ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5363)
『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) (35)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (54)
米国在住の個人投資家satoko女史 (99)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 3041151
今日のアクセス: 484
昨日のアクセス: 980
RSS
カレンダー
<<2022年08月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年8月5日 21時45分
自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。しかし国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それより内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっている。
 
自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。しかし国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それより内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 内閣改造が当初の予定より早まって、10日に行われることになった。自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。統一教会問題でさぞかし大騒動しているのかと思いきや、そうではないらしい。メディアは騒いでいるが、国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それよりは、内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっており、ここは一刻も早く内閣改造をしてしまわないと、みんな倒れそうになっているのだという。そうしたなか岸田文雄首相は8月3日夜、東京都内のホテルで森喜朗元首相、青木幹雄元官房長官らと会食した。遠藤利明選対委員長、小渕優子組織運動本部長も同席している。森喜朗は、安倍晋三元首相が凶弾に倒れた2日後の7月10日夜、自宅風呂場で血まみれになって倒れ、救急車で搬送されていた。集中治療室に運ばれ、一時は10日も持たないのではないかといわれるほど危険な状況が続いていたという。ところが奇跡的に容態は回復に向かって退院し、これまで仲が悪かったといわれていた青木幹雄とともに岸田首相と会食をした。森喜朗と青木幹雄の間を取り持ったのは、小渕優子だったという。小渕優子もようやく、政治的な動きができるようになったようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年8月4日 19時42分
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。
 
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。

◆〔特別情報1〕
 社会医学環境衛生研究所所長で、米国・スタンフォード大学医学校フェローの谷康平先生が、新日本保険新聞(生保版)に月一回連載で執筆されているコラム「21世紀 現代・養生訓」と「世相を斬る」それぞれのなかで、統一教会の問題について鋭い切り口で触れられていた。そのなかで、「多くのメディアに欠けている視点がある」として次のことを指摘している。
「【自由民主党】も【世界基督教統一心霊協会】も第二次大戦後の米ソ冷戦時代の落とし子として生まれたアメリカの植民地支配のための組織なのです。関係が深いとか 癒着が疑われるとかのレベルではないのです。極論すれば 同根といっても過言ではないのです。」(「世相を斬る」)
 さらに、「朝鮮半島を1910年から1945年まで植民地支配した【悪い日本】だったと日本人は敗戦後洗脳教育されて その贖罪意識が統一教会を資金面で支えているのです。その立ち上げから日本サイドの中心人物だったのが 安倍氏の母方の祖父岸信介元総理(敗戦後A級戦犯として三年半勾留された後不起訴処分となり 最終的には内閣総理大臣にまで上り詰めました。アメリカが彼を利用出来ると判断したからでした。)だったのです。」(「21世紀 現代・養生訓」)
 ところが谷先生は、こうも指摘している。
「こんな問題がこの時期に安倍氏暗殺を端緒として顕在化しているのは 宗主国アメリカの日本に対するスタンスが変化したようにも思われます。」(「世相を斬る」)
 谷先生のこの分析は、どうやら的を射ているようだ。上皇陛下の側近でMSA協定の最終承認者である縄文八咫烏・吉備太秦は次のように語っている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2022年8月3日 21時2分
中国「北戴河会議」は、長老たちの意見を聞くという建て前の会議ながら、政権から追い出した爺さんたちに会ったところで何もならない。ただし、裏にはレッキとした目的がある。それは「麻薬会議」である。
 
中国「北戴河会議」は、長老たちの意見を聞くという建て前の会議ながら、政権から追い出した爺さんたちに会ったところで何もならない。ただし、裏にはレッキとした目的がある。それは「麻薬会議」である。

◆〔特別情報1〕
 これは、中国内部事情に詳しい情報通からの特別情報である。
 北京から東へ280キロに位置するリゾート地「北戴河」で毎年8月に行われる非公式会議には、引退した長老たちが一同に会し、参加者や日程は一切公表されていない。
 国民の手前、長老たちの意見を聞くという建て前で行われる会議とされているものの、政権から追い出した爺さんたちだ、会ったところで何もならない。メンツを立ててご意見を伺うということにしている。ただし、裏にはレッキとした目的がある。それは「麻薬会議」だ。国内で生産したものはもちろん、周辺国から入って来るもの、さらに押収したものも含めた「麻薬」をどう売り捌くかの会議だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年8月2日 20時49分
旧統一教会を膨らませてきたのは全て安倍元首相だった。安倍元首相の顔で、統一教会票を割り振ってもらった議員は相当数いる。100人の議員がいれば、統一教会との闇を担う100人の裏の秘書がいる。
 
旧統一教会を膨らませてきたのは全て安倍元首相だった。安倍元首相の顔で、統一教会票を割り振ってもらった議員は相当数いる。100人の議員がいれば、統一教会との闇を担う100人の裏の秘書がいる。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党の大物国会議員に11年間仕えてきた元秘書からの特別情報である。
 統一教会を膨らませて、政治家を統一教会に誘ってきたのは全て安倍元首相だった。統一教会は安倍元首相が牛耳っていた。だから、安倍元首相の顔で、統一教会票をもらっている政治家は相当数いる。なにより、安倍元首相が「統一教会票」の振り分けをやっていた。それは100%間違いない。統一教会の票を誰に何票、誰に何票という割り振りをやったのが安倍元首相だ。それは安倍さんが、政権をとる前からのことで、祖父・岸信介のときからであり、父・安倍晋太郎が引き継ぎ、そして安倍元首相が受け継いで膨らませてきたのだ。
 統一教会票で当選した議員は、自民党議員の大半というわけではない。それほど統一教会の信者数はいない。日本でせいぜい10万人くらいだろう。その約10万人は全国組織として散らばっており、振り分けていけば、1000票とか1500票しかない区域もある。ところが、激戦区になればなるほど候補者としては最後の1000票1500票が欲しい。ギリギリで当選という選挙区が全国にたくさんある。そういうところこそ、1000票1500票の票があると生きてくる。だから、「1000票の票があるよ。いくら出すか」という話になる。当然、裏金が動く。すべてキャッシュで、それを渡す役目の秘書がいる。表の秘書ではない、裏の秘書の役割だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]



2022年8月1日 21時32分
安倍派の跡目争いにいち早く存在感を示そうと発言をしてきていた自民党の世耕弘成参院幹事長だが、結局は、後ろ盾だった安倍元首相を失った痛手は大きく、世耕の力は衰えてきている。
 
安倍派の跡目争いにいち早く存在感を示そうと発言をしてきていた自民党の世耕弘成参院幹事長だが、結局は、後ろ盾だった安倍元首相を失った痛手は大きく、世耕の力は衰えてきている。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 自民党内の流れが変わってきて、二階元幹事長が、元気を取り戻し始めている。「二階俊博先生を囲む会」が開催されて、二階派の国会議員が集まったようだ。安倍派は3つか4つくらいにバラバラになることは避けられない状況のようで、今後、自民党をまとめていくに当たって、二階の出る幕が出てくるのではないかといわれている。
 安倍派の跡目争いにいち早く存在感を示そうと発言をしてきていた自民党の世耕弘成参院幹事長だが、結局は後ろ盾の安倍を失った痛手は大きく、安倍派のなかでの世耕の力は衰えてきているようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]




  次の5件
最近の記事
06/25 23:59 維新は自民に合流するはずだったが、最後になって穴を捲った。その意趣返しで自民は、維新内部の混乱を仕掛けしかけている。自民は維新の離反で揺さぶられ、結果的に票読みが出来なくなった
06/24 23:59 都知事選さなか「トー横キッズ」「大久保公園の立ちんぼ」の闇に名だたる候補者は触れていない。超少子化問題の本質は子どもを巡る社会の闇にある。「産んでも不幸になるだけ」という恐れが若者の潜在意識にある
06/23 16:09 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第5章 日本最強「小沢親衛隊」の実力と戦闘力 
06/22 19:16 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第5章 日本最強「小沢親衛隊」の実力と戦闘力 民主党系首長はカ強い味方となる 
06/21 23:59 「AIゆりこ」が「リアル現職知事」と混同して有権者に認識されれば、政治の「意思決定」が、人の心を持たないAIに委ねる時代がすぐに到来する。「AIゆりこ」により、「AI政治」の道が開かれてしまうかもしれ
06/20 23:59 エヌビディア時価総額が首位に躍り出た。中国人民解放軍の旧・瀋陽軍区が、北朝鮮のレアメタルの採掘権を保有することで、独自に最新鋭装備を高め、北京の脅威となったように、いまや軍事の要は半導体技術にある
06/19 23:59 俄かに石破茂の発言が政界を賑わせている。岸田首相への辞任要求の声は日を追うごとに大きくなる一方で、自民党内の亀裂は深まり、遂に分裂の兆しも出てきているという。政界ガラガラポンの始まりか
06/18 23:59 大手マスコミは「小池VS蓮舫」を煽り盛り上げてきたけれども、対決の構図は必ずしも「女の頂上決戦」ではなさそうだ。蓮舫に続いて、次の衆院選も見据えてバズる石丸も目が離せない
06/17 23:59 習近平による「台湾侵攻」はない。しかし「台湾統一」は描いている。中国人民解放軍を実質的にコントロールしているのは、習近平の妻・彭麗媛氏であるといわれてきた。「ポスト習」は彭氏なのか
06/16 18:00 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第5章 日本最強「小沢親衛隊」の実力と戦闘力  民主党系首長はカ強い味方となる
最近のコメント
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(板垣英憲)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(板垣英憲)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(kotiyan)
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved