このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (1958)
アクセス数
総アクセス数: 77282
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 21
RSS
お札が破れたら銀行で交換してもらえるとい
 
2021年9月22日 0時42分の記事

お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。


ならば、切手が破れたらどうしたらいいかというと破れ方が極端な場合は使えませんが、ほんの少しだけ破れたくらいでちゃんと切手料金の表示が分かるぐらいの切手であればそのまま使用可能でしょう。


ただ、その切手を買い取ってもらうということは出来ないかもしれません。


切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは売却したいという人も少なくないでしょう。


そんな時どうしますか?直接行くのでなく買取業者に郵送しそこで査定をしてもらうというやり方もあります。


家にただおいてあるだけであれば買取を依頼しましょう。


思いがけず高い価値のものがある可能性もあります。


やってみる価値はあると思います。


業者に切手を買い取ってもらうには、シート状になっている切手でなければ受け付けられないだろうと思い込んでいる人もいるでしょうが、ひとまとまりになっていなくても切手は買い取ってもらえます。


しかし、どうしても切手シートよりは低価格の買取になりやすいです。


仮に、汚れが見つかったり、糊がとれているのが分かればなおさら安い金額で買い取られることになることが多いです。


仮に切手を買い取ってほしいという場合、第一に買取業者についてリサーチして、高く買取してもらえそうな業者を探すのがうまいやり方です。


そんな時に、ネット上にあふれる口コミをチェックするのがいいでしょう。


本当に利用した感想が残っているのでそれを参考にして業者を選ぶことが出来ます。


加えて、本当に信じていい業者なのかどうかについての参考資料にもなるのでいくつかのサイトを見てみるのをお勧めします。


一般的に、切手というものは郵便物に貼られ消印が押され、自身の役目を果たすと不要になるものです。


ですが、そんな使った後の切手でも、デザインが認められたり、珍しいものであると認定された場合は、高値で買い取られるということもあり得ます。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値がよく分からないという場合、古切手買取業者に査定を申し込んでみるといいと思います。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved