ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5382)
『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) (40)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (54)
米国在住の個人投資家satoko女史 (99)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 3065856
今日のアクセス: 640
昨日のアクセス: 948
RSS
カレンダー
<<2023年03月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年3月8日 23時19分
「高市潰し」と化した放送法内部文書、係る人たちが興味深い。伊藤博文の玄孫である松本剛明総務相は、2014年の文書作成当時は、民主党所属の野党議員だった。そして、この戦いの主戦場は保守分裂の奈良県知事選
 
「高市潰し」と化した放送法内部文書、係る人たちが興味深い。伊藤博文の玄孫である松本剛明総務相は、2014年の文書作成当時は、民主党所属の野党議員だった。そして、この戦いの主戦場は保守分裂の奈良県知事選へ。

◆〔特別情報1〕
 放送法が定める「政治的公平」の解釈をめぐり、立憲民主党の小西洋之が公表した文書について、松本剛明総務相は3月7日、総務省が作成した行政文書であることを認め、波紋が広がっている。この文書について、当時総務大臣だった高市早苗経済安保相は、「怪文書」「悪意を持った捏造」と断じ、内容を否定し、松本総務相により「総務省が作成した行政文書である」と認められてからも、内容が正確でないことを理由に「捏造である」との主張を曲げていない。内容が正確ではないとする第一の理由として高市は、当時首相だった安倍元首相との電話会談はなかったと断言している。しかし電話会談の疑念がもたれている相手である安倍元首相は既にこの世にはいない。死人に口無しということである。
 それにしても実は、この文書に係っている人たちを調べれば調べるほど、興味深い。
 まずは、総務省「行政文書」であることを認めた、松本剛明総務相だが、問題の文書が作成された2014年当時は、民主党所属の野党議員だった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年3月7日 23時20分
送法の解釈を巡って追いつめられている高市早苗、議員辞職には至らなくとも、次期総裁選には出られない。「女性初の総理」と支援してきた日本会議は、とっくに統一教会に乗っ取られ、もはや未来はない。
 
放送法の解釈を巡って追いつめられている高市早苗、議員辞職には至らなくとも、次期総裁選には出られない。「女性初の総理」と支援してきた日本会議は、とっくに統一教会に乗っ取られ、もはや未来はない。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近で、MSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 高市早苗経済安全保障担当相が、安倍政権下での総務相の時における放送法の「政治的公平」の解釈変更を試みたことを示す総務省の内部文書問題について、かなり追いつめられている。これは結局、そもそも高市早苗が、安倍元首相に見捨てられていたことが大きい。先の総裁選で、安倍元首相は突如、日本会議が支持する高市早苗を推した。しかし、最後は安倍自身の影響力保持のため、高市を捨てて、岸田支持に回った。要するに、安倍にとって高市は捨て駒だったということだ。それでも安倍が生きていれば、高市がここまで党内で四面楚歌になることはなかった。なんとかなかったかもしれないが、既に安倍はこの世にはいない。高市早苗は、安倍銃撃後の2022年9月27日の国葬を控えた8月10日に発足した第二次岸田改造内閣から、経済安全保障担当大臣に就任している。これは岸田政権にとって、安倍死去後しばらくは、安倍を支持する日本会議が高市支持であったことを無視するわけにいかなかったことから、とりあえず、高市を閣内に入れたということだった。政局への嗅覚鋭い高市も、安倍の遺志を受け継ぐといいつつ、裏ではチャッカリと岸田に擦り寄っていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年3月6日 22時10分
幸福の科学は、もともと高学歴のインテリ層の信者が多かったはずが、いつのまにかアウトローの巣窟になっていたかもしれない。キーワードは…。
 
幸福の科学は、もともと高学歴のインテリ層の信者が多かったはずが、いつのまにかアウトローの巣窟になっていたかもしれない。キーワードは…。

◆〔特別情報1〕
 これは、イルミナティ・フリーメーソン情報に精通する事情通からの特別情報である。
幸福の科学は、もともと高学歴のインテリ層の信者が多かったはずが、いつのまにかアウトローの巣窟になっていた。
 幸福の科学と自民党「清和会」との関係は深い。そもそも、幸福の科学の刊行物によれば、1991年に元清和会会長の三塚博元大蔵相の妻・寿子夫人が同教団に入会し、その後三塚氏本人も正会員になったと記されている(本人は否定)という。大川隆法自身が、政界進出の糸口として清和会へアプローチしていたことがうかがえる。ただし、三塚博元大蔵相は、加藤六月、森喜朗、塩川正十郎と共に「安倍派四天王」のひとりではあったものの、リクルート事件に関与していなかったということにより1998年、清和会会長のお鉢が回ってきた。つまりこれは、清話会にとっての番狂わせであった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年3月5日 11時0分
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) はじめに(1)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) 

 はじめに(1)


 日本はいま、国際政治家として堂々と日本を代表しうる総理大臣の登場を必要としている。従来とは比較にならないほど強力な指導力を発揮できる総理大臣である。それは、日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りが、ここにきて、にわかに現実味を帯びてきたためである。いまや待ったなしの状況なのだ。
 常任理事国となることは、何を意味しているか。ズバリ言えば、日本が「政治・軍事大国」として振る舞うことを求められている、ということだ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2023年3月5日 11時0分
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) 目次
小沢一郎総理大臣待望論 目次

はじめに

第1章 剛腕の強力なバネはコンプレックス
 乱世に強い小沢一郎
 小沢一郎の幼年期
 三回も挫折した男
 父の死がきっかけで政界へ…
 心優しい面を持つ男
 田中角栄もコンプレックスの塊
 自民党を壊滅に追い込む意気込み

第2章 政治・軍事大国日本の新しい総理大臣像
 訪米の意図
 国連中心主義に立つ
 強力なリーダーシップが必要
 一万件もの規制が社会を停滞させる
 能力的に首相となりうる資格
 地球規模の発想を持つ、国際政治家
 五つの資質と七つの条件
 戦後生まれの小沢一郎の歴史感とは
 田中角栄譲りの決断力
 日本の国家像をどう描くか
 外交交渉を発揮するための修行が必要
 五つ目の資質
 「話せばわかる」
 定評のある集金能力
 日本の将来のために命を賭けろ
 小沢一郎の人望
 小沢一郎の政治力の強さ

第3章 すべては「小沢調査会」からはじまった二つの政策の実現に向けて
 小沢調査会の委員は何者か
 「基本的考え方」で軍事的役割を明記
 冷戦の終結が国際秩序の行方を変える
 日本が軍事的活動を堂々と行う
 「湾岸戦争の教訓」で自衛隊を派遣
 小沢一郎が海部俊樹首相をねじ伏せる
 日本は責任分担せよ

第4章 正義の「国連軍」への参加こそ日本の生きる道
 世界の平和に寄与する〜小沢調査会二つめの柱
 積極的平和主義と軍事力
 日本は米国を目指す
 日本の役割を示す
 小沢調査会三つめの柱
 小沢一郎の憲法解釈

第5章 小沢一郎の敵と味方
 旧田中派の跡目争い
 小沢調査会が新・新党づくりの核に
 新党の動きは山口敏夫に注目
 小沢一郎が身辺整理する必要
 小沢一郎VS高級官僚政治家
 小沢一郎の「焼き打ち」を阻む武村正義
 恩義も恨みもない渡辺美智雄
 河野洋平VS橋本龍太郎
 足並みの揃わない自民党執行部
 河野洋平総裁に協力しない自民党内部
 闇将軍・竹下登の力
 戦争史観の違う「護憲・ハト派」の二人
 小沢一郎のマスコミ嫌い
 田中・三木・中曽根元首相たちのマスコミ操継法

第6章 日本を救えるのは小沢一郎しかいない
 日本の夜明けを早めた先覚者
 権力基盤強化のためのスケジュール
 小沢一郎への悪いイメージ
 小沢首相「日本改造計画」を実現
 健康問題が重要ポイント

付……安全保障の体系/国際連合憲章(抄)/「新生党ニュース」から

あとがき
[続きを読む]
[カテゴリ:『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊)] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
07/14 16:35 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー 最大の敵は自民党である ホップ・ステップ・ジャンプの戦い
07/13 17:46 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー 最大の敵は自民党である  「まず、私自身が変わります」
07/13 04:09 海外渡航中の岸田は、日本にいる時とはまるで別人のように、にこやかな笑顔を見せている。一方、首脳の留守中の日本の政界は、与野党ともにガタつき、20日前後に大激震が起きるともっぱらの噂だ
07/12 02:48 トランプはテレビ討論会の後、バイデンに対しゴルフ対決を提案。大統領選の撤退要求が続くバイデンは、他の民主党候補者に大統領の座を譲るくらいなら、まだトランプに明け渡したほうがいいと思っている
07/11 03:11 岸田政権のデジタル田園都市構想のもとで進む「スマートシティ構想」は、ダボス会議が推進する「ユダヤの聖地」構想だともいわれている。「モーゼの墓」伝説がある能登は、最も聖地に適していると注目されているらし
07/10 06:30 石丸旋風に終わった都知事選も束の間、旋風は続いている。石丸氏をモデルとした映画「掟」が8月30日公開される。議会の掟を破った市長として描かれているらしい。日本の閉塞感は「掟」にあるのか
07/08 23:59 一部インターネット界が騒いでいた7月15日「スカイ・イベント」、とうとうマスコミも、UFO、宇宙人、イエス・キリスト再来、と普通の人に刷り込みを始めた。15日付前後には、ありとあらゆることが起きるだろ
07/08 17:51 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
07/07 17:29 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー 最大の敵は自民党である  田中角栄から選挙の極意を伝授される
07/06 23:59 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー 最大の敵は自民党である 最大の敵は自民党である
最近のコメント
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(板垣英憲)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(板垣英憲)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(kotiyan)
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved