ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4224)
米国在住の個人投資家satoko女史 (13)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (103)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (116)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2153022
今日のアクセス: 106
昨日のアクセス: 967
RSS
カレンダー
<<2021年02月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年2月13日 10時11分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第八章 ユダヤ運動の戦術に就いて 
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 
 第三篇 猶太思想 
 第八章 ユダヤ運動の戦術に就いて


他民族第一線主義……ユダヤ人は両陣に立つ……釘抜戦術。

 前章に於てユダヤ思想の陰性を叙するに方り、既に潜水艦式戦術を取ることを詳述した。之を具体的に言明せる一方式に、「ゼンタイル・フロント」と呼ぶものがある、即ち「他民族第一線主義」である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年2月12日 12時30分
森喜朗は何百億円ともいわれる利権に繋がっている。「余人をもって代えがたい」などと擁護する人がいたが、それは森喜朗がいま「唯一の金ズル」という意味での「余人をもって代えがたい」ということだ。
 
森喜朗は何百億円ともいわれる利権に繋がっている。「余人をもって代えがたい」などと擁護する人がいたが、それは森喜朗がいま「唯一の金ズル」という意味での「余人をもって代えがたい」ということだ。

◆〔特別情報1〕
 これは、CIAに詳しい情報通からの情報である。
森喜朗が五輪組織委員会の会長を辞任した。厚顔無恥の森だから、絶対に辞めないと思われていただけに、意外な展開となった。
 森の失言は、いまに始まったことではないが、どうしようもない。五輪組織委員会の会長ということで、それだけでもものすごい額の報酬をもらっているし、袖の下もすごい。1年延期になったことで、さらに報酬を余計にもらって、内心ほくそ笑んでいたくらいだろう。森喜朗は、何百億円ともいわれる利権に繋がっている。だから誰も森を辞めさせることは出来なかった。森はコロナ禍のいまも、利権で動いている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年2月11日 11時57分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第七章 陰性的、復讎的
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著
 第三篇 猶太思想
 第七章 陰性的、復讎的
 

 ユダヤ民族の標象は蛇……耳語多し……門柱の守札……ユダヤ人と神経病……基督(キリスト)はユダヤの復讐を戒む……潜水艦式努力。

 發生當初(発生当初)からの歴史、環境を熟視して見るとユダヤの思想が陰性的になるのは善く理解し得られる。又既述の如く暦には陰暦を用ゐて居り、民族の標象は蛇である。星も善く用ゐられる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年2月10日 12時47分
自民党内部の極秘情報では、いま創価学会・公明党の内部分裂で大変な状況になっている。今度の選挙から公明党は自民党との連立を解消する可能性が出てきている
 
自民党内部の極秘情報では、いま創価学会・公明党の内部分裂で大変な状況になっている。今度の選挙から公明党は自民党との連立を解消する可能性が出てきている

◆〔特別情報1〕
 これは、二階派の重鎮による自民党内部の情報と、創価公明に詳しい情報通からの分析だ。
 まずは、自民党内部の極秘情報では、いま公明党が大変な状況になっている。今度の選挙から公明党が自民党と分かれるかもしれない。創価学会の池田大作の長男である池田博正創価学会主任副会長と、原田稔会長とがケンカになっていることから、創価公明が2つに内部分裂の様相になってきているようだ。そもそもそ婦人部が安倍政権から菅政権に続く自民党の政策に反対していることも大きい。その婦人部も分かれて大騒動になっている。当然、公明党も真っ二つに分かれている。そうした内部分裂により公明党は自民党との連立から離れるのではないかとみられている。創価学会が分裂したら、公明党も当然分裂するため、これまでのような創価学会票がアテにならなくなり、公明党の力はなくなる。どの時点でそれがはっきりするかだが、いまも相当に分裂の動きが出ている。銀座のクラブの問題で辞任した遠山清彦も、学会の分裂問題が影響しているとみられている。学会の内部分裂のなかから、敵対する側からリークされたようだ。
 自民党との連立に残る公明党と、離脱する公明党に分裂することになる。離脱組は立憲と組むことになるかもしれない。いずれにしても組織の分裂は票の分裂を意味するので、公明党は政権を動かす力を失うことは間違いない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年2月9日 12時8分
13回変異するといわれている新型コロナウイルスは、どんどん毒性が強くなり、13回も変異すると最初とは違うウイルスになってしまう。3年ほど経つと、また新たなパンデミックが始まる。
 
13回変異するといわれている新型コロナウイルスは、どんどん毒性が強くなり、13回も変異すると最初とは違うウイルスになってしまう。3年ほど経つと、また新たなパンデミックが始まる。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
ロヒンギャを人身売買している総元締めは、やはりアウンサンスーチーであり、彼女もノーベル平和賞を受賞している。オバマと同じで、表では綺麗ごとを言うけれども、裏では人身売買や麻薬の取引のシンジケートであり、中国の一帯一路ともアグリーメントを結んだ邪悪な存在だ。
 中国はいま国家経済が破綻している。全人代では、これからはGDPを含めた経済指数は発表しないことを決定した。経済が回復しているとか、コロナは撲滅したといったことは、全てがウソであり、これまで発表してきた数字もウソの数字だったわけだが、今後は都合の悪い数字そのものを公表しないということにした。WHOはビル・ゲイツがカネを出して完全に仕切っているので、だから一年も経ってから新型コロナウイルスの調査を始めた。これは、いわば交通事故から一年経って現場検証しているようなもので、今回のWHOの調査結果といっていも、いまごろ武漢の研究所に行ったところで、何も出てこないし、何も出てくるわけがない。結局、アリバイづくりの形ばかりの調査ということだ。武漢ウイルスとトランプに言われたことに対しての、そうでないということをアピールするためにやっているに過ぎない。
 コロナは以前にも言ったことだが、13回変異するといわれており、どんどん毒性が強くなり、13回も変異すると最初とは違うウイルスになってしまう。3年ほど経つと、また新たなパンデミックが始まる。つまり、何度も言ってきていることだが、ワクチンは打っても何の意味もないし、悪影響しかない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
03/05 11:56 MSA資金のミッションのため、農水省と総務省の収賄問題で外堀から埋めて、安倍・麻生が空けてきた資金の穴を埋める実務を決行。2月28日のみずほ銀行システム障害は我々の第一ミッション完了の瑞祥である
03/04 12:10 山田前広報官は、菅首相の奥さんである真理子夫人が「この子はいい」と気に入って、広報官に任命されていたという。
03/03 11:57 東京オリ・パラ5者会談では、全豪オープンでのコロナ対策「オーストラリアシステム」での開催を提案。開催期間延長で、菅首相の思惑どおり解散は、東京オリ・パラの余韻のなか9月が有力となる。
03/02 10:46 菅首相が安倍政権下での官房長官だったときの官房機密費の流用も取り沙汰され始めた。一部では、その詳細な証拠が共産党に渡っているという話も出てきており、自民党内は戦々恐々としている。
03/01 13:17 菅首相長男による総務省高額接待「文春スクープ」は、菅版「内務省」解体の始まりか。令和のGHQは、誰だったのか、意外なところに菅政権の盲点があり、今後、我田引水の菅利権が次々と炙り出されていく。
02/28 07:00 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第四篇 秘密結社フリーメーソンリー 第一章 総説 第三節 標語と進み方と其の批判(3)
02/27 11:37 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第四篇 秘密結社フリーメーソンリー 第一章 総説 第三節 標語と進み方と其の批判 (2)
02/26 07:00 菅義偉首相長男の総務省幹部接待問題で、「やぶれかぶれ4月解散説」が再浮上、「真面目で実務家」ということで総理になったはずが、あれほど悪い利権屋だったとは、もう長くはない。秋まで持たない。辞任しかない。
02/25 12:00 新型コロナウイルス感染は、無症状と軽症が大半のなか、なぜ重症化する人がいるのかを調査研究した橋本行則先生の論文「新型コロナ感染症重症化の真因はウイルスではなく活性酸素種/フリーラジカル傷害」は真のコロ
02/24 11:33 バイデン政権はトランプのアフガニスタン米軍撤退方針を見直し、タリバンは激怒、軍事衝突の緊張が高まる。インドではモディ政権がさとうきび農家と激突、交通網が麻痺で窮地、その隙を狙う中国はインドに進出
最近のコメント
アウンサンスーチーは、未成年者人身売買の元締めだった。だから軍がクーデターを起こした。いまのような時期にクーデターを起こせば、ミャンマーへの援助は全てストップされてしまう。しかし、止まっていない。(もつ鍋)
いま世界は、核戦争や通常兵器を使った戦争ではなくて、「ウイルス戦争」「サイバー戦争」「宇宙戦争」に移行している。(板垣先生よりほんの少し若い爺)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(サム)
安倍晋三前首相は、「桜を見る会」事件を年内に終わらせようという思惑、吉川貴盛元農相のほうは、国会で追及されるのを避けて議員辞職したけれど、事はそう簡単に収まりそうではない(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―緒言2〜4(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(山本恭司)
菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった(piyokoTV)
プーチン大統領は、「戦争推進派のバイデンは認めない」とはっきり意思表示、「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いた(piyokoTV)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(板垣英憲)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(piyokoTV)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved