このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1710)
アクセス数
総アクセス数: 67136
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 30
RSS
バラの切手でも買い取ってもらうことが出来
 
2021年1月13日 19時42分の記事

バラの切手でも買い取ってもらうことが出来るのですね。


私は初めて知りましたが切手買取の際の台紙への貼り付け方を調べてみたところ、きちんと並べていないと受け入れられないみたいで難しそうに思えます。


ですが、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、やってみてもいいかなと思えます。


「切手を売ろう」と考える場合には、記念切手だったり、外国の切手だったりというような、珍しいものでないといけないというわけではありません。


普通の切手も買い取り対象で、むしろ、他の切手よりも、高いレートで取引されます。


特に、切手の元々の値段が1000円、もしくは、82円の日常的によく使われる切手シートは、ビジネスの世界においてはよく売れます。


消費税増税により、通常必要とされる切手の値段も上がってしまうため、より新しい方が、普通の切手は高値で売れます。


使い終わった切手に値がつくはずがないなんて思っている方も多いと思いますが、案外、そうではない可能性もあります。


特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていてコレクターの中で需要の高いものであるとたとえ使用済み切手であったとしても買取してもらえる可能性もあります。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。


切手を業者に買取して貰う時、一般的には元々の切手の値段よりいくらか安値で買い取られることになります。


ところが、さまざまな切手の中にはコレクションとして希少価値のあるものもあって、「予想外に高く売れた!」ということも起こり得ます。


切手の価値は買取に出す前に少しは知っていた方が無難です。


切手はいくらで売れるかというと、付加価値の部分は出回っている量と売買価格との兼ね合いで値動きが生じ、いつも同じというものではありません。


そうは言っても、いざ切手を売るときには高値での買い取りを望むと言う方には、現在の切手の買取価格はどうか、相場を調べ続けるか買取の査定を定期的に何度か受けるなどと粘ってみるしかありません。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved