ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4726)
米国在住の個人投資家satoko女史 (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (3)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2590050
今日のアクセス: 196
昨日のアクセス: 726
RSS
カレンダー
<<2022年09月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年9月22日 20時19分
ロシアのウクライナ侵攻から7か月目の9月24日夜、ユダヤの新年が始まる。この前後、みんなが期待する大きなイベントがあるだろう。今後2か月間、11月24日の感謝祭までは、世の中が急速に変化する
 
ロシアのウクライナ侵攻から7か月目の9月24日夜、ユダヤの新年が始まる。この前後、みんなが期待する大きなイベントがあるだろう。今後2か月間、11月24日の感謝祭までは、世の中が急速に変化する(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からのトップ情報である。
 インターネットの世界で大騒ぎになっている何らかの大イベント予定日「9月24日」の前であったが、プーチンがとうとう動員をかけた。ウクライナの戦争は冬に向けて、終盤戦となっている。前回報告したように、ウクライナ北東部のハリコフ方面で、ロシアは防衛が全く手薄になっていてぼろ負けし撤退した。(これが何かやらせっぽい。)最初の攻防の地、バラクレイヤでは、ロシア軍は一般市民を残して撤退したので(これも何かやらせっぽい)、西側は「ブチャ2.0」のフェイクニュースを流している。真相は、ウクライナ軍が引き取りを拒否した戦死者の死体440体を、ロシア軍が市民墓地の隣接地にロシア正教に則って埋葬したのであり、私もその当時、そのニュースを見ている。ウクライナ側の完全なフェイクニュースだ。その次の主要な撤退地のイジウムでも、親ロシア派狩りが行われている。人道支援物資を受け取っただけで新ロシア派だ。その後、ロシア軍による反攻で、ウクライナのインフラ破壊が本格化し、発電所、送電施設、水、通信関係を組織的に破壊している。ゼレンスキーの出身地のクリボイ・ログでの貯水池の破壊では大洪水が起き、ウクライナ軍の塹壕は冠水し、イングレツ川のウクライナ側仮設橋も流され、橋頭堡への兵站補給ができなくなった。ところが、ザポロージエの原発をウクライナ側がいまだに砲撃していて、2日ほど前にも原子炉の冷却水のパイプに当たって、冷却水が大量に流れ出ている。インフラ破壊には、ウクライナ側による破壊工作もあったので、この3日前くらいに、ウクライナによる「自己砲撃」という言葉ができた位だ。本当はロシア側もウクライナ(NATO)側も、ウクライナを破壊しようとしている。とにかく、ハリコフ地方のロシア派の住民は、ロシア国内への避難を続けている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年9月21日 20時55分
憲法改正に向けて水面下では、自民、公明、維新が協調している最中、突如として立憲と維新が臨時国会に向けて「共闘」すると発表した。くすぶり続ける統一教会問題の与野党手打ちへ向けた「火消し共闘」か
 
憲法改正に向けて水面下では、自民、公明、維新が協調している最中、突如として立憲と維新が臨時国会に向けて「共闘」すると発表した。くすぶり続ける統一教会問題の与野党手打ちへ向けた「火消し共闘」か?

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派と麻生派の二つに深い人脈を持つ、情報通からとの特別情報である。
 統一教会問題は、ウダウダと批判が続いている割には、尻すぼみになりつつある。誰も処分されないし、捜査もされていない。そのような状況のなかで、突如として立憲と維新が臨時国会に向けて「共闘」すると発表した。水面下では、憲法改正に向けて、自民、公明、維新が協調している最中の、立憲と維新の共闘である。産経新聞によると、合意した項目は、「衆院選挙区『10増10減』を盛り込んだ公職選挙法改正案の成立▽世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者救済▽通園バス置き去りの再発防止−など。各項目に関し、立法措置を含めた協力を確認した」とのこと。見ようによっては、統一教会問題についての手打ちに向けた「共闘」のようでもある。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年9月20日 23時49分
岸田政権の支持率は各紙下落した。自民党はあまりに統一教会と一体化してしまっていたため、問題の深刻さに鈍感だった。日本国民は安倍銃撃によって目覚め、冷静な判断のもと、自民党を支持できなくなっている。
 
岸田政権の支持率は各紙下落した。自民党はあまりに統一教会と一体化してしまっていたため、問題の深刻さに鈍感だった。日本国民は安倍銃撃によって目覚め、冷静な判断のもと、自民党を支持できなくなっている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党内部に精通する情報通からの特別情報である。
 自民党が国会議員に向けて調査したという「統一教会」との関係の点検は、ある意味もう、真赤なウソといってもいいほど、ひどいものだった。自民党議員全ての事務所に「統一教会」は入り込んで、全ての議員の応援に入っている。完全に一体化してしまっている。だから、公表していない新事実はこれから、いくらでも出てくるし、暴かれるに従って次第に統一教会側は居直ってしまって、議員のスキャンダルを暴き始める。秘書を多数送り込んでいるだけに、議員の行動は公私に渡って統一教会から送り込まれた秘書に知られており、統一教会本部に伝わっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年9月19日 15時18分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) あとがき
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

 あとがき


 小泉政権で官房長官を務めた福田康夫は、2007年10月25日、衆議院本会議で指名され首相に就任した。参議院では、民主党の小沢一郎代表が首相に指名されたが、憲法第67条の規定「内閣総理大臣の指名、衆議院の優越」に従い、福田康夫氏が首相に決まったのである。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年9月18日 11時11分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(2)
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ

 安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(2)


 米国が置かれている状況を考えると、政治的に障害となっているのはイラクでの米軍駐留である。ブッシュ政権は二万二百人もの将兵を増派したものの、民主党優勢の議会が即時撤退を要求するまでもなく、実のところは米国政府も撤退を望んでいる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/30 21:58 安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。
09/29 20:21 金融メルトダウンの第1歩を踏み出した。これと歩調を合わせるように、ロシアのガス・パイプライン、ノルド・ストリームの1と2が爆発音2回の後にガス漏れ。今週末には中の天然ガスは空っぽになる
09/29 20:00 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
09/28 19:55 国民世論を二分するなか岸田首相の強行で行われた安倍元首相「国葬」、情感のこもった菅前首相の弔辞が、昭恵夫人ばかりかマスコミ関係者の涙まで誘い、一転「菅勉強会」立ち上げで政局突入か
09/27 23:21 トルコが、ロシア・中国が主導するユーラシア戦略の「上海協力機構」加盟を目指していることで世界は大きく揺れ動き始めている。トルコが西側諸国につくか、ロシア・中国につくかで世界は全く違ってくる。
09/26 21:36 安倍元首相の「国葬」にG7首脳の出席はゼロ。日本国内で国民の半数が反対していることが影響している。もはや旧統一教会問題は、「解散命令」を出すようなことに踏み切るしか、沈静化の道はない。
09/25 16:33 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 十年後に消費税を10%に引き上げる。
09/24 16:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) はじめに 日本改造計画をドラスティックに実行する時
09/24 16:05 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 目次
09/23 22:27 旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。
最近のコメント
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved