このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (2155)
アクセス数
総アクセス数: 87135
今日のアクセス: 7
昨日のアクセス: 14
RSS
不要な切手を買い取ってもらう方法に
 
2022年6月25日 9時36分の記事

不要な切手を買い取ってもらう方法には業者に直に買い取ってもらう方法とインターネットを利用して行う場合があります。


店頭に直接赴く場合、往復する時間や、待っている間の時間がかかってしまいますがすぐに売れるという利点があります。


そうは言っても、買取額には、業者間で差がありますので「高く売りたい」というのならネットを使った方が良いと思います記念日の折に触れて記念切手が出回るなど、切手はそれが扱われる時期によってそれ自体の流通する量も大変な幅で上下します。


それに合わせて、かなり買取価格も変化しますのでなるべく高価で買取してもらいたいという場合にはその切手を買取に出す時期というのも、関わってきます。


コレクションとして集めるために切手をほしがる人がいるということを発行者側は重々承知しており、切手それ自体には作るのにそんなにコストはかからないため何らかの記念切手が発行されることは多いです。


その様な記念切手は買取価格が高い値段になることもよくありますが手に入りやすいものだった時には買取価格が高くなることはあまりないでしょう。


それほど期待しない方が無難でしょう。


ある切手の買取価格を知りたいとします。


額面以外の価値については切手マーケットの需給バランスがあって少しのことで変わっていくので他の市場と同じく、一定していません。


現在、切手を売りたい方が一円でも高く売りたいというのが人情です。


それならばインターネットなどで、切手の買取相場をチェックしても良し、買取の査定を定期的に何度か受けるなどを検討してください。


亡くなった父が集めては、飽きず眺めていた結構な枚数の切手がありますがどうやって手放せば一番いいのでしょうね。


きちんとスクラップされていないものも多いので全てまとめて売却できればこちらとしては助かります。


おそらく状態はとてもよいと思うのでこの切手をぜひ欲しいという方にぜひ見てもらいたいと思います。


今さらのように、こんなきれいな切手を集めていたのかと思います。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved