ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4847)
米国在住の個人投資家satoko女史 (61)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (40)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2664601
今日のアクセス: 479
昨日のアクセス: 490
RSS
カレンダー
<<2023年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年1月8日 11時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎君を党首にする国民の集い(3)
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 

第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 

小沢一郎君を党首にする国民の集い(3)


清水信次会長 ただ今皆さまのご心境、ご賛同を得て、この「小沢一郎君を新進党の党首にする国民の集い」の会長を引き受けました清水でございます。
 私はご承知の通り、岸伸介元首相のもとで、そして日韓協力委員会の岸会長のお手伝いをしていた、財団法人国策研究会は、岸信介さん、戦前の東条英樹さんなんかも研究員であり評議員をやっておりました。いわゆる戦前の内務省、海軍省が支援した国策の団体でありましたけれども、それが、戦争が敗戦に終わってマッカーサーが来て解散の指定団体となって八年間休みましたが、アメリカの占領が終わった後、昭和二十八年に再開をいたしまして、岸、あるいは福田などの先輩が会長、理事をやってこられたその団体を現在私は、理事長を引き受けましてその運営に当たっております。
 そういうことで、非常に政治との関係が深くなりました。戦後、吉田茂首相とここへお伺いをしてから、いわゆる日本の貿易関係の仕事に携わって、そして代々の吉田あるいは鳩山一郎、岸、それから池田、それから佐藤、鈴木、ずっと現在にいたるまで現在の首相は、殆ど私と旧知か友人かの関係にあります。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2023年1月7日 16時4分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎君を党首にする国民の集い(2)
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 

第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 

小沢一郎君を党首にする国民の集い(2)


 平野貞夫参議院議員 本当にありがとうございます。小沢は今、大阪に向かっておりまして、日程の調整がつきましたらこちらに向かう予定でしたけれども、御無礼しております。本人も感激していると思います。
 少し、私は実務的なことを申し上げます。まず国民の集いの御出席者の名簿に、小沢さんの政策提言がついておりまして、これは小沢さんが、一番最初に出されたものです。これを小沢さんの意思を引き継ぐ、若手勝手連の方が審議といいますか、内容は結構変わっています。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2023年1月6日 22時48分
米国アメフトNFL試合中、タックル後に倒れたハムリン選手が心停止で搬送され、意識は戻るも重体で、コロナワクチンが原因ではないかと全米メディアも騒然。完全に米国は「反ワクチン運動」に火が点いてしまった
 
米国アメフトNFL試合中、タックル後に倒れたハムリン選手が心停止で搬送され、意識は戻るも重体で、コロナワクチンが原因ではないかと全米メディアも騒然。完全に米国は「反ワクチン運動」に火が点いてしまった。

◆〔特別情報1〕
 アメリカンフットボールのプロリーグ=NFLの試合が行われていた現地3日(火)未明、バッファロー・ビルズのダマー・ハムリン選手(24歳)が、相手選手をタックルで倒れ込んだ後、すぐに立ち上がって少し歩いた後、そのまま仰向けに倒れ心停止となった。すぐにその場で心肺蘇生が行われ心拍は戻ったものの、意識不明の状態で救急搬送され、その時点で新年の一大イベントである試合は中断となった。生中継で試合を見ていた多くの米国民は騒然となり、SNSでも大きな話題となっていた。しかも、日頃から体を鍛えている24歳の選手が、試合中の突然の心停止ということで、コロナワクチンが原因ではないかとの疑問の声が沸き上がっているのだ。ハムリン選手は、搬送先の病院で意識は取り戻したものの、依然として重体で予断を許さない状態だという。
 NFLは選手にワクチンを強制してきており、昨年12月2日時点で、NFL選手の94.4%がワクチン接種していることが公表されている。また、ワクチンを接種していない人物は検査を毎日受けることが義務づけられている。また、ワクチンを接種していない人物がCOVID-19検査で陽生となった場合、10日間はクラブ施設に立ち入りできない。現時点で、ハムリン選手のワクチン接種についてNFLは、口を閉ざし明らかにしていない。完全に米国は、「反ワクチン運動」に火が点いてしまった。
 これは、ロスチャイルド・イルミナティに精通した事情通からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年1月5日 23時3分
「死にかけた蛇は、狂暴になる」といわれる。「アングロサクソンミッション」の洗礼を受けている習近平は「死にかけの蛇」のごとく「死なばもろとも」、人体兵器で何をするかわからない最も危険な状況になっている。
 
「死にかけた蛇は、狂暴になる」といわれる。「アングロサクソンミッション」の洗礼を受けている習近平は「死にかけの蛇」のごとく「死なばもろとも」、人体兵器で何をするかわからない最も危険な状況になっている。

◆〔特別情報1〕
 本日もロスチャイルド・イルミナティに精通する事情通からの特別情報である。
 日本は、日本版の台湾関係法を受け入れたようだ。米国の国家安全保障会議に台湾関係法があり、台湾にどんどん武器を渡す法律で、日本も要請があり受け入れたらしい。これから日本も台湾にどんどん武器を流すことになる。習近平はもう追い込まれてきており、国内問題をどうすることもできず、台湾侵攻に踏み切らざるを得ない。中国国内はいま、とんでもない数の人が死んでいる。その流れで、台湾侵攻に踏み切り、日本も参戦しなければならなくなる。在韓米軍の指揮権がハワイから横田基地に移ることで、この流れは決定事項といえる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年1月4日 23時33分
日本はこれまで先送りしてきた大きな問題を、解決しなければならない時がきた。77年間先送りしてきた分、問題は大きくなっている。カルマの清算が始まり、日本の社会は全てがひっくり返るような事態となる。
 
日本はこれまで先送りしてきた大きな問題を、解決しなければならない時がきた。77年間先送りしてきた分、問題は大きくなっている。カルマの清算が始まり、日本の社会は全てがひっくり返るような事態となる。

◆〔特別情報1〕
 本日もロスチャイルド・イルミナティに精通する事情通からの特別情報である。
 ジョン・F・ケネディ・ジュニアは1999年7月16日、自らが操縦する飛行機事故により38歳の若さでこの世を去ったことになっていたのだが、実は生きていたことは、陰謀論者たちの間では、ほぼ共通の認識になっている。JFKジュニアの飛行機事故は、ロスチャイルド家とある契約を結ぶための偽装であった。ケネディ家の人間が次々と殺されていくなかで彼は、ロスチャイルド家に対して、「(姉のキャロラインを含め)自分たちを生かしてくれ」と命乞いをし、エージェントとなってロスチャイルド家の陣営に入ったのだった。ケネディ家の暗殺はどれもユダヤマフィアのマイヤー・ランスキー(ユダヤ系ロシア人)の仕業だった。これは、ユダヤマフィア対アイリッシュマフィアの戦いだった。ケネディ家はアイリッシュのマフィアで、ユダヤのマフィアとはずっと仲が悪かったのだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/29 16:58 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 国防利権
01/28 11:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 大蔵利権 
01/27 23:47 太陽光投資詐欺容疑で告訴された三浦瑠璃氏の夫、東京地検特捜部は「これを潰せ」と徹底的にテコ入れしているなか、捜査本丸のM氏は逃げ回り、再び統一教会問題関連で物議を醸してくれている。
01/26 23:57 「次元の異なる少子化対策」というのは、令和版「産めよ、殖やせよ」政策のつもりで、防衛費増大とセットにしたのか?次は「憲法改正」「徴兵制」にもっていくことになる。国民は覚悟できているのか?
01/25 23:05 戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。
01/24 23:29 防衛費増大と増税を全面に出せなくなったことをカバーするために出してきたのが、「次元の異なる少子化対策」だった。そうしたなか、「岸田批判」で存在感を示している菅義偉前首相が総理再登板を決意した。
01/23 23:11 安倍派の支持によって総理になれた岸田首相は、安倍の死によって既に終わっている。分裂していく安倍派の支持にしがみついて、安保3文書を閣議決定したところで、「下手な考え休むに似たり」ということだ。
01/22 16:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 運輸利権
01/21 21:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第9章 自民党との利権の争奪戦と分割統治 商工利権
01/20 23:29 地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている
最近のコメント
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved