ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4847)
米国在住の個人投資家satoko女史 (61)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (40)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2664567
今日のアクセス: 445
昨日のアクセス: 490
RSS
カレンダー
<<2023年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年1月11日 23時59分
中国の不動産開発大手「中国恒大集団」が遂にデフォルトしたとの情報が駆け巡っている。「中国恒大集団」のデフォルトは中国のデフォルトを意味する。これにより中国が分裂していく引き金となるだろう。
 
中国の不動産開発大手「中国恒大集団」が遂にデフォルトしたとの情報が駆け巡っている。「中国恒大集団」のデフォルトは中国のデフォルトを意味する。これにより中国が分裂していく引き金となるだろう。

◆〔特別情報1〕
 中国の不動産開発大手「中国恒大集団」が遂にデフォルトしたとの情報が駆け巡っている。1月1日のブルームバーグの記事によると、「オフショア債務再編計画の公表を2022年末までとしていた期限内に実施することが再びできず、約1兆9700億元(約37兆円)の負債を抱え、香港で清算訴訟に直面している。」とのことだったが、どうやら完全にアウトの情勢らしい。これで中国は世界の敵になる。第二次世界大戦のときの日本のパターンになった。沖縄の米海兵隊は、「即応部隊」を準備すると言い始めた。日本の島嶼(とうしょ)奪還のため、西部方面普通科連隊(西普連)と連携した海兵隊となるだろう。
 これは、イルミナティに精通している事情通からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年1月10日 23時19分
北朝鮮2023年の幕開けは、朝鮮半島の激動と大転換を暗示するものであった。1月1日の人民軍元帥・朴正天の解任と粛清は、「旧中野学校グループ」が主導権を握り返したことを意味している。
 
北朝鮮2023年の幕開けは、朝鮮半島の激動と大転換を暗示するものであった。1月1日の人民軍元帥・朴正天の解任と粛清は、「旧中野学校グループ」が主導権を握り返したことを意味している。

◆〔特別情報1〕
 これは、フリーメーソン・イルミナティに精通する事情通からの特別情報である。
 北朝鮮の2023年の幕開けは、朝鮮半島の激動と大転換を暗示するものであったようだ。2022年4月25日に北朝鮮人民軍元帥に復帰していた朴正天(パク・チョンチョン)が、2023年1月1日に解任され粛清された。実は、本物の金正恩は暗殺されており、いま表に出ている金正恩は、完全なダミーの影武者で、正恩を暗殺したグループの首謀者こそ朴正天だった。北朝鮮の中でも特に上層部は、朝鮮派と日本人派(旧中野学校グループ)との間の派閥争いがある。朴正天の解任・粛清は、旧中野学校グループが主導権を握り返したことを意味している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年1月9日 21時31分
164年ぶりに異例事態が続いた米国下院議長選は、造反していた極右の下院議員連盟「フリーダム・コーカス」が、トランプを議長にと水面下で「ブランソン裁判」の行方とリンクしていたのか。
 
164年ぶりに異例事態が続いた米国下院議長選は、造反していた極右の下院議員連盟「フリーダム・コーカス」が、トランプを議長にと水面下で「ブランソン裁判」の行方とリンクしていたのか。

◆〔特別情報1〕
 米国では下院議長が決まらず、投票が10回以上繰り返されるという164年ぶりの異例の事態が続いていた。議会開会4日目の6日、13回目の投票で、これまで造反してきた20人の議員のうち14人がマッカーシー氏への支持にまわり、15回目の投票では、残る造反議員6人が支持する議員を明らかにしなかったことで、マッカーシー氏が過半数に達し、ようやく議長が選出されたのは、7日未明のことだった。
 上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦は、次のように語る。
 米国の力が衰えてウクライナへの支援を止めて自国最優先でいこうという人たちが増えている。米国はかつての「モンロー主義」「自国優先主義」、そして「アメリカファースト」に突入していることから、トランプ復活の気運が高まっている。造反組20人は、トランプ前大統領を下院議長にしようという意志のもと造反を続けていた。最終的に造反組を説得し妥協させたのは、トランプ前大統領だったのだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年1月8日 11時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎君を党首にする国民の集い(3)
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 

第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 

小沢一郎君を党首にする国民の集い(3)


清水信次会長 ただ今皆さまのご心境、ご賛同を得て、この「小沢一郎君を新進党の党首にする国民の集い」の会長を引き受けました清水でございます。
 私はご承知の通り、岸伸介元首相のもとで、そして日韓協力委員会の岸会長のお手伝いをしていた、財団法人国策研究会は、岸信介さん、戦前の東条英樹さんなんかも研究員であり評議員をやっておりました。いわゆる戦前の内務省、海軍省が支援した国策の団体でありましたけれども、それが、戦争が敗戦に終わってマッカーサーが来て解散の指定団体となって八年間休みましたが、アメリカの占領が終わった後、昭和二十八年に再開をいたしまして、岸、あるいは福田などの先輩が会長、理事をやってこられたその団体を現在私は、理事長を引き受けましてその運営に当たっております。
 そういうことで、非常に政治との関係が深くなりました。戦後、吉田茂首相とここへお伺いをしてから、いわゆる日本の貿易関係の仕事に携わって、そして代々の吉田あるいは鳩山一郎、岸、それから池田、それから佐藤、鈴木、ずっと現在にいたるまで現在の首相は、殆ど私と旧知か友人かの関係にあります。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2023年1月7日 16時4分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎君を党首にする国民の集い(2)
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 

第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 

小沢一郎君を党首にする国民の集い(2)


 平野貞夫参議院議員 本当にありがとうございます。小沢は今、大阪に向かっておりまして、日程の調整がつきましたらこちらに向かう予定でしたけれども、御無礼しております。本人も感激していると思います。
 少し、私は実務的なことを申し上げます。まず国民の集いの御出席者の名簿に、小沢さんの政策提言がついておりまして、これは小沢さんが、一番最初に出されたものです。これを小沢さんの意思を引き継ぐ、若手勝手連の方が審議といいますか、内容は結構変わっています。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/29 16:58 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 国防利権
01/28 11:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 大蔵利権 
01/27 23:47 太陽光投資詐欺容疑で告訴された三浦瑠璃氏の夫、東京地検特捜部は「これを潰せ」と徹底的にテコ入れしているなか、捜査本丸のM氏は逃げ回り、再び統一教会問題関連で物議を醸してくれている。
01/26 23:57 「次元の異なる少子化対策」というのは、令和版「産めよ、殖やせよ」政策のつもりで、防衛費増大とセットにしたのか?次は「憲法改正」「徴兵制」にもっていくことになる。国民は覚悟できているのか?
01/25 23:05 戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。
01/24 23:29 防衛費増大と増税を全面に出せなくなったことをカバーするために出してきたのが、「次元の異なる少子化対策」だった。そうしたなか、「岸田批判」で存在感を示している菅義偉前首相が総理再登板を決意した。
01/23 23:11 安倍派の支持によって総理になれた岸田首相は、安倍の死によって既に終わっている。分裂していく安倍派の支持にしがみついて、安保3文書を閣議決定したところで、「下手な考え休むに似たり」ということだ。
01/22 16:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 運輸利権
01/21 21:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 商工利権
01/20 23:29 地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている
最近のコメント
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved