このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
最近の記事
03/24 10:42 川の流れを力とし
01/04 08:21 しょうめい の たつじん
09/18 10:18 還元焼成
07/17 19:31 記入を遅らせました
04/15 14:06 牽強附会
03/07 13:21 1959
01/30 12:53 戦争の中の行為
07/28 10:06 デイサイト
05/30 09:12 「月事」のはなし
05/02 12:18 中世の石切
フリースペース

文中の「?」は 疑問符を表す場合と ローマ数字が反映されていないケースによる表れがあります

携帯からの送付分がそのような変換となり いくつかは確認 訂正いたしましたが

おいきれないものや 手もとに書物が無い(大抵ございません) といった理由で書き直しはしておりません


* * * * * 





2020.7.24



RSS
プロフィール
ka-on さん
水のよう・・
ポップアップリンク
ブログ内検索

川の流れを力とし
 
2021年3月24日 10時42分の記事

昭和4年1929年、駒沢の東京ゴルフ倶楽部が移転することになり、
村議会で「イメージが悪い」と判断し、改称することになった。

香を霞に変えた。畏れ多いということで。

朝霞の地名由来等については、検索しやすい面もありましたが、
経済活動のほうは、市で纏めておられます(開いておらず)。
昨日本を手にして初めて目に。


朝霞市の前身は膝折ひざおり村、川越街道の要衝として賑わった。
水が乏しい旧武蔵国内で、そこだけ低地で水に恵まれ、早くから宿場が形成できた。

(江戸時代)文化文政期1804〜1830年黒目川の水流を動力源に、水車で製粉作業、
文化13年1816年に、奥住金兵衛が京都から技術者を招き、関東初の伸銅工場(水車を利用した伸銅業)を始めた。
文政3年1820年には、徳生平左衛門による二つ目の伸銅工場ができ、銅線や桶のタガの製造。
明治初期には、日本初の電話線が製造されたと伝えられ、
明治43年から、水流を用いた電力供給事業が開始された。
(参考『東武沿線の不思議と謎』178-179)



3.26
(川底を見ても 浅瀬 とか浮かぶ程度)

洗い越し 渡渉 (初めて使う言葉)

…徒渉…
https://santalab.exblog.jp/23700543/

(釈氏の読み方も初めて見て)



【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved