ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4683)
米国在住の個人投資家satoko女史 (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (38)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2563820
今日のアクセス: 248
昨日のアクセス: 636
RSS
カレンダー
<<2022年01月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年1月10日 19時1分
人生100年時代は、ケアラー(介護者)なき、おひとり様介護の時代。2024年ダブル改定(介護保険法、診療報酬)に向けて、「囲い込み」「過剰介護」問題を真剣に考えるべき時がきている。
 
人生100年時代は、ケアラー(介護者)なき、おひとり様介護の時代。2024年ダブル改定(介護保険法、診療報酬)に向けて、「囲い込み」「過剰介護」問題を真剣に考えるべき時がきている。

◆〔特別情報1〕
 2000年に制定された介護保険法によって定められている介護保険制度はこれまで、2005年、2008年、2011年、2014年、2017年、2021年と改定されてきた。今後、注目すべきは2024年の介護保険法改正だといわれている。2024年には診療報酬の改定も同時に行われるダブル改定の年である。
 介護業界には財源不足や人手不足、少子高齢化などなどさまざまな課題があるなかで、具体的には「介護保険料支払い開始年齢を30才へ引き下げ」「居宅介護支援の自己負担1割の導入」など2021年の改正で先送りさた制度改正の議論は、もはや避けられないものとなることが想定される。少子高齢化社会の介護問題において、常に大きく取り上げられる「人手不足」と「財源不足」の問題は、誰の目にもわかることだ。政府は11月26日、介護職員などの収入を3%程度(月額9000円)引き上げる措置を盛り込んだ今年度の補正予算案を閣議決定した。全産業と比較しても、重労働であり、精神的にも負担の重い介護職の、ベースアップと職場環境の改善は当然、取り組んでいかなければならない問題である。しかし同時に目を向けなければならない大きな問題は、ズバリ言って「過剰介護」「囲い込み」だろう。
 筆者のアシスタントは約6年半、両親のケアラー(介護者)として介護を抱えながら、筆者の仕事に従事してきている。そして筆者も昨年、後期高齢者となり、実母は健在ながら今年96歳の寅年で、介護問題が他人事ではなくなった。
 2000年に開始された介護制度は、家族が高齢になった親の介護をすることを前提とし、その家族のサポートを想定した制度としてスタートした。しかし、これからの介護を考えるとき、家族・親族が介護をする大前提はすでに崩れているといっていい。そうした現状から、2024年の法改正は、大幅な制度改正が求められるだぅ。その問題点として横たわっている、「囲い込み」「過剰介護」の現状に目を向ける必要がある。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年1月9日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書  第五議定書
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 附録第三 シオンの議定書

  第五議定書


 ユダヤの専制政府……他民族の利己主義……與論の腐敗……國際政権。

 今の社會は至る所に腐敗が広がって居る、富は巧妙な誤魔化しかかしや多少詐欺に類する方法で獲得され、賄賂が物を言ひ、徳義は厳罰主義で保たれるのであって、心から道徳の原則を守る為ではなく、萬國主義の信奉が國家観念と宗教とを破壊して終つた。こう云ふ社會には如何なる政治形式を與へべきであらうか。之から述べようとる専制政治以外に如何なる政治形式が與へられようか。
 吾々は極めて集権的な政府を拵らへて社會の實力を吾々の手に収めよう。吾々は新しい法律を以て人民の政治生活の動きを律して行く、その新法律はゴイムが許して來た寛大なことや自由なことを一つ宛無くして終ふ。吾々の政治は尊厳な専制で押さえて行くので、如何なる時にも如何なる場所でも吾々に不平や敵意を持つものを潰すのである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2022年1月8日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書  第四議定書
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 附録第三 シオンの議定書

  第四議定書


 フリーメーソン組合の働き……宗教に對する闘争……廃墟の上に金の小牛。

 共和國の出来上る迄には何れも三つの過程を経てゐる、第一に盲人の動き出した初めの馬鹿げた有様で、右や左の壁に行き当る。第二は民衆煽動の時代で、之は無政府状態を造り出し必然的に獨裁になって来る、その獨裁は合法的の公明な責任者のあるものではなくて、幽玄な、隠れたものであるが、それだからと言ふて弱体と云ふ訳では無い、それは色々な手先の庇護の下に楽屋で地味に働く秘密組織が活躍するからである。その手先は度々取替へるので却て秘密組織には都合が宜しい、そうでないと永い間の勤勉に對して之を酬ゆるに色々面倒である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2022年1月7日 14時19分
政界がいま最も戦々恐々としているのは、立憲民主党の動きだ。菅派結成に立憲がどう動くかによって政界が一変する。小沢一郎「不動如山」だが、そういう時の小沢ほど恐ろしい存在はない。
 
政界がいま最も戦々恐々としているのは、立憲民主党の動きだ。菅派結成に立憲がどう動くかによって政界が一変する。小沢一郎「不動如山」だが、そういう時の小沢ほど恐ろしい存在はない。

◆〔特別情報1〕
 昨日の記事に続き本日も、政界の奥の院に深くに精通する事情通からの極秘情報である。
 ここで、政界がいま最も戦々恐々としているのは、立憲民主党の動きだ。菅グループ、二階派、石破グループ、森山派の合流で結成される菅派に、立憲民主党がどう動くかによっては、政界が一変するかもしれない。小沢一郎先生は、動かざること山の如し。しかし、そういう時の小沢一郎ほど自民党にとって恐ろしい存在はない。なぜ自民党は、小沢が怖いかというと、他でもない、何より、共産党を取り込んだからだ。かつて誰も共産党を取り込むことは出来なかった。それを小沢一郎は取り込んだ。その辣腕はすごい。自民党にとってこれほどの脅威はない。「立憲共産党」などと軽口を叩くのが関の山で、普通はその脅威に気づいてない人が大半だが、自民党の重鎮たちは、そのすごさに気づいている。そしてプロの政治家も、共産党の脅威をわかっている。党の綱領から何から、外部と連携などするような、そんなヤワな党ではない。その共産党を野党共闘まで持っていった小沢の力は、剛腕どころではない、時限の違う力であることを証明した。自公にとって、これほどの脅威はない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年1月6日 17時15分
維新は二つに分裂する。既に仕掛けられ、そのことに松井一郎代表は頭にきている。分裂を仕掛けたのは、創価・公明。維新は近いうちに分裂して、半分くらいの勢力になるだろう。これから政治は面白くなる。
 
維新は二つに分裂する。既に仕掛けられ、そのことに松井一郎代表は頭にきている。分裂を仕掛けたのは、創価・公明。維新は近いうちに分裂して、半分くらいの勢力になるだろう。これから政治は面白くなる。

◆〔特別情報1〕
 これは、政界の奥の院に深くに精通する事情通からの、極秘情報である。
 菅前首相は、二階派に森山派、菅グループ、石破グループも加わった派閥を、3月頃を目途に立ち上げると、とうとうテレビで報道された。報道されたということは、合流話は既に整っていることを意味している。菅グループの小泉進次郎が率いる若手グループ20人〜30人も加わることとなり、90人規模の大派閥になるだろう。実現すれば、自民党最大派閥である安倍派(清和政策研究会・衆参両議院で94名)と拮抗する勢力となり得る。ちなみに、麻生派(志公会)53名、岸田派(宏池会)43名、茂木派(平成研究会・旧竹下派)53名だ。やはり二階俊博元幹事長が政局を仕掛けている。二階は、安倍・麻生・甘利の3Aが林幹雄を引き抜き、出し抜かせたことに頭にきていた。あんなことをしたら、林もいつか冷や飯を食らうことになるだろう。これで万が一、自民党が割れて、立憲民主と組むようなことになれば、小沢一郎先生が長年目指してきた二大政党制に近づき、政界は大騒動になるところだが、残念ながら、まだ自民党の分裂はないだろう。ただ、維新は二つに分裂する。既に分裂が仕掛けられ、そのことに松井一郎代表は頭にきている。分裂を仕掛けたのは、創価・公明だ。維新は近いうちに分裂して、半分くらいの勢力になるだろう。これは創価・公明の極秘中の極秘情報だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
08/19 13:01 岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。
08/18 23:45 旧統一教会が、財閥のひとつにまで数えられるほど巨大ビジネス集団として成長した側面について、日本人はこれまで、あまりにも知らなさ過ぎた。そして教団によって統治される「世界政府樹立」を目指している。
08/17 23:45 旧統一教会に限らず、自民党は諸々の宗教団体と関係が深く政治利用してきた。「宗教政治研究会(宗政研)」という一大勢力の組織もあった。後に名誉会長には金丸信元副総理が就任していた。
08/17 00:03 ある大手メディアの出入り業者の話によると、本社ビルの中に、韓国メディアが入居しているのだという。しかも、日本でいうところのNHKに相当する韓国のTV局だと、その出入り業者は語っていた。
08/15 19:52 旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。
08/14 16:22 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政   郵貯・簡保など350兆円を金融市場に解放
08/13 16:40 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政 ペイオフ解禁によって崩壊した銀行の「安全神話」
08/12 21:40 日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。
08/11 22:07 旧統一教会は、友好関連団体のUPF(天宙平和連合)が国連NGO組織として国際連合経済社会理事会における総合協議資格を取得し、世界的なお墨付きを得てしまっている。その経緯と実態を炙り出さなければならない
08/10 22:19 菅義偉前首相は何も役につかなかった。代わりに、河野太郎がデジタル相に就いた。また二階と菅と森山の3人で話し合い、森山裕を選挙対策委員長に推すことが決まった。これで「二階・菅」ラインは保たれた。
最近のコメント
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(社会科の再履修を進める会)
旧統一教会を膨らませてきたのは全て安倍元首相だった。安倍元首相の顔で、統一教会票を割り振ってもらった議員は相当数いる。100人の議員がいれば、統一教会との闇を担う100人の裏の秘書がいる。(レムリアの会)
安倍派の跡目争いにいち早く存在感を示そうと発言をしてきていた自民党の世耕弘成参院幹事長だが、結局は、後ろ盾だった安倍元首相を失った痛手は大きく、世耕の力は衰えてきている。(Jach Oneell)
安倍派の跡目争いにいち早く存在感を示そうと発言をしてきていた自民党の世耕弘成参院幹事長だが、結局は、後ろ盾だった安倍元首相を失った痛手は大きく、世耕の力は衰えてきている。(レムリアの会)
旧統一教会を膨らませてきたのは全て安倍元首相だった。安倍元首相の顔で、統一教会票を割り振ってもらった議員は相当数いる。100人の議員がいれば、統一教会との闇を担う100人の裏の秘書がいる。(Jach Oneell)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(真実を見る仲間)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved