このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (2129)
アクセス数
総アクセス数: 85774
今日のアクセス: 11
昨日のアクセス: 52
RSS
亡くなった方の持っていた切手帳や不要な切手のやり場
 
2022年5月15日 18時18分の記事

亡くなった方の持っていた切手帳や不要な切手のやり場に困ったら、買取業者に切手を買い取ってもらいたいという時もあるでしょう。


そんな時に、買い取ってもらう業者をどのようにして選択したら正解なのかです。


普段から集めていますという場合を除いては、大体の方にとって分からない世界だと思いますから、切手の買取がどのようになされてきたかの結果や世間の評判はどうなのかも判断基準に入れ、どこの業者にするかの選択を行うことをおすすめします。


周知の事実ですが、切手はあらかじめ、通常郵便物に貼り付けるような形状に切り離されて一枚ずつではないわけです。


初めは切手数枚が繋がった切手シートとして作られます。


切手を買取に出すときにはもちろん切手シートの形でも買い取ってもらえ、纏まっていない切手で売るより買取価格が高くなることがよくあります。


切手を売却する時、業者に直に買い取ってもらう方法とネットを通して行うものがあります。


店頭買取では、移動時間や待ち時間が発生しますが、いい点もあり、それはその日のうちに買い取ってもらえるということです。


ですが、どこの業者に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますので高い値段で売りたいのなら、インターネットを利用することをお勧めします。


出来るだけ高額での切手買取を希望されているのであれば、金券ショップのようなところではなくて、専門の買取業者を選択するということが、大切です。


選択時、注意することは、評判をネットなどで調べてみて、数社良いと思うところを選び出し、個々の業者へ査定を申し込み、つけた額が高かった業者に決めるのがベターです。


普通は切手の買取価格はそこまでの高い値段になることは少ないため常識的な範囲の量の切手を買い取ってもらう時、税金が高くなるということはありません。


けれども、切手の中でも額面の価格以上に高価な価値のあるものがあり、まとめてそれらを売ろうとするとびっくりするほど高値になり税金の申告をする必要が出てくる可能性があります。


お年玉付き年賀はがきで記念切手をもらえることは多く、いつのまにか枚数が増えていました。


日頃から懸賞などではがきを使いますが、私製はがきや封書は出さないので年賀切手を持っていても使わないことに気がつきました。


いつも通るところに金券ショップがあったので、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、思っていたよりもいい値段で売れたので少しリッチになりました。


「この切手使ってないけどもういらない」という切手は残っていませんか?もしあれば、買取専門の業者に買い取ってもらうという方法があります。


買取額には、業者間で差がありますのでより高額で売るためにもはじめに、査定をしてもらった結果を比較するべきです。


それだけではなく、時期に合わせて相場も変わっていくため、ホームページに買取表が掲載してあるところもありますので確認してみましょう。


多くの切手買取業者では通称プレミア切手という切手の買取の受け入れも行っています。


念のため、プレミア切手について説明すると、切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


めったにないものなので、たとえシートでなくバラだったとしても高価格での買取になる事も十分あり得ます。


切手を買い取ってもらう時、注意すべき点は悪徳業者に当たらないようにするという事でしょう。


悪徳業者はこちらの知識不足を上手く利用して一般に取引される額よりも、とても低価格での買取を提案してきます。


完全に判別することはなかなか大変ですが、あらかじめ心構えとして口コミなどもチェックしておくと取引を後悔するような悪徳業者に引っかかることを防ぐことが出来るでしょう。


額面以上の値がつく切手は多く、プレミア付きで取引されるものも多いのです。


切手買取の専門店は至るところにあって激しい生き残り競争を繰り広げていて、一般に考えられているよりも市場はかなり広がっていることを考えが及ぶのではありませんか。


近年では、インターネットが普及してきて、ネットを通した取引を生み出し、切手売買の市場はまだまだ大きくなる可能性があります。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved