ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4301)
米国在住の個人投資家satoko女史 (21)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (78)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2283919
今日のアクセス: 243
昨日のアクセス: 977
RSS
カレンダー
<<2021年07月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年7月16日 14時23分
山口県の人にとっては、総理になる願いを二度も叶えた安倍晋三は、既に終わった人。安倍の再々登板を願うより、総理候補ながら選挙区を奪われた故林義朗の息子・林芳正の総理就任を願っている。
 
山口県の人にとっては、総理になる願いを二度も叶えた安倍晋三は、既に終わった人。安倍の再々登板を願うより、総理候補ながら選挙区を奪われた故林義朗の息子・林芳正の総理就任を願っている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの政界トップ情報である。
 自民党岸田派の林芳正元文部科学相(60歳・参院山口選挙区)が7月15日午前、山口県宇部市で記者会見し、次期衆院選に山口3区から立候補すると表明した。山口3区は自民党二階派の河村建夫(78歳)が11選を目指す選挙区で、保守激突は避けられない様相だ。二階俊博幹事長は、林がくら替え出馬した場合は処分を辞さないとの考えを示していた。林を除名するといった声も聞こえてくるが、それをしてはいけない。
 前回の選挙のとき、岡山3区でも保守激突の選挙区があった。岡山3区は、現職の阿部俊子の公認が決まっていたのだが、平沼赳夫が政界を引退する決意を固め、後継候補として次男の平沼正二郎を擁立することとなり、阿部俊子は公認を見送られ、阿部と平沼正二郎はいずれも無所属の出馬とさせた。結果は、阿部俊子が平沼正二郎を約3,500票差で破り、5選を果たし、自民党の追加公認を得たのだった。林の出馬表明を受けて河村は「小選挙区で勝っている現職は優先的に公認するという法則で、これまでも公認を受けてきた。今回もそういう方向だと受け止めている」と訴えたようだが、過去の前例では、必ずしも現職優先とは限らない。ただし、二階が幹事長である以上、二階派の河村建夫を公認から外すということは絶対にない。林芳正は、自ら無所属での出馬を覚悟していることを語ったように、二階は河村を公認候補として林は無所属での出馬となるだろう。となるとその場合、二階と敵対している3A(安倍・麻生・甘利)は、自民党公認二階派の岸田派の林芳正のどちらを応援することになるのか。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年7月15日 16時10分
米国はタリバンとの間で、一人の兵士も残さず完全撤退するこことを約束した。ところが約650人の兵士を、米国大使館を守るために残すと言い出した。不穏の動きにタリバンは激怒、警戒感を強めている
 
米国はタリバンとの間で、一人の兵士も残さず完全撤退するこことを約束した。ところが約650人の兵士を、米国大使館を守るために残すと言い出した。不穏の動きにタリバンは激怒、警戒感を強めている

◆〔特別情報1〕
 産経新聞は7月15日、「米政権、アフガン人通訳を国外退避へ ブッシュ元大統領は米軍撤収を批判」という見出しをつけて、「バイデン米政権高官は14日、アフガニスタンの駐留米軍や米政府機関で通訳や翻訳係などとして協力したアフガン人とその家族らを7月最終週から空路で国外に退避させると明らかにした。(中略)一方、2001年の米中枢同時テロを受けて米軍によるアフガン進攻を決断したブッシュ元大統領(子)は14日、ドイツ公共放送ドイチェ・ウェレのインタビューで、バイデン政権によるアフガン駐留米軍の撤収について「信じ難いほど悪く悲惨な結果をもたらすだろう」と述べ、政権の対応を批判した。」と配信した。

 以下は中東情勢に詳しい外国人記者からのアフガニスタン情勢についてのトップ情報である。
 米軍完全撤退後のアフガニスタンはでは内戦が始まる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年7月14日 15時35分
酒類取引停止要請への批判沈静化に向けて、西村経済再生担当相の辞任の流れが出てきているが、そこには3A対二階+小池の死闘が存在している。
 
酒類取引停止要請への批判沈静化に向けて、西村経済再生担当相の辞任の流れが出てきているが、そこには3A対二階+小池の死闘が存在している。

◆〔特別情報1〕
 菅政権の迷走が著しい。コロナ禍とするなか、政府にとってのコロナ切り札と推奨するワクチン接種が進んでいるのだか足りないのかよくわからない中、国民の大半が開催を中止すべきと危惧する五輪を、強硬に開催しながら、東京都は緊急事態宣言が続き、お店でお酒は飲めない。首都圏の3県はまん延防止措置を継続。五輪開催中の感染防止のためなのだろうが、酒類の販売業者に対して、自民党の古くからの支持団体である「酒類業中央団体連絡協議会」を通じて、酒の提供停止などに応じない飲食店との取引停止の要請をしたというのだから驚いた。そこまで締め上げるほか、感染防止を収まらないということなのだろう。こうなってくると、五輪後に間違いなく行われる国政選挙の結果がいまから楽しみというものだ。
 ところで、7月12日の共同通信の配信によると、「自民党の下村博文政調会長は12日、酒屋などが加盟する全国小売酒販組合中央会の幹部と党本部で面会した。中央会は、新型コロナウイルス対策で、酒類提供を続ける飲食店との取引停止を求めた西村康稔経済再生担当相に対する業界内の反発を伝えた。下村氏は『厳しい現状を深く認識して努力する』と応じた。中央会側は『乱暴な発言で、全国の酒販店が悪者扱いされた印象を抱いた。きちんと対応してほしい』と下村氏に伝えた。同席した田中和徳前復興相が記者団に明らかにした。」
 全国小売酒販組合中央会は古くからの自民党の支持組織であり、その幹部が抗議に出向いた相手が、西村康稔担当相ではなく下村博文政調会長であり、その話を公表したのが田中和徳前復興相であるところ、これこそまさに政局がらみの展開といえる。
 早速、自民党二階派「志帥会」重鎮に以下話を聞いた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]



2021年7月13日 15時8分
飲食店に対する、酒類提供を禁止する政策は、もはやコロナ対策というよりは、完全に飲食店潰しが目的化しているようだ。とにかく給付金が出るところと出ないところの差が激しい。
 
飲食店に対する、酒類提供を禁止する政策は、もはやコロナ対策というよりは、完全に飲食店潰しが目的化しているようだ。とにかく給付金が出るところと出ないところの差が激しい。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党内部に精通している情報通から話だ。
 飲食店に対する、酒類提供を禁止する政策は、コロナ対策というよりは、完全に飲食店潰しが目的化しているようだ。とにかく給付金が出るところと出ないところの差が激しい。政治家からの口利きがあるところは、ポンポン出ている。その一方で、たとえば都内で70店舗近くの飲食店を経営しているところが、70店舗の申請を出したけれども全て却下されている。一店舗につき80万円強の申請だったが、70店舗は関連店舗とみなされて却下されたのだという。70店舗それぞれに家賃から従業員へ給与など、経費がかかっている。それを関連店舗だから認められないとなると、休業ではすまない。店じまいしかない。これはもう、飲食店を潰すことが目的の政策ということにわかならない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年7月12日 13時51分
二階俊博幹事長と小池百合子都知事がコンビを組んで、本気で3Aに喧嘩を仕掛けている。中谷元と佐藤勉の「小池新党」発言の裏には、二階がいる。
 
二階俊博幹事長と小池百合子都知事がコンビを組んで、本気で3Aに喧嘩を仕掛けている。中谷元と佐藤勉の「小池新党」発言の裏には、二階がいる。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」の重鎮からの政界トップ情報である。
 新型コロナ対策の休業要請などに応じない飲食店に対し、「金融機関から働きかけてもらう」と、暗に金融機関から圧力をかけてもらうととられる発言をした西村康稔経済再生相。発言を撤回し、地元神戸での演説で謝罪をしたというが、批判の声を収まらず、フルボッコ時容体が続いている。西村康稔経済再生相と同郷であることもあって、コロナ対策では何かと同調姿勢をとっている小池都知事、「どう効果を出していくかという思いではないか」と、西村康稔経済再生相に理解を示す発言をした。
 ここまで批判で炎上することが予測できないほど想像力が欠如していたのかと、そのことに驚くところだが、逆にそこまでしなければならない何か別の意図があるのかと勘繰ってしまうところだ。特に東京都の飲食店がターゲットになっていることは間違いない。西村と小池都知事は、昔から仲がいい。小池百合子は、最初に衆議院を辞めて都知事選挙に出るとき、自民党からは完全に排撃された状態だったけれども、西村だけは変わることなく、小池との繋がりを崩さなかった。小池にとっても、西村だけを頼りにしていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/03 15:08 「祭りの後」に危惧されているのは、東京五輪由来の新たなコロナ変異株「五輪株」が世界に広がる恐れ。自民党に追い風となるはずの東京五輪が、やっぱり「呪われた東京五輪」だったという結末に
08/02 15:26 小池百合子都知事が国政復帰に出馬するのではないかと注目されている東京9区の自民党公認に別の候補者が内定しつつも、取り消されており、菅原一秀前経済産業相との因縁が自民党内を驚かせている。
08/01 12:21 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第三章 ロシヤ革命と猶太 (5)
07/31 12:41 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第三章 ロシヤ革命と猶太 (4)
07/31 11:58 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
07/30 15:31 感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増
07/29 10:58 中国が一人っ子政策を止めたのは、人口が減少に転じてきたからではない。戦争が始まれば、若者が死ぬからだ。一人っ子政策を止めた段階から中国共産党は、台湾有事を本気で考えているということだ。
07/28 15:39 南北ホットライン復旧は、台湾有事を想定。北朝鮮は食糧難で各国大使館が閉鎖状態。韓国も経済はガタガタだが、まだ企業は金を持っており、韓国が破綻しても新しい国でやっていける。
07/27 13:31 五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。
07/26 07:00 1964東京大会開会式での挨拶は、日本原子力研究所初代理事長の安川第五郎組織委員会会長だった。そして2020東京大会、福島第一原発事故を伴った東日本大震災からの「復興五輪」の名は虚しく置き去りに
最近のコメント
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(一読者)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(反IOC同盟)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(PoliticsCleanar)
南北ホットライン復旧は、台湾有事を想定。北朝鮮は食糧難で各国大使館が閉鎖状態。韓国も経済はガタガタだが、まだ企業は金を持っており、韓国が破綻しても新しい国でやっていける。(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(政権の被害者)
1964東京大会開会式での挨拶は、日本原子力研究所初代理事長の安川第五郎組織委員会会長だった。そして2020東京大会、福島第一原発事故を伴った東日本大震災からの「復興五輪」の名は虚しく置き去りに(PoliticsCleanar)
「自民党は来るな」と選挙区で罵倒されまくり、このままでは麻生での解散のように自民党は敗北すると自民党内は大騒動で、10月21日任期満了まで解散を遅らせるべきとの声が殺到している。(普通の日本人)
「自民党は来るな」と選挙区で罵倒されまくり、このままでは麻生での解散のように自民党は敗北すると自民党内は大騒動で、10月21日任期満了まで解散を遅らせるべきとの声が殺到している。(フェアな選挙を望む市民)
東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は、女性蔑視発言で辞任の森喜朗前会長を、経費丸抱えの名誉最高顧問検討で反発続出。「呪われたオリンピック」は世界の共通認識となってしまった。(愛媛の民)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved