ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4385)
米国在住の個人投資家satoko女史 (26)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (103)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2354095
今日のアクセス: 361
昨日のアクセス: 563
RSS
カレンダー
<<2021年10月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年10月7日 18時33分
候補者の相次ぐ固辞で調整は難航し、最後は渦中の栗を拾わされるところを、「女は度胸」とチャンスと捉えた芳野友子氏が引き受け、ようやく選出に至った連合会長。野党共闘への対応が注目される。
 
候補者の相次ぐ固辞で調整は難航し、最後は渦中の栗を拾わされるところを、「女は度胸」とチャンスと捉えた芳野友子氏が引き受け、ようやく選出に至った連合会長。野党共闘への対応が注目される。

◆〔特別情報1〕
 連合は6日、東京都内で定期大会を開き、神津里季生会長(65)の後任に、中小製造業などの産業別労働組合(産別)「JAM」出身の芳野友子副会長(55)を選出した。1989年の結成以来、初の女性会長。コロナ禍で雇い止めが相次ぐ中、約704万人の組合員の代表として、男性が占めていた労働運動のかじ取り役を担う。事務局長は相原康伸氏(61)に代わり、日教組の清水秀行氏(62)が官公労系から初めて選ばれた。任期は各2年。(共同)
 女性が会長に就任するのも異例ならば、電機や鉄鋼などの大企業の労組からなる主要産別の会長経験者ではないJAM出身者が会長になるのも異例。しかも産別組織の会長を経験していないというのも異例。異例ずくめのはじまりは、候補者届け出の9月22日の期限になっても、会長や事務局長の立候補届け出がないという事態から、やむを得ず、選挙管理委員会が30日まで締め切りを延長するという、これまた異例の事態を経た。期限延長は1989年の連合発足後、初めてだったという。候補者の相次ぐ固辞で調整は難航し、結局、渦中の栗を拾わされるところを、「女は度胸」とばかりにチャンスと捉えた芳野友子氏が立候補を引き受け、ようやく選出に至った。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月6日 16時3分
自民党総裁選で、安倍・麻生を潰すことはできなかった。ただし、それが総選挙にそのまま繋がるかというと、別の話だ。国民は政権交代を望んでいる。自公政権では嫌だという気持ちは高まってきている。
 
自民党総裁選で、安倍・麻生を潰すことはできなかった。ただし、それが総選挙にそのまま繋がるかというと、別の話だ。国民は政権交代を望んでいる。自公政権では嫌だという気持ちは高まってきている。

◆〔特別情報1〕
 新しく発足した岸田文雄内閣への支持率が各紙発表された。岸田内閣支持率は、朝日新聞社45%、毎日新聞社49%、共同通信55・7%、読売新聞社56%、日経新聞59%と報道された。菅政権時よりは回復したものの、安倍・麻生傀儡丸出し新政権により、期待したほどのご祝儀相場にはいたらず、厳しい船出となった。あとは奇襲選挙がどれだけ功を奏すかといったところ。
 以下は、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。河野を推していたゴールドマン・ファミリーズ・グループは、安倍・麻生傀儡丸出し岸田政権をどうみているのか。
 我々の意向は河野太郎だった。米国も同じで、そのために菅前首相は訪米した。しかし、安倍・麻生はあらゆる手を使って権力を離さなかった。河野政権になれば、森友・加計・桜を見る会といった安倍疑惑の再調査をすることになっていたが、これで岸田政権の間は、再調査はしなないこととなった。あとは、総選挙でどれだけ自民党を追い詰めて安倍・麻生を潰していくかだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月5日 16時18分
幹事長を降りた二階はいま「ヤラれた。騙された」という言葉を口にしている。3A連合政権では甘利が何かと口を挟んで二階は完全無役、甘利のドス黒い数々の金権疑惑隠しで「奇襲解散」となった
 
幹事長を降りた二階はいま「ヤラれた。騙された」という言葉を口にしている。3A連合政権では甘利が何かと口を挟んで二階は完全無役、甘利のドス黒い数々の金権疑惑隠しで「奇襲解散」となった

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」の重鎮からのトップ情報である。
二階俊博元幹事長は、次の選挙にどうしてももう一度出たいことを訴えた。二階の選挙区である和歌山3区には、和歌山県選出の世耕弘成が鞍替えでの出馬の準備を進めてきていた。二階が引退するタイミングでの鞍替えを模索してきており、次の選挙で二階が引退する可能性が高いとみて、世耕は衆議院出馬の動きを早めていた。しかし、二階としては地盤を息子に譲りたいと思っており、さらに後継問題では親族で揉めていることあって、もう一期続けるしかない状況にある。しかし、動き出した世耕は出馬の意向を下げるつもりはなく、いま世耕に鞍替えで出られてしまうと高齢の二階では勝てそうもない。そこで二階は、この総裁選で二階派票をカードとして安倍と会談したのだった。そして岸田政権が誕生したのだが、二階はいま「ヤラれた。騙された」という言葉を口にしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月4日 15時10分
安倍・麻生傀儡の岸田文雄首相が誕生。細田派は安倍派となり、再び安倍晋三元首相の再々登板の話が出てきている。安倍疑惑がクリアされるのを見越した一年後に引きずり下ろすことになるという。
 
安倍・麻生傀儡の岸田文雄首相が誕生。細田派は安倍派となり、再び安倍晋三元首相の再々登板の話が出てきている。安倍疑惑がクリアされるのを見越した一年後に引きずり下ろすことになるという。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からのトップ情報である。
 福田達夫が総務会長になったが、あれはおかしい。あの人事は、普通は出来ない。総務会長は大変な役職で、当選3回の議員では務まらない。総裁選終盤に安倍晋三元首相は、自主投票とみられていた自民党若手議員に一人1千万円を配った。それも「党風一新の会」の代表世話人になっている福田達夫を通じて配ったといわれている。実質、河野太郎を当選させるために決起したともいわれていた、「党風一新の会」で、参加した若手は自民党1〜3回生(126人)の7割を超える約90人にのぼっていたので、それだけでも約9億円ものカネが動いた計算になる。当初は自主投票で河野に入れようとしていた「党風一新の会」若手議員たちは、河野から岸田に変更するグループと高市に変更するグループに分かれ、高市早苗に変更した人は、最後の決選投票では岸田文雄に入れることを約束させたという。つまり、河野を当選させるためという目的はもろくも崩れ、「小石河連合」(小泉進次郎・石破茂・河野太郎)は、カネにより篭絡された若手議員たちに、あっさり裏切られてしまったということだ。そして、代表世話の福田達夫は、自民党総務会長に就任した。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月3日 12時26分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(4)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第七篇 現代のユダヤ運動

 第五章 第二世界大戦の序幕(其二)
 
  欧洲大戦(4)



前回からのつづき

 此の如き理由で現在の戦争はユダヤ、フリーメーソンの大画策に基くことが客観的に認められるが尚之を裏書する實際の運動と彼等の告白の若干を左に拾って見る。
 先づ駐佛の米國大使ブリツトの千九百三十六年八月赴任以後のことから始める。
 ウイリヤム・ブリツトはアメリカの猶太銀行クーン・ロエブの特別使節で、出来る丈早くヒツトラーに對する戦争を起す工作の為に任命されたと取沙汰された。彼の経歴はヴエルサイユ會議の時ウイルソン大統領の隨員として巴里に来た二十八才の青年外交官で、母がユダヤ人である。その後政府から覗察の為モスコーに派遣され暫く居て外交界を去り、ハリウツドの大映画會社の取締役となり、次で肖像画の画家をやり、新聞記者も勤めた。千九百三十三年ヒツトラーのナチ政権が出現すると外交界に返り咲きをした。米國がルーズヴエルト大統領になって、初めて蘇聯(ソ連)を承認し大使を交換することになると、ブリツトは初代の大使に任命されモスコーに赴いて、ユダヤ外相リトウイノツフと接衝する様になった。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/25 07:00 空き家のホワイトハウスが照明で赤くなり、Red Octoberが始まった。私たちは、歴史の転換点に突入した。1年半前には何もわからなかった人たちが、どんどん覚醒していっている。(satoko女史)
10/24 13:52 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第八篇 日本の対猶太、対フリーメーソン策 第一章 概説
10/23 13:00 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第六章 支那事變と欧洲大戦との関聯(関連) (2)
10/23 12:58 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
10/22 17:46 控訴を突如取り下げ、3年の実刑判決が確定した河井克行は、人身御供。取引に応じた。刑が確定したことで、今後この事件については一切、調べられない。
10/21 17:44 「Dappi」運営企業が開示された蟻の一穴から、右傾化する自民党を支える組織がみえてきた。日本全体に根を張った巨大な自民党支援組織に対抗するには、野党共闘は必然。
10/20 17:46 側近のスパイ行為により「二階・菅ライン」は瓦解。出馬さえ危ぶまれていた菅義偉前首相と二階俊博前幹事長だったが、「もう一度がんばる」と再起をかけて出馬、巻き返しを約束したという。
10/19 17:46 安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。
10/18 16:45 岸田内閣「影の総理」と呼ばれ、安倍・麻生をも出し抜いて一人勝ちしたかのような話も出てきている甘利幹事長だが、レッキとした安倍・麻生の手先として裏金庫を管理している。
10/17 16:50 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第六章 支那事變と欧洲大戦との関聯(関連) (1)
最近のコメント
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved