ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4726)
米国在住の個人投資家satoko女史 (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (3)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2590026
今日のアクセス: 172
昨日のアクセス: 726
RSS
カレンダー
<<2022年09月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年9月8日 20時33分
安倍元首相の「国葬」は、世界各国から要人が来て、手ぶらで帰ってもらうわけにはいかない。何のお土産を用意しなければならないかというと、ズバリ「援助(ODA)」。100億円、200億円で済む話ではない。
 
安倍元首相の「国葬」は、世界各国から要人が来て、手ぶらで帰ってもらうわけにはいかない。何のお土産を用意しなければならないかというと、ズバリ「援助(ODA)」。100億円、200億円で済む話ではない。

◆〔特別情報1〕
 これは、いまは亡き自民党某派閥の領袖の金庫番といわれた元秘書からの特別情報である。
 岸田首相の安倍元首相の「国葬」を巡る対応は、まったく話にならない。最低といわざるを得ない。本来、宏池会の人間というのは、もっとしっかりしていたはずだし、実際に宏池会から出た総理は、みんなしっかりしていた。ところが、岸田首相の場合は、何につけても対応が弱い。統一教会の問題しかり、国葬の問題しかり、とにかくやり方が下手。特に「国葬」は、先に岸田総理が先行して決めてしまったように発表されてしまった。しかし、そういうやり方自体が、実にまずかった。しっかり根回しをしてから発表しなければならなかったのだ。本来、そういう根回しを、しっかりやってから決定し発表するものなのに、岸田はそうした根回しを一切やらないなかで、結論ありきで「国葬」を発表してしまった。だから、野党に火が点いてしまったのだ。やり方が下手の一言に尽きる。結局、岸田の直々のブレーンには、そうした根回しができる側近も長老もいないということだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年9月7日 21時12分
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。
 
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党内部に精通した情報通からの特別情報である。
 いま政界は、麻生太郎が森喜朗と手を組み、自民党内での求心力を持ち始めている。安倍晋三元首相は、日本を乗っ取って支配する半島からの王国としての国葬となる。その陰のフィクサーが麻生太郎ということだ。しかし、実質的には麻生太郎より頭脳明晰な茂木敏充幹事長が采配を振るっている。そして、とうとう菅義偉前首相も麻生太郎の傍に近づいて、頻繁に会うようになったようだ。
 五輪汚職は、結局、トカゲの尻尾切りをするのに、誰かに捕まってもらうしかないというところ。中枢で関わっていた人物は、高橋治之元理事を含めても、せいぜい4〜5人。森喜朗元会長や武藤敏郎氏や竹田恒和・元招致委員会理事長を捕まえるわけにはいかない。誰か役員をスケープゴートで出してくれということで、高橋治之元理事が差し出された。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]



2022年9月6日 21時59分
「勝共連合=統一教会」ならでは反撃で、まさに馬脚を露わした茂木敏充幹事長。自民党本部は、既に統一教会そのもの。国会議員の調査もさることながら、実際のところ、党本部事務局の調査こそが求められる。
 
「勝共連合=統一教会」ならでは反撃で、まさに馬脚を露わした茂木敏充幹事長。自民党本部は、既に統一教会そのもの。国会議員の調査もさることながら、実際のところ、党本部事務局の調査こそが求められる。

◆〔特別情報1〕
 自民党の茂木敏充幹事長の発言がトレンド入りしたという。8月4日、NHK「日曜討論」に出演し、旧統一教会問題について「左翼的な過激団体と共産党との関係がずっと言われてきた」と発言したことによる。日刊ゲンダイは、この発言について6日、「自民・茂木幹事長『日曜討論』で苦し紛れ論点ズラシ NHKでさらけだした旧統一教会との共通点」と題する記事のなかで、「はからずも自民党と旧統一教会との関係を『点検』する幹事長が、公共の電波で教団との思想の一致をさらけ出した」と報道した。まさにその通り。矛先を共産党に向ける論理展開こそ、「勝共連合=統一教会」そのもの。茂木幹事長が馬脚を露わした瞬間だった。
 しかし、もっといえば、筆者がこれまでブログに何度も書いてきたことだが、極左過激派の多くが、警察からの弾圧を逃れるため、統一教会「原理研究会」に入り「勝共連合」として自民党本部を占拠、自民党議員秘書として自民党を支える集団となっている。
よもや、そのことを自民党幹事長である茂木が知らないはずはない。馬脚を露わし、そして墓穴を掘ったといえる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年9月5日 20時9分
旧統一教会はマスコミ対応に苦慮し、かなり追い込まれている。場合によっては教会員である慶大のK・S名誉教授、もしくは橋下徹弁護士に大金を払って頼もうかという案も出てきているほどだ。
 
旧統一教会はマスコミ対応に苦慮し、かなり追い込まれている。場合によっては教会員である慶大のK・S名誉教授、もしくは橋下徹弁護士に大金を払って頼もうかという案も出てきているほどだ。

◆〔特別情報1〕
 これは、元統一教会員で内部情報に精通する人物からの特別情報である。
 故・石原慎太郎の東京都知事選では、旧統一教会が40万票を上乗せした。特に三多摩地区で伸びた。石原慎太郎は、選挙協力をした統一教会の信者たちを前にして、「この青年たちは将来、日本の政治を変えるだろう」と言っていた。
 統一教会は極めて厳しい反共姿勢をもっており、安倍晋三元首相とはまさに一体化していた。そのため、勝共連合・統一教会・安倍晋三に対して敵意を持ってきた旧社会党系や共産党系の野党は、この機に一気に自民党を少数政党に追い込もうとしている。しかし、現在の統一教会は、統一教会の幹部自体がドップリと腐敗してしまっており、それに対抗するだけの力が残っていない。
 統一教会の信者たちは、規則になっているわけではないが、酒や煙草もやらないで、理想社会実現に向けて、真面目に活動をしている人がほとんどだ。ところが、信者が真面目にカネを運んでくることにより、幹部連中は完全にカネの亡者になってしまっている。堕落した幹部連中を見た若い信者が、次第に教会を離れている傾向も出てきている。そのような内部状況は、ここ20年くらい改善できないまま続いてきている。そこへきて、約20年前の献金問題による安倍元首相銃撃事件が起きてしまった。明るみに出てしまった統一教会の腐敗問題を整理できるだけの急進勢力も人物も、もはや教団内部にはいない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年9月4日 16時37分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  祖父・岸信介元首相の「亡霊」に取り憑かれる
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 

第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ

 祖父・岸信介元首相の"亡霊"に取り憑かれる


 安倍前首相はどうやら、父の安倍晋太郎元外相の、というより、祖父・岸信介元首相の、"亡霊"に取り懸かれているようだった。父の代から山口県下関市を本拠地としているが、かの地はまさに統一教会の"窓口"とでも言うべきところだった。
 統一教会という巨大な宗教勢力の背後には、欧州のロスチャイルド系金融資本が控えている。この巨大な金融財閥はかなり以前から、ユーラシア大陸を一つの鉄道で結ぶという壮大な構想を描いている。シルクロードを鉄道で結び、満州から朝鮮半島に入り、日韓トンネルを開通させれば下関が窓口になる。この計画の政治的なプロモーターとして、統一教会が動いているのである。
 米中関係の改善が急速に進むなか、当初はネオコン寄りと見られながら、実は統一教会の勢力を地盤とする安倍晋三が首相の座に就いたのは、偶然ではあるまい。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/30 21:58 安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。
09/29 20:21 金融メルトダウンの第1歩を踏み出した。これと歩調を合わせるように、ロシアのガス・パイプライン、ノルド・ストリームの1と2が爆発音2回の後にガス漏れ。今週末には中の天然ガスは空っぽになる
09/29 20:00 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
09/28 19:55 国民世論を二分するなか岸田首相の強行で行われた安倍元首相「国葬」、情感のこもった菅前首相の弔辞が、昭恵夫人ばかりかマスコミ関係者の涙まで誘い、一転「菅勉強会」立ち上げで政局突入か
09/27 23:21 トルコが、ロシア・中国が主導するユーラシア戦略の「上海協力機構」加盟を目指していることで世界は大きく揺れ動き始めている。トルコが西側諸国につくか、ロシア・中国につくかで世界は全く違ってくる。
09/26 21:36 安倍元首相の「国葬」にG7首脳の出席はゼロ。日本国内で国民の半数が反対していることが影響している。もはや旧統一教会問題は、「解散命令」を出すようなことに踏み切るしか、沈静化の道はない。
09/25 16:33 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 十年後に消費税を10%に引き上げる。
09/24 16:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) はじめに 日本改造計画をドラスティックに実行する時
09/24 16:05 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 目次
09/23 22:27 旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。
最近のコメント
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved