ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4380)
米国在住の個人投資家satoko女史 (25)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (101)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2351441
今日のアクセス: 353
昨日のアクセス: 761
RSS
カレンダー
<<2021年10月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年10月16日 13時2分
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊

―目次―


「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊)連載開始

序文・板垣英憲(前)


序文・板垣英憲(後)


口絵(フリーメーソンに加盟の君主)

口絵(皇太子フエルヂナント大公・同妃)

口絵−米国の歴代大統領 フリーメーソン

序・男爵 平沼騏一郎

緒言1

緒言2・3・4

第一篇 総説

総説 (つづき)

第二篇 猶太民族に関する予備知識

第一章 猶太民族の過去、現在


第一節 歴史概論

第二節 人口分布

第二章 猶太民族の特異性

第一節 言語

第二節 外貌―服装

第二節 外貌―服装

第三章 猶太民族の宗教

第一節 概説

第二節 トーラー

第三節 タルムード

第三節 タルムード(つづき)

第四節 信仰の熱烈

第三篇 猶太思想 

第一章 通論

第二章 保守的にして進歩的

第三章 國際主義、萬國主義

第四章 自奪心と排他濁占的

第五章 功利的思想

六章 堅忍、勤勉の諸徳 

第七章 陰性的、復讎的 

第八章 ユダヤ運動の戦術に就いて

第四篇 秘密結社フリーメーソンリー

第一章 総説

第一節 起原の諸説


第二節 フリーメーソンの諸相


第三節 標語と進み方と其の批判 (1)
第三節 標語と進み方と其の批判 (2)
第三節 標語と進み方と其の批判 (3)
第三節 標語と進み方と其の批判 (4)
第三節 標語と進み方と其の批判 (5)
第三節 標語と進み方と其の批判 (6)
第三節 標語と進み方と其の批判 (7)
第三節 標語と進み方と其の批判 (8)
第三節 標語と進み方と其の批判 (9)

第四節 フリーメーソンの目的

第五節 フリーメーソンの数及主要人物

第六節 フリーメーソンは英國の機関かユダヤの機関か

第五篇 猶太の運動(前紀)
 第一章 概説
 第ニ章 フランス革命 (1)

第三章 米國濁立革命に於けるユダヤフリーメーソンの努力

第四章 シオン運動(シオニスム)

第五章 インターナショナル運動
 第一節 所論
 第二節 第一インターナショナル(労働インターナシヨナル)
 第三節 第ニインターナショナル
 第三節 第ニインターナショナル(つづき)
 第四節 第三インターナショナル (1)
 第四節 第三インターナショナル (2)
 第四節 第三インターナショナル (3)
 第四節 第三インターナショナル (4)
 第四節 第三インターナショナル (5)

 第五節 第四インターナシヨナル
 第六節 第二半インターナショナル(ウィン・インターナシヨナル)


 第六章 猶太解放の三策(第一世界大戦の真因との関係)
 第六章 つづき

 第七章 シオン長老會議 (1)
 第七章 シオン長老會議 (2)
 第七章 シオン長老會議 (3)
 第七章 シオン長老會議 (4)
 第七章 シオン長老會議 (5)
 第七章 シオン長老會議 (6)

第六篇 近代のユダヤ運動

 第一章 概 説

 第二章 第一世界大戦 (1) 
 第二章 第一世界大戦 (2) 
 第二章 第一世界大戦 (3) 
 第二章 第一世界大戦 (4) 
 第二章 第一世界大戦 (5) 
 第二章 第一世界大戦 (6) 

 第三章 ロシヤ革命と猶太 (1)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (2)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (3)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (4)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (5)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (6)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (7)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (8)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (9)
 第三章 ロシヤ革命と猶太 (10)

 第四章 墺匈國(オーストリア・ハンガリー国)革命と猶太

 第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (1)
 第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (2)
 第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (3)

 第六章 パレスタインの復興(1)
 第六章 パレスタインの復興(2)

 第七章 國際聯盟の創立

第七篇 現代のユダヤ運動

 第一章 序論
 第二章 フリーメーソンの東洋政策


 第三章 満洲事變

 第四章 第二世界大戦の序幕(其一)
  支那事變(1)
  支那事變(2)

 第五章 第二世界大戦の序幕(其二)
  欧洲大戦(1)
  欧洲大戦(2)
  欧洲大戦(3)
  欧洲大戦(4)
 欧洲大戦(5)
 欧洲大戦(6)
[続きを読む]
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (2)]



2021年10月15日 17時2分
10月からの食料品の値上げが目立つなか、資材不足による品薄状態が長期化、ハイパーインフレかと思うほどハイスピードで物価が上
 
10月からの食料品の値上げが目立つなか、資材不足による品薄状態が長期化、ハイパーインフレかと思うほどハイスピードで物価が上がっている。

◆〔特別情報1〕
 これは、エネルギー事業に精通する経営者からの特別情報である。
 世の中は、インフレの中に入った感じを受ける。10月に入ってからの食料品の値上げが目立っているが、今迄とは違う感じで上げ幅が酷い。ただし、米だけは価格下げている。そうしたなか、コロナ禍の影響でトイレの便器が品薄になっていたことは分かっていたが、実際にトイレの故障により、部品が入るかわからないと言われて、実情を体感した。最初の業者からは15万はかかるといわれ、取引先のツテを使って問い合わせてみた結果、なんとかわずかな在庫のなかからみつけてもらい、古い便器の処分費も含めて10万円で出来る見積となった。最終的には便座丸ごとの交換ではなく、部品のみの交換で済んだのだが、コロナ禍が始まった頃のマスク不足を彷彿させるような雰囲気を実感した。こうした体感は、便器だけではない。便器騒動の直前、プリンターを買いに大きな量販店に行った時も、品薄状態で、入荷時期も未定と言われたそのとき、少しばかり入荷したとの連絡が入って購入できたのだった。ハイパーインフレなのか?と思ってしまうほど、マスク以来の物不足を実感した。
車も現在、減産になっているようで、新車の納期が遅れるため、中古車の値段が上がっているという。半導体製造工場に勤務している人の話では、工場はフル稼働しているものの、納入までの時間はかなりかかっているようだが、ただし、お金を積めば納期は早くなるという話で、間違いなくハイスピードで物価は上がっていっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月14日 16時14分
岸田首相の弱点は、自民党のなかでも最も平和主義的な池田勇人の流れを汲んできているうえに軍事問題については、相変わらずノー天気な状態に陥っている。防衛論議は、選挙結果にも大きな影響を及ぼす。
 
岸田首相の弱点は、自民党のなかでも最も平和主義的な池田勇人の流れを汲んできているうえに軍事問題については、相変わらずノー天気な状態に陥っている。防衛論議は、選挙結果にも大きな影響を及ぼす。

◆〔特別情報1〕
立憲民主党の福山哲郎幹事長が、12日の参議院本会議で行われた代表質問のなかで、「敵の基地や拠点を直接破壊する敵機基地攻撃能力の保有」について質した。これに対して岸田文雄首相は、「弾道ミサイルに対する攻撃能力を向上させるだけで、本当に国民の生命と平和な暮らしを守り抜くことができるのか、といった問題意識をも持っている」と述べたうえで、「さまざまな観点から検討していきたい」と語った。これは、中国の習近平国家主席が台湾の領有権について積極的な発言をし、最近では台湾の周りにミサイルを発射しており、しかも既に数先発ものミサイルを保有していることに対して、福山哲郎幹事長が日本の対応策について質問したことに答えた。つまり、台湾を巡っては9月には中国軍を上陸させるなどという情報が流れていたうえに、最近ではその動きが本格化してきているのを懸念した状況がある。実際には東京オリンピックを控えて9月に中国が台湾に上陸作戦を展開する動きはなかったが、その後、この危機意識は日本国内でもかなり高まってきている。そればかりではなく、中国の軍事力は、最近頓に進歩しており、朝鮮当時と比較しても比べ物にならないくらいの力を保持しつつある。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月13日 16時25分
10月19日衆院選公示に向けて、菅前首相とともに二階前幹事長の去就と二階派動向が注目されるなか、総裁選で敗れた河野太郎広報本部長は「冷や飯会」を立ち上げ「河野派」設立に動き始めた。
 
10月19日衆院選公示に向けて、菅前首相とともに二階前幹事長の去就と二階派動向が注目されるなか、総裁選で敗れた河野太郎広報本部長は「冷や飯会」を立ち上げ「河野派」設立に動き始めた。

◆〔特別情報1〕
 野党共闘のゴタゴタに目が向いたところだが、自民党内も相変わらずガタついている。菅前首相の衆院選不出馬の話は、選挙区の地元では「選挙に出ても通らない」ととっくに有名になっているし、一方、二階俊博前幹事長にしても、今は次の選挙に出るとは言っているけれども、ギリギリになって引退を表明し、息子を立てるのではないかとみられている。結局、総裁選で二階は、全面降伏したのではないかといわれている。麻生太郎前財務相が副総理を降り、大島理森は引退で議長の席を空けて、二階がどちらかに就くようにしたとみられていたはずが、いまだに二階の名前は出ておらず無役のままだ。二階が無役のままとなると、中国が何らかの圧力をかけてくるだろうという話も聞こえており、二階派の動向と二階の去就に注目がいく。また、河野太郎広報本部長も総裁選の仲間を集めて「冷や飯会」なるものを立ち上げ「党員100万人を集める」と宣言し、活発に動いている。これは、自民党二階派「志帥会」重鎮と、政界事情通からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月12日 16時41分
山本太郎が東京8区から出ていれば、自民党崩壊の蟻の一穴となり、野党共闘の成功が日本全体に波及しただろう。しかし山本太郎は断念した。調整できなかった枝野代表の責任は大きい。そして山本太郎は株を上げた。
 
山本太郎が東京8区から出ていれば、自民党崩壊の蟻の一穴となり、野党共闘の成功が日本全体に波及しただろう。しかし山本太郎は断念した。調整できなかった枝野代表の責任は大きい。そして山本太郎は株を上げた。

◆〔特別情報1〕
 菅義偉前首相が次の選挙には出ないという話が出始めている。出ないというより出られないようだ。ハマのドンこと藤木幸夫会長が完全に菅離れを決めており、藤木会長の支援なくして菅前首相は選挙に勝てないことがはっきりしている。2万票から3万票は間違いなく減るし、資金援助もない。菅は、選挙の度に5千万円もの資金を藤木会長から受けていたという。しかし、票も資金も得られないとなると、菅は前総理でありながら落ちる危険性が高い。前総理が落選という前代未聞の汚名を歴史に残すよりは、ここで引退を決意したほうがいいとその方向にあると、自民党内ではもっぱらの評判だ。ハマのドンこと藤木幸夫会長をよく知る横浜の事情通も、「まだ具体的な話としては伝わってきていない」という前提ながら、「菅さんは、選挙区でも過去の人になりつつある。野党が協力してやれば、菅さんといえども落ちる危険性は高い」という。さらに、「実際に藤木会長は、命を賭けて菅を選挙区から落とすと言っている。それも昨日、今日(言い出した)話ではない。まずは総理を降ろす、次は選挙区で落とすと息巻いていた。菅は、比例区では通るだろうけれども、前総理が比例から出たり、比例で復活当選したりというのは、みっともない話だ」という。藤木会長は、菅潰しに命を賭けて、横浜市長選で野党共闘に尽力した。その横浜の日吉駅で11日の18時から山本太郎が街宣し、その演説のなかで、東京8区からの出馬を断念したことを発表した。ハマのドンこと藤木幸夫会長をよく知る横浜の事情通からの情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




 前の5件 次の5件
最近の記事
10/20 17:46 側近のスパイ行為により「二階・菅ライン」は瓦解。出馬さえ危ぶまれていた菅義偉前首相と二階俊博前幹事長だったが、「もう一度がんばる」と再起をかけて出馬、巻き返しを約束したという。
10/19 17:46 安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。
10/18 16:45 岸田内閣「影の総理」と呼ばれ、安倍・麻生をも出し抜いて一人勝ちしたかのような話も出てきている甘利幹事長だが、レッキとした安倍・麻生の手先として裏金庫を管理している。
10/17 16:50 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第六章 支那事變と欧洲大戦との関聯(関連) (1)
10/16 14:44 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二)欧洲大戦(7)
10/16 13:02 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
10/15 17:02 10月からの食料品の値上げが目立つなか、資材不足による品薄状態が長期化、ハイパーインフレかと思うほどハイスピードで物価が上
10/14 16:14 岸田首相の弱点は、自民党のなかでも最も平和主義的な池田勇人の流れを汲んできているうえに軍事問題については、相変わらずノー天気な状態に陥っている。防衛論議は、選挙結果にも大きな影響を及ぼす。
10/13 16:25 10月19日衆院選公示に向けて、菅前首相とともに二階前幹事長の去就と二階派動向が注目されるなか、総裁選で敗れた河野太郎広報本部長は「冷や飯会」を立ち上げ「河野派」設立に動き始めた。
10/12 16:41 山本太郎が東京8区から出ていれば、自民党崩壊の蟻の一穴となり、野党共闘の成功が日本全体に波及しただろう。しかし山本太郎は断念した。調整できなかった枝野代表の責任は大きい。そして山本太郎は株を上げた。
最近のコメント
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved