ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4593)
米国在住の個人投資家satoko女史 (45)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (14)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2502232
今日のアクセス: 579
昨日のアクセス: 702
RSS
カレンダー
<<2021年08月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年8月31日 18時33分
国連安保理はタリバンを国際テロ組織リストから外すことを決定。タリバンは「米国の20年もの長い戦争で3千人近くもの米国人を死なせた。米国の撤退に世界は学ばなければならない」と表明。
 
国連安保理はタリバンを国際テロ組織リストから外すことを決定。タリバンは「米国の20年もの長い戦争で3千人近くもの米国人を死なせた。米国の撤退に世界は学ばなければならない」と表明。

◆〔特別情報1〕
 これは、中東情勢に詳しい外国人ジャーナリストからのトップ情報である。
 米国は、アフガニスタンの大使館を閉鎖し、カタールに移転すると決めた。撤退期限の8月30日の夜11時59分に最後の飛行機が飛び立った。そこに、臨時の大使と軍隊のチーフたちはじめ最後の米兵たちが、苦しい表情で飛行機に乗り込んでいった。管制塔など空港施設を明け渡され、最後に飛び立つ飛行機を見届けたタリバン兵たちは、取り戻したカブール空港で喜びのパレードをした。タリバンのスポークスマンは「アフガニスタンは独立した。米国は歴史のなかで20年という最も長い戦争をし3千人近くもの米国人を死なせた。アフガニスタンを狙う他の国々のための学びの歴史を刻んだ。もう世界はどこの国もアフガニスタンには手出し出来ない。米国の撤退に世界は学ばなければならない」と表明した。アフガニスタン全土にいるタリバンは歓喜の祝砲を打ち上げ「感謝は全てアッラーのためだ」と讃え、国土を取り戻したことへの歓声に沸いた。ちなみに戦死者は米兵だけで3千人近くになるが、NATO軍の戦死者はまた別だ。そして、国連安保理は、タリバンをテロ組織リストから外すことを決定した。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年8月30日 14時20分
政権死守に腐心の自民党は、国民の生命と財産を守ると言いながら、コロナは後手後手、アフガニスタンにいる邦人は連れて帰れない。大手マスコミは書かないが、政権への打撃は致命的になっていく。
 
政権死守に腐心の自民党は、国民の生命と財産を守ると言いながら、コロナは後手後手、アフガニスタンにいる邦人は連れて帰れない。大手マスコミは書かないが、政権への打撃は致命的になっていく。

◆〔特別情報1〕
 アフガニスタンの首都カブールの国際空港近くで8月26日に爆発があった。ISが犯行声明を出した。中東問題に詳しい外国人ジャーナリストからの情報によると、米軍兵士19人が死亡した。その他には、アフガニスタン人60名が死亡したと伝えられ、そのうち33名はタリバン兵だった。そして、バイデン大統領は泣きながら演説していた。しかし、これを理由に、米軍は駐留を続けるのではないかとみられている。
 そして以下は、上皇陛下の側近である吉備太秦からの情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年8月29日 10時44分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動    第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (2)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (2)


前回からの続き

 此(か)くて革命成立後ユダヤ人が台頭して要路に立つに至つたのは自然の勢である。常時ドイツ政府及普魯西(プロシア)其の他の聯(連)邦政府國務大臣の椅子を占めたユダヤ人を列拳すると、
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年8月28日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第五章 濁逸(ドイツ)革命と猶太 (1)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (1)


 ロシア革命後は獨逸(ドイツ)はユダヤの用濟(用済み)……プレスト・リトーワスクの露獨休戦……獨軍の思想悪化……ヒットラーの述懐……物資の欠乏、銃後の弛緩(しかん)……キール軍港暴動、皇帝蒙塵(もうじん)……革命後の獨逸(ドイツ)大官にユダヤ人……大戦間獨逸のユダヤ懐柔とその失敗。

 前既に説けるが如く、ドイツに於てはカイザーのユダヤ利用論に災され、ラテナウやバリンなどのユダヤ人が重用されて國政の要部や経濟交通の重任に當(当)り、初めの間は實際ドイツの抗戦力を高め、ロシヤ崩壊の仕事に便盆を與へて協力の實を示したが、ロシヤ既に倒れて次はドイツ、オーストリアを屠(ほふ)つて、前世紀末からのユダヤ解放策を完成する段取となると、既にドイツに協力の必要は無くなり、之よりは寧ろ物資の缺乏(欠乏)を招く様、ユダヤ式唯物経済統制を行つて人民の窮乏を来し、米國の参戦によつて聯合國を強化し、ドイツの長期戦事を不可能ならしめる策に出た。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年8月27日 12時56分
タリバンがアフガニスタン全土を制圧した最大の要因は、中国がAI搭載の自立型「神風ドローン」を大量に売ったからだ。米国は「ドローン戦争」と化した米中代理戦争に敗北した。戦争の形態は根本的に変わった。
 
