ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4183)
米国在住の個人投資家satoko女史 (11)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (90)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (116)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2108547
今日のアクセス: 76
昨日のアクセス: 1074
RSS
カレンダー
<<2020年12月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年12月1日 9時52分
シドニー・パウエル弁護士が告訴状を出したことで、連邦最高裁で逆転すれば、全米50州のうち20州が選挙人を総取り換えし、トランプは逆転勝利する。オバマとバイデンが逮捕される可能性も出てきた
 
シドニー・パウエル弁護士が告訴状を出したことで、連邦最高裁で逆転すれば、全米50州のうち20州が選挙人を総取り換えし、トランプは逆転勝利する。オバマとバイデンが逮捕される可能性も出てきた

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
 シドニー・パウエル弁護士が出した104頁の告訴状だが、米国の30州の州知事(共和党)が買収されていた。使われていたドミニオン社の選挙投票システムのソフトは、わざとバグをつくってハッキングしやすいようにつくられていた。これまでの訴訟では、ジョージア州で、一時間の投票にバイデンに30000票入っているのに、トランプには3200票しか入っていないなど、あまりにも不自然な集計状況の数々を証拠として出していたけれども、それを誰がやったかというところまではわかっていなかった。ところが、パウエル弁護士は11月30日、ハッキングを含めた不正を中国がやったという証拠を、連邦最高裁に出した。それにより、12月14日の選挙人投票は米国合衆国憲法第2章1条2条の解釈から、(選挙で明らかな不正行為があり、それに関与した人間が国家反逆罪に問われていることなどから)、州議会が選挙人を全部指名し直すことができ、トランプが逆転する可能性が高まった。まずは11月30日、パウエル弁護士が連邦最高裁に出したことで、連邦最高裁で逆転すれば、全米50州のうち20州が選挙人を総取り換えする。そうすると、トランプは間違いなく逆転勝利する。場合によっては、オバマとバイデンが逮捕される可能性も出てきた。トランプ大統領は、「選挙人の投票でバイデンが勝ったら、ホワイトハウスを去る」と言っていたことを撤回して、「私は去らない。最低でも半年間は闘い続ける」と宣言を出した。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年11月30日 11時3分
安倍前首相が「桜を見る会前夜祭」で政治資金規正法に引っかかっているわけだが、菅義偉首相も安倍前首相と同じようなことをやってきていることは永田町では有名な話だ
 
安倍前首相が「桜を見る会前夜祭」で政治資金規正法に引っかかっているわけだが、菅義偉首相も安倍前首相と同じようなことをやってきていることは永田町では有名な話だ

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党派閥「二階派」(志帥会)幹部からのトップ情報である。
 二階幹事長と下村博文政調会長と斎藤健総務会長が、菅義偉首相を守るということで、3人で支えているけれども、当の菅首相は冴えない。いつも下を向いて原稿を読んでばかりで、全くパッとしない。
 菅首相を総理に祭り上げた二階俊博幹事長は、どこまでも菅首相を支えると言っているけれども、あまりに菅がパッとしないので、続投できないのではないかと思えてくれる。コロナ対策も思い切ったことは出来ていないし、学術会議の問題も野党の追及が長く続いている。ここへきてさらに、安倍前首相が「桜を見る会」で政治資金規正法に引っかかっているわけだが、菅首相も安倍前首相と同じようなことを頻繁にやっていることは永田町では有名な話だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年11月29日 10時58分
大統領選勝利にむかって、トランプ陣営の法廷闘争が本格的に始まった。被告は、ジョージア州の共和党のブライアン・ケンプ知事と、ミシガン州の民主党のグレーチェン・ホィトッマー知事と、両州政府の幹部らだ
 
大統領選勝利にむかって、トランプ陣営の法廷闘争が本格的に始まった。被告は、ジョージア州の共和党のブライアン・ケンプ知事と、ミシガン州の民主党のグレーチェン・ホィトッマー知事と、両州政府の幹部らだ

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年個人投資家のsatoko女史からの緊急トップ情報である。
 大統領選勝利にむかって、トランプ陣営の法廷闘争が本格的に始まった。11月26日の木曜日はアメリカの勤労感謝の日で、これは各家庭で巨大な七面鳥をローストしてお祝いする祝日だ。従って、法廷闘争の日程的にはその前日の水曜日が訴状提出のギリギリの締切日だった。シドニー・パウウェル(パウエル)も、水曜日に提出すると言っていた。みんな、いつかいつかと水曜日には待っていたのだが、夜になって、ようやくニュースが入ってきた。ジョージア州だけと思っていたら、ミシガン州も訴訟の対象となっている。被告は、ジョージア州の共和党のブライアン・ケンプ知事と、ミシガン州の民主党のグレーチェン・ホィトッマー知事と、両州政府の幹部らだ(ホィトッマーの名前をもじって「ハイル、ヴィットマー」とこの女性独裁者知事を揶揄するプラカードを見たことがある)。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2020年11月28日 11時7分
トランプ大統領は、「選挙人の投票でバイデン前副大統領が選ばれたらホワイトハウスを去る」と発表、マイケル・フリンを恩赦、一旦は引き中国と日本と米国が一緒になって、バイデンを潰す
 
トランプ大統領は、「選挙人の投票でバイデン前副大統領が選ばれたらホワイトハウスを去る」と発表、マイケル・フリンを恩赦、一旦は引き中国と日本と米国が一緒になって、バイデンを潰す

◆〔特別情報1〕
 久方ぶりに上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
 トランプ大統領は11月27日、「選挙人の投票でバイデン前副大統領が選ばれたらホワイトハウスを去る」と発表した。一旦は引く。それに先立って、マイケル・フリンを恩赦にした。フリンを含めてかなりの人数の恩赦を出した。恩赦が出たのは、主にロシアゲートで罪を問われていたキッシンジャー博士のブレーン30人前後といわれている。さらにトランプ大統領は、キッシンジャー博士を含め防衛政策協議会のメンバーを解任した。トランプはもちろん正式には負けを認めていない。けれども、裁判に持ち込む戦略がなかなか難航しているため、ここは一旦取り敢えずバイデンに政権を移行する覚悟をしている。キッシンジャー博士以下、フリンも含めた「新機軸派」の中心になるメンバーや関係者などロシアゲートで有罪になっていた人たち全員を恩赦にした。これでキッシンジャー博士の「新機軸チーム」は全員戻ってきたので、自由に動けるようになった。今後は、キッシンジャー博士以下CSISも含めて全て「新機軸派」は、バイデン政権とは距離を置く。そして、中国と日本と米国が一緒になって、バイデンを潰す。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年11月27日 10時47分
菅政権は物足りない。きちんとした政治思想がないからなのか、首相としての言葉にパンチがない。菅には、もう少し期待していたけれども、ダメだ。はっきり言って、魅力がない
 
菅政権は物足りない。きちんとした政治思想がないからなのか、首相としての言葉にパンチがない。菅には、もう少し期待していたけれども、ダメだ。はっきり言って、魅力がない

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党派閥「二階派」(志帥会)幹部からのトップ情報である。
 「桜を見る会」の東京地検特捜部の捜査は、やはり黒川弘務東京高等検察庁検事長がいないことが大きい。しかし、いろんなところかろから60件くらい訴えられているので、やらないわけにはいかなかっただろう。安倍晋三前首相が復権を狙っているという話がチラホラ出ていたようだが、そんなことはさせられない。ようやく辞めて、みんなホッとしているのに、もう安倍にはさせられない。
 だけど、菅政権は物足りない。きちんとした政治思想がない。だからなのか、首相としての言葉にパンチがない。菅には、もう少し期待していたけれども、ダメだ。はっきり言って、魅力がない。10年ほど前の麻生政権の最後の頃、自民党のある委員会の会合で席が向い合せになったときに、はじめて顔を合わせたけれども、隣に座った議員とベラベラ喋っていて、そのときの印象は、たいしたことないなというものだった。とても総理になるような政治家には感じなかったものだが、最初の印象そのまま、パッとしない。二階俊博幹事長が菅を祭り上げたから総理になれたけれども、本来は、ナンバーワンの総理になれる人ではない。日本の国の歴史・文化・伝統を通して、将来どういう国を目指していくのかといったことが何も出てこない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/23 11:11 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第一章 通論
01/23 00:13 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
01/22 12:27 バイデン大統領は大統領就任に浮かれている場合ではない。人権主義はいいが新型コロナウイルスに感染した移民が南の国境を突破してくるとか、北朝鮮からのスパイの侵入には万全を尽くすべきではないのか
01/21 12:09 バイデン新大統領は就任演説で「アメリカの国民と国家を1つに結束させることに全身全霊を尽くす」などと力説したが、総じて美辞麗句を並びたてた感が強く、有権者のトランプ前大統領支持者の胸にどう響いたかは不明
01/20 10:30 バイデン前副大統領は、ドンデン返しにさらされる。米国はアメリカ共和国と名称を変え、国旗も変わる。初代大統領がトランプ、副大統領がケネディjrが就任する
01/19 10:32 二階幹事長は完全に菅首相に対して怒っている。何より、GOTOをやめるとき、一言相談してほしかったようだ。そこからどちらともなく距離を置き始めた。衆院解散・総選挙のXデーは、6月の通常国会閉会のタイミン
01/18 11:42 数年後には、台湾と日本が世界の産業の米である半導体の主導権を完全に握るようになる。最強のコンビだ。これから最先端の半導体技術は、核兵器よりも抑止力となる。つまり半導体の最先端のプロセスを握った国が、世
01/17 09:44 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第二篇 猶太民族に関する豫備知識 第三章 第四節 信仰の熱烈
01/16 09:09 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第二篇 猶太民族に関する豫備知識 第三章 第三節 タルムード(つづき)
01/15 11:44 トランプ大統領は、過去に合衆国政府に対してUFOや宇宙人に対する報告があったものをまとめたレポート5339頁を国民に公開しなければならない法律を大統領令でつくった。バイデンへの逆襲が始まっている
最近のコメント
いま世界は、核戦争や通常兵器を使った戦争ではなくて、「ウイルス戦争」「サイバー戦争」「宇宙戦争」に移行している。(板垣先生よりほんの少し若い爺)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(サム)
安倍晋三前首相は、「桜を見る会」事件を年内に終わらせようという思惑、吉川貴盛元農相のほうは、国会で追及されるのを避けて議員辞職したけれど、事はそう簡単に収まりそうではない(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―緒言2〜4(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(山本恭司)
菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった(piyokoTV)
プーチン大統領は、「戦争推進派のバイデンは認めない」とはっきり意思表示、「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いた(piyokoTV)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(板垣英憲)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(piyokoTV)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved