このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
魔都市トリノ?
[トリノ]
2009年7月8日 9時29分の記事

これは受け狙いではなく、真面目に、真剣に、一生懸命に書いた
イタリア語作文集です。

でも、ちょっとイタリア語はお休みして、トリノ情報をどうぞ。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


胡散臭い感じがしないでもないが、この町に「不思議」を求める
著者の意志は伝わってくる。



詳細は知らないが、この本はイタリア国内でちょっとした物議を
醸しだしたらしく、殆どの書店では売られていないらしい。

トリノのユダヤ人経営者の書店「ルクセンブルク」(写真)でなら
必ず手に入るというので行ってみた。



2分冊で、表紙の絵はダビデの星の中に、トリノの街のシンボル
である雄牛が描かれている。ちなみに、この本屋は時々放火事件
を起こしているとか。経営者がユダヤ人であることにも、何か
関係があるのかも知れない。

この本の中にも出てくる様に、有名な聖骸布(Sacra Sindone)が
ドゥオーモに保管されている。この布については様々な議論が為
されているが、そこに「ネガ」として映し出された人物が何もの
であれ、不思議な布であることにかわりはない。

その他にも、著者はスペルガ聖堂(写真)の中に、キリストが磔に
された十字架の材木で作った十字架が保管されているとも書いて
いる。



先ほどのテンプル騎士団の聖杯(Il Santo Graal)の話といい、
多くの聖遺物がトリノにあると言いたいようである。

この本の中で気になるのは、ポー川とナイル川の対比である。
トリノの街がエジプトの古代信仰に関わりがあると見ている点だ。

最初にトリノにやってきた民族は、ローマの支配が及ぶ以前に
ここに到着したのだろうか?
それは本当にエジプト人なのか、あるいはギリシャ系民族なのか。

トリノの伝説や伝承、あるいはピエモンテの童話などを紐解けば、
あるいはなにか手がかりが得られるかも知れない。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
コメントするにはログインが必要です。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/italy/80176
くる天
ランキングバナー
プロフィール
イタリアのはなし-ブロくる
まあと さん
イタリアのはなし
地域:埼玉県
性別:女性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
イタリアのこと、いろいろ思いつくまま書いてみます。イタリア人が見たら笑っちゃうイタリア語の作文と日本語訳もあります。
カテゴリ
全て (94)
トリノ (22)
うさこ (9)
職場で (0)
宿題のレポート (0)
サッカー (15)
パオラへの手紙 (11)
リンク集 (2)
イタリア文化 (11)
カレンダー
<<2009年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
フリースペース
東京目黒区のお勧めホームページ作成業者(個人事業)
SEOコンサルティング(東京のSEOコンサルタント)
個人事業者のHP制作ブログ
ホームページ運営のコツ
SOHOのHP制作ブログ
東京のHP製作(SOHO)
アクセス数
総アクセス数: 67667
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 2
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved