ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4786)
米国在住の個人投資家satoko女史 (57)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (22)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2624674
今日のアクセス: 441
昨日のアクセス: 643
RSS
カレンダー
<<2021年08月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年8月10日 16時55分
永田町の事情通がいう、「この事件は、資金を出したある男がいて、そのバックが韓国の人だった。大量のカネが政治家に流れた。遠山清彦前衆議員はそうしたこともあって議員を辞職した」
 
永田町の事情通がいう、「この事件は、資金を出したある男がいて、そのバックが韓国の人だった。大量のカネが政治家に流れた。遠山清彦前衆議員はそうしたこともあって議員を辞職した」

◆〔特別情報1〕
 東京地検特捜部が遠山清彦前財務副相・前衆議院議員と、元秘書2人と、2人が現在秘書として勤務する公明党の吉田宣弘衆院議員、太田昌孝衆院議員の議員会館事務所に家宅捜索に入った捜査は、大物政治家までいくのではないかと注目されている。再生可能エネルギー関連会社「テクノシステム社」の社長だった生田尚之被告が虚偽の名目で金融機関から融資金計約11億6500万円をだまし取った詐欺と、さらに海外のカジノで作った負債返済に流用した特別背任容疑で東京地検特捜部に5月27日逮捕、起訴されている。遠山前議員と2人の秘書は、その融資の仲介をしていたことで家宅捜索を受けた。
 生田氏は2019年1月、横浜の中華街に高級肉料理店を開店しており、そのお祝いとして、小泉純一郎元首相、鳩山由紀夫元首相、麻生太郎副総理兼財務相、小池百合子東京都知事、原田義昭前環境相(福岡5区・麻生派)、遠山清彦前衆議院議員・前財務副相(公明党・九州比例)が花を贈っていたという。
 永田町の事情通がいう、「この事件は、資金を出したある男がいて、そのバックが韓国の人だった。大量のカネが政治家に流れた。遠山はそうしたこともあって議員を辞職した」
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年8月9日 15時55分
家宅捜索を受けた遠山清彦前衆議院議員は、公明党離島振興対策本部の本部長を務めていた離島問題のエキスパート。次期公明代表の声もあがったこともあり、山口那津男代表とは険悪な間柄だった。
 
家宅捜索を受けた遠山清彦前衆議院議員は、公明党離島振興対策本部の本部長を務めていた離島問題のエキスパート。次期公明代表の声もあがったこともあり、山口那津男代表とは険悪な間柄だった。

◆〔特別情報1〕
 これは、創価・公明内部に精通している事情通からの情報である。
 遠山清彦・公明党前衆院議員(議員辞職)の元秘書らをめぐる貸金業法違反事件が永田町を震撼させている。遠山清彦は2021年1月の緊急事態宣言が発令されているなか、銀座のクラブで知人と会っていたことが発覚し、議員辞職しているわけだが、そのもともとの情報を仕掛けたのは創価・公明筋だった。ほぼ同時期に、創価学会の選挙実務を長年にわたって取り仕切ってきた佐藤浩氏が副会長を更迭されている。そうした動きの背景で、何が起きていたかというと、公明党のなかで、かなり前から遠藤下ろしが起きていた。結局、銀座の件がリークされて、それをリークしたのは創価・公明だが、そのリーク先が自民筋であったため自民が公明との連立強化の牽制に利用した。これはいってみれば、権力闘争だ。遠山は議員辞職をしてコンサルタント会社を運営し、外部で生き残ろうとしていた。既にバッジを外している遠山の息の根を止めようとしたということだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年8月8日 13時35分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第三章 ロシヤ革命と猶太 (7)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動

 第三章 ロシヤ革命と猶太 (7)


前回からの続き

 三月十二日終に革命は勃発し、十五には議會側と革命党たる労兵會とは妥協成立し、皇帝の退位等六ヶ條の要求が生じたが、この第一ヶ條には早速"法律の前には、人種の平等なることを宣言すべし"とあつてユダヤ解放のゴールに達した。
 その日皇帝は退位した、後とを混乱状態に陥れない爲の方法を講じたが、議會側から出たユダヤ人青年辮護士(弁護士)ケレソスキーは司法大臣として猛威を振い、直宮(じきみや)たる皇弟ミハエルその他皇室側が首班に立つを妨げ、十七日の協議の際の如きは席上で烈火の如く憤り、皇弟ミハエルが寸時考慮の時間を與へよとて別室に退かんとするや、急遽行手を遮つて、妻君に相談をせないで貰いたいと申入れ、ハエル殿下が歸(帰)り來つて自分も退位に決したと宣言すると、ユダヤ人ケレンスキーは他の人々の首を垂れて心配する中で"殿下は人間の中の最も尊い人である"と叫んだ。王等を下僕とせんとするユダヤ精榊自然の発露か?
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年8月7日 13時18分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第三章 ロシヤ革命と猶太 (6)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動

 第三章 ロシヤ革命と猶太 (6)


前回からの続き

筆者は千九百十七年二月中頃は西部戦線のフランス中央軍司令部に居た。十五日夕情報部の食卓に集まると特別の料理と美酒が並べてある。何事かと尋ねると、参謀連が答へるにはロシア革命は成立し皇帝攘位が出来た目度い事になつたから祝盃を挙げるのだ、筆者は甚だ不目出度いなと云ふと、君は帝政日本の人だから革命を嫌ふのかと尋ねる、否、共和制の方が善い國はそれにするが善かろうが、今はその問題ではない、聞く所によれば、来月は佛軍は大規模の攻勢を執る準備中である、其際には露軍は北方から陽攻でも行って、敵の兵力を北の方へ牽制せねばならぬ、然るに今ロシアに革命を起こせばそれが出来なくなる、不祥なことを言ふが来月の攻勢は恐らく甘く行くまい、之が不目出度いのだと答へると、尚ほも露國皇后が獨乙皇室出の関係で最も危険なる高等スパイであるとか種々の議論が筆者と参謀連との間に交はされたが、中央政府から特にその軍司令部に配属されて居た一外交官の消息通が口を筆者の耳朶に寄せ、貴官の云ふ所に理があるのだが、何故か今回英國がロシアの革命を急いだと囁いた、益々迷路に入った筆者は其の理由はと問ひ返すと、之より以上は聞いて呉れるなとの事で狐につまゝれた心地で謎としてゐたが、後に至って、エドワード・グレー卿のユダヤ解放確約やイスラエル・ザングウイルの露西亞(ロシア)開化預言と米國の参戦準備完了の関係などを知悉するに及んで疑問は始めて氷解することが出来た。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年8月6日 7時0分
新型コロナ「中等症」原則入院と言っても、入院先が決まらなければ結局、自宅療養になる。いま独居で生活をしている人が一番に準備しておくべきことは「キーボックス」だろう。
 
新型コロナ「中等症」原則入院と言っても、入院先が決まらなければ結局、自宅療養になる。いま独居で生活をしている人が一番に準備しておくべきことは「キーボックス」だろう。

◆〔特別情報1〕
 新型コロナ感染者が急拡大するなか、政府は重症患者、重症化リスクの高い人以外は自宅療養を基本とする新たな方針を発表し、政府関係者や専門家の方々の口から「訪問看護」という言葉を耳にするようになった。
 いまコロナに感染して重症化のリスクが心配されるのが四十代、五十代といわれおり、なかには介護を経験している人もいる世代であり、「訪問看護制度」について知っている人もいるだろう。ただ介護未経験の人にとって「訪問看護」は恐らく耳慣れない「制度」である。「訪問看護制度」の利用については後述するとして、まずは自宅療養で往診や訪問介護といった制度を利用する、さらにその前に、特に独居で生活をしている人の場合、一番に準備しておくべきことは「キーボックス」だろう。中等症?で「呼吸困難、肺炎の所見」中等症?で「酸素投与が必要」といわれている。PCR検査で陽性と判明して軽症から中等症まで悪化すると、往診や訪問看護師が来てくれたとしても、玄関まで鍵を開けに行くことすら困難なほど衰弱してしまっていることが想像される。そのため独居生活の人は絶対に「キーボックス」の用意が必要になってくる。
とにかく、往診も訪問看護もそして救急車も、全て玄関が開かなければどうしようもない。管理人が常駐しているマンションであるとか、スマホの操作でドアの開閉ができるシステム導入をしていない限り、自分以外に玄関を開けてくれる人がいない人は、「キーボックス」を用意しておくことを推奨する。ホームセンターや、通販でも手に入る。せいぜい2千円程度。暗証番号を登録してボックスの中に、鍵を入れるようになっている。往診の担当医か看護師、訪問看護の人に暗証番号とキーボックスの設置場所を伝えて、訪問時に万が一応答がない場合は、キーボックスに入っている鍵で中に入ってもらうのだ。
 これは、介護の現場でよく使われている方法で、歩行が困難になった要介護者が独居で暮している場合などで利用されている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
11/29 23:30 キッシンジャー博士は、いまだに帰国していない。岸田首相に対して「統一教会と創価学会を切れ」と急がせている。新興宗教全般に及ぶ可能性もある。米国は日本のマインドコントロールによる「団結」を恐れている。
11/28 22:30 70年代「我々は、マルキストを創価・公明にすることで反共運動を成功させてきた。あなた方は、街頭で共産党を排除してくれた。互いに組んだら、すごい力になる」と、公明党本部と勝共連合は意気投合していた。
11/27 11:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第5章 責任ある政治を行う 自民党の官僚政治家との対決 
11/26 13:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第5章 責任ある政治を行う 政治家、政党が立法と行政の責任を持つ体制へ
11/25 22:04 熊本に建設される半導体の新工場のある噂を巡って、TSMCが中国本土の工場閉鎖に動き出したという。ロシアは日本から半導体部品が使われている中古ゲーム機など片っ端から買い漁っている。
11/24 20:36 解散総選挙があった場合、自民党は表立って統一教会に選挙応援を頼むことはできなくなり、運動員の3割を失う。しかし個人的には旧知の仲、形を変えて裏から応援を頼むことになる。何も変わらない。
11/23 21:32 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第4章 行政制度をつくり直す 特殊法人を廃止する 地力自治の改革 遷都
11/22 22:24 世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。
11/21 23:28 次の解散後に自民党は、公明以外の政党とも連立する可能性が出てくる。「自民の公明切り解散」ということにもなりかねない。もはや公明党は、政局のキャスティングボードを握ってはいない。
11/20 17:45 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第4章 行政制度をつくり直す 内務省の解体
最近のコメント
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved