板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken 世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円 板垣英憲マスコミ事務所 http://www.a-eiken.com ja-jp 板垣英憲 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473628 2-3年は岸田政権が続くだろうとまでいわれる傍らで、政界の最高位に上り詰めた細田議長の奇行の「細田問題」が、政権を暗転させるかもしかもしれない。セクハラ疑惑も重大だが、別の心配もあるという。 板垣英憲 2022-05-27T21:16:03+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473587 中国は既に6分割されてしまっているという話が出てきている。人民解放軍7大軍区が5大戦区に編成が変わったことに関係している。中国は分割され、連邦国家への移行期間に入っている。 板垣英憲 2022-05-26T21:00:27+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473551 習近平は既に死亡しており、いま表に立っているのはダミーだという話がある。暗殺で退陣ということになると、国家の威信に関わることのため、病気を理由に退陣となるのではないか。 板垣英憲 2022-05-25T22:01:25+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473506 日米首脳会談で公表されていないバイデン大統領からの要求があった。新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」のため、フィリピンに対するODAを日本に頼んできたという。その目的とは。 板垣英憲 2022-05-24T21:31:32+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473475 近いうちに、中国からの兵士が北朝鮮を経由し、北朝鮮兵になりすまし、実際の北朝鮮兵とともに100万人の兵士がロシア軍に加わってウクライナ入りし米軍と戦うことになる。 板垣英憲 2022-05-23T21:42:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473403 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第3章 ロックフェラー財団とロスチャイルド財閥の確執 日本も資源エネルギー戦争に巻き込まれる 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 板垣英憲 2022-05-22T07:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473401 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第2章 デイヴィッド・ロックフェラーとロックフェラー四世の激闘 ― 小泉政権自体が「石油政権」 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 板垣英憲 2022-05-21T15:18:39+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473375 1000人規模のマリウーポルの投降と同じことがドンバスでこれから何回か起こる。ウクライナ側は現在、インフラの破壊に一生懸命だ。撤退する時は、地雷の設置とともに、必ず、橋などのインフラを壊していく。 板垣英憲 2022-05-20T19:13:11+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/449543 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧 米国在住の個人投資家satoko女史 板垣英憲 2022-05-20T19:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473341 1939年11月30日ソ連がフィンランドに侵攻した「ソ・フィン戦争」は、いまのウクライナの戦況と似ていた。ソ連から仕掛けた戦争ながら、ソ連から和平を申し出た。しかし占領された土地は返ってこなかった。 板垣英憲 2022-05-19T19:19:12+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473311 昭和39年刊行の西村敏雄元陸軍少将著「北欧諸民族の祖国愛」に記された日本とフィンランドの知られざる深い関係と「民間防衛」 板垣英憲 2022-05-18T22:27:27+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473274 ウクライナ戦争は、「NATO対ロシア」「米国対ロシア」「ユダヤ・キリスト教対イスラム教」という対立構図がある。カシミール問題でイスラム教のパキスタンと対立するインドはロシアとの関係が黙認されている。 板垣英憲 2022-05-17T21:01:09+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473236 世の中の動きと平仄をふむように、ウクライナの戦争も転換点に。部隊で生き残ったウクライナ兵115名が、何の支援もしない中央を批判、士気ゼロ、精神状態もおかしいと、司令部からの命令に不服従宣言。 板垣英憲 2022-05-16T19:21:44+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473156 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第2章 デイヴィッド・ロックフェラーとロックフェラー四世の激闘 石油・軍需・ゼネコンマフィア政権 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 板垣英憲 2022-05-15T07:00:00+09:00 https://blog.kuruten.jp/itagakieiken/473155 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第2章 デイヴィッド・ロックフェラーとロックフェラー四世の激闘 オサマ・ビンラディン一族との不可思議な因縁話 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 板垣英憲 2022-05-14T14:00:00+09:00