このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1711)
アクセス数
総アクセス数: 67169
今日のアクセス: 13
昨日のアクセス: 22
RSS
額面プラスアルファの価値があ
 
2020年11月27日 23時6分の記事

額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、できるだけ高く売りたいと思うでしょうが、たとえ使用済みの切手であっても、保管状態がいいか悪いかでいくらで買い取ってもらえるかが決まります。


ですから、現状を保ってどんな業者にも認められるよう大事な自分のコレクションを手放したいのなら、切手の保管状況はどうなっているか、チェックを怠らないでください。


書き損じた葉書の交換は、誰でも行ったことがあるでしょう。


そのとき葉書でなく切手に交換するのがミソです。


切手買取専門業者で高く買い取ってもらうことをねらい、シート単位で引き換えることを意識して交換するのが重要です。


そうして引き換えた切手も、業?によって査定額はかなり違います。


できる限り多くの業者の目を通し一番高い査定額のお店に売れば申し分ありません。


ご存知と思いますが、本来、切手は通常郵便物に貼り付けるような形状に一枚ずつ分かれているわけではありません。


本来は数枚の切手がひとまとまりになった切手シートの形でプリントされます。


切手を買取に出すときには当然、切手シートになっている状態でも買取可能で、ひとまとまりになっていない切手の買取より高値での買取になりやすいです。


切手を買い取ってほしい時、シートとして組になった状態で売ることをお勧めします。


なぜならその方がレートが高くなるからです。


ただし、仮に、手元にたくさんのバラの切手があるならば、買取の際、工夫すればレートを高くできます。


一体どういう方法でしょう?正解は、なんと、台紙に貼りつけるだけでいいのです。


具体的な貼り方は、同じ切手料金の切手50枚を、A3サイズの紙(A4を二枚貼り合わせたものでもOK)に縦5行、横10列に並べて貼ります。


これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるため覚えていればいつか役立つでしょう。


銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。


そうなると、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。


あまりにひどい場合はだめですが、ほんの少しの破損ぐらいで、十分に額面が見えるような切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved