ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4125)
米国在住の個人投資家satokoさん (1)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1975340
今日のアクセス: 120
昨日のアクセス: 1012
RSS
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年6月4日 10時13分
トランプ大統領がG7開催6月から9月に延期した理由は、2つある
 
トランプ大統領がG7開催6月から9月に延期した理由は、2つある

◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領が、「6月にワシントンで開催する」と宣言していたG7だが、枠組みを拡大して9月に開催を延期すると発表した。これには2つ理由がある。
 オーストラリアとロシアとインドと韓国を加えてG11に拡大する案を打ち出し、対中国包囲網ということではないかと見られているけれども、インドは確かに中国と対立して戦争寸前状態だ。ロシアは、プーチンは俯瞰していて問題ない。要するにこの案は、太平洋・インド洋連合に対する、トランプのゴマすりということだ。そこに韓国も入れようとしているのはなぜかというと、朝鮮半島統一後のことを考えてのことだ。それが理由のひとつ。新彊ウイグル地区でのホロコースト、それから中国国内での反体制派への虐殺、そして香港・台湾との対立を起こしている中国習近平体制を、ここで一気に潰して李克強首相にもっていこうとしているのがもうひとつの理由ということだ。これは、上皇陛下の側近である吉備太秦の情勢分析である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月3日 9時49分
首相秘書官と首相補佐官が司法取引して「桜を見る会」の名簿を公表、安倍晋三首相はthe end(ジエンド)となる
 
首相秘書官と首相補佐官が司法取引して「桜を見る会」の名簿を公表、安倍晋三首相はthe end(ジエンド)となる

◆〔特別情報1〕
「逆忖度」で、アベノマスク考案者の佐伯耕三首相秘書官が「桜を見る会」の名簿を公表するらしい。それで安倍晋三首相はジエンドとなるようだ。
 この後のことを考えて、決断したようだ。あわせて今井尚哉首相補佐官も一緒に変節したとみられる。週刊文春がスクープした、「持続化給付金」を769億円で受注した幽霊法人の件で、国会で野党が追及しているが、パソナの名前も出てきて、これが決め手になったようだ。どうやら検察から責められて、司法取引に応じたようだ。つまり、電通とパソナと竹中が関わっている経済産業省の汚職は、なんとかお手柔らかに、できればお咎めなしにしてもらう代わりに、「桜を見る会」の名簿を公表しますという取引のようだ。「桜を見る会」の名簿には、反社会的勢力の名簿が載っていることと、公職選挙法違反で、完全に安倍晋三政権を追い詰めるという取引になっているようだ。「桜を見る会」は、経産省は痛手が少ない。とにかく今井尚哉首相補佐官や佐伯耕三首相秘書官としては、経産省をなんとか死守したいと考えている。これは、上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月2日 8時37分
全人代で習近平国家主席は終始沈黙、小沢一郎衆議院議員の弟子である李克強首相に実権が集中しつつあることを示していた。これをどう読むか?
 
全人代で習近平国家主席は終始沈黙、小沢一郎衆議院議員の弟子である李克強首相に実権が集中しつつあることを示していた。これをどう読むか?

◆〔特別情報1〕
 中国はどんなに経済が落ち込んでも、まだお金を持っている。米国は、11月の大統領選挙まで、中国とどうやってケンカをするか。いまは米国の民主党も共和党も、中国に対してものすごく批判している。以前は、民主党は中国との関係も深く、恩恵も受けていた。ところが、今回は、民主党も共和党と同じように中国をよく思わなくなった。
 習近平体制もどうなるかわからない。あまりに強硬な路線を強引に推し進めすぎてきている。南シナ海の尖閣諸島にも町をつくってしまった。これで尖閣列島をやられてしまうと、日本も黙っているわけにはいかない。
 この前の全人代で習近平国家主席は、ずっと座っていて、一言も喋らなかった。ほとんど李克強首相に喋らせていた。いつもは、原稿が500枚も1千枚も用意されていて、一時間も二時間も三時間も喋り続けていたのが、今回はまったく喋らなかった。この前の国慶節のときは、原稿を何百枚と読んですごかった。ところが、今回の全人代は、ただじっと座ってニヤニヤしているだけだった。コロナ対策の関係だろうが、入ってくるときの握手も、今回はしなかった。
 上皇陛下の側近である吉備太秦は、東アジアの外交関係について、以下のようにコメントしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月1日 8時43分
安倍晋三内閣の支持率が「27〜29%」に急落しているなか、自民党・二階俊博幹事長の「二階の乱」が水面下で着々と進んでいる
 
安倍晋三内閣の支持率が「27〜29%」に急落しているなか、自民党・二階俊博幹事長の「二階の乱」が水面下で着々と進んでいる

◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領が、「6月のG7を9月に延長した。安倍晋三首相は、トランプ大統領にせかれて「コロナ」に対する緊急事態宣言を解除させられたことにガッカリ、自民党の二階俊博幹事長のいわゆる「二階の乱」は、一体どうなっているのか。二階派中枢に食い込んでいる情報通は、以下のように伝えている。
 麻生太郎副総理兼財務相と安倍晋三首相の2人は、菅義偉官房長官を外し、ポスト安倍を岸田文雄政調会長に決めて、いろんなことを画策しているらしい。ところが稲田朋美幹事長代行と高鳥修一衆議院議員が官邸に乗り込んで行き、「岸田はダメだ」と直訴した。そうしたところ、安倍首相は「そんなに岸田は党内で信頼がないのか」と驚き、2人に対して「党内のことを報告してくれ」と指示を出した。稲田朋美幹事長代行と高鳥修一衆議院議員が、交互に党内の意見を定期的に伝えることとなったようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年5月31日 9時58分
第58回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―公安―公は公義・公正の意味、廟中の儀礼を示す
 
第58回『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」―公安―公は公義・公正の意味、廟中の儀礼を示す

公安

 公は、儀礼の行われる宮廟の廷前を示しています。廷前の左右に障壁があり、その中で儀礼が行われました。その廷前と廟に祀る人を公、神徳を称える讃歌を頌、族内の争訟を裁くことを訟といいます。領主として祀られるものが公であり、その家の私属を私といい、その関係を社会化して公私といい、公は公義・公正の意味となっています。公宮、きみ、祀られる人。天子・諸侯・公卿・長老の尊称です。
 安は、〈宀と女〉を組み合わせた文字で、廟中の儀礼を示しています。宀は家廟のことで、新しく嫁にする女は、廟中で灌鬯(清め)の儀礼をし、祖霊に対して受霊の儀礼を行いました。その安寧の儀礼より、やすらか、安ずるとう意味が生まれています。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/18 10:48 河野太郎行革担当大臣は不服らしい。官房長官に任命されるものと思っていたらしく、しかも、お目当てだった官房長官ポストを、安倍晋三前首相のゴリ押しで、加藤勝信に決まったため、相当頭にきているようだ
09/17 09:42 菅義偉内閣は、菅義偉首相の地縁、血縁ではないけれど、「様々な縁者」で組織した内閣であり、衆院解散・総選挙は、「勝てるかもしれないとはいえ、コロナ禍があるから出来ない」
09/16 10:44 菅義偉政権は、2021年9月までの暫定政権であり、安倍晋三政権に見習って長期安定政権を狙うには、近々に衆院解散のうえ、大勝利しなくてはならない
09/15 10:31 激動している国際情勢のなかで、多難が菅義偉首相を待っており、上皇陛下の側近である吉備太秦は、難題を乗り切って行くためのヒントを提示している
09/14 10:51 日本は第2次世界大戦(大東亜戦争) 終結から75年を経て、「古い文明社会→(移行過程)→新しい文明社会」へ向かう「移行過程」に入っており、「新型ウイルス禍」に襲われている。
09/13 08:43 自民党二階派「志帥会」幹部によると、菅義偉内閣の主要人事が、すでに固められてきており、官房長官は、梶山弘志経済産業相(無派閥)か森山裕自民党国対委員長(石原派)の2人に絞られてきた
09/12 11:06 石破茂候補の本音は地方創生、今後は、テレワークを活用しながら、各省庁を地方に移管したいと考えている。その目玉が大阪都構想だ
09/11 11:03 オックスフォード大学とワクチンを共同開発していたアストラゼネカが、治験をいったん止めると発表、日本以外で治験をやっている残り8社もこれに追随。中止に至った重大な副作用の結果が隠ぺいされている
09/10 09:49 11月3日の大統領選挙まで2カ月を切ったなかで、全米各州の民主党首長の所では、黒人差別に反対する暴動が続いており、マスコミのなかにはフェイクニュースを垂れ流すものもある
09/10 00:50 米国在住の個人投資家satokoさんからの過去レポート一覧
最近のコメント
菅義偉政権は、2021年9月までの暫定政権であり、安倍晋三政権に見習って長期安定政権を狙うには、近々に衆院解散のうえ、大勝利しなくてはならない(piyokoTV)
11月3日の大統領選挙まで2カ月を切ったなかで、全米各州の民主党首長の所では、黒人差別に反対する暴動が続いており、マスコミのなかにはフェイクニュースを垂れ流すものもある(piyokoTV)
ポスト安倍政権は戦後75年を支えた古い文明での政権を振り返り、新しい文明に向けて準備すべき「時」に突入(shushuika)
安倍晋三首相は本当の病を隠して「仮病」を貫こうとしたけれど、内憂外患に勝てず遂にダウンし退陣に追い込まれた(shushuika)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved