ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4357)
米国在住の個人投資家satoko女史 (23)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (95)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2332848
今日のアクセス: 259
昨日のアクセス: 782
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年9月15日 16時24分
総裁選一発当選を狙う河野太郎。麻生派53人のうち、30人が河野を支持し、各議員は手持ちの党員約1000人に電話をかけまくって支持を依頼。しかし、麻生太郎はどんな手を使ってでも河野を通させない。
 
総裁選一発当選を狙う河野太郎。麻生派53人のうち、30人が河野を支持し、各議員は手持ちの党員約1000人に電話をかけまくって支持を依頼。しかし、麻生太郎はどんな手を使ってでも河野を通させない。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの総裁選情報である。
 石破茂が出馬を断念して河野支持にまわった。あと福田達夫衆議院議員が代表世話人に就任した「党風一新の会」に90人が参加した。小泉進次郎も記者会見を開き、河野太郎支持を明言した。これで若手の多くは河野太郎に入れることになるだろう。河野太郎にとっては追い風となっているとみるけれども、「党風一新の会」に90人にしても、自主投票には変わりはないので、90人のうちどれだけ河野支持にまわるかはまだわからない。しかし河野太郎が当選するには、さらに若手が団結していかないと厳しいだろう。決選投票になったら、河野太郎はいまのままでは勝てない。最初の投票で、過半数以上とらないと難しい。実は、まだ二階幹事長は誰を支持するとも明言していない。ただ菅首相は河野太郎の支持を二階に頼んできているので河野支持になるだろう。河野が総理になった場合は、二階を副総理にするという話も出ている。岸田のところからは、副総理の話すら出てきていない。二階が、岸田を支持することは、まず考えられない。ただ、もともと河野は仲間をつくってきていない、そこが最後に響くことになるかもしれない。いまのところ、各派閥に投票の縛りはないということになっている。いまの段階で、麻生派53人のうち、30人が河野太郎を支持している。各議員は、地元の手持ちの党員約1000人に電話で支持を依頼している最中のようだ。河野は、国民の人気は高いものの、同じように党員の人気があるかというと、そうとは言い切れない。ただし今回、石破が出馬せずに河野支持にまわったことは、党員票が河野に上積みされる可能性は出てきた。河野としては、一発当選を狙っているだろう。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月14日 17時40分
2006年国政(補欠)選挙初陣勝利で政権交代への機運をつくった太田和美元衆院議員が柏市長選出馬へ、「野党共闘のジャンヌ・ダルク」となって再び政権交代へ弾みをつけることになるだろう
 
2006年国政(補欠)選挙初陣勝利で政権交代への機運をつくった太田和美元衆院議員が柏市長選出馬へ、「野党共闘のジャンヌ・ダルク」となって再び政権交代へ弾みをつけることになるだろう

◆〔特別情報1〕
 立憲民主、共産、社民、れいわ新選組の野党4党が8日、国会内で、野党共闘を呼びかける市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)との政策合意に調印した。(朝日新聞)
 これまで野党共闘には一定の距離を置いてきた、れいわ新選組の山本太郎代表も調印式に顔を揃えカメラの前で、共にガッツポーズを示した。7月中旬、山本太郎代表は政治の師匠と面談し指南を受けていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月13日 15時18分
五輪開催から始まった新型コロナ第4波以降、身近な人が感染したという話をよく聞くようになった。五輪という一大イベントが、いかに新型コロナ感染者を拡大させていったことかを如実に示している。
 
五輪開催から始まった新型コロナ第4波以降、身近な人が感染したという話をよく聞くようになった。五輪という一大イベントが、いかに新型コロナ感染者を拡大させていったことかを如実に示している。

◆〔特別情報1〕
 私の知人がコロナ感染者と濃厚接触していたことが判明し、入院の手続きがとられていたということを9月8日の記事でお伝えした。さらにその後の状況がわかったので、記しておこう。私の知人は、友人を自宅に招き泊まらせてもいたのだが、その後、その招いた友人がコロナに感染していたことがわかり、急遽、かかりつけの内科医に相談したところ、すぐに大病院への入院が手配されたのだった。最初は、個室に入り、そこでPCR検査を含めた検査を3回やり、そのうちの2回は陰性だったのだが、採取された痰での検査で陽性だったため、その直後からは、コロナ患者専用の4人部屋の病棟に移されたということだった。最初に連絡をもらったときは、濃厚接触者というだけで入院の措置がとられたかのような話だったのだが、あらためて詳しく話を聞くと、かかりつけの医師に診察した段階で既に肺炎の症状が出始めていたらしく、そこでは検査はせずに、すぐに大病院への入院となったらしい。思い返せば、その数日前の電話で、時々、咳き込むことが見受けられ、本人は「風邪をひいた」と言っていたのだが、既に新型コロナに感染していたということになる。コロナに感染した私の知人はコロナワクチンについては、親戚の一人が接種した翌日に死亡したということがあって、自らはワクチン接種をしていなかった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月12日 13時38分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第七章 國際聯盟の創立
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第七章 國際聯盟の創立


 ヘルツル博士の文明國民會議論……アルベール・コーヘンの国際聯盟目的論……最初の創立相談は墺國皇儲暗殺の三周年記念日……国際聯盟の高級幹部殆どユダヤ人……口に平和を唱へつゝ窃(ひそ)かに陷穴(おとしあな)を造る

 前数章に於て屡々述べたるヘルツル博士は有名なる「猶太國(ユーデン・シタート)」に於て述べて曰く、

 "予は猶太人問題が観會問題叉は宗教問題の如き観を呈するに拘らず之を社會問題とも宗教問題とも認めない、猶太人問題は民族問題である、之を解決せんが為には何は偖(さ)て措(お)き之を世界的政治問題に変形しなければならぬ、そうして此全世界的の政治問題は文明國民の會議で解決しなければならぬ"

右の所謂文明國家間の會議に於て解決する事とは、唯博士が奮起の原因をなしたドレフユス事件の如き消極的のユダヤ解放に止るや、将又積極的に大ユダヤ國を建設して永劫かゝる問題を根絶せしめんと企てたるやは、論議の余地ある問題と思ふ。併(しか)しながら彼の死後十余年を経て成立した國際聯盟の動向竝(ならび)に之に尽力したユダヤ人の熱意等を考ふるときは、軽々に之を消極的のものとし、國際聯盟は大猶太國を夢みざりしと断定することは出来ない。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年9月11日 12時45分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動    第六章 パレスタインの復興(2)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第六章 パレスタインの復興(2)


前回からの続き

 吾邦(我が国)のユダヤ贔屓の新聞などはユダヤ通信社の通信をその借受け入れて、アラビヤ人の文化程度が著しくユダヤ人に劣るので起る衝突であると報じたものもあって、成立当初からの経緯も研究せずに論評する嫌(きらい)があった。文化の程度に差違のあるのは事實であろうが、他に前述の様な幾多の理由もある。尚キリスト教徒としては、中世紀に幾度びか十字軍を起して聖地擁護の戦争までして居る由緒深き土地であり、回教徒も亦メッカ、メジナに次ぐ聖地として見てゐる所であるから、ユダヤ人丈威張らせる譚(訳)には行かぬと力むのである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/28 07:00 習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。
09/27 12:27 菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。
09/26 16:27 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(2)
09/25 13:18 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動  第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(1)
09/24 13:13 谷垣から二階に幹事長が交代したときから始まった「安倍・麻生潰し」は総裁選がトドメとなり、河野政権で女性宮家・女性天皇を容認するよう皇室典範改正に着手することになる。
09/23 14:34 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(2)
09/23 14:30 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
09/22 17:24 豪農の河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野太郎の祖父・河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追う
09/21 16:36 自民党総裁選 高市陣営は、独自の電話作戦で連休中に河野・岸田に猛追、決選投票は岸田と高市で争うことを想定しているという。河野陣営は、推薦人のもとに脅迫めいた電話が頻発していたという。
09/20 17:32 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(1)
最近のコメント
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(一読者)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(反IOC同盟)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved