ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5085)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (9)
米国在住の個人投資家satoko女史 (80)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (49)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2798100
今日のアクセス: 526
昨日のアクセス: 541
RSS
カレンダー
<<2023年03月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年2月27日 20時42分
世界をひっくり返すための第3次世界戦争の劇場は、このところクライマックスだ。何もわかっていない普通の人や、左翼の若い人たちに、真実を知らせ覚醒させるためのお膳立てが、来る日も来る日も行われている。
 
世界をひっくり返すための第3次世界戦争の劇場は、このところクライマックスだ。何もわかっていない普通の人や、左翼の若い人たちに、真実を知らせ覚醒させるためのお膳立てが、来る日も来る日も行われている。(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からのトップ情報である。
 世界をひっくり返すための第3次世界戦争の劇場は、このところクライマックスだ。ロシアとウクライナ(=NATO)の戦いだけでなく、私たち皆がそれぞれの前線で戦っている。それと同時進行で、何もわかっていない普通の人や、左翼の若い人たちに、真実を知らせ覚醒させるためのお膳立てが、このところ、来る日も来る日も行われている。そして、確かに、わかり始めた人も増えてきていて、その手の人間は、民主党支持から180度転換して、怒りを爆発させている。しかし、その反面、毎日、あまりに沢山の事が同時進行しており、それを消化できずニュースを見ることさえ拒否する人たちも出てきている。例えば、白い気球とエイリアン騒ぎは、全世界協調のブルー・ビームだと理解しているが、これはもう何十年も前から、「ディスクロージャー・イベント」として、諜報関係者や陰謀論者にはおなじみのことなのだ。でも、左翼の若い人は、そんな「陰謀論」など聞いたこともないだろう。その騒ぎが一応、一段落したら、今度は、貨物列車の脱線と工場火災・爆発の連続だ。脱線だけで、2週間で20件と言う。1年間に2000件くらいあったから、そんな不思議ではないと言う人もいるが、以前の脱線は操車場などにおける事故がほとんどだった。従って、今回の一連の脱線事故は、インフラの老朽化が原因ではなく、破壊工作だ。鉄道線路を切断する人も目撃されている位だ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2023年2月26日 17時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第11章 小沢政権が誕生する日(タイム・スケジュール) 君も一度総理大臣になったらどうか
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)
第11章 小沢政権が誕生する日(タイム・スケジュール)

君も一度総理大臣になったらどうか


 「次の総選挙で新進党は多数を取り、勝利し政権を取る」
 新進党の小沢一郎は、全国各地を行脚し、演説のなかで行き先々でこう力説していた。平成八年の政局は、衆議院の解散・総選挙のタイミングをうかがいつつ、自民党と新進党の二大政党激突構図で展開していく様相を見せていた。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2023年2月25日 17時0分
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第11章 小沢政権が誕生する日(タイム・スケジュール) 日本を救えるのは小沢一郎しかいない
 
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)
第11章 小沢政権が誕生する日(タイム・スケジュール)

 日本を救えるのは小沢一郎しかいない


 小沢一郎は、自らの身の上に降りかかる災いを振り払いながら、選挙の指揮を取り続けた。旧新生党・旧自由党、無所属などの各議員の後援会、それに創価学会四十三万人の活動家や旧同盟傘下労組などの勢力をバックに総選挙に向かって突進した。
 新進党幹事長の小沢一郎は、日本史上、稀に見る政治家である。平成動乱の最中にあるこの日本において、小沢一郎に優る政治家は、ただの一人としていない。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊)] [コメント (0)]



2023年2月24日 23時39分
ウクライナ善戦の報道ばかりが目につく。ところが、実際の戦況は全くそうではない。敗北している。それなのにゼレンスキーは支援を要求している。それはおかしいということで、G7首脳テレビ会議が開かれている。
 
ウクライナ善戦の報道ばかりが目につく。ところが、実際の戦況は全くそうではない。敗北している。それなのにゼレンスキーは支援を要求している。それはおかしいということで、G7首脳テレビ会議が開かれている。

◆〔特別情報1〕
 ロシアによるウクライナ侵攻から1年となった24日、岸田首相は会見を行い、今後もウクライナへの支援を続けていく考えを強調した。また読売新聞の24日朝刊では、「ウクライナ侵略1年」というタイトルで見開き2ページとさらにもう1ページ、大々的な特集カラー記事が掲載されていた。多くの図表と写真が掲載され、中央には「ウクライナ領土5割奪還」と題し、大きくウクライナ地図をもとに攻防の軌跡を掲載していた。
 ところで、実際の戦況はどうなっているのか。日本のメディアは、欧米諸国からの報道ばかりで、ウクライナ善戦の報道ばかりが目につく。ところが、実際の戦況は全くそうではないらしい。これは、裏の国際情勢に精通した事情通からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年2月23日 23時32分
『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊) 徳川家康 遺訓
『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊) 徳川家康 遺訓

 今年のNHK大河ドラマ「どうする家康」は、これまで描かれてきた老獪な家康とは違い、新説などをも取り入れた実像に迫った家康像で描かれている。渋沢栄一は、『渋沢栄一伝記資料』別巻第7のなか、「学康[家康]は老獪に非ず」との見出しにおいて「家康は如何にも老獪至極の人物であつたかの如く今日でも世間より謂はれ、福本日南氏の如き、切りに家康を老獪だ老獪だと罵つて居られるが、私は家康を左ほど老獪の人であるとは思はぬのである。」と評している。本日は、筆者がかつて小冊子としてまとめた『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』のなかから、徳川家康の「遺訓」を紹介することとした。渋沢栄一の著書「論語講義」(二松学舎出版部刊)のなかで取り上げられている「徳川家康の遺訓」の解説からの引用も掲載している。
 ところで新説といえば、徳川美術館(名古屋市)が所蔵し、レプリカが浜松城天守閣に展示される『徳川家康三方ヶ原戦役画像』。通称『しかみ像』にも「慢心を戒めるために家康が描かせたのはウソだった」との新説が話題となっている。平成27年8月に徳川美術館で開かれた講演会において学芸員の原史彦さんは、『しかみ像』について次のような新説を公表していたことが、「ニッポン度マガジン」に次のように掲載されている。「徳川美術館が開館(昭和10年)した翌年、昭和11年1月、尾張徳川家19代目当主で徳川美術館を開いた徳川義親氏は地元の新聞社の取材で、尾張家初代の徳川義直が父・家康の苦難を忘れないように描かせたと説明していたのです。義親氏流のリップサービスで、徳川美術館の宣伝を兼ねて・・・の話が、いつのまにか『家康が描かせた』に変化したというのです。」
 筆者が「人生の達人」をまとめたのは、平成12年ということで未だ新説を知り得ず、家康公が描かせたということでの文章となっている。その点をご容赦頂きたい。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




 前の5件 次の5件
最近の記事
09/23 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊)第2章 果てしなき権力闘争 ●三角大福戦争始まる
09/22 23:59 アゼルバイジャンとアルメニアの飛び地「ナゴルノ・カラバフ」との戦争は、あっけなく1日でアゼルバイジャンの圧勝に終わった。アゼルバイジャン側は、アルメニア人虐殺にむけ、やる気満々である。
09/21 23:59 安倍派の面々から「ふざけるな」と、罵倒されんばかりに疎まれていた森喜朗元首相が、ある時を境に、疎まれなくなった。真のキングメーカーは森喜朗ではない。森の後ろに思いがけないキーマンが存在していた。
09/20 23:59 国連総会を前に、インドとカナダは、外交関係が潰れるのではないかというくらい、関係が悪化。カナダ国籍を持つインド人が、シーク教徒の独立運動を支援しているからである。
09/19 23:59 いまや森は、安倍が裏金で築いた資金を引き継いだといわれ、麻生・茂木以上に自民党内で力を持ち主導権を握ってしまった。その森が小渕優子起用の裏には、驚くべき背景があった。
09/18 23:59 金正恩とプーチンの会談では、公表されていない重要な合意事項が、他に2つあった。ひとつは北朝鮮への穀物の供給。もうひとつの合意事項により、プーチンは急遽ベラルーシのルカシェンコと会談した。
09/17 17:29 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第1章 受け継がれた政治家の血 ●「田中派の若手ホープ」
09/16 23:44 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第1章 受け継がれた  ●父の地盤を継ぎ、初陣を飾り代議士となる                          政治家の血
09/15 21:27 ウクライナの戦況だが、ゼレンスキーは本当に全国民を総動員するつもりだ。戦争も最終段階に来たということだ。国外に難民として脱出した合計700万人の中の兵役年齢の男子を送還するように、各国に要請している。
09/15 21:07 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
最近のコメント
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved