ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4847)
米国在住の個人投資家satoko女史 (61)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (40)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2664143
今日のアクセス: 21
昨日のアクセス: 490
RSS
カレンダー
<<2022年08月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年8月9日 20時48分
岸田は北朝鮮とパイプをつくって日朝国交正常化を狙っている。岸田では北方領土はどうにもならない。とすると、歴史に名を残す偉業としてあと何が残っているかというと、日朝国交正常化ということだ。
 
岸田は北朝鮮とパイプをつくって日朝国交正常化を狙っている。岸田では北方領土はどうにもならない。とすると、歴史に名を残す偉業としてあと何が残っているかというと、日朝国交正常化ということだ。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党内部に詳しい情報通からの特別情報である。
岸田文雄首相は9日、内閣改造・党役員人事に先立ち、旧統一教会との関係について「自ら点検し、厳正に見直してもらうことが新閣僚や自民党役員の前提となる。徹底していきたい」と語った。ところが、出て来る顔ぶれを見ると、旧統一教会とはズブズブの関係が疑われる名前がチラホラ。党政調会長という話が出てきている萩生田光一経済産業相もその一人だ。統一教会との関係については、「承知の上でのつきあいではないが、誘われた会合の冒頭であいさつした事実はあった」と惚けたことを言っているが、実際の関係は全くのズブズブで、「そんなことを言ってしまって、大丈夫か?」と言いたいところ。改造内閣の前途が危ぶまれる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年8月8日 22時4分
山上徹也容疑者は「カルト宗教二世」問題と、障害者の兄弟姉妹「きょうだい児」の苦悩も抱えていた。尻に火のついた旧統一教会は、なんとか逃げ切ろうと、カネを党派を超えて、バラ撒き始めているという。
 
山上徹也容疑者は「カルト宗教二世」問題と、障害者の兄弟姉妹「きょうだい児」の苦悩も抱えていた。尻に火のついた旧統一教会は、なんとか逃げ切ろうと、カネを党派を超えて、バラ撒き始めているという。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党麻生派に精通する情報通からとの特別情報である。
 麻生太朗副総裁と茂木敏充幹事長が組み、麻生は完全に院政を敷いたという。3年間は、政治は無風のため、とにかく統一教会問題は、ここでことを荒立てないよう逃げ切る算段だ。安倍派の跡目争いは、どんぐりの背比べで、誰がカネを配れるかにかかっている。尻に火のついた旧統一教会はというと、とにかく火消しに必死で、なんとか逃げ切らなければならないと、どうやらカネをバラ撒いているらしい。それも党派を超えて動いているという。統一教会も抜かりはない。
 これまで統一教会は、自民党だけではなく、党を超えて議員を集め、それぞれに秘書も送り込んできており、いまは騒いでいるけれども、日を追うごとに薄れていくよう工作している。そうでないと自民党は潰れる。統一教会票が頼りの議員は皆、落選してしまうからだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年8月7日 7時0分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政  外資系の不動産投資信託が土地買い占め、地価が急上昇
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政

外資系の不動産投資信託が土地買い占め、地価が急上昇


「土地が動く」という点では、株式市場が2002年秋以降、大勢上昇軌道に乗った状況下で、建設・不動産業界の景気が一歩先んじるように回復し始め、特に東京の都心部において超高層ビルや外資系ホテルの建設ラッシュが目立つようになった。超高層ビルは2003三年の一年間で七十棟も都心に建設された。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年8月6日 7時0分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政  ブッシュ大統領に叩かれて
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政

ブッシュ大統領に叩かれて


 2001年4月26日に首相に就任した小泉純一郎は、政権発足から11日目の5月7日、衆議院本会議場で就任後初の所信表明演説を行った。
 1992年秋から始まった「平成大不況」のもと、ガタガタになっていた日本経済を再生し、景気を回復させる切り札として「聖域なき構造改革」を宣言した。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年8月5日 21時45分
自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。しかし国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それより内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっている。
 
自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。しかし国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それより内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 内閣改造が当初の予定より早まって、10日に行われることになった。自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。統一教会問題でさぞかし大騒動しているのかと思いきや、そうではないらしい。メディアは騒いでいるが、国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それよりは、内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっており、ここは一刻も早く内閣改造をしてしまわないと、みんな倒れそうになっているのだという。そうしたなか岸田文雄首相は8月3日夜、東京都内のホテルで森喜朗元首相、青木幹雄元官房長官らと会食した。遠藤利明選対委員長、小渕優子組織運動本部長も同席している。森喜朗は、安倍晋三元首相が凶弾に倒れた2日後の7月10日夜、自宅風呂場で血まみれになって倒れ、救急車で搬送されていた。集中治療室に運ばれ、一時は10日も持たないのではないかといわれるほど危険な状況が続いていたという。ところが奇跡的に容態は回復に向かって退院し、これまで仲が悪かったといわれていた青木幹雄とともに岸田首相と会食をした。森喜朗と青木幹雄の間を取り持ったのは、小渕優子だったという。小渕優子もようやく、政治的な動きができるようになったようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/29 16:58 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 国防利権
01/28 11:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 大蔵利権 
01/27 23:47 太陽光投資詐欺容疑で告訴された三浦瑠璃氏の夫、東京地検特捜部は「これを潰せ」と徹底的にテコ入れしているなか、捜査本丸のM氏は逃げ回り、再び統一教会問題関連で物議を醸してくれている。
01/26 23:57 「次元の異なる少子化対策」というのは、令和版「産めよ、殖やせよ」政策のつもりで、防衛費増大とセットにしたのか?次は「憲法改正」「徴兵制」にもっていくことになる。国民は覚悟できているのか?
01/25 23:05 戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。
01/24 23:29 防衛費増大と増税を全面に出せなくなったことをカバーするために出してきたのが、「次元の異なる少子化対策」だった。そうしたなか、「岸田批判」で存在感を示している菅義偉前首相が総理再登板を決意した。
01/23 23:11 安倍派の支持によって総理になれた岸田首相は、安倍の死によって既に終わっている。分裂していく安倍派の支持にしがみついて、安保3文書を閣議決定したところで、「下手な考え休むに似たり」ということだ。
01/22 16:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 運輸利権
01/21 21:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 商工利権
01/20 23:29 地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている
最近のコメント
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved