このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
最近の記事
03/24 10:42 川の流れを力とし
01/04 08:21 しょうめい の たつじん
09/18 10:18 還元焼成
07/17 19:31 記入を遅らせました
04/15 14:06 牽強附会
03/07 13:21 1959
01/30 12:53 戦争の中の行為
07/28 10:06 デイサイト
05/30 09:12 「月事」のはなし
05/02 12:18 中世の石切
フリースペース

文中の「?」は 疑問符を表す場合と ローマ数字が反映されていないケースによる表れがあります

携帯からの送付分がそのような変換となり いくつかは確認 訂正いたしましたが

おいきれないものや 手もとに書物が無い(大抵ございません) といった理由で書き直しはしておりません


* * * * * 





2020.7.24



RSS
プロフィール
ka-on さん
水のよう・・
ポップアップリンク
ブログ内検索

還元焼成
 
2020年9月18日 10時18分の記事



景徳鎮 (中國紀行/vol.17/多元融合/019)

 地球は酸素で包まれている。宋の時代、焼きものの世界に二つの大きな進歩があった。還元焼成の技術が確立し、透明の釉薬が生み出され、良質の磁器が作れるようになったのだ。

 還元焼成というのは、素材から酸素を奪う考えからきていて、釉薬と磁土の酸素を奪うことを目的としている。この二つの技術が出来たことで、磁器が産業になったのだ。






(誰かの文章)


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved