ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (2106)
アクセス数
総アクセス数: 84212
今日のアクセス: 22
昨日のアクセス: 52
RSS
2022年5月25日 1時12分
国内でどう使っていいかわからない海外切手で
 
国内でどう使っていいかわからない海外切手ですが、海外の独特なデザインにより、一部では人気があったりすることも多く、ことのほか収集している人の多い切手だったりします。


そのため、買い取ってくれるようなお店もかなりありますが、多く出回っているものや、無秩序に集められただけの物であった場合は、受け付けてもらえない場合も多々あります。


「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、とりあえずは、買取業者についてリサーチして、高く買取してもらえそうな業者を探すのがうまいやり方です。


この時、ネットの口コミが大変有用です。


生の意見が書いてあり、それを参考にして業者を選ぶことが出来ます。


なお、怪しい業者ではないかどうかの参考として役立てることが出来るので、一つでなく複数のサイトを閲覧してみましょう。


紙から切手は出来ていますので実は取扱いの際に注意する必要があるものです。


殊に熱や湿度の変化に弱く、買取時に価値を落とさないようにするためにも保存状態には十分配慮しましょう。


ストックリーフであったり、ストックブックであったりに入れて、直射日光を避けて保管してください。


湿気も避けて保管しましょう。


何か記念日があると記念品扱いで発売されることもあり切手は発売時期によって出回っている切手の量もかなり変わってきます。


そのためそれに合わせて買取の際の値段も大きく変化しますのでなるべく高価で買取してもらいたいという場合には切手買取依頼の時期も関わってきます。


梅雨時は特に心配なのはカビです。


ラッキーなことに今年は被害も少なく掃除が終われるかと思っていたら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。


見た目は特に傷みは感じませんが、今後もうちで保管した場合、質の低下が心配です。


近々、買取を許可してくれるという時期でしょうかね。


切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは売却したいという人も少なくないでしょう。


もしそんなときがあれば買取のお店に送ってそこで査定をしてもらうというやり方もあります。


使い道がなければ売ることをおすすめします。


予想していたよりも高い価値のものがある可能性もあります。


やってみる価値はあると思います。


「切手を売ろう」と決め、実際に売りに行くときには直接ショップに出向いていけば、その日に買い取ってもらえるところがたくさんあります。


郵送する場合に比べて手軽ですし、さらに、即現金に換えることが出来るため、急ぐ場合は大変有用です。


査定を目の前でやってもらえることも安心できて、お勧めです。


買取を当日にやってもらう場合には、本人確認書類の提示が必要となりますので、運転免許証、健康保険証、パスポートなどは携帯しておきましょう。


切手の中でも、付加価値があるものは、手元に置くより現金化したいとしたら同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格に大きく差が出るのは確かです。


そこで、今の状態を維持しながらどんな業者にも認められるようプレミアムな切手を買い取ってもらおうとすればどのように保管していけば一番いいか、売る時のことを考え、気を遣ってください。


切手を買い取ってもらおうと査定に出した後に、考えていた値段と買取額にズレがある場合や、印象深い切手であった場合に、結局、「自分で持っていたい」と思うことがあるかもしれません。


査定してもらった後にキャンセルしたとしても、業者によってはキャンセル料を取らないところもあります。


査定を申し込む前に、無料査定が可能であるか、査定額を出してもらった後で取り消すときにお金を取られるか、といったことを分かっておくべきです。


不要な切手を買い取ってもらう方法には業者に赴くという方法と、インターネットを使った方法があります。


お店に持っていく場合、移動の手間や待ち時間がかかりますがその日のうちに売買成立というメリットがあります。


ただ、業者によって買取額にバラつきがあるので、高値で買い取ってもらいたければ、ネットで調べてみた方がよろしいと思います。
 



2022年5月24日 1時6分
未使用の切手でなければ買取されな
 
未使用の切手でなければ買取されないと想像している人もいるでしょうが、本当はそうではない可能性もあります。


とりわけ、古くても保存の状態が良好で集めている人にとっては魅力的なものだった場合、「もうこの切手使ってあるけれど」という場合でも買取契約が成立することもあるのです。


仮におうちにそんな切手が残っていたとしたら、切手を買取してくれるような業者に、一度話してみてください。


切手は思いの外メジャーな収集対象で高値がつく切手も出回っています。


買取専門店も各地で激しい生き残り競争を繰り広げていて、その将来性も含め、思っているよりもマーケットがかなり大きいことを見当がつくと思います。


インターネットの影響はこの業界にも及び、今までにないスケールの取引がネットを通じて行われるようになり、切手売買の市場はまだまだ大きくなる可能性があります。


お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。


郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。


では、破れた切手は使えないのでしょうか。


あんまりひどい場合は無理でしょうが、ちょっと破れたぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならちゃんと使えることが多いです。


ただし切手買取業者に買取をしてもらうということは難しいでしょう。


切手を高く買い取ってもらいたければ、やはり当然ですが、汚れていない綺麗なものの方が高値での買取になります。


したがって、保管状態は良好に保ち、切手を取り出すときはピンセットを使うなど保管したり取り扱ったりするときには十分注意しましょう。


普段から保管方法に配慮して汚れてしまわないよう留意することが重要です。


普通は、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、役割を果たすと要らなくなるでしょう。


そうは言ってももしも、その様な使用済み切手であっても、もしもデザインだったり、希少性だったりに価値があると認められた場合、高額買取が実現することもあります。


例えば古い切手は持っているけどどのくらいの価値なのか自分では分からないというのなら、切手の買取を行っている業者に査定をしてもらうといいと思います。


切手を買取してもらいたいという場合には業者に直に買い取ってもらう方法とネットを通して可能な方法というものもあるのです。


店頭買取では、移動の手間や待ち時間がかかりますがその日のうちに売買成立というメリットがあります。


ただ、どこの業者に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますので高い値段で取引したいのであればインターネットをうまく活用した方がベターだと思います。


使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手と交換すると、買取が有利です。


金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするためシート単位で引き換えることを意識して郵便局に行きましょう。


そうして引き換えた切手も、業?によって査定額はかなり違います。


複数の業者に見てもらい買取価格が一番高かったところで売れば申し分ありません。


切手の付加価値はどのくらいか知りたいところですが、売りたい人と買いたい人との関係で少しのことで変わっていくので価格は一定しないと考えてください。


とはいえ、売りたい切手があるときにできる限り切手の価値を高めたいというのが人情です。


それならば切手の買取価格をこまめに調べる努力をするか買取業者に何度も査定をお願いしてみると、そこまでがんばってみましょう。


長期間にわたって、切手のコレクションを続けている人にとって、買取に出すことは、我が子と別れてしまうような、気分に陥ってしまうこともあるようです。


どっちにしろ手離すつもりであれば少しでも高価で買い取ってもらえる業者を見つけるのがいいと思います。


 そうした方が売りに出される切手にとっても喜んでくれるのではないかと思います。


出来る限り高額での切手買取を目指すなら、売る業者を選ぶとき、金券ショップを選ぶのではなく、数ある買取業者の中でも専門のところに売るということが極めて重要なポイントです。


選択時、注意することは、ネットでの評判を考慮してよさそうな業者をいくつか選びめいめいの業者の評価額を比較し、最も高値を付けたお店に、決める、ということをおすすめします。
 



2022年5月23日 0時6分
切手を買い取ってもらう際に直接買取業
 
切手を買い取ってもらう際に直接買取業者に切手を持っていくという方法以外にも宅配買取という方法もあるのです。


その時、宅配料金を負担してくれたり、梱包材まで買取業者が提供するという場合もよくあります。


ただ、まとまった量を買い取ってもらいたいというとき以外はサービスしてもらえないかもしれないので注意しましょう。


グリーティング切手というものがあります。


これは、キャラクターが載っていたり、特別な装飾がされているような切手のことを言います。


従来の切手とは形も違い、様々なものがあります。


郵便物を華やかにする効果もありコレクターの人にとっても価値を感じるものですから人気ですので、高額での買取の可能性もあるでしょう。


一般的には切手の状態から判断して、本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が切手を買取して貰う時の値段です。


けれども、マニアにとって希少価値が高いためプレミア的になっている切手は切手料金を超える価格となることもあります。


「この切手売りたいけど、どのくらいの価値があるのか?」という人はインターネットで検索したり、切手買取業者にみてもらうといいですね。


梅雨時は特に心配なのはカビです。


幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、在りし日の父が整理していた切手シートやバラ切手、記念切手類も含め数冊のいろいろな種類の切手アルバムが出てきたんです。


一見、傷みなどはないように見えますが、この状態でうちで保管し続けたとしても質が落ちてしまいそうな気がします。


近々、買取に出しても許される時期でしょうかね。


手元にある未使用切手を現金化したいときは切手専門業者に買い取ってもらうのが高く売れる可能性が大です。


切手の価値を見て買い取ってくれますし、高く売れるものはその価値に見合った買取をします。


金券ショップなども、切手を買取しますと掲げていますが、多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、評価するのは額面と現況が良いかだけで買取価格を出すしかないので価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。


切手コレクションの形見が見つかったり、使いようがない切手をどうにかしたいという時、買取業者に切手を買い取ってもらいたいという時もあるでしょう。


その際、重要なこと、それは買取業者をいかにして選択するかです。


普段から集めていますという場合を除いては、大多数の人がよくわからないと思いますので、切手の買取がどのようになされてきたかの結果や口コミなんかもチェックしてみてどこの業者にするかの選択を行うことをおすすめします。


もしバラの切手であっても買取は可能だそうです。


よく知らなかったのですが、切手を買い取ってもらう時にどうやって台紙に貼りつけたらいいかを調べてみたら、並べ方に気を付けて、きっちり並べないと受け付けてもらえないようなのでちょっと躊躇してしまいます。


しかし、買取額がより高くなるのは貼りつけてある方であるならば、手間をかけてやってみるのもアリかなと思います。


切手を売る場合、自分でお店に持って行けば即買い取ってくれる店舗も多数あります。


郵送する場合に比べて手軽ですし、その上、すぐに現金化できるため、急いでいる場合には大変便利です。


見ているところで査定してもらえるので、それも安心できていいですね。


即日買い取ってもらう場合は本人の確認が出来る書類が必須ですから、免許証、保険証、パスポート等、必ず持って行ってください。


買い取ってもらう予定で切手を業者に査定してもらっても、評価額が予想とかけ離れていたり、思い出の詰まった切手だったり、やっぱり、自分で所有していたいと考え直すこともあるでしょう。


見てもらって値段がついてから取り消すという際にも業者によってはキャンセル料を取らないところもあります。


買取を申し込みたい時は、依頼前に、査定費用は掛かるのか、査定してもらった後に「キャンセルしたい」となった場合、キャンセル料の発生の有無を確認することが重要です。


紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。


実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。


そうであれば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、あんまりひどい場合は無理でしょうが、ごく少しだけの破損で額面がしっかりと確認できる程度の破損の切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。
 



2022年5月22日 0時0分
切手の買取は業者に直に買い取
 
切手の買取は業者に直に買い取ってもらう方法とインターネットを利用して行う場合があります。


店頭に直接赴く場合、往復する時間や、待っている間の時間がかかってしまいますがいい点もあり、それはその日のうちに買い取ってもらえるということです。


そうは言っても、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高値で買い取ってもらいたければ、ネットで調べてみた方がよろしいと思います。


切手を買い取ってほしい時、高く売れるのはバラではなくシートとして買い取ってもらった場合です。


ただし、仮に、「バラの切手ならたくさんあるんだけど」という時に、高値で売る技があるのです。


台紙に貼付する、というシンプルな方法です。


同じ額面の切手が50枚あればできる方法です。


それらをA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼付します。


それだけです。


レートを上げるにはこういったことが必要で、この場合は10%ほど高くなることもあるくらいですので、インプットしておいてくださいね。


出来るだけ高額での切手買取を希望されているのであれば、買取業者の選択が重要で、金券ショップの類の業者ではなく、切手専門の買取業者を選択することが極めて重要なポイントです。


選ぶコツは口コミサイトなどを参考に、優良業者幾つかに絞り込んで、業者間で査定額を比べ、査定額が高かったところに決める、ということをおすすめします。


切手を売りたい!そんな時にはとりあえずは、より高額で買い取ってくれそうな会社をよく調べて見つけ出すのをお勧めします。


そんな時に、ネット上にあふれる口コミをチェックするのがいいでしょう。


本当に利用した感想が残っているのでどの業者を選んでいいか分からない人にとっての助けになります。


なお、怪しい業者ではないかどうかの大切な情報の一つにもなるためいろいろなサイトを見て、調べてみるべきです。


記念日の際に「記念切手」として出されたりと、切手の取り扱われる時期により、それ自体の流通する量もとても大きく上下します。


それに合わせて、買取の際の値段も大きく変化しますので少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、その切手を買取に出す時期というのも、重要なファクターです。


未使用の切手を買い取ってもらいたい場合は切手専門業者に買い取ってもらうのが高く売れる可能性が大です。


どのくらいの価値があるか正しく見積もってくれますし、レアな切手もその価値を評価してくれます。


切手の買取は金券ショップや、他の買取業?でもできますが多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、額面と保管状態をチェックするだけで見積もりを出してくるわけで切手に価値があればあるほど、損をするだけです。


切手を買い取ってもらおうと査定に出した後に、考えていた値段と買取額にズレがある場合や、印象深い切手であった場合に、思い直して、売るのはやめようと思いなおすことだってあるでしょう。


査定してもらった後にキャンセルしたとしても、キャンセル料は必要ないという業者もあります。


買取の申し込みをする前に、査定費用は掛かるのか、査定後にキャンセルした場合、料金はとられるのかなどを確認することが重要です。


大体の切手買取業者は、プレミア切手と呼称される切手の買取の受け入れも行っています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


大変希少価値のあるもので纏まった状態でなく一枚ずつになっていても高価格での買取になる事も十分あり得ます。


切手のうち旧価格の物を持っていて、新価格の切手へ換えてもらう場合、その差額以外に、別途で手数料を払わなければなりません。


1枚当たり、5円の手数料が10円以上の切手では必要で、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。


新しく買う方が得をする場合もありますし、時と場合によっては、買取業者に売る方がいいということも起こり得ます。


長い月日に渡って、切手収集を続けている人にとって、買取に出すことは、我が子と離れ離れになるような気持ちになってしまうのかもしれません。


どちらにしろ手放してしまうのであれば、出来れば高く買い取ってもらえるところへ探すことをおすすめします。


買取される切手にとってもそうされた方が嬉しいに違いないと思います。
 



2022年5月20日 23時0分
銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来ると
 
銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、では、切手の破損はどう扱われるのでしょう。


破れた切手の交換というものは行われていません。


ならば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、あんまりひどい場合は無理でしょうが、ほんの少しだけ破れたくらいで額面の表示がちゃんと確認出来る切手なら使える可能性が高いです。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。


出来るだけ高額での切手買取を希望されているのであれば、金券ショップのようなところに買い取ってもらうのではなく、数ある買取業者の中でも専門のところに売るということが不可欠です。


選ぶコツはウェブ上で口コミを見てみて、評判のいいお店を何カ所かセレクトし、その業者一つ一つに評価してもらって、最も高値を付けたお店に、決定する方法がお勧めです。


余った年賀はがきや、書き損じの葉書を郵便局で交換するときは、切手と交換すると、買取が有利です。


ここで一手間かけて、切手買取専門業者に持ち込むためシートになる枚数をためてから葉書を持ち込んでください。


切手を買い取ってもらうときは、お店によって買取価格が異なることに注意してください。


できる限り多くの業者の目を通し一番高い査定額のお店に最終的に話を持って行くのは当然です。


額面以上の値がつく切手は多く、集めている人にとっては非常に価値があります。


切手買取を専門に行う業者がたくさんあってその競争は激しく、それを考えても市場のスケールが大きいことを理解できるのではないでしょうか。


インターネットの影響はこの業界にも及び、ネットを介して売買することも増え、切手売買の市場はまだまだ大きくなる可能性があります。


周知のとおり、切手というのは初めから通常郵便物に貼り付けるような形状に一枚一枚バラバラに分かれてはいないです。


初めはその様な切手が数枚まとまった、いわゆる「切手シート」として印刷されます。


切手を買い取ってもらう時、切手シートの形であっても買取は可能でひとまとまりになっていない切手の買取より買取の際に支払われる額が高くなることが多いと思います。


梅雨時は特に心配なのはカビです。


幸いにも今年の被害は少なくて、掃除も終われるなと思っていたら、父が生前にこまめに整理整頓していた切手シートやバラ切手、記念切手類を含めた多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。


ぱっと見た感じ傷んではいないようですが、この状態で自宅で保存していても質が落ちてしまいそうな気がします。


もうそろそろ、買取を許可してくれるという時期が来たと言えるのでしょうか。


「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、とりあえずは、情報を集めて高価買取業者を探すのが賢い方法です。


役に立つのはネット上に書かれている多くの口コミです。


本当に利用した感想が残っているのでどの業者を選んでいいか分からない人にとっての助けになります。


なお、業者が信用に足るかどうかの大切な情報の一つにもなるため一つでなく複数のサイトを閲覧してみましょう。


決して実用的とは言えない外国切手であっても、デザインが海外ならではの物であったりすることが多く一部では人気があったりすることも多く、実は集めている人が多い切手だと言えます。


ですから、数ある業者のうち買取を実施しているところも多数存在してはいますが、そう珍しいものではない場合や、揃っていないコレクションであった時には取り扱ってくれないことも多いです。


お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、毎年少しずつ増えていました。


私の場合、懸賞などにはがきを使うことはあっても、私製はがきや封書は出さないのでこのままでは使わない切手が増えるばかりだと気づきました。


金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、貯まっていた切手でお小遣い稼ぎができたのでうまく不要品処分ができました。


大体の切手の買取においては、一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買取方法が主流でしたが、ここ最近の傾向として買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


売るつもりの切手はあるが大量だという場合、店に持っていくだけでも大変です。


その他にも、ご自宅と店が離れているという方の場合も、時間と交通費を抑える意味でも出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。
 




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved