ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5241)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (52)
米国在住の個人投資家satoko女史 (90)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2932412
今日のアクセス: 1944
昨日のアクセス: 1211
RSS
カレンダー
<<2023年12月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年12月1日 23時50分
新党を設立した前原誠司は、ある危機感を募らせ離党した。維新合流のためのワンクッション新党である。年が明けて、政党交付金基準日1月1日を経て、政党交付金が支給された後、維新に合流する。
 
新党を設立した前原誠司は、ある危機感を募らせ離党した。維新合流のためのワンクッション新党である。年が明けて、政党交付金基準日1月1日を経て、政党交付金が支給された後、維新に合流する。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 前原誠司元外相(京都2)が、国民民主党から仲間を引き連れて離党し、新党「教育無償化を実現する会」を設立したと表明した。国民民主党からは、斎藤アレックス(衆院比例近畿・滋賀1)、嘉田由紀子(参院滋賀)、鈴木敦(衆院比例南関東・神奈川10)、さらに無所属の徳永久志(衆院比例近畿・滋賀4)と設立するという。
 年が明けて、政党交付金基準日1月1日を経て、政党交付金が支給された後は維新に合流するだろう。維新に合流するための、ワンクッションの新党である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年11月30日 22時57分
キッシンジャー博士の戦略は、米中が軍事力の均衡を保ちつつ、米国が世界の警察の役割を担っていくというもの。そこで最も重要で難しい立場は日本であり、いまの自民党政権ではだめだと強い思いを示していた。
 
キッシンジャー博士の戦略は、米中が軍事力の均衡を保ちつつ、米国が世界の警察の役割を担っていくというもの。そこで最も重要で難しい立場は日本であり、いまの自民党政権ではだめだと強い思いを示していた。

◆〔特別情報1〕
 キッシンジャー博士が死去したことが速報で報じられた。ロイターは11月30日、「キッシンジャー元米国務長官が死去、米中国交正常化に貢献」という見出しをつけて、次のように報道した。
「米ニクソン政権とフォード政権で国務長官などを務めたヘンリー・キッシンジャー氏が29日、コネティカット州の自宅で死去した。100歳だった。同氏が設立したキッシンジャー・アソシエーツが発表した。同氏は1970年代の米中国交正常化やそのほか国際政治史を動かした出来事で重要な役割を果たした。100歳になってからも精力的に活動し、今年7月に北京を訪問して中国の習近平国家主席と会談した。死去までの経緯は明らかになっていない。」
 上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦は、キッシンジャー博士が中国の長老会議に出席するために中国を訪問したときの詳細とともに、「キッシンジャー博士の戦略」について語っていた。以下、吉備太秦からの「キッシンジャー博士の戦略」についての特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年11月29日 23時59分
自民党5派閥の『裏金疑惑』は、CIA下請け機関ともいわれる特捜部が動き始めている。これにより「ポスト岸田」の実権は、派閥に属さない大物議員が命運を握るだろう。終わったと思われる人が復活するのが政界であ
 
自民党5派閥の『裏金疑惑』は、CIA下請け機関ともいわれる特捜部が動き始めている。これにより「ポスト岸田」の実権は、派閥に属さない大物議員が命運を握るだろう。終わったと思われる人が復活するのが政界である。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党内部に精通する情報通からの特別情報である。
 自民党内で岸田離れが進み始め、「年内持たないのではないか」という声さえ出始めている。また自民党5派閥のパーティー収入4000万円不記載による「裏金疑惑」が取り沙汰され、自民党に対する風向きも厳しくなってきている。まさにレームダック状態の岸田首相だが、最後の強い味方と、岸田が最も依存するのは米国で、2024年春には国賓待遇での訪米する調整に入っていると報道された。自民党内のある会合で、岸田は語気を強めて、米国について語ったというが、しかし、米国は本当に岸田首相の強い味方なのか。そこのところは、よくよく見極めておく必要がある。さて、岸田が語った言葉とは、こうだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年11月28日 23時59分
解散か退陣か、カギを握るは安倍派牛耳る森喜朗元首相。森の子分である馳浩知事が漏らした東京五輪にまつわる官房機密費の闇。これは、菅前首相に対するけん制の意図で、闇の張本人の森が仕掛けたのか?
 
解散か退陣か、カギを握るは安倍派牛耳る森喜朗元首相。森の子分である馳浩知事が漏らした東京五輪にまつわる官房機密費の闇。これは、菅前首相に対するけん制の意図で、闇の張本人の森が仕掛けたのか?

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党内部に精通する情報通からの特別情報である。
 支持率低下とともに、「ポスト岸田」の名前が次々出てきている。先週は19日に「勉強会」を立ち上げ動き出したのは、女性初の総理を目指す高市早苗経済安保相だが、今週は石破茂の声が上がってきた。石破は、共同通信、日経新聞、産経新聞が実施した世論調査「次期首相候補」において、いずれも堂々一位にランキングされている。ただし、石破は自らの派閥「水月会」を2021年12月2日に解消して緩やかなグループに移行しており、いまは実質的には無派閥である。その石破を担ごうとしている動きがあるとみられるのが、菅義偉前首相と二階俊博元幹事長だという。その菅と二階は27日、日本を訪れているベトナムのボー・バン・トゥオン国家主席と会談した。そして28日、トゥオン国家主席夫妻は皇居・宮殿を訪れ天皇皇后両陛下と会見、午後からは歓迎の昼食会が開かれた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年11月27日 23時55分
ガザ紛争の戦闘休止、イスラエル人は喜んでいても、パレスチナ人は喜んではいない。食べ物がなくても、テントがなくても、毛布がなくても、パレスチナ人は座して死ぬくらいなら、戦って死にたいと思っている。
 
ガザ紛争の戦闘休止、イスラエル人は喜んでいても、パレスチナ人は喜んではいない。食べ物がなくても、テントがなくても、毛布がなくても、パレスチナ人は座して死ぬくらいなら、戦って死にたいと思っている。

◆〔特別情報1〕
 これは中東情勢に精通する外国人記者からの特別情報である。
 イスラエルとイスラム組織ハマスが合意した戦闘の休止は4日目に入った。武器・弾薬が不足していたことと、ネタニヤフ首相自身がイスラエル国内の批判で窮地に立たされるなど、戦闘を休止しなければならない事情を抱えていた。
 いまガザの人たちを支援しようということで、世界各国のイスラム教徒のグループの人たちが、寄付を集めたり、物資を送ろうとしたりしているのだが、そうした活動をしようとした人たちの多くが、何らかの理由で捕まってしまっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
02/25 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「二大政党に収斂されていく」
02/24 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「総理大臣になること」と「日本一新すること」
02/23 23:59 筆者持論「日本の景気10年サイクル」に照らし、史上最高値更新を検証。時の政権との兼ね合いを過去から分析すると、ここから本格上昇への可能性が見えてきた。ただし、政権について外せない必須条件がある。
02/22 23:59 世界的なAI技術者は「生成AI」開発拠点を日本と定めており、34年間も突破できなかった史上最高値がようやく更新された。一方、熊本・長崎の半導体新設工場は、求人募集をかけども人材は集まってきていないとい
02/21 23:31 岸田首相、「4月の訪米」は立ち消えるも、6月には日朝首脳会談に向けての訪朝が決まりつつあるという。つまり、4月の「やけくそ解散」ではなく、6月の「会期末解散」が有力ということだ。
02/20 23:59 医療・介護分野での報酬引き上げが続くなか、訪問介護の基本報酬引き下げは、介護分野で問題視されてきた「囲い込み・過剰介護」への改革と想定される。とはいえ、介護制度は抜本的な改革が求められ、実質破綻に向か
02/19 23:30 岸田首相の4月「国賓待遇」訪米と、極秘根回しを試みてきた日朝首脳会談。これら支持率浮揚の秘策に、暗雲が立ち込めている。「国賓待遇」訪米は、実現するのか。「キャセル」されたという噂が出てきている。
02/18 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●政治家は、「二つの相矛盾する目的」を成就しなければならない職業である
02/17 21:47 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第9章「日本一新」の戦略と戦術  ●民主党第六代代表に選ばれる
02/16 23:59 タッカーのプーチン・インタビューが公開されてから1週間、世界大変革劇場はピークに達する瞬間をむかえようとしている。モスクワに亡命中のスノーデンと、タラ・リードもインタビューしている。
最近のコメント
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(板垣英憲)
定期購読の方法(武田憲明)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(板垣英憲)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved