーザーがトランプ支持の旗をなびかせ壮観、トランプ安泰を保証するパレードだった
09/24 09:50 米国在住の個人投資家satokoさんからの過去レポート一覧
09/23 08:52 「実務型ステイツマン」の菅義偉首相が、早朝、首相官邸と地下通路でつながった「ホテル」の部屋で各省庁の高級官僚と重要政策課題を研究してきた成果を発揮する時がきた
最近のコメント
菅義偉政権は、2021年9月までの暫定政権であり、安倍晋三政権に見習って長期安定政権を狙うには、近々に衆院解散のうえ、大勝利しなくてはならない(piyokoTV)
11月3日の大統領選挙まで2カ月を切ったなかで、全米各州の民主党首長の所では、黒人差別に反対する暴動が続いており、マスコミのなかにはフェイクニュースを垂れ流すものもある(piyokoTV)
ポスト安倍政権は戦後75年を支えた古い文明での政権を振り返り、新しい文明に向けて準備すべき「時」に突入(shushuika)
安倍晋三首相は本当の病を隠して「仮病」を貫こうとしたけれど、内憂外患に勝てず遂にダウンし退陣に追い込まれた(shushuika)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved