ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4847)
米国在住の個人投資家satoko女史 (61)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (40)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2664582
今日のアクセス: 460
昨日のアクセス: 490
RSS
カレンダー
<<2023年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年1月1日 11時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎君を党首にする国民の集い(1)
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)

 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー

 小沢一郎君を党首にする国民の集い(1)


 新進党党首選挙の告示された前日の平成七年十二月十五日、東京都千代田区紀尾井町のホテルニューオータニの「紀尾井町倶楽部」で、「小沢一郎君を党首にする国民の集い」が開かれた。発起人は、清水信次、小平進、田村秀昭、山本善心の各氏である。次のように案内されていた。
 「謹啓 いつもお変わりなく御壮健にて、ご活躍のことと拝察致します。さて、既にご承知の如く、小沢一郎氏がこのたび新進党党首に立候補されることになりました。今我が国が『関東大震災』の三十五倍『太平洋戦争』の被害総額を超える"経済破綻"の現状を迎えました。この難局を国民総意で立ち上がる決意と認識が何よりも必要となりました。そこで、各界の有志に呼びかけて"信念と実践の人"小沢一郎氏を当選させるべく、この趣旨にご賛同頂ける方々に、是非お集まり頂きたく、ここにご案内申し上げる次第です 敬具」
 この集いに出席したのは、次のような顔触れであった。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2022年12月31日 17時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎君を党首にしよう
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)

第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー

小沢一郎君を党首にしよう


 平成七(一九九五)年十二月七日の晩に、赤坂プリンスホテルの910号室で、新進党の議員が集まって再度立候補要請をした。そのころ新進党の議員数人から、心話會東京本部の山本善心代表のところに、
 「小沢幹事長を党首として推すということで、民間を代表して出てくれないか」
 と連絡があった。「心話會」は、企業経営を通じて"国と社会を考える"会である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2022年12月30日 23時1分
中国は日本のお陰で経済が成り立っていた。しかし、日本からの兵站がなくなってしまうと、中国経済は成り立たず、実際に既に干上がってしまっている。要するに世界統一政府による分断統治が始まったということだ。
 
中国は日本のお陰で経済が成り立っていた。しかし、日本からの兵站がなくなってしまうと、中国経済は成り立たず、実際に既に干上がってしまっている。要するに世界統一政府による分断統治が始まったということだ。

◆〔特別情報1〕
 これは、国際情勢に精通する情報通からのイルミナティ特別情報である。
 中国は日本のお陰で経済が成り立っていた。しかし、日本からの兵站がなくなってしまうと、中国経済は成り立たず、実際に既に干上がってしまっている。要するに世界は世界統一政府による分断統治が始まったということだ。上層部では世界統一政府により、ひとつにまとめられるけれども、下の階層は、分断統治される。アリの巣とかハチの巣の状態で、小さなコミュニティの中で生きて行くことになる。グローバルな社会は終焉し、ローカルで分断された分断統治へと、世界は完全にシフトした。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年12月29日 22時2分
Qアノンは、イスラエルの諜報機関「モサド」の民間会社5社で運営されていた。トランプはロスチャイルドのエージェントで、米国を分断するために、民主党と戦う「正義」として「トランプ大統領」をつくりあげた。
 
Qアノンは、イスラエルの諜報機関「モサド」の民間会社5社で運営されていた。トランプはロスチャイルドのエージェントで、米国を分断するために、民主党と戦う「正義」として「トランプ大統領」をつくりあげた。

◆〔特別情報1〕
 これはイルミナティに精通する情報通からの特別情報である。
 Qアノンは、イスラエルの諜報機関「モサド」の民間会社5社で運営されていた。何度もいってきたように、トランプ自身、ロスチャイルドのエージェントである。要するに、米国を分断するために、民主党と戦う「正義」として「トランプ大統領」をつくりあげたのだった。Qアノンの工作作戦として、米国国民にゲームをやらせた。そのゲームとは、「ライブアクションロールプレイングゲーム」(英: Live action role-playing game)で、ヒントを次々と与えて誘導しながら、答えを探し出すというもの。ゲームで答えを誘導することにより、洗脳していったようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年12月28日 22時11分
岸田政権が急遽ぶち上げた防衛費増大を名目とした大増税の真の目的は、韓国を救済させるための方策だという。韓国はいま完全にデフォルトしており、中国の後ろ盾も失い、経済が完全に立ち行かなくなっている。
 
岸田政権が急遽ぶち上げた防衛費増大を名目とした大増税の真の目的は、韓国を救済させるための方策だという。韓国はいま完全にデフォルトしており、中国の後ろ盾も失い、経済が完全に立ち行かなくなっている。

◆〔特別情報1〕
 本日もイルミナティに精通する情報通からのトップ情報である。
岸田政権が急遽ぶち上げた防衛費増大を名目とした大増税の真の目的は、韓国を救済させるための方策だった。韓国はいま完全にデフォルトしており、経済が完全に立ち行かなくなっている。その韓国を助けるために財務省主導で誘導された増税政策であるという。そうした背景なり真相を表立って言えないがために、防衛費を絡め、回りくどく方針を打ち出したのだ。韓国のデフォルトを日本が面倒みるための増税など、とんでもないことだ。だから、韓国の尹大統領が平身低頭で日本に助けを求めて懇願してきていた。韓国はもう終わっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/29 16:58 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 国防利権
01/28 11:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 大蔵利権 
01/27 23:47 太陽光投資詐欺容疑で告訴された三浦瑠璃氏の夫、東京地検特捜部は「これを潰せ」と徹底的にテコ入れしているなか、捜査本丸のM氏は逃げ回り、再び統一教会問題関連で物議を醸してくれている。
01/26 23:57 「次元の異なる少子化対策」というのは、令和版「産めよ、殖やせよ」政策のつもりで、防衛費増大とセットにしたのか?次は「憲法改正」「徴兵制」にもっていくことになる。国民は覚悟できているのか?
01/25 23:05 戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。
01/24 23:29 防衛費増大と増税を全面に出せなくなったことをカバーするために出してきたのが、「次元の異なる少子化対策」だった。そうしたなか、「岸田批判」で存在感を示している菅義偉前首相が総理再登板を決意した。
01/23 23:11 安倍派の支持によって総理になれた岸田首相は、安倍の死によって既に終わっている。分裂していく安倍派の支持にしがみついて、安保3文書を閣議決定したところで、「下手な考え休むに似たり」ということだ。
01/22 16:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 運輸利権
01/21 21:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 商工利権
01/20 23:29 地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている
最近のコメント
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved