ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4186)
米国在住の個人投資家satoko女史 (12)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (91)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (116)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2112188
今日のアクセス: 401
昨日のアクセス: 1192
RSS
カレンダー
<<2020年11月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年11月14日 9時15分
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊― 序・男爵 平沼騏一郎
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊― 序・男爵 平沼騏一郎

 序

 猶太民族の思想乃運動の世界人類に及ぼせる影響は、夙に頗る廣汎に亙り、且つ甚だ深刻なるものもあり。苟も經世の志あり、家國の前途を憂ふるの士は、早きに及んで其の眞相を究め、之が對策を講ずるの要あること、固より呶々を俟たざる所なり。
 四天王君其の蘊蓄を傾けて『猶太思想乃運動』を著はし、之を手民に附して世に問はんとす。其の所説悉く當を得たるや否やは今姑く之を舎く。其の研究の眞摯にして其の知識の該博なる、決して射名釣利の尋常著作と同日に語るべからず。蓋し時勢に感ずる所あり憂國の念禁ずる能はず、是の書を提げて一世を警醒せんとする者に似たり。予は其の志を多とすると共に大方識者の深く此の問題に留意せんことを切望し、題言の請ひあるに及び、わずか聊か所感の一端を述べて序となす。

昭和十六年六月中浣

男爵 平沼騏一郎
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2020年11月13日 9時48分
バイデンが大統領になれば、パリ会議に復帰し、TPPにも参加するが、北朝鮮についてはどうなるか、読めないし、新機軸の3つの連邦国家構想は難しくなるかもしれない
 
バイデンが大統領になれば、パリ会議に復帰し、TPPにも参加するが、北朝鮮についてはどうなるか、読めないし、新機軸の3つの連邦国家構想は難しくなるかもしれない

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
 もしこのままバイデンが大統領に就任することになると、バイデンは中国に対しては、「スーパーKのことや金正男のことをバラすぞ」と強硬に言って、裏で膨大な金を要求することになるだろう。しかもバイデンは、中国内に他人の名義の秘密口座をつくらせて、個人的に要求する。米国の国庫に入る金ももちろん要求するし、それ以外にバイデン個人の懐に入る金も要求する。これまでもそうしたことをやってきている。だから、中国も「慣例に基づき」として祝意を示していない。理由は過去にそういう経緯があるからだ。
 そしてトランプが大統領になったときに、オバマがやってきたことを全部ひっくり返したように、バイデンが大統領になれば当然、トランプがやってきたことを全部ひっくり返す。パリ会議にも復帰するし、TPPにも参加するだろう。北朝鮮についてはどうなるか、まったく読めない。新機軸の3つの連邦国家構想は難しくなるかもしれない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年11月12日 9時35分
菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった
 
菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった

◆〔特別情報1〕
 これは在米30年の投資家satoko女史からのトップ情報である。
 日本の友人から電話があり、「バイデンが勝ったね」と言うので驚いた。これだけ沢山の不正選挙の報告が各地から出ていて、逮捕者も多数いて、不正がわかった所では手作業の再集計が行われているのに、日本ではディープステートに指示された以外のことは報道されないのだろう。菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった。大体、勝つも勝たないも、12月14日に証書が出る前なのに「バイデン勝利」と大騒ぎしているのは、アメリカでも、例の大手マスコミと、検閲しまくっているシリコンバレーのソーシャル・メディアだ。こうやって、一般大衆を誘導するのだ。ナチスのゲッペルスがやったように。大手テレビ局は、選挙後の大統領の記者会見を中継している途中に、大統領をウソつき呼ばわりして、中継を中断した。そして、「バイデン当確」を繰り返し、バイデン大統領当選者とか次期大統領とか呼び始めている。実は、トランプ支持の唯一のマスコミであるFox Newsのタッカー・カールソンが、「転んだ」。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (1)]



2020年11月11日 10時22分
ネバタ州で郵便配達員が郵便投票で不正があったと裁判所に提訴、ペンシルベニア州では、上死亡している人の投票が2万1千人分あったほか、ミネソタ州ではトランプに投票した人の票が捨てられていた
 
ネバタ州で郵便配達員が郵便投票で不正があったと裁判所に提訴、ペンシルベニア州では、上死亡している人の投票が2万1千人分あったほか、ミネソタ州ではトランプに投票した人の票が捨てられていた

◆〔特別情報1〕
 以下、世界支配層「ゴールドマンファミリーズグループ」の頂点に立つ上皇陛下の側近である吉備太秦のトップ情報である。
 トランプ大統領は、一緒にゴルフをしている人に対して、いろいろと指示を出している。トランプの娘イヴァンカの夫で娘婿のクシュナー大統領上級顧問を含めてトランプのファミリーが敗北を認めろと言っているという報道は、完全なフェイクニュースだ。昨日から今日にかけて、ネバタ州で郵便配達員が郵便投票で不正があったということを実名を出して裁判所に提訴した。それからペンシルベニア州で票のすり合わせをしたところ、既に戸籍上死亡している人の投票が2万1千人分あった。ミネソタ州ではトランプに投票した人の票が山に持って行かれて捨てられていた。米国大統領選の闘いはまだ続いている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年11月10日 10時50分
プーチン大統領は、「戦争推進派のバイデンは認めない」とはっきり意思表示、「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いた
 
プーチン大統領は、「戦争推進派のバイデンは認めない」とはっきり意思表示、「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いた

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
 AFPは11月9日19時11分、「ロシアのドミトリー・ぺスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は記者らに対し『正式結果が確定するまで待つのが妥当だとわれわれは考えている。再度強調しておきたいのは、プーチン大統領は米国民の選択を尊重すると繰り返し述べているということだ』と話した。」と報道した。11月6日には、英大衆紙サンの電子版が、ロシアのプーチン大統領にパーキンソン病の疑いがあり、来年初めの辞任を計画していると報じたのに対し、やはりペスコフ大統領報道官が「完全なたわごとで、大統領は元気だ」と全面否定していた。つまりこれは、事前に「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いたということだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]




 前の5件 次の5件
最近の記事
01/26 11:23 大統領に就任したバイデンだが、今まで出演していた不具合の多いバイデン・クローンとも違うらしい。首に変なしわがあって、全然違う人だ。国会議員もすでに多数逮捕されているので、この就任式の映像は、完全な作り
01/26 11:21 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
01/25 10:49 東京五輪は中止。発表は聖火リレー直前の3月20日頃になる。菅義偉首相は責任を追わされ辞任。政権交代に向けての流れに動き出した。そのトップは、あの政治家を置いて他にいない。
01/24 09:37 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第二章 保守的にして進歩的
01/24 00:38 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
01/23 11:11 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第一章 通論
01/22 12:27 バイデン大統領は大統領就任に浮かれている場合ではない。人権主義はいいが新型コロナウイルスに感染した移民が南の国境を突破してくるとか、北朝鮮からのスパイの侵入には万全を尽くすべきではないのか
01/21 12:09 バイデン新大統領は就任演説で「アメリカの国民と国家を1つに結束させることに全身全霊を尽くす」などと力説したが、総じて美辞麗句を並びたてた感が強く、有権者のトランプ前大統領支持者の胸にどう響いたかは不明
01/20 10:30 バイデン前副大統領は、ドンデン返しにさらされる。米国はアメリカ共和国と名称を変え、国旗も変わる。初代大統領がトランプ、副大統領がケネディjrが就任する
01/19 10:32 二階幹事長は完全に菅首相に対して怒っている。何より、GOTOをやめるとき、一言相談してほしかったようだ。そこからどちらともなく距離を置き始めた。衆院解散・総選挙のXデーは、6月の通常国会閉会のタイミン
最近のコメント
いま世界は、核戦争や通常兵器を使った戦争ではなくて、「ウイルス戦争」「サイバー戦争」「宇宙戦争」に移行している。(板垣先生よりほんの少し若い爺)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(サム)
安倍晋三前首相は、「桜を見る会」事件を年内に終わらせようという思惑、吉川貴盛元農相のほうは、国会で追及されるのを避けて議員辞職したけれど、事はそう簡単に収まりそうではない(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―緒言2〜4(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(山本恭司)
菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった(piyokoTV)
プーチン大統領は、「戦争推進派のバイデンは認めない」とはっきり意思表示、「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いた(piyokoTV)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(板垣英憲)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(piyokoTV)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved