このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1958)
アクセス数
総アクセス数: 77281
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 21
RSS
良い状態で保管されていたような、過去の記念切手だった
 
2021年9月17日 18時48分の記事

良い状態で保管されていたような、過去の記念切手だったりすると、買取価格が思いがけない価格になることもあるのです。


切手がそういった価値のあるものだった時には、一番最初に鑑定をしてもらえる鑑定買取がいいでしょう。


お店はもちろんですが、ウェブを利用することもできて、買取価格を知った上で、売るか否か選択することが出来ると思います。


昔からずっと継続して切手を集めている人にしてみると、買取に出すことは、我が子と離れ離れになるような気持ちになってしまうのかもしれません。


どちらにしろ手放してしまうのであれば、可能な限り高値で買い取ってもらえるところを見つけるのがいいと思います。


 手離してしまう切手からしてみても、その方が、喜ぶだろうと思います。


一般的な切手買取業者においては、プレミア切手と呼称される切手の買取も受け付けています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


とても珍しいものなので、もしもシートではなくてバラの状態であったとしても高価格での買取になる事も十分あり得ます。


ご存知ですか?中国の切手が高価買取されているということを。


その理由は、中国国内で切手の人気が高くなっているということが理由です。


とはいえ、高い買取価格となるかもしれないものは、文化大革命時代の切手など一部のもののみです。


その他にも、切手を買い取っているという業者のうち、「外国の切手の場合は買取しませんよ」という業者も存在するため、確かめておきましょう。


切手コレクションの形見が見つかったり、使いようがない切手をどうにかしたいという時、切手の売却を計画する方もおられると思います。


その際、買い取ってもらう業者をどのようにして選択したら正解なのかです。


コレクターなら話は別ですが、大多数の人がよくわからないと思いますので、切手の買取がどのようになされてきたかの結果や世間の評判はどうなのかも判断基準に入れ、業者選択を進めていきましょう。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved