板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken 世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円 板垣英憲マスコミ事務所 http://www.a-eiken.com ja-jp 板垣英憲 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/458021 東芝買収の提案は、福島原発がらみだ。今後、IAEAの協力を仰ぐにしても何にしても、ここで外資系になっていたほうが、廃炉事業を進めていきやすいという事情があり、東芝の買収話は避けられない。 板垣英憲 2021-04-19T11:57:49+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/150162 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第四章 シオン運動(シオニスム) 『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 板垣英憲 2021-04-18T11:24:10+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/452386 ◆「猶太思想及運動」〈上〉-第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次 『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 板垣英憲 2021-04-18T09:26:11+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/150061 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第三章 米國濁立革命に於けるユダヤフリーメーソンの努力 『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 板垣英憲 2021-04-17T10:42:33+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457934 安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな 板垣英憲 2021-04-16T12:35:31+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457902 菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。 板垣英憲 2021-04-15T14:06:23+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457837 二階幹事長は、無所属で二階派の長崎幸太郎が山梨県知事で成功しているだけに、静岡県で人気がある無所属で二階派の細野豪志を静岡県知事選に立てることは、十分有り得る。 板垣英憲 2021-04-14T07:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457822 MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。 板垣英憲 2021-04-13T12:10:12+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457789 ミャンマーの政変は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。 板垣英憲 2021-04-12T11:49:17+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/149958 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第ニ章 フランス革命 (2) 『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 板垣英憲 2021-04-11T09:59:06+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/149413 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第ニ章 フランス革命 (1) 『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 板垣英憲 2021-04-10T09:48:22+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457713 中国にコントロールされるミャンマーに、軍事クーデターを仕掛けたインド、一方、中国は人民解放軍をミャンマーに送り続けている。緊迫するミャンマー情勢のなか、米国と日本は静観するしかない。 板垣英憲 2021-04-09T12:00:44+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457663 コロナ自粛によるリモート授業で、教育の格差は想像以上に広がっており、もはや「子ども庁」創設で埋められるものではない。優秀な人材は「子ども庁」を超えてあの多国籍企業が一元的に把握することになる 板垣英憲 2021-04-08T12:30:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/457604 スエズ運河座礁は米軍ハックのハイジャックで、米軍とロシア軍が運河入り口の両端をおさえ、千人以上の少年少女が解放、同じ位の死体と大量破壊兵器発見。これでディープ・ステート退治は地下から地上に移った。 米国在住の個人投資家satoko女史 板垣英憲 2021-04-07T07:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/449543 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧 米国在住の個人投資家satoko女史 板垣英憲 2021-04-07T01:28:19+09:00