板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken 世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円 板垣英憲マスコミ事務所 http://www.a-eiken.com ja-jp 板垣英憲 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494281 イスラエルの国民は、世界一高度な防空システムに強固に守られていると政府からの「安全神話」を強く信じてきた。ところが、今回のイランからの初の直接攻撃により、「安全神話」は100パーセント崩れてしまった 板垣英憲 2024-04-17T22:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494280 イランによるイスラエル攻撃の規模は自爆ドローン(無人航空機)と巡行ミサイル、さらに弾道ミサイル、合わせて500発であった。しかも、イエメン、シリア、イラク、レバノンも攻撃に加わっていた 板垣英憲 2024-04-16T23:59:23+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494240 岸田政権は、岸田の国賓待遇訪米で、とんでもない約束を交わし、バイデンから強固な信任を得てしまった。岸田帰国のタイミングで、イランは初のイスラエル直接攻撃。イスラエル「倍返し」に、日本も参戦となるのか 板垣英憲 2024-04-15T22:59:34+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494172 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第2章 新しい「絆」を構築し、「結」を蘇生させる  仁徳天皇の「民のかまど」のエピソード 『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 板垣英憲 2024-04-14T18:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494169 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第2章 新しい「絆」を構築し、「結」を蘇生させる 小泉元首相は「公共事業」を目の敵にした 『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 板垣英憲 2024-04-13T20:53:52+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494156 岸田首相が直近で解散を決断したとすると、自民党には過酷な結果が待っている。半分は議席を落とし、さらに生き残った自民党議員のなかで分裂が起こり、一部は立憲民主党に合流する可能性が出てきている 板垣英憲 2024-04-12T23:59:33+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494117 国賓待遇にはしゃいだ岸田訪米の顛末は、輝かしいはずの日本の未来に影を落としていくこととなる。自衛隊が衰退する米軍の補完勢力となって戦地に派兵され、戦死者を出していく。これを回避するには政権交代しかない 板垣英憲 2024-04-11T23:59:43+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494098 ハマスは停戦を求めたりしていない。「イスラエル劣勢」を隠すための大掛かりなフェィク。イスラエル内の多くの市が、ハマスに制圧されており、既に何万人ものイスラエル人は欧州に向けて脱出している 板垣英憲 2024-04-10T23:59:13+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494068 日食が終わってメガネをとると、青空に大きく広がる「X」に見えるケムトレイル。これは、人体に被害を与えるケムトレイルではなく、新しい段階に突入する人類を励ますための、正義の味方軍の余興だという 米国在住の個人投資家satoko女史 板垣英憲 2024-04-09T23:59:41+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/449543 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧 米国在住の個人投資家satoko女史 板垣英憲 2024-04-09T22:34:49+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494031 台湾統治時代の日本製の橋が、地震による崩落を免れた。台湾統治は最も成功したといわれているが、その理由とともに見えてきたのは、朝鮮・満州統治の実態と、岸信介の知られざる顔であった 板垣英憲 2024-04-08T23:59:15+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/494003 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第2章 新しい「絆」を構築し、「結」を蘇生させる  国立大学を民営化し、私立大学にすべし 『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 板垣英憲 2024-04-07T17:35:05+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/493964 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第2章 新しい「絆」を構築し、「結」を蘇生させる 急速に「格差社会」が現出した 『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) 板垣英憲 2024-04-06T19:45:14+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/493971 「失われた30年」の間、日本は世界が驚く次世代技術を開発してきていた。その新技術が世界に向けて花開く時がきている。世界は過渡期にあり2024年、方向性にケリがつく。日本は否応なく「自立の道」が待ってい 板垣英憲 2024-04-05T23:59:04+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/493950 4月の「下弦の月」は2日だった。その翌日、台湾で地震が起きた。次の警戒日は、新月近くの8日前後、もしくは満月近くの20日前後という。「上弦の月」の16日も注意。地震もしくは株価暴落へ警戒が必要か 板垣英憲 2024-04-04T23:59:01+09:00