タリバンがアフガニスタン全土を制圧した最大の要因は、中国がAI搭載の自立型「神風ドローン」を大量に売ったからだ。米国は「ドローン戦争」と化した米中代理戦争に敗北した。戦争の形態は根本的に変わった。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 タリバンがアフガニスタン全土を制圧した。その勝敗を分けた最大の要因は、中国がAIを搭載した自立型のドローン「神風ドローン」を大量に売ったためであり、米国は「ドローン戦争」と化したアフガン戦争に敗北した。中国は実はドローン大国であり、ドローンでは世界一だ。米国はアフガン侵攻当初から無人爆撃機「プレデター」を使っていたが、2016年頃からは、米国もドローンを飛ばし攻撃の主役となっていった。ところが中国がタリバンに投入した「神風ドローン」には、AIが搭載されており、ピンポイントで爆撃できる自立型AIドローン兵器になっていた。イメージセンサーで標的をピックアップし、そこにピンポイントで爆撃できる。日本の神風特攻隊はパイロットが乗って操縦していたわけだが、ドローンは無人であり、しかも「プレデター」のような無人爆撃機よりも大量に飛ばすことができる。また低空飛行のためセンサーにも引っかからない。それがピンポイントでバンバン飛んでいく。それでアフガニスタン政府軍は壊滅状態になった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
05/21 15:18 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第2章 デイヴィッド・ロックフェラーとロックフェラー四世の激闘 ― 小泉政権自体が「石油政権」
05/20 19:13 1000人規模のマリウーポルの投降と同じことがドンバスでこれから何回か起こる。ウクライナ側は現在、インフラの破壊に一生懸命だ。撤退する時は、地雷の設置とともに、必ず、橋などのインフラを壊していく。
05/20 19:00 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
05/19 19:19 1939年11月30日ソ連がフィンランドに侵攻した「ソ・フィン戦争」は、いまのウクライナの戦況と似ていた。ソ連から仕掛けた戦争ながら、ソ連から和平を申し出た。しかし占領された土地は返ってこなかった。
05/18 22:27 昭和39年刊行の西村敏雄元陸軍少将著「北欧諸民族の祖国愛」に記された日本とフィンランドの知られざる深い関係と「民間防衛」
05/17 21:01 ウクライナ戦争は、「NATO対ロシア」「米国対ロシア」「ユダヤ・キリスト教対イスラム教」という対立構図がある。カシミール問題でイスラム教のパキスタンと対立するインドはロシアとの関係が黙認されている。
05/16 19:21 世の中の動きと平仄をふむように、ウクライナの戦争も転換点に。部隊で生き残ったウクライナ兵115名が、何の支援もしない中央を批判、士気ゼロ、精神状態もおかしいと、司令部からの命令に不服従宣言。
05/15 07:00 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第2章 デイヴィッド・ロックフェラーとロックフェラー四世の激闘 石油・軍需・ゼネコンマフィア政権
05/14 14:00 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第2章 デイヴィッド・ロックフェラーとロックフェラー四世の激闘 オサマ・ビンラディン一族との不可思議な因縁話
05/13 17:58 世界は最終段階へ突入。金融市場が浄化され、新しい経済が始まる。そのためのウクライナの戦争だ。ブラックロックとシタデルがビットコインを借りて、ルナというコインを舞台に市場操作した。それが号砲だ。
最近のコメント
「ウクライナが領内攻撃」を口実にロシアは化学兵器使用に踏み切るのか。ゼレンスキーがいるともいわれているポーランドには、「ウクライナ疑惑」再燃のバイデン息子ハンター氏も身を潜めている。(ジャック・オニール)
皇位継承問題は既に、「女性天皇」の方向で決まっている。そこには驚愕の理由がある。この問題で安倍が表に出てくることは、日本にとって何のメリットもない。だから、潰さなければならない。(PoliticsCleanar)
今回の選挙、岩手3区は創価学会が凄まじい動員をかけた。何もない静かな町のホテルがどこも満室だった。しかし小沢陣営の街宣も負けてなかった。鳴りやまない小沢コールの熱気はものすごかった。(shushuika)
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved