ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4224)
米国在住の個人投資家satoko女史 (13)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (103)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (116)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2153007
今日のアクセス: 91
昨日のアクセス: 967
RSS
カレンダー
<<2021年02月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年2月16日 12時42分
小池都知事は、またもや掌返しで、二階幹事長と自民党に見切りをつけ、得意の劇場型政治に持ち込もうと動き始めた。その一番目の生贄が森喜朗だった。次は東京オリンピックを中止し、希望の党を復活させて国政復帰を
 
小池都知事は、またもや掌返しで、二階幹事長と自民党に見切りをつけ、得意の劇場型政治に持ち込もうと動き始めた。その一番目の生贄が森喜朗だった。次は東京オリンピックを中止し、希望の党を復活させて国政復帰を狙っている

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
森喜朗の会長辞任は、いろいろ利権が絡むなかでの大掃除第一弾だった。安倍も麻生も菅も二階も、その周辺の取り巻きも含め、結局は同じ穴のムジナだから、引き続き大掃除はしなければならない。
 もともと東京オリンピック・パラリンピックは、招致するときに猪瀬都知事が、「東日本大震災の復興五輪」と位置づけ、福島から聖火リレーを始めて、日本がこれだけ復興したということを世界に向けてアピールするということだった。ところが2 2021年2月13日 23時23分ごろ、福島県沖で再び大きな地震が起きてしまった。道路が陥没したり、周辺の家屋が倒壊したりと、再びメチャクチャになってしまっている。常磐道も土砂崩れで通行止めになっているし、新幹線も高架が折れて復旧の目途が立っていない状況で、平常に戻るには数カ月はかかるものとみられる。予定では、3月25日から聖火リレーということになっているけれども、ここまでくると、地元住民にとっても復興五輪どころではない。しかも、今回の地震は3.11東日本大震災の余震ということであり、それで、オリンピックの聖火リレーを強引にやると「何考えているんだ」ということになる。同じくらいの余震はこの先2回以上は起きるだろうといわれている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年2月15日 7時0分
「釘一本でも抜く利権屋」で女性蔑視の老害・森喜朗は、自民党のパーティで声を掛けられ壇上に上がろうとした代議士の実母に対し「そこのババアは上るな」と暴言で制止するほどババア呼ばわりは日常茶飯事、もはや日
 
「釘一本でも抜く利権屋」で女性蔑視の老害・森喜朗は、自民党のパーティで声を掛けられ壇上に上がろうとした代議士の実母に対し「そこのババアは上るな」と暴言で制止するほどババア呼ばわりは日常茶飯事、もはや日本の癌だった。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」重鎮からのトップ情報である。
 森喜朗会長の後任に、橋本聖子五輪相の名前が挙がってきたけれども、引き受ける場合は、大臣を辞さなければならない。長い時間を待ってようやく大臣に就任しただけに、引き受けるかどうかはわからない。どうしてもみんなが、もしくは政府がやれということになると、断れないだろう。ただし、橋本聖子は森派(清和会)だから、結局は森が後ろで操る傀儡人事ということになりかねない。しかし、今回ばかりは世界的世論が事態を大きくしているだけに、そう簡単に森の言いなりにはなれないだろう。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年2月14日 9時57分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第四篇 秘密結社フリーメーソンリー 第一章 総説
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 
第四篇 秘密結社フリーメーソンリー
第一章 総説


 日本知識階級に見る無認識……調査の困難

 フリーメーソン結社は、必ずしもユダヤ人のものではないと主張し、之をユダヤ運動に入れて説くのに賛成しない識者もあるが、筆者は之をユダヤ運動の重要なものと確信するから本書の中に収めたのである。而(しかし)て之を詳説するとなると之丈で優に一巻をなすのであるが本書全体の紙数の關係(関係)で之を一編に纏(まと)めて取扱ふことにしたのである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年2月13日 10時11分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第八章 ユダヤ運動の戦術に就いて 
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 
 第三篇 猶太思想 
 第八章 ユダヤ運動の戦術に就いて


他民族第一線主義……ユダヤ人は両陣に立つ……釘抜戦術。

 前章に於てユダヤ思想の陰性を叙するに方り、既に潜水艦式戦術を取ることを詳述した。之を具体的に言明せる一方式に、「ゼンタイル・フロント」と呼ぶものがある、即ち「他民族第一線主義」である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年2月12日 12時30分
森喜朗は何百億円ともいわれる利権に繋がっている。「余人をもって代えがたい」などと擁護する人がいたが、それは森喜朗がいま「唯一の金ズル」という意味での「余人をもって代えがたい」ということだ。
 
森喜朗は何百億円ともいわれる利権に繋がっている。「余人をもって代えがたい」などと擁護する人がいたが、それは森喜朗がいま「唯一の金ズル」という意味での「余人をもって代えがたい」ということだ。

◆〔特別情報1〕
 これは、CIAに詳しい情報通からの情報である。
森喜朗が五輪組織委員会の会長を辞任した。厚顔無恥の森だから、絶対に辞めないと思われていただけに、意外な展開となった。
 森の失言は、いまに始まったことではないが、どうしようもない。五輪組織委員会の会長ということで、それだけでもものすごい額の報酬をもらっているし、袖の下もすごい。1年延期になったことで、さらに報酬を余計にもらって、内心ほくそ笑んでいたくらいだろう。森喜朗は、何百億円ともいわれる利権に繋がっている。だから誰も森を辞めさせることは出来なかった。森はコロナ禍のいまも、利権で動いている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
03/05 11:56 MSA資金のミッションのため、農水省と総務省の収賄問題で外堀から埋めて、安倍・麻生が空けてきた資金の穴を埋める実務を決行。2月28日のみずほ銀行システム障害は我々の第一ミッション完了の瑞祥である
03/04 12:10 山田前広報官は、菅首相の奥さんである真理子夫人が「この子はいい」と気に入って、広報官に任命されていたという。
03/03 11:57 東京オリ・パラ5者会談では、全豪オープンでのコロナ対策「オーストラリアシステム」での開催を提案。開催期間延長で、菅首相の思惑どおり解散は、東京オリ・パラの余韻のなか9月が有力となる。
03/02 10:46 菅首相が安倍政権下での官房長官だったときの官房機密費の流用も取り沙汰され始めた。一部では、その詳細な証拠が共産党に渡っているという話も出てきており、自民党内は戦々恐々としている。
03/01 13:17 菅首相長男による総務省高額接待「文春スクープ」は、菅版「内務省」解体の始まりか。令和のGHQは、誰だったのか、意外なところに菅政権の盲点があり、今後、我田引水の菅利権が次々と炙り出されていく。
02/28 07:00 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第四篇 秘密結社フリーメーソンリー 第一章 総説 第三節 標語と進み方と其の批判(3)
02/27 11:37 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第四篇 秘密結社フリーメーソンリー 第一章 総説 第三節 標語と進み方と其の批判 (2)
02/26 07:00 菅義偉首相長男の総務省幹部接待問題で、「やぶれかぶれ4月解散説」が再浮上、「真面目で実務家」ということで総理になったはずが、あれほど悪い利権屋だったとは、もう長くはない。秋まで持たない。辞任しかない。
02/25 12:00 新型コロナウイルス感染は、無症状と軽症が大半のなか、なぜ重症化する人がいるのかを調査研究した橋本行則先生の論文「新型コロナ感染症重症化の真因はウイルスではなく活性酸素種/フリーラジカル傷害」は真のコロ
02/24 11:33 バイデン政権はトランプのアフガニスタン米軍撤退方針を見直し、タリバンは激怒、軍事衝突の緊張が高まる。インドではモディ政権がさとうきび農家と激突、交通網が麻痺で窮地、その隙を狙う中国はインドに進出
最近のコメント
アウンサンスーチーは、未成年者人身売買の元締めだった。だから軍がクーデターを起こした。いまのような時期にクーデターを起こせば、ミャンマーへの援助は全てストップされてしまう。しかし、止まっていない。(もつ鍋)
いま世界は、核戦争や通常兵器を使った戦争ではなくて、「ウイルス戦争」「サイバー戦争」「宇宙戦争」に移行している。(板垣先生よりほんの少し若い爺)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(サム)
安倍晋三前首相は、「桜を見る会」事件を年内に終わらせようという思惑、吉川貴盛元農相のほうは、国会で追及されるのを避けて議員辞職したけれど、事はそう簡単に収まりそうではない(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―緒言2〜4(piyokoTV)
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次(山本恭司)
菅首相が記者の質問に答えて、バイデン当選おめでとうと言ったのは、笑止千万だが、非常にまずかった(piyokoTV)
プーチン大統領は、「戦争推進派のバイデンは認めない」とはっきり意思表示、「新機軸派のトップリーダー」であるキッシンジャー博士が中国の長老と話をして動いた(piyokoTV)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(板垣英憲)
戦争推進派「ディープステート」派と世界恒久の平和と繁栄を希求する「新機軸派」の代理戦争と言われる「米大統領選挙」は、「ディープステート」派のバイデン前副大統領が勝宣言、トランプはコロナに敗北した(piyokoTV)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved