このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1659)
アクセス数
総アクセス数: 65343
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 50
RSS
あなたの持っている旧価格の切手を新料金の切手に交換
 
2020年10月25日 19時12分の記事

あなたの持っている旧価格の切手を新料金の切手に交換しようとするとき、その差額以外に、別に手数料が必要です。


1枚当たり、5円の手数料が10円以上の切手では必要で、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。


もう新しく買ってしまった方が、結果的に得をすることもあるでしょうし、時と場合によっては、切手を買い取っている業者に売ってしまう方がいいという場合もあるようです。


切手は紙製なので実は繊細なものです。


殊に温度や湿度に弱いので、高価買取を目指すという意味でも保管状態には気を配りましょう。


ストックリーフやストックブックを利用して、日光の当たらないところで保管しましょう。


湿気も避けて保管しましょう。


何かしらの記念日に「記念切手」として出されたりと、切手の取り扱われる時期により、流通する量も、それぞれ大きく上下することがあります。


そうなることによって買取の際の値段も大きく変化しますので可能な限り高値での買取を目指すなら、切手買取依頼の時期も重要なファクターです。


従来の場合、切手の状態から判断して、本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が買い取ってもらう切手の価格となります。


ただし、収集家にとって価値のある切手なら、額面以上の金額となることも多いでしょう。


切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはネットで探してみるか、切手の買取を行っている業者に評価してもらってください。


多くの枚数を集めるということが多い切手の場合には、そうやって収集したものをいっぺんに業者にて店頭買取に出した場合は査定にそれだけ時間がかかることになりかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。


それを考慮すると、インターネットを利用して切手査定を受けるという方法は、店に出向くことなく、好きな時に手続きしてもらえるので、有効活用できます。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved