ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5353)
『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) (32)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (54)
米国在住の個人投資家satoko女史 (99)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 3028355
今日のアクセス: 832
昨日のアクセス: 669
RSS
カレンダー
<<2024年04月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2024年3月27日 23時15分
「紅麹」由来の「モナコリンK」は、コレステロールを下げる「スタチン系薬」の産みの親で類似物質。「スタチン系薬」副作用として稀に「横紋筋融解症」を発症する。「紅麹サプリ」死亡患者の病名を公表すべきである
 
「紅麹」由来の「モナコリンK」は、コレステロールを下げる「スタチン系薬」の産みの親で類似物質。「スタチン系薬」副作用として稀に「横紋筋融解症」を発症する。「紅麹サプリ」死亡患者の病名を公表すべきである

◆〔特別情報1〕
 NHKは27日2時17分、「小林製薬『紅麹』 厚生労働省が2人目の死亡発表 入院は106人に」という見出しをつけて、次のように報道した。
「小林製薬は「紅麹」の成分を含む健康食品を摂取した人が腎臓の病気などを発症したことから、この成分を含む3種類の健康食品の自主回収を進めています。厚生労働省は状況を確認するため、26日に会社への聞き取り調査を行い、その結果を公表しました。それによりますと、これまで公表されていた1人に加えて、2人目の死亡事例が報告されたということです。2人目の詳細な状況は把握できていないということですが、腎臓にダメージがあったという医師のコメントがついていたということです。また、会社の窓口に製品を摂取した人からおよそ3000件の健康相談が寄せられたほか、入院が必要になった人がこれまでに106人いたと報告されたということです。」
 どの報道をみても、「腎臓の病気」「腎臓にダメージ」「腎疾患」といった漠然とした表現でしか報道されていない。しかし、「紅麹」は、コレステロールを下げる薬「スタチン類」の開発に繋がった食品であることは、医療従事者であればよく知られていることであるはず。「コレステロールを下げる医薬品(スタチン類)」による副作用で発症する「腎疾患」として「横紋筋融解症」があげられる。今回の「紅麹サプリ」死亡事例には医師のコメントがついていたということだが、発症した腎疾患の病名を具体的に公表すべきである。恐らく「横紋筋融解症」ではないか。筆者は昨年5月に、コレステロールを下げるスタチン類医薬品(ロスバスタチン錠2.5mg・朝一錠)が処方され、約2か月服用し続けたところで、足の筋肉痛から始まり腰が立たなくなるという重篤な副作用を経験している。「横紋筋融解症」を発症しかかっていたと思われ、まずは薬の服用を中止し、一日2リットルの水分(麦茶)を摂取するデトックス方法をとり、なんとか入院には至らず自宅療養で、自力で起き上がところまでこぎつけた。その経験から、今回の「紅麹サプリ」健康被害疑惑は、「横紋筋融解症」の副作用を誘発したのではないかと想像している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2024年3月26日 23時59分
大谷の「声明」で最も重要なことは、大谷自身が賭博に手を染めたことはないと明言したこと。この一点により、ドジャースは大谷を守り、そして大谷は球団を守り、MLBを守った。そして「日本復活」瑞祥の日となった
 
大谷の「声明」で最も重要なことは、大谷自身が賭博に手を染めたことはないと明言したこと。この一点により、ドジャースは大谷を守り、そして大谷は球団を守り、MLBを守った。そして「日本復活」瑞祥の日となった

◆〔特別情報1〕
 大谷翔平選手が声明を発表した。弁護士の同席はなく、大谷の隣にいたのは、渦中の水原一平通訳に代わるウィル・アイアトン通訳だけであった。
 大半の人は、真相はどうであったのかを、大谷がどう語るかに注目したことだろう。しかし、筆者はもっと違う視点で「声明」発表を注視した。何かというと、ドジャースが大谷を守るつもりでいるか否か、その一点に注目した。
 筆者は3月21日付の記事「大谷翔平の活躍は『日本復活』を暗示し、日本人に『希望』を与えてきた。その大谷がシーズン欠場という最もサポートを必要としていた昨年9月〜10月、水原通訳の賭博借金が大きな闇となってのしかかっていた」という見出しの記事を書いた。この大谷の専属通訳による「賭博スキャンダル」について、ドジャースがどう大谷を処遇するつもりなのか、その一点に注視した。
 そして、その答えははっきりした。さらにそれに裏付ける情報も、国際情勢に精通した情報通から入ってきた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2024年3月25日 23時59分
二階元幹事長が次の衆院選に立候補しない考えを表明。元二階派の重鎮たちは皆、胸を撫でおろした。これにより、小池百合子都知事の国政復帰は遠のいた。そして岸田首相は6月解散を狙っている
 
二階元幹事長が次の衆院選に立候補しない考えを表明。元二階派の重鎮たちは皆、胸を撫でおろした。これにより、小池百合子都知事の国政復帰は遠のいた。そして岸田首相は6月解散を狙っている

◆〔特別情報1〕
 自民党の二階 元幹事長は25日午前、党本部で記者会見を開き、冒頭、次のように語った。「政治不信を招く要因となったことに対し、改めて国民と地元の皆さまに深くおわび申し上げる。派閥の会計責任者と私の秘書が刑事処分を受けているが、政治責任は当然、すべて監督責任者の私自身にある」
そして、次の衆議院選挙に立候補しない考えを示した。
 また毎日新聞は25日、「自民、二階氏の処分見送り検討 松野氏ら3氏は軽い処分で調整」という見出しをつけて次のように報道した。
「自民党は、自民派閥の政治資金パーティー裏金事件を巡り二階俊博元幹事長が次期衆院選への不出馬を表明したことを受け、二階氏に対する党の処分を見送る検討に入った。安倍派幹部を務めた松野博一前官房長官、萩生田光一前政調会長、高木毅前国対委員長の3氏については、安倍派のパーティー券収入の還流に関する2022年の幹部会合に出席していた塩谷立元文部科学相ら4氏より軽い処分とする方向で調整する。」
 これについて、早速、元二階派重鎮に取材したところ、開口一番「よかった。本当によかった」との言葉が返ってきた。以下、自民党元二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2024年3月24日 19時14分
【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 第1章 国家最高指導者の条件と統率力 市民運動の闘士・菅直人の大衆に対するアピール力を高く評価
 
【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 

第1章 国家最高指導者の条件と統率力 

市民運動の闘士・菅直人の大衆に対するアピール力を高く評価


 小沢一郎は、市民運動の闘士・菅直人の大衆へのアピールカを高く評価し、フルに活かしている。
 菅直人は昭和二十一年(一九四六)十月十日、山口県宇部市でサラリーマンの家庭に生まれた。高校二年生のとき、父親の転勤に伴って上京、都立小山台高校から一浪して東京工業大学理学部応用物理学科に進んだ。在学中、学園紛争にぶつかり、ノンセクト(無党派)学生の声を結集しようと奔走した。大学卒業後に弁理士の資格を取得、現在も「菅・高橋特許法律事務所」の所長を務めている。
 昭和四十六年(一九七一)から昭和四十八年(一九七三)まで「よりよい住まいを求める市民の会」をはじめとする様々な市民運動に参加。昭和四十九年(一九七四)の参議院議員通常選挙では、前回選挙で落選(東京地方区)していた婦人運動の旗手・市川房枝を全国区に担ぎ出し、選挙事務長として活躍した。このときから選挙との長いつきあいが始まる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)] [コメント (0)]



2024年3月23日 23時59分
【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 第1章 国家最高指導者の条件と統率力 「一枚岩ではない」民主党の一致団結を図るのが課題
 
【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 

第1章 国家最高指導者の条件と統率力 

「一枚岩ではない」民主党の一致団結を図るのが課題


 さて、小沢一郎率いる民主党がいかなる軍勢を有しているか、国会の勢力分野から確認しておこう(二〇〇七年九月二十六日現在)。

衆議院定数 480

自民党・無所属会   305
民主党・無所属クラブ 122
公明党 31
共産党 9
社民党・市民連合 7
国民新党・そうぞう・無所属の会 6
無所属 9
欠員 0
衆議院合計 480
衆議院過半数 241
衆議院2/3 320

参議院定数 242

自民党・新緑風会    84
民主党・新緑風会・日本 15
公明党 21
共産党 7
社民党・護憲連合 5
国民新党 4
無所属 6
欠員 0
参議院合計 242
参議院過半数 122
参議院2/3 162

 小沢一郎は、「一枚岩ではない」と言われている民主党の、一致団結を図るという大きな課題を抱えている。小沢の統率力こそが政権奪取のカギを握ると言っても過言ではない。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)] [コメント (0)]




 前の5件 次の5件
最近の記事
06/15 21:27 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 第5章 日本最強「小沢親衛隊」の実力と戦闘力 「才能を釣り上げる名人」
06/14 23:59 安倍晋三は生前、コロナ禍のなか「アビガン外交」を世界中に展開していた。だいたい国交のある国々にタダ同然で配っていた。「これはすごいですよ」と全世界に約200万箱配っていたという
06/13 23:59 DS側は、必死で核戦争を始めようとしている。西側諸国にあるロシアの資産3000億ドルを没収するという米国の提案に、ロシアはロシア国内にある西側の資産2800億ドル没収で対抗するが、報復はそれにとどまら
06/12 23:59 立憲に離党届を提出した蓮舫は「東京はもっとよくなる」と言い、出馬表明をした小池は「確認団体」としての政治団体『東京をもっと!よくする会』を設立。似た表現ながら、微妙に違う深層心理とは
06/11 23:55 国際金融センターと宇宙産業の集積地として、世界一の富裕国を誇る「小さな大国」ルクセンブルク・ギヨーム皇太子が「ルクセンブルク経済ミッション」を率いて来日。両国の親善関係一段と深まる
06/10 23:54 総理再登板の動きを見せてきた菅前首相だが、実は目くらましだった。菅が総裁選に担ぐ本命は、故・安倍晋三が実母から託されてきた「あの人」であった。二階元幹事長の復帰で「総裁レース」は大きく動き始めた
06/09 17:32 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第4章 血盟的同志づくりと脱落者  党蟄拡大の兆し見せる自由党、存在感失った保守党
06/08 19:01 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第4章 血盟的同志づくりと脱落者 小沢は連立離脱を決断、党内の連立残留派が保守党を結成
06/08 02:14 6月6日というのは、その昔、キッシンジャーとサウジアラビアの間で、サウジの石油は米ドルで決済する代わりに、米国が軍事的安全保障を確保するという合意がなされ日だ。しかしサウジは今年、その合意を更新しなか
06/07 23:38 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
最近のコメント
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(板垣英憲)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(板垣英憲)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(kotiyan)
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved