ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4357)
米国在住の個人投資家satoko女史 (23)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (95)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2332334
今日のアクセス: 527
昨日のアクセス: 870
RSS
カレンダー
<<2021年04月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年4月13日 12時10分
MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。
 
MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近で、MSA資金の最終承認者である吉備太秦からの、トップ情報である。
 バイデンと中国との関係は、大統領選挙中の不正疑惑からみても、水面下でいつ手を結んでもおかしくない危険をはらんでいるわけだが、我々としては、そうならないように表面上は、トランプ政権からバイデン政権へ最新の注意のもと移行させ、MSA資金に関係した諸々の契約書もつくってきた。ホストカントリーとしての日本が、これまでのような米国の属国のような立場で言いなりになることはない。日本は日本で、独自路線でいく。そのあたりの確認の意味で、菅首相が15日から18日の日程で訪米し、バイデン大統領と首脳会談をすることになる。当初の訪米予定の日程が一週間延期になったのは、
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年4月12日 11時49分
ミャンマーの政変は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。
 
ミャンマーの政変は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。

◆〔特別情報1〕
 今回も先週に続いて、ミンヤマー情勢に詳しい外国人記者からの、分析を以下紹介する。
 アウンサンスーチーは、もし国外に出たら殺される。彼女はものすごく複雑な存在だ。当然、イスラム教の人たちにも嫌われているし、外に出たら暗殺される。軟禁状態にいることで身の安全が守られている。アウンサンスーチー自身もそのほうが安全だということを知っている。彼女は、もともと政治的にも、また思想的にも考えがまとまっている人ではない。フラフラといろいろなところからのアプローチになびいて影響を受けてしまうところがある。アウンサンスーチーは、国際的な人身売買に関与していた。そのことにより、処刑される可能性が高まっているなか、軍事クーデターが起きた。いまの状態のなかで、アウンサンスーチーは自分が殺されないように必死で自分を守っている。表面上は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。国軍がアウンサンスーチーを殺害することはない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年4月11日 9時59分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第ニ章 フランス革命 (2)
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著

第五篇 猶太の運動(前紀)

第ニ章 フランス革命 (2)


前回からのつづき

 尚一つフランス革命とフリーメーソンの關係に於て看過し得ぬことは、プロシヤ軍等の同盟軍が、千七百九十二年何故ヴエルダンを陥れシャムパーニュの一角ヴアルミー高地の所まで進撃し、今一押しで巴里迄攻め込み得るのに、空しく軍を囘(か)へしたかである。筆者は第一世界大戦當時あの邊を視察し、ヴアルミー高地に案内されて佛軍将校から戦勝紀念碑の説明迄受けたが、該高地は左程の価値あるものでもないし、合点が行かなかつた――、普通のフランス革命史を読むと、天候が悪かつたとか、ジャムパーニユ地方の葡萄の不熟のをプロシヤ軍隊が食べ過ぎて悪疫が流行した事などで取繕つた説明になつてゐて物足りなかつた。所がフリーメーソン第十五階級まで昇つたアルバ・セリー氏の「隠密戦争」を読んで見て判つた。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年4月10日 9時48分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第ニ章 フランス革命 (1)
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著

第五篇 猶太の運動(前紀)

第ニ章 フランス革命 (1)


 フリーメーソン自らの告白……フランス革命はユダヤ人を解放……濁逸の將軍八百長戦を交ふ……憲法制定会議はフリーメーソンの会議

 西暦千七百八十九年七月十四日に巴里の、バスチーユ監獄破りに端を発したフラソス革命の表面にはユダヤ人は立たなかつた。主としてその傀儡なるフリーメーソンを働かせた。フリーメーソンの教科書は誇りがに下記の如く記述してゐる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年4月9日 12時0分
中国にコントロールされるミャンマーに、軍事クーデターを仕掛けたインド、一方、中国は人民解放軍をミャンマーに送り続けている。緊迫するミャンマー情勢のなか、米国と日本は静観するしかない。
 
中国にコントロールされるミャンマーに、軍事クーデターを仕掛けたインド、一方、中国は人民解放軍をミャンマーに送り続けている。緊迫するミャンマー情勢のなか、米国と日本は静観するしかない。

◆〔特別情報1〕
 これは国際軍事情勢に精通している情報通からのトップ情報である。
 菅首相がフィリピンとインドを訪問するのは、中国包囲網のための米国からの指示だ。というのも、ミャンマーに中国軍が入ったため、かなり緊張状態が増してきたからだ。ミャンマーでは、アウサンスーチーが人身売買の元締めとしてやってきていたことが原因で、国軍がクーデターを起したわけだが、ミャンマーの市民はそうしたアウサンスーチーの裏の顔を全く知らない。しかも、国軍はアウンサンスーチーの裏の顔を知っていながら、その噂が出ると、「スーチーはそんなことはしない」と否定している。そこにつけ込んでいるのが、中国だ。国軍によるクーデターから2カ月あまりのミャンマーでは、市民らの抗議活動が続き、すでに500人を超える市民が殺害されるなど混迷が続いている。そのため、国際社会はミャンマー軍事政権に対して経済制裁を強めており、石油から何から止められてしまっている。それを回復させるためにという名目で、中国は人民解放軍をミャンマーに送り込んでいる。ただし中国軍が、アウンサンスーチー側につくか、国軍側につくか、いまのところ、どうなるかはまだわからない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/28 07:00 習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。
09/27 12:27 菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。
09/26 16:27 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(2)
09/25 13:18 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動  第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(1)
09/24 13:13 谷垣から二階に幹事長が交代したときから始まった「安倍・麻生潰し」は総裁選がトドメとなり、河野政権で女性宮家・女性天皇を容認するよう皇室典範改正に着手することになる。
09/23 14:34 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(2)
09/23 14:30 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
09/22 17:24 豪農の河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野太郎の祖父・河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追う
09/21 16:36 自民党総裁選 高市陣営は、独自の電話作戦で連休中に河野・岸田に猛追、決選投票は岸田と高市で争うことを想定しているという。河野陣営は、推薦人のもとに脅迫めいた電話が頻発していたという。
09/20 17:32 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(1)
最近のコメント
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(一読者)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(反IOC同盟)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved