このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(2)
[森羅万象]
2021年9月7日 22時58分の記事



『現代社会のスピリチュアルな真相』
スザンヌ・ワード  ナチュラル・スピリット   2008/11/22



<ハトン;10月14日の大型宇宙船の出現>
<ハトン(宇宙艦隊司令官)>
・かって見たこともないような大きな宇宙船をその日に出現させ、数日間あなたたちの上空にはっきりとわかるようにする計画があります。
 搭乗員たちは準備万端で私たちの存在を動かし難いものにすることにワクワクしています。

・この惑星上の敵意に満ちた勢力は、私達が、こんなに近くにいることや存在していることさえ示す証拠をあなたたちに知ってほしくないので、必要とあればどんな手段を使ってでも阻止しようとするでしょう。

・私たちが、何百万もの数ですぐ近くにいることを疑わないでください。もちろんその時になって、私たち全員があなた達の惑星に着陸するわけではありません。

・私たちのほとんどはあなた達の目の見えない所で仕事をしていますが、愛する地球に与えてきた私たちの世話を続けるためには、そのようにしなければなりません。そうすることで、彼女が本来の第5密度にある惑星領域に向かって着実に登り続けられるようになるのです。

・「多次元」というのが包括的な用語ですが、テレパシー交信回路が開かれないと会話を始められないと言う事実は変わりません。


<●●インターネット情報から●●>
アソベ族■竜上36■

阿蘇部族。『東日流外三郡誌』に記されている津軽最古の民。「西大陸よりの渡る民なり」と記されている。アソべ族は、寒さに強く狩りを得意とし、自らをアベと称した。数万年後、新たにツボケ族が津軽に漂着すると、激しくこれと闘うが、岩木山の噴火によって、アソベ族は壊滅的な打撃を受け、ツボケ族に吸収的に融合された。

虹人は、十三湖を一周する車の中で『東日流外三郡誌』について語る。そこに記されているアソベ族とは、およそ五万年前に中国から津軽に漂着した一族で、岩木山の麓に定住し平和な生活を営んでいたが、五、六千年前に、中国からツボケ族が新たに漂着すると、激しくこれと闘ったという。そして、アソベ族とツボケ族はやがて和解し、紀元前一千年頃には亀ヶ岡に代表される古代文化を形成したと語る。

岩木山信仰■竜上44■

津軽の霊山・岩木山に対する信仰。『車力村誌』には、岩木山の祭神を、「竜飛比売命(たっぴひめのみこと)」としているが、竹内建氏はこれを、女神としての竜蛇神であると述べている。さらに、佐治芳彦氏は、タッピという語自体は、アイヌ語のtappi(石)の訛りでないかと思われ、岩木山の神は、イシカホノリ(石神)と蛇神の集合とも解される。すなわち「石」を意味する「タッピ」に「蛇」示す「竜飛」の語を当てたものかと思われると述べている。

虹人は、岩木山の麓に暮らしていたアソベ族とツボケ族にとって、岩木山は最大の神であったと考え、現在もその信仰は受け継がれ、人々からお岩木さまとして親しまれていると語る。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)■竜上48■

青森県中津軽郡岩木町に鎮座。顕国玉神(うつしくにたまのかみ)(大国主命の別名)、多都比売神(たつひめのかみ)、宇賀能売神(うかのめのかみ)、おおやま大山ツミ神(おおやまつみのかみ)、坂上苅田麻呂命(さかのうえのかりたまろのみこと)をまつり、桓武朝に坂上田村麻呂が創建したと伝えるが、本来は岩木山自体を神とする信仰に発している。



『人類の保護者』 UFO遭遇体験の深奥に潜むもの
ドロレス・キャノン   ナチュラルスピリット  2016/8/8



<地球人に受け入れられるような仕方で接触>
・「彼らは、地球人に受け入れられるような仕方で接触し、それにより疑いを払拭して宇宙人の存在が証明できるような方法を考えています。そして、地球人が彼らの仲間入りができる程度に進化するまで、彼らは彼ら自身の生活を送りながら、ただ見守っているのです」

<方向転換>
・しかし、ある時、わたしは思いかけずUFOによる誘拐体験現象の世界に踏み切り、以来すべてがすっかり変わってしまった。

・わたしがUFOに関する調査研究の分野に足を踏み入れたのは、1985年5月のことだった。友人であるミルドレッド・ヒギンズに、アーカンソー州フェイエットヴイル市の彼女の自宅で開催されたMUFON(Mutual UFO Network UFO相互ネットワーク)の州会員の集会に招待されたのだ。

<その理由>
・ほとんどのUFO研究者は、UFOの目撃報告とその物理的痕跡のみを対象としていて、それ以上追求することはない。あるいはまた、宇宙人による誘拐事件だけを調査し、そこでストップしてしまう。わたしはそこで終わりにせず、さらに先へと踏み込んでみた。すると、そこには予想もしなかった広大な展望が開けてきたのである。

<催眠術(退行催眠術)を用いたUFO研究の分野>
・UFO研究者の多くも、宇宙人がなぜ人間を検査したりテストしたりするのか、その理由を理解しようと苦心してきた。

・『この星の守り手たち』で述べたように、地球上に最初の人類が現れるよりはるか以前に、わたしたちの世界に関するプロジェクトを計画した高次の力があるのだ。
ある時、隕石が衝突し、それまで地球に存在しなかった種類の有機生命体が侵入したことで、完璧であるべきプロジェクトにひびが入った。その有機生命体は故郷の地では無害であったが、まだ汚れを知らず、清潔で無垢であった地球上で繁殖して突然変異を起こし、芽生えたばかりの人類という種にとっては有害なものとして一気に広がった。初めて人体に病気というものがもたらされたのである。

・その発祥の頃から、人類は常に高次の力により世話を受け、改良され、面倒を見てもらいながら進歩してきた。遺伝子の操作や組み換えは、最初から人類進化には欠かせない手段だったのであって、別に目新しい技術ではないのだ。

・この星をはぐくんで来た守り手たちが、いまや保護者へとその役割を変えたのだ。少しでも楽な生活ができるよう、人間には多くの道具や知識が与えられてきたが、新たな種としての時代を迎え、すべて自力でせねばならなくなった。

・自著『この星の守り手たち』の中で、わたしは宇宙人が別のプロジェクトで完全な人間を創り、宇宙のどこかに用意してある惑星に居住させようとしているらしいと述べた。この地球が、核戦争か何かで回復不可能なほど汚染されてしまった後で、人類の実験を、新しい汚染されていない環境で再度試みようというものだ。その可能性はあるにしても、これだけでなく、まだほかにも何か計画が用意されているのではないか。

・わたしには、そうした感情を避けて通り、潜在意識から直接情報を得ることができるという確信があった。膨大な情報が蓄積されている潜在意識から情報を得る方法は、わたしの扱った別のケースではかなり有効であることが証明されている。だから、ちょっと工夫しさえすれば、UFO体験を持つ技術者でも、必ずうまくいくはずだった。
 ちょうどその頃(1986年)、わたしはすでにノストラダムスとのコンタクトが進行中で、そのような奇怪な世界にはもう慣れっこになっていた。

・当時、わたしは3部作『トストラダムスとの対話』の第1巻の最終推敲を行っている最中で、宇宙人がそうして遺伝子組み換えを行っているのかなどという問題について考えてもいなかった。ただ、いつかは執筆することになるだろうと思って、UFO関連の情報を集めていただけだった。

<その概念>
・わたしには、彼ら宇宙人による人間の遺伝子操作は、人類を保護し存続させるためのもので、わたしたちの生存を保証してくれるものであることが理解できた。

<知識とは、分かち合うことができなければ、なんの価値もないものだ>
<観察>
<凝縮された、あるいは歪められた時間>
・宇宙人たちは、わたしたちのように時間に縛られていないので、硬直した時間という思考の枠組みによってわたしたちの眼からは隠されている別の次元や異なるレベルの世界を容易に発見することができた。その結果、彼らはなんであれ意のままに非物質化し、それをまた物質化することにより、瞬間移動をさせることを可能にしたのである。彼らは空間の割れ目や裂け目をすり抜けて、まるで家の戸口をくぐり抜けるようにして、いとも簡単に異次元の世界に行くことができる。もちろん、彼らはこんなことは、わたしたちの祖先がまだ穴居生活さえ始めていないような、はるか昔から行っていたに違いないので、わたしたちが彼らのレベルに達するにはまだまだ相当の時間が掛かりそうだ。

・わたしが得た情報によれば、UFO突然レーダーから消え去るのは、彼らがその振動数を即座に変えることができるからだ。それは簡単に言えば、扇風機の羽根や飛行機のプロペラが、回転数を上げるとみえなくなるようなものである。わたしたち地球上にいる生物は、彼らの世界より低い振動数で振動しているのだ。

<物事はすべて見掛けどおりとは限らない>
・“遮蔽記憶”という術語を、UFOや宇宙人に関連した著作で使用したのはホイットリー・ストリーバーだった。これは、ある出来事や物事の不正確な記憶のことである。実際に起きた出来事がなんらかのものにより覆い隠され、当事者の心が事実と異なる解釈をしてしまうことだ。

・遮蔽記憶にはよく動物が登場する。わたしは、こうした例と思われるものを数件扱ったことがあるが、現実に起こった場面の上に、いわば“上塗り”が施されるのである。そして、なぜかこの時、フクロウがよく使われる。わたしの別著『この星の守り手てたち』に出て来るフィルのケースでも、深夜にフクロウがハイウェイに飛んで来て、彼の車に轢かれそうになってびっくりした経験が語られている。催眠術を掛けて調べてみると、それは実際にはフクロウではなく小さな宇宙人たちの飛行物体で、ハイウェイ上での彼の車を強制的に停止させていたのであった。フィルの潜在意識は、それをそのまま記憶することがないように、より当たり障りのない出来事として偽装したのだ。

・わたしがブレンダを知るようになってから数年経ち、彼女はわたしのノストラダムス関連の研究の中で重要な役割を果たしていた。わたしたちはこの仕事に熱心に取り組んでいたが、ちょうどその頃からわたしはUFO研究にも関わるようになり、宇宙人による誘拐事件を催眠術を用いて調査する仕事を始めていたのであった。
 
・ブレンダ「長老評議会は、特定の地球人の追跡調査を続けている。それらの地球人が生きている間に人類との公的な接触を開始する決定が下されれば、まずそうした人間と接触することだろう。このようなことはすでに数世紀もの間行われている。接触にもっともふさわしい人物として期待されていた一人に、レオナルド・ダ・ヴィンチがいた。時代が移り変わっていく中で、彼らは特定の人物に目を付けている。それぞれの時代において、もしもそのような決定が下された場合、最初に接触すべき人物が特定されているのだ」
ドロレス「ブレンダが特に選ばれた理由は何ですか?」
ブレンダ「地球においてまず接触すべき人類にふさわしい、いくつかの好ましい特徴を併せ待っているからだ、好ましい特徴とは、知能が高いこと。(ブレンダのIQは天才の部類に入るので合格だ)さらに、偏見がなく新しいものを受け入れられること。(たしかに彼女には偏見がない。だからこんな実験にも協力してくれるのだろう)また、霊的にも優れていて、高い次元の者と接触があること。自身を高める努力を怠らず、新しいことを受け入れる用意があること。人生で困難にぶつかった時、それを上手に乗り越え、まわりの人々に悪影響を与えないこと。人によっては、問題解決の際に周囲をめちゃめちゃにしてしまう者もいる。そのような人間は彼らの接触対象としてはふさわしくない。彼らは困難をうまく乗り切れる人物と接触したいのだ」

・ブレンダ「ある時は同じ種族の宇宙人だし、時には他の種族の、それとは外観の異なった宇宙人だ。いずれにせよ、彼女に接触してきた宇宙人は、常に長老評議会に近い者たちだった。彼らは協力し合っているのだ」

・ドロレス「ブレンダが9歳の時に彼女の腕に何かを埋め込んだ宇宙人は、どんな容姿だったかわかりますか?」
ブレンダ「彼らはとても穏やかな性質の者たちだった。やがて来たのは真夜中だったので、どんな姿かたちをしていたのかはよくわからない。しかし、彼女がハイウェイで見た宇宙人とは違う種族だ。頭には髪の毛がなく、とても滑らかだった。色も銀色のような感じだった。指は親指が1本で合計4本だし、体もハイウェイで見た宇宙人よりは小柄。骨格も細長くて、とても華奢な感じだ。目は黒いようだったが、暗かったのでそれ以上のことはわからない。手足が細長く、とてもやせて見えたので、一般的な人間の標準からすると、かなりやつれた感じだった」
ドロレス「それは穏やかな性質の種族だと言うのですね?」
ブレンダ「そうだ。彼らの知的好奇心は旺盛だ。彼らは長老評議会の指令により地球にやって来た。前にも言ったが、評議会にはさまざまな種族から来た者たちがいる。宇宙全体のことを考えると、知的生命体が存在し、それぞれ皆、容姿も違えば文化も違い、能力や物事の見方、物の作り方までが異なっている。実際に彼らを目にすれば、わたしたちの伝え聞く小人や妖精などについてのさまざまな伝説がどのようにして生まれたかの想像がつくだろう。昔、地球にやって来た宇宙人たちは、時にはうっかり人間の記憶をぼかし忘れることもあったので、そんな見慣れない姿の人々のうわさが広がったのだ。だから、醜い顔をした巨人とか、か弱そうな小人の伝説などは、過去に地球を訪れたいろいろな宇宙人がその起源になっている場合が多い」

・ドロレス「美しいブロンドの宇宙人のことも耳にしました。そのような宇宙人は実在するのですか、それともただの幻覚でしょうか?」
ブレンダ「白い髪の毛を持った種族入るし、ある者たちはとても美しい。彼女が見たのはその種族に属する者だ。だから、人々が実際に彼らを見た可能性はあるが、同時に、それはただの幻想であって、怖がらないように人間の目に美しく映るようにしただけかもしれない。人間にとって美しいと思われるように装って、より良い反応を得ようとしたのかもしれない」

<夢の中に隠された情報>
・わたしが行なった調査の中で、実際に宇宙人と接触したとか宇宙船を見たとか言う人は少ない。その一方で多くの人たちが、奇妙な、異常なまでに生々しい夢に悩まされている。そうした夢は通常、本人のいつもとは別な側面についてのものが多く、忘れられずにずっと記憶に残っているものだ。

・自分がUFOの調査を始めるまで、わたしは人の肉体が、寝ている間に実際にどこかへ行くなどとは考えたこともなかった。だって、眠っている人の体を動かしたら目を覚ますのではないのか?この不思議な現象のさまざまな可能性を探る中で、わたしにはいろいろ学ぶところがあった。睡眠中に体が移動したというケースでは、それが本当に肉体の移動であって、いわゆる魂の体外離脱という霊的体験ではないことを注意深く質問して確認した。この2つの現象は、似ているようだが、体験者の述べる内容には違いがある。体外離脱の場合、当事者は肉体を抜け出した時の独特な感覚を憶えている。その際、ベッドで寝ている自分の肉体を見おろすことができたという報告が多い。

・夢に似た状態の中に情報が隠されているもう一つの例として、私の友人であるリ−アンのケースがある。彼女は40代前半の女性で、フロリダで学習障害児の教育に携わっていた。

・そんな会話中、リーアンは半年ほど前に彼女の身に起きた不思議なことについて語り始めた。彼女は体外離脱だと思っていたようだが、さらに話を聞いていくと、わたしにはそれがUFOによる誘拐の典型的なパターンであることがわかった。その事件の前には、彼女はUFO関連の本を読んだことなどまったくなかった。しかし、その後、アシュタール・コマンド(1971年に英国のラジオ番組の放送中に割り込んだ地球外生命アシュタールとその指揮下の部隊。その後1977年には南イングランドのテレビ放送にも割り込み、一時番組を乗っ取ったとされる・訳注)関連の本を読み、自分の経験したことには、もしかしたら宇宙人が関係しているかもしれないと考えた。あのブロンドに青い目、慈悲深げな顔からすれば、たしかにそうではないかと思えたのだ。

・これについては次のようなわたしなりの仮説があるのだが、現段階ではその証明はできない。
 最近、宇宙人や宇宙船が別の次元から地球にやって来ているのではないかという推測が多くなされるようになってきている。もしそれが事実なら、彼らが地球の次元に入ろうとする際、その初期の段階で体がまだ完全に物質化していない時に影が出来るのではないのか。

<埋もれた記憶>
<高次元にある図書館。無尽蔵の知識の宝庫>
<地球の大気圏内に入るには、乗り物を物質化しなくてはならない>
・技術者「建物の色は白で、天井がありません。屋根はありませんが、柱があります。書物は棚の上に並べられ、ガラスのケースに入っています。人類に知られているすべての事柄に関する、あらゆる種類の書物があります。今まで存在したことのあるすべての世界の歴史を記した書物があります。これから生まれてくる世界についての書物もあります。この図書館には、過去に関するものと未来に関するものが保管されています。もちろん、現在に関するものも保管してあります。過去も未来も現在も、じつは一つなのですから」

・1987年、ある技術者がその図書館に行った時には、さらにいろいろな情報が入手できた。彼の報告は広範にわたるもので、同様の記録を閲覧したという他の技術者の報告に加えて紹介することにした。それらはあまりに似通っているので、ここに収録する際、あたかも同一人物の話であるかのようにまとめたが、実際には何人かの人たちが情報源なのである。

・ドロレス「それでは宇宙船は、地球の大気圏内に入ってから作られたのですか?」
技術者「そうです。地球の密度や波動の性質が、彼らの惑星のそれらとあまりにも違うので、そうせざるを得ないです」
ドロレス「彼らの惑星がどこにあるのか、どのくらい遠くにあるのかわかりますか?」
技術者「彼は、ベテルジュース(ベテルギウスの仏語名。オリオン座α星・訳注)がどうかと言っています。星座か星の名前だと思いますが」
ドロレス「彼らはどうして地球にやって来るのですか?」
技術者「そのことに関して、図書館の司書と今話をしています。彼によれば、それは地球がやがて霊的な宇宙の一員になることになっているからだということです。だから、このように大勢の宇宙人が、この重要な出来事を目撃するために宇宙のあちこちから集まって来ているのだというのです」
ドロレス「ただ、それを観察するだけのために来るのですか?」
技術者「分析したり観察したりです」
ドロレス「霊体でここまでやって来た彼らが宇宙船を作ったということは、彼ら自身も肉体を持ったのですか?」
技術者「地球の人間らしく見えるようにしています。わたしの目に映っているのは、美しい目や顔をしていて、髪の毛はブロンドといった姿です。でも、皮膚はほぼ金色です」

・技術者「彼によると、かつて火星に人類のような生命体が住んでいたということです。彼は今、火星を指しています。赤いから、すぐわかります。さらに彼が言うには、金星にも人間の霊体のような生命体がいたこともあったそうです。すべての惑星には霊体が住んでいると言っています。それらの霊体は、管理人とか監視者のような役割を持っています」

・ドロレス「宇宙旅行ができるほどの知力を持った生命体が住んでいる恒星系で、地球にもっとも近いものはどれでしょうか?」
技術者「アルデバランです」
ドロレス「現在地球を訪れていると思われる宇宙船と宇宙人についてはどうなのでしょう?」
技術者「地球を観察している地球外生命はいますが、彼らは地球で起こることに干渉することはあまりありません。彼らは兄弟である地球人の進化を手助けしたいと思っているので、平和と善意の念を持ってやって来ます。その多くはアルデバランやベテルジューズ、それに“犬の星”の別名を持つシリウスからやってきます。それら宇宙人がやって来るあたりは、かつて地球人がやって来たのと同じ銀河系の一部です」。

・ドロレス「非友好的な宇宙人はどんな姿をしているか教えてくれますか?」
技術者「よくあるのが爬虫類のような形をした者です。彼らの目は爬虫類みたいです。その一例としての宇宙人の映像を見せてくれています。彼らは爬虫類から進化したのだそうで、地球人が見れば、まさに“爬虫類のような”生物です。皮膚は人間の皮膚のように滑らかではなく、きめが粗いのですが鱗ではありません。目は大きく、瞳は狭い裂け目のようです。突き出した鼻のようなものはありませんが、鼻孔はあります。口はかなり小さくて、地球人が食べるような食物は摂らず、生命力を与える精気のようなものを吸入しているようです。彼は今、この種に属するいろいろなタイプとさまざまな大きさのものからなるすべてを見せてくれています。体の大きさは1.2メートルから2.4メートルくらいまでです」

・ドロレス「背の高いブロンドの宇宙人の報告もありますが、彼らについて何かわかりますか?」
技術者「彼らは、この銀河系の中ではかなり人類に近い者たちです」
ドロレス「地球の近くに、彼らの基地がありますか?」
技術者「彼らは天王星の2つの月に基地を置いています。彼は今、銀河系のこのあたりの探査基地である天王星を見せてくれています」
ドロレス「地球に基地を置いている宇宙人もいますか?」
技術者「人間の姿に近い者たちが基地を置いています。海中にある基地を一つ見せてくれています。彼らの宇宙船は水中に入ることができると言っています。この基地はカリブ海の近くにあります。また、どこかの山の上のほうにも基地があります。その山を見せてくれていますが、南米にあり、アマゾン川の近くだと思います。また、オーストラリアかニューギニアにも基地があります。どこか海の近くです。それらの基地にいる者たちは愛と光に満ちていて、人類を助けようとしている、と彼は言っています。彼らは地球に、もう何千年も何万年も前からずっと来ているのです。彼らは“監視者”とでも言うべき存在です」

・ドロレス「監視者はすべて一つの人種ですか?」
技術者「彼によれば、わたしたちは“テリアン”で、同じ遺伝子の系統です。彼らは人間に良く似ています。地球人との違いは、眼の色や骨格、それにまったく違う器官が2、3あるということです。しかし、全体として遺伝子的には地球人とほとんど変わりありません。同じ銀河系の仲間ですから。監視者たちは、地球が銀河連邦には36の惑星が加盟しています。地球は37番目のメンバーになるでしょう。さらに2つの惑星も加盟することになっています」

<小さい灰色の宇宙人との遭遇>
<ハイウェイからの誘拐>
<山の中の宇宙人基地>
・専用のキーワードを使うと、彼女はいとも簡単にトランス状態に入った。あの宇宙人からは会うために必要な手順を特に聞いていなかったので、接触するためには何か自分なりの方法を考えなければならなかった。わたしはジャニスに、どこでもいいから、あの宇宙人に会えるところへ行くように、あるいは、前回の話の続きをすることのできる相手のところへ行くようにと指示した。わたしは、たぶん、彼女の潜在意識がその宇宙人の居場所を知っているに違いないと考えたので、いつものように数を数えた後その場所に行ってもらい、そこで何が見えるか報告してくれるように頼んだ。

・ドロレス「あなたはその山に行ったことがあると言いましたね?」
ジャニス「はい、何百万回も見ましたよ。その山のことは知っているのですが、場所は知りません。その山の中には一大都市があります。いくつかの区に分かれていて、わたしたちの都市と似たようなものです。違うのは、そこには小型の宇宙船で行き、山の内側に降りて、いろいろな道や構造物などを通り抜けて行くことです。そして、わたしたちのエレベーターに似たようなものに乗って、山のいろいろな階層に行くのです。緑色の場所や青色の場所、その他さまざまな色の場所があります」

<エネルギーの医師>
<ジャニスの実の父>
<UFO研究者を調査する>
・宇宙人たちは、被術者たちを通じてわたしと交信することができるということがわかってからは(あるいはその逆で、その方法をわたしが見つけてからは)、機会あるごとにわたしに情報を与えてくれるようになった。交信と情報の提供は今でも続いており、それら複雑難解な情報の多くは、わたしの別著『入り組んだ宇宙』に収めてある。

<結論>
・『星からの遺産』には、未来の世界で、地球の地底に暮らす人たちが繁殖の能力を失ってしまっている話が紹介されている。彼らは、身体の正確な複製を作って石棺のような容器に保存していたが、魂がそれに入り込む決心をしなければ、それは生命のないままであることを知っていた。

・今までなされたことのないことを試みようとする積極性と、不可能に思えることをなんとか説明してみようとする努力によって、新しい発見が生まれるのである。そしてその時には、わたしたちの五感で知覚できる物質的な現実を超えた、もっともっと多くの事実が存在することがわかるであろう。わたしたちはこの世界と隣り合って実在する別の存在レベル、別の次元、別の宇宙があることを発見するであろう。そういった別の世界との間を行き来することは、可能なばかりではなく望ましいことであることを発見するであろう。

<訳者あとがき>
・わたしはかなり以前からUFOに興味を持っており、その手の書物を数十冊読んできた。特に関心があったのは、「なぜ宇宙人は地球にやって来るのか、そしてなぜ人間の体を調べるのか」ということで、そうした観点からすると、UFO目撃だけの話にはさほど興味を持てなくなっていった。宇宙人によって誘拐され、宇宙船の中で身体検査を受けるといった話が書かれた本は沢山世に出ていたが、そのどれにも、人間を誘拐するその理由は書かれていなかったのだ。
 そのようなわたしの疑問に答えてくれたのが、ドロレス・キャノンの一連の著作だった。

<著者プロフィール  ドロレス・キャノン(Dolores Cannon)>
・1931年、ミズーリ州セントルイスに生まれたドロレス・キャノンは、退行催眠療法士として、また心霊研究家として“失われた”知識を収集し記録し続けてきた。

・1968年、アマチュアの催眠療法士であった夫が、肥満の問題を抱えた1人の女性に催眠術を掛けたところ、彼女が過去世にさかのぼって行くという出来事が起こり、その時、彼女は初めてそうした世界を垣間見ることになった。その頃は“過去世”のことなどは異端的な話題であり、そのような分野に関わっている人もほとんどいなかった。

・彼女は各種の催眠術を研究し、彼らから得られた情報を整理保存してきた。1986年には調査対象をUFOの分野まで広げ、UFOが着陸したと思われる場所での現地調査や、イギリスのミステリー・サークルの調査なども行なった。そうした分野における証拠資料の多くは、UFOに誘拐されたという人たちに催眠術をかけて得たものである。



『ガイアプロジェクト2012』  (地球5次元化計画)
 (チャング・フィヨング)(徳間書店)   2008/3



<ガイアプロジェクト>
・ガイアプロジェクトとは、地球形成から地球が5次元に上昇するまでの計画すべてを含むプロジェクトである。地球が特別な目的をもってつくられたことや、高次の存在が監督して地球が運営されているといった考えは、受け入れがたいに違いない。
 外宇宙に知的生命体がいるかもしれないと思う人でも、地球の運営を直接、指導している存在がいると想像するのは難しいだろう。
 だからガイアプロジェクトも、地球で起きている変化を仰々しく語っているだけだと思うだろう。だがそれでも、地球が生まれて以来、陰になり日向になり、地球を運営してきた存在たちがたくさんいるのだ。

<宇宙全域からの生命体が物質次元でそろう稀有な惑星――地球は、全宇宙のミニチュアである!>
・この前の夏、過去世回帰療法を指導していたとき、ある参加者がシリウス星のガイアプロジェクト管理本部の光景をまざまざと見た。彼女自身が、本部ビル内の会議室にいたそうだ。本部ツインタワーの威容に、彼女はとても驚いた。同時に、自分の振る舞いにはたいへん困惑していた。なぜならせわしなく動きまわって「忙しい! 忙しい!」を連発していたからだ。シリウスのような高次元世界にいても忙しく立ち動き、地球と同じく緊張とストレスにさらされているなんて、彼女は思ってもみなかったのだ。

<シリウスやプレアデスを経由して送られた地球5次元化計画のガイドたち>
<シリウス星の管理本部は、完熟エネルギーを全銀河に広めるため、地球に送る大量のガイドを選定している!>
・地球を全宇宙に向けて、解放しようとしたちょうどそのころ、シリウス星の管理本部は、地球に送る大量のガイドを選び始めた。責任感が強く、信頼にたる専門家である高次元の存在たちが、宇宙全域から選ばれた。そしてガイドの先遣隊が結成された。

・地球での任務、プロジェクトの重要性、地球の人生で予期される困難や苦痛について、前もって指導を受けるため、ガイドたちは、シリウス星団やプレアデス星団に集まってから地球に向かう。未知の体験に不安を抱く者もいるが、ほとんどのガイドはえらばれたことに誇りをもち、仲間と新世界に向かう長旅に興奮していた。約100万年前、ついにガイドたちは地球に向けて旅立った。到着後はすぐに、すでに100億年前から地球エネルギーを熟成していた先輩たちの仲間に加わった。このときがまさに地球初の文明、レムリア時代の幕開けだった。この任務の指導者はム(ムー)と呼ばれていた。ムーはガイアプロジェクトを立案した10次元の原初意識である。

・先遣隊を迎えたとき、地球は完全に純粋なエーテル状態だった。なにもかもが水滴のように透明だった。ガイドたちは毎日を喜びと深い友情につつまれて過ごし、身体を思いどおりにコントロールしていた。ムーを中心に調和したスピリチュアルな社会を築いていた。

・だが時がたち、周波数の低い存在が集団で地球にやって来た。その中には暴力、戦争、憎しみの記憶がしみつき、否定的な意識をもつ者もいた。さらに時がたち、否定的な意識の存在がますます地球にやって来た。こうした状態を放っておけば、レムリア初期に来た純粋な存在がひどく苦しむだろうと予想された。肉体とは違って、エーテル体は、まわりからあらゆる波動を受け取る。否定的なエネルギーにじかにさらされれば、耐え難い苦しみを味わうことになる。
 そうした状況を予期して、プロジェクトにはすでに、エーテル体の地球を物質にするという計画が含まれていた。物質地球とともに、肉体の死を迎えた存在のために霊界もつくられた。輪廻転生のシステムも始まった。

・だが、純粋なエネルギーをもつ者は、地球が物質となって生きるのが困難だろうと予想された。そのため、レムリア初期に地球に来た存在は、もとの世界にもどることも考えた。任務をもたない多くの存在は地球を去ることにしたが、ガイドのほとんどは、任務完了までとどまる道をえらんだ。大変動が終わるまで、地球に残ることにしたのだ。

・物質地球にガイドたちが転生したのは、地球を正しい方向にいざなうため、また来るべき大変動の任務において、必要となる経験を積むためだった。しかし、物質地球を生きるのは苦しみが多かった。ほかの存在と同じく、ガイドらも輪廻転生のルールに従わなければならず、その過程ではひどい苦しみを味わった。ガイドたちは霊界では、地球の管理にかかわる重要な役目を果たしたり、ほかの存在が来世を計画するためのカウンセラーをつとめたりしていた。

・先遣隊の後にも、ときおり、とくにレムリア期とアトランティス期に、追加のガイドが派遣されてきた。ほとんどのガイドは地球に来てから少なくとも数十万年にはなるが、2000年前かそれ以降に地球に来た者もいる。

・ガイドが新たに派遣されるとき、たいていはまず霊界に入り、それからふさわしい時を選んで肉体を持って物質地球に生まれてくる。

・だが、最近送られてきたものの中には「ウォークイン」という特別な過程で地球に来るガイドがいる。普通の転生によるのではなく、魂の入れ替わりのようなものだ。ウォークインとは、肉体の持ち主が重病なので苦しんだ後、魂が肉体を離れると、別の存在が肉体に入ってくることをいう。この場合、入って来た新しい存在は、人間の生活に適応するまで苦労する。特に、地球での過去世の記憶がない場合には、困難を極める。だが、地球での記憶がないため、地球の先入観を捨ててもとの意識を取り戻すのには役立っているようだ。

<霊界は2005年に封鎖されている!地球上空の宇宙飛行体は、地球を去る存在たちの輸送任務に大忙し・・・>
・今、地球では、大変動にかかわるさまざまな出来事が起きている。また、大変動の進行を助ける任務につく多くの存在がいる。
 肉体をもって転生したガイドたちが覚醒しつつある間、エネルギー体であるほかのガイドたちが、プロジェクトのためにけんめいに働いている。韓国では神命と呼ばれる者たちだ。
 地球上空の宇宙飛行物体の中で働くガイドもいる。
 大変動は物質界だけでなく4次元霊界でも起きているので、4次元で働くガイドも多い。プロジェクトのために働く存在は皆、ガイドと呼んでいいが、本書ではおもに、人間の肉体をもつ者をガイドと呼ぶ。

・肉体をもつガイドのほとんどは、物質地球に何度も転生しており、今は覚醒しているところである。自分のほんとうの姿と任務を思い出しているのだ。プロジェクトの最終段階を担当するため、仕事が始まるのを待って、霊界と物質界を何度も行き来しながら準備を重ねてきた。

・現世でこのガイドたちは、すべて予定した地域に転生している。大量のガイドが特定の国に集団で転生し、残りのガイドは世界じゅうに散らばっている。

・ガイドの任務にはいくつか種類がある。
 あるグループは人びとを目覚めさせるために働く。われわれは皆、ひとつのもので、宇宙根源から生まれたものであることを、さまざまなやり方でわからせるのだ。
 ほかの任務につくガイドも多い。たとえば、地球浄化のプロセスが終わったら、自分の星を代表して来ているガイドは、完熱地球エネルギーを自分のエネルギー体に受け入れ、宇宙飛行体で母星にもどる。地球エネルギーを母星に広めて、星の意識を成長させる役目なのだ。
 同じように宇宙飛行体で旅立ち、特製地球エネルギーを自分の担当する星々に広めるガイドもいる。地球上空の宇宙飛行体で働くガイドもいる。飛行体どうしで交信し、上空での活動で助け合うのだ。ほかに「藍の子ども」や「水晶の子ども」と呼ばれるガイドなどは、地球に新しい社会を築く任務につく。

・前に述べたように、ガイドは与えられた任務によって、ある地域に集団で転生するか、世界中に散らばって生まれる。地球エネルギーを母星に運ぶガイドは、母星に合う地球エネルギーが得られる地球に生まれる。ガイドが目覚めて任務につくときは、任務遂行に必要な霊能力をもつようになる。彼らはふさわしいときに目覚め、自分の任務を知らされる。特別な努力をしなくても、ガイド同士はお互いに気づき、必要なネットワークをつくる。

・高次元から来た神命は、現在も忙しく働き、大変動で重要な役割を果たしている。エネルギー体のままで、肉体のガイドにはできない任務を遂行しているのだ。肉体をもつガイドを予定の時期に目覚めさせ、任務の準備をさせている神命が多い。

・この銀河の最高管理者や、人類史上の偉大な聖者など、多くの高次現存在が、今は神命となって大変動に参加している。

・今、地球上空を埋め尽くすほどの宇宙飛行体がいる。いつも4次元で働いているため、人間には見えない。だが3次元地球で作業しているときは、普通の人でも見える。宇宙飛行体は、母星の任務によって、さまざまな形と大きさがある。偵察調査が任務の小型機から、母船となる大型機まで種類は多い。プロジェクトの任務をもたない飛行体も多いが、今、地球にいる飛行体は大多数がプロジェクトの任務のために働いている。

・最近までは、おもに上空で待機し、地球の出来事を監視していた。ときには大変動にかかわる活動もする。
 たとえば、自分の姿を目撃させ、ミステリーサークルをつくり、飛行体が存在することを地球人に確信させてきた。ほかにも、人びとに目覚めを促す目的で地球に姿を見せることもある。
 最近、多くの星から地球上空に来る飛行体がふえている。
 その多くは、地球で学び終えた存在を母星に輸送するために待機していたが、霊界閉鎖により、以前より活発な動きをするようになった。

・2005年初めから、肉体の死を迎えた存在はだれも、霊界には入れなくなった。新しい世界に旅立つため、宇宙飛行体に乗らなければならない。
搭乗の前には、地球でためたカルマなどの感情エネルギーをすべて燃やすという、浄化プロセスをへなければならない。
 大変動の時期には、ある地域の住民を一時期に地球から一掃する必要が出てくるかもしれない。そうした場合にそなえて、宇宙飛行体は輸送の準備をしているのだ。

・ガイドとサポーターの違いは、大変動とのかかわり方だけである。そうした違いは、本来の次元や宇宙での能力とは関係ない。
 計画の当初の段階から、ガイアプロジェクトは5名のうち第3の原初意識に導かれてきた。
 はるか昔、原初意識は従属自己のひとりをシリウス星に送り、さまざまなプロジェクト支援任務にあたらせた。
 約100万年前、初めて地球が宇宙に向けて開放されたとき、もうひとりの従属自己が地球に送り込まれ、レムリア社会をつくった。
 以来、この従属自己は、地球エネルギーの中心にとどまり、プロジェクトの全作戦を監督し、地球の行方を見守ってきた。
 多くのこの従属自己は、物質地球に何度も肉体をもって転生している。おもに人間の歴史の流れを変えるためだ。
 この従属自己は、ふたたび人間として転生している。人びとの意識拡大を助け、人間がたしかに原初意識とつながっていることを確信させるために。



『この星の守り手たち』
ドロレス・キャノン     ナチュラルスピリット 2010/6/27



<スピリチュアルな領域によるヒエラルキー>
・(ドロレス)この星は、わたしたちが知っている銀河にあるのでしょうか?

(フィル)シリウス星団にあります。地球からも観測されたことがありますが、銀河系の境界線はまだ発見されています。物理的な境界線はないのです。的確な表現ではありませんが、あえて言うとすると政治的、いや、スピリチュアルと言ったほうがよいですね。スピリチュアルな境界があります。現在の地球ではまだ知られていない、スピリチュアルな領域によるヒエラルキーが、宇宙に存在するのです。

(ドロレス)貿易はシリウス星団内で行われているのですか?

(フィル)貿易が活発な場所の近くにシリウスがあるだけのことです。貿易ルートはさまざまな銀河、宇宙へと張り巡らされていますが、人が住む場所に一番近いのはシリウスです。

(ドロレス)ここは、宇宙でももっとも活発な場所のひとつなのですか?

(フィル)ここよりもさらに活発な場所がたくさんありますから、その表現は正しくありません。地球の周辺にある星に近いということで、例に挙げたまでです。しかし、地球からは何らかの動きを観測することはできません。

・(ドロレス)地球でラジオ波などを拾うことはできないのでしょうか?

(フィル)シリウスからさらに離れた、まだあまり進歩していない星での活動を観測することは可能かもしれません。できないかもしれませんが、可能性はあります。星と星の間でされているコミュニケーションのレベルは地球上におけるものとは比べ物にならず、今の地球にある機械ではとても感知できません。しかし、地球上の知恵が進歩すれば、感知できる日が来る可能性は高いのです。そうしたら、とても強い信号を受け取ることができるでしょう。

・本書はスターチャイルドをめぐる物語だ。スターチャイルド、宇宙人として前世を持つ人たち。ヒプノセラピストとしても活躍するドロレス・キャノンが、あるスターチャイルドとの出会いについて記したのが、この書である。
 1980年代半ば、ドロレスはひょんなことからフィルという名の男性に前世療法のセッションを施すようになるのだが、この内気で混乱した青年こそが、やがて自身がスターチャイルドであることを発見するのだ。ドロレスとフィル。セラピストとクライアントのこの出会いは、まさに偶然を装った必然だった。ふたりにとっての必然。そしてふたり以外の多くの人々、今、本書を手にしているあなたも含めた沢山の人々にとっての必然、である。

・物語はセッションにおけるフィルとドロレスの対話という形を取って進み、フィル自身の遠い遠い記憶を通じて、また時にはフィル自身を媒介して、この宇宙にまつわる様々な情報が伝えられてゆく。

<奇妙な都市>
<タワーがそびえ立つ、奇妙な乗り物が走る不思議な都市>
・フィル;街の外にいます。中心から少し離れていて、緑色の草が生えている。ここは下町、ベッドタウンです。過去世で何度もここに住んだことがあります。この街によくある円形の建物が立っています。

・建物はどれも円形で一ヵ所に集められていますが、すべてが同じ形ではありません。高層ビルはここに住む人々の居住場所となっています。建物の外壁は、この星で採取された銀でできています。金属銀ではないですが、見た目は銀と同じです。

・太陽はあります。地球ととても似ています。地球と比べると地形の起伏が少なく、平野が広がっています。月は二つあります。地球の空が青いように、この星の空は緑が混じり合ったような色をしています。

・私たちは、住民を「ヒト」と呼んでいます。地球人とは見た目が違いますが、彼らも人類の一員なのです。彼らは、この世に実在する生命体です。つまり、スピリットやエネルギーではなく、実体のある星で、実体のある体へと輪廻転生する、実体のある生命体なのです。直立歩行し、循環器官や呼吸器官を持っています。

・地球人にとても似ていますが、縦長で、細身です。外見は少々異なり体は長く、細く、体毛がなく、耳は尖っています。眼は輝いていて、地球人と比べなめらかで、きめが細かく、体の柔軟性はとても高くしなやかです。色は自然な明るさで、輝いています。脳の器量がとても大きいため、額、頭頂部、頭がい骨などは、地球人と比べ目立っています。このため、精神的な能力も非常に高いのです。瞳はまん丸で、目と目が寄っていて、暗闇でもよく見えます。

<四次元都市>
・詳細な描写が得られるにつれ、わたしはフィルが経験したかもしれない他の星での過去世についても知りたいと思うようになった。この時、地球とは違って、3次元ではない……世界が存在する可能性を、わたしはこれっぽっちも考慮していなかった。3次元空間があまりに当たり前すぎて、生命体が他の次元で暮らす可能性など微塵も考えていなかったのである。わたしたちの物的世界には、高さ、幅、奥行きからなる3つの次元しか存在しないとされている。4次元になると「時間」がその要素として加わるのだが、時間には形も堅さもない。

<四次元空間にいるので、ここには時間はありません>
<心によるコミュニケーションが発達し、テレパシーが一般的に行われている星>
・これは新たな展開だ。四次元空間の話が出たのは、初めてだったが、宇宙の情報を伝えてくれるクライアントも、フィルが初めてだったのだ。三次元空間に暮らしているとばかり思って、これまでの話を聞いていた。先ほど、述べられた複雑な議論は、四次元の判事室で調停されているのだ。

・四次元の世界ではすべてがそうであるように、乗り物もエネルギー体です。必要に応じて作られ、必要がなくなれば解体されます。

<エネルギーや精神を操れるのに、なぜ乗り物が必要なのですか?>
・地球でワゴン車やトラックを使うのと同じです。三次元空間では三次元の道具が必要になりますよね。ここでも同じです。四次元空間では物体ではない四次元の道具が必要になるのです。体が生成されるのも同じ理由からです。仕事には道具が必要です。地球と大差ありません。次元が違うだけです。これより高いレベル、より高い次元、高次の存在の場合、すべては思考から生まれるので道具の必要性はもはやありません。高次のスピリットは道具を必要とせず、思考の中だけに存在することができます。



『あなたはいまスターシードとして目覚める』
限りない愛を受ける存在    シリウスの超叡智3
パトリシア・コーリ   徳間書店    2011/9/30



<私たちシリウス最高評議会の語り部>
・私たちシリウス最高評議会の語り部は、人類が自らの進化の謎を解明する手助けをすることに心血を注いでいます。

・つまりこれは、あなた方スターシード(地球外の惑星、銀河、宇宙系からやってきた種族)が目覚めるためのハンドブックです。

・想像もつかないでしょうが、私たちシリウス星人はあなた方のすぐそばにいるのです。私たちは、パラレル・リアルティ(並行現実)に存在していますが、そこであなた方地球人と同じような経験をしています。

<地球へ降り立ったバイオレット・オーバーソウルの子供たち>
・彼らは主に、超能力を持った子供たち、人間の体に魂が入ったウォークイン、異星人との混合種なので、非常に優れた能力を持っており、あなた方の中に紛れ込んでいます。

・これらの活性化された神聖な発生点から救出される新たな周波は、惑星を取り囲んでその本体を貫きますーそのとき、四方へと広がってゆく光の波を発生させ、その波はシャンバラーという名でも知られる、地球内部に存在する世界、アガルタの中心点で交差します。

・古代アトランティスの時代、あなた方の偉大な祖先たちは地球内部のほうが安全であることに気がつき、以来、以来ガイアのスピリット保護はその内部から指示が出されてきましたーそこはアガルタの指導者が拠点とする場所、女神の中枢部でした。
それから長い年月の間、彼らは、アトランティスのホワイト・ブラザーフッド(聖白色同胞団)の子孫たちを受け入れ、訓練してきました。

・地球内部の奥深くに存在するこの聖域では、いくつもの時代にわたって、高位の神官やラマたちに、アガルタの叡智という秘宝の鍵が受け継がれてきましたが、それらは決して人目に触れないようにーもちろん安全のためにー隠されていました。

・アガルタの地へどうすればたどり着けるのかは、選ばれし者以外には未だ謎に包まれたままですが、あなた方の勢いを増す気付きは内部の議会まで届き、共鳴し始めています。しかもあなた方は奇跡の国を頻繁に訪れ、内部領域の光を外部へと持ちかえって来るアセンデッド・マスターと接触を許された存在です。これによりアストラル体となってアガルタの神聖なる回廊へとつながる迷路を旅する人々が、前よりももっと多くなってきています。もう間もなく都市への扉は開かれるでしょう。

・ガイアの聖なる心臓部はアガルタにあり、そこはきらびやかに飾られたハイ・アルター(高位の祭壇)があり、聖なるその場所には、箱舟と契約が保管されているのです。



『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』
銀河再生も可能   シリウスの超叡智1
パトリシア・コーサ      徳間書店    2011/5/31



<私たちから見たら、あなた方は未来の宇宙人>
・どうして、最近は宇宙からの訪問者との遭遇についてあまり聞かなくなったのでしょうか?これが秘密になっている背景には、二つの理由があります。まず、すでに説明したように、あなた方はこの事実に対処できないとみなされています。二つ目の理由は、グレイと秘密政府の間で交わされた大々的な交換の取り決めの事実を隠匿することです。すなわち、秘密政府はエイリアンのテクノロジーと引き換えに人間をモルモットとして交換した、という極めて分かりやすい理由です。
 あなた方の政府は、かれこれ50年以上前から(執筆当時)宇宙人と交流しています。

・ほどなくして、“間(はざま)”の次元から、たくさんのグレイが開放され、人類に実験を施す技術者として、あなた方の物質的な次元を自由に歩きまわれるようになりました。代わりに秘密政府は無制限の宇宙飛行に関する基本的な知識、すなわち“回転ディスクの技術”を得て、重力をコントロールする技術を学びました。

・グレイによる個々の誘拐事件と人体実験に対する固定観念を超え、いったん恐怖の外側に歩み出て、彼らの行為を客観的に眺めてみるなら、彼らの宇宙での活動は地球に来る訪問者が実行するとされている行動と、全く同じパターンを描いていることに気づきませんか。

<月への侵入者という姿>
・あなた方が伝えられていないことーどんなことがあっても公にしてはいけないことーは、その宇宙プログラムで、秘密裏に月へも行っていることです。

<あなた方の新たな探検者は最初の有人月面基地を建設しています>
・宇宙からの爆撃と監視に対する防御のために、月面の自然な構造と、おそらくアヌンナキの遺跡の古代ドームの残骸を活用したようです。

<有人月面基地とテクノロジーによる創造>
・たとえば、回転の技術は重力同様に反重力を生むことを可能にし、この技術もまた、月面生活の基本的問題を解決しました。

<重力の制御に成功している>
・彼らは、『エリア51』という軍事施設で設計および製造された円盤型の宇宙船の船団を所有しています。あなた方が、その無邪気さゆえに地球外の宇宙人が乗っていると信じているUFOには、彼ら“人間・宇宙人”が乗って、定期的に宇宙飛行しています。
 それと同時に公的には今では完全に時代遅れになってしまった従来の宇宙旅行の方法論を追及しているのです。

・あなた方にとって不思議な存在でならない地球外訪問者に見える宇宙船は、ほとんどの場合、実際には人間が操縦していることは、まさに皮肉だとは思いませんか。あなた方の表現を借りるなら“一杯食わされている”のは、あなた方のようです。

<権力者たちはグレイゾーンに飛ばされるのに気づいていない>
・ガイアの初期の文明の時代から人類を操っていた存在も、母船である月から“間(はざま)”に飛ばされ、静寂の雲へと難破する運命にあります。そして、そこで宇宙の反逆者として彼らの変容した自己であるグレイとあなた方の表現する“永遠の間”とが容赦なく結ばれます。これがサイクルの終りです。
 結局、“一杯食わされている”のは、あなた方だけではないようです。

・アヌンナキ、グレイ、秘密政府、宇宙の陰謀、遺伝子組み換え、あなた方の現実と私たちが、みなしているものの中で、暗闇の要素のいくつかを私たちは、あえて暴露し、オープンに議論しました。これは、あなた方に必要な情報を提供するためと、何があなた方の内面に恐怖の感情を喚起するかをあなた方に気づかせるためでした。



『地球大変動の危機を救うアセンションの光』
シリウスの超叡智2  
パトリシア・コーリ    徳間書店   2011/7



<天からやってきた「神」になった二ビル星人>
・彼らは、地球時間にして何十万年の間、シリウスとラーを結ぶ宇宙のメッセンジャーの役割を果たし、私たちとあなた方の関係を強めてくれたのです。

<シリウス最高評議会の語り部は語る>
<地下に作られた美と光の楽園>
・ガイアの内部の奥深くに非常に進化した生命体の活気に満ち繁栄する文明が息づいています。最初のアトランティス人地下開拓者の子孫たちです。
 何千年もの間、地上を襲った地球の物理的エネルギーの混乱や変動から守られて、アトランティス人たちは最後の大氷河期を生き残ったばかりか、母なる地球の胎内に素晴らしい世界を作りだしたのです。それは「陰」の波動の国であり、「アガルタ」と呼ばれています。

・地下に一大文明があるという概念は気まぐれな憶測ではありません。アガルタ国とその文化の中心地であるシャンバラは、修行を積んだ仏教徒やチベットのラマ僧の間でよく知られていることです。
彼らの中には幽体離脱してその土地へ行き、「見てきた」ことのある神秘家や予言者たちが多くいるのです。

・あなた方の精神的指導者のうちの選ばれた幸運な者たちは、定期的に生身でその地を訪れています。彼らは、この地球内部で高度に進化した世界について、多くの知識を持っています。なぜなら、彼らは頻繁にシャンバラを訪れ、そこを統括しているホワイト・ブラザーフッド(聖白色同胞団)の僧たちから地上に持ちかえる助言や指示を受け取るからです。様々な時代の賢人たちが、地下で栄える美しい文明の叡智と輝きを持ちかえり、その知識はあなた方の集団意識の中で、正しく認識されるのを待っているのです。

・地球の歴史を通じ、様々な文明がこれらの地下世界におけるアトランティスの“超”生命体と交流を持ちました。地球上には現在もいろいろなところに地下通路がありますし、「地上時間」の重要な時期にはアガルタの住民もやってきました。地球の歴史の決定的瞬間には、レムリア、チベット、マヤ、古代エジプト、ドルイド(ケルト人社会の祭司)、エトルリアなどの選ばれた社会に、アガルタの精神的指導者が訪れて外界を旅する魂を助け、ガイアの至上の目的に役立たせるために彼らの叡智をもたらしたのです。

・すぐそこ、あなた方の真下には、まるまるひとつの世界“パラレル・ワールド”が存在しています。そして、シャンバラを訪れた精神指導者たちによって地上世界にもたらされるものの多くは、人類の状態に非常に重要な意味を持っているのです。

・その他の地下世界はたとえば、アガルタのように多数の人々が暮らす地表世界のパラレル・ワールドとして存在し(例外もありますが)通常はふたつの世界が接触することはありません。



『地球を支配するブルーブラッド  爬虫類人DNAの系譜』
スチュワート・A・スワードロー  徳間書店   2010/6/18



<50億年前、天の川銀河に入って来た天使的存在(半霊半物質のこと座人(リーライアン))>
<半霊半物質のこと座人が物質次元に囚われて人間的存在に>
・彼らは、直線的な時間で40億年の間、この銀河に存在し、こと座と呼ばれる星団を占拠するようになった。この場所こそが、この銀河系の全ての人間たる存在の生まれた故郷であると考えてよい。この時点ではまだ、こと座人は、完全に肉体としての生命を経験していなかった。普段はエネルギー体であり、物質的な感覚を経験するためにどうしても必要なときだけ物質的な姿をとった。

<琴座避難民の火星とマルデック星>
・火星人は、爬虫類人からの攻撃だけでなく、近隣や親類になる人間的存在の攻撃からも惑星を守るため、惑星クーム出身のシリウスA星人に火星を保護する技術を依頼した。

・シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている。奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった。しかし、シリウス人と爬虫類人は互いに取引しており、シリウスAの生命体はドラコに武器を売っている。本当に複雑な政治状況だ。

<地表奪回の交配計画が変身可能な爬虫類人にさせられたシュメール人(出自は火星人)>
・爬虫類人は、この交配の技術を保有していたシリウス人に協力を求めた。シリウス人は、遺伝子改変や思考プログラミングに広範な知識を持っており、それを惜しみなく爬虫類人に与えた。

・変身能力を持った爬虫類人ブルーブラッドは、日常的に人間の姿を維持する技術を得るため、シリウス星人に助けを依頼した。シリウス星人は、改変した動物の形態を通じて、ブルーブラッドに人間のホルモンと血を食べさせることができれば、それが人々に気付かれることもなく、一番簡単に人間の姿を維持する方法だと発見した。

<爬虫類人交配人種はあらゆるエリアに増殖、青い血の血統へ支配を固める>
・ブルーブラッド指導者たちは、聖書のカナン人、マラカイト人、キッタイト人など中東の人々にも浸透していた。
 同時にエジプトでは、シリウス人がアトランティス人の子孫を作り直していた。これがフェニキア人になる。フェニキア人は金髪で青い目をしており、一部だけ赤毛で緑の目が混じっていた。

・シリウス人は、古代ヘブライ人も遺伝子組み換えを作り出していた。ユダヤ人とは、実際には、こうした遺伝子操作されたヘブライ人とシュメール人の混合物である。

<古代ヘブライ人とシリウス人DNA>
<古代ヘブライ人は、こと座人(リーライアン)を使ったシリウス人の遺伝子工作物>
・古代ヘブライ人は、現代ユダヤ人と何の関係もない。前の章で述べたようにヘブライ人は、シリウス人が自らとこと座人(リーライアン)の遺伝子を組み合わせてエジプトで作り出した人種である。ヘブライ人は、身長が高くて力は強く、古代ヘブライ語に相当するシリウス語を話していた。学者たちも、ヘブライ語が唐突に出現したことを認めている。

<本来ヘブライ語は高位聖職者やエジプトの秘密結社だけで排他的に使用されていた言語である>
・ヘブライ人は、血の儀式と人間の生贄を習慣としていたシュメール人交配人種の子孫である現地の民族と混合した。こうした習慣が全て古代のエジプト人・アトランティス人・シリウス人の信仰を基盤とする宗教の集合体へ組み込まれていった。これがユダヤ教誕生の経緯である。

<「アメリカ」はL(こと座(リーラ))・アトランティス)、S(シリウス)、D(りゅう座・レムリア)の合体>
・「アメリカ」を象徴的に解読すると、レムリアとアトランティスの結合、こと座人間とりゅう座系爬虫類人の混合という意味になる。恐らくイルミナティが作った薬物LSDのアナグラム(綴り換え)にも隠された意味があるに違いない。

・L(こと座)、S(シリウス)、D(りゅう座)だ!この三つの文明を結合させれば、前代未聞の最強・最先端技術の帝国ができるに違いない。

<爬虫類人(レプティリアン)支援のシリウスB星人が作った仏教思想>
・こうした宗教の蔓延は、地下の爬虫類人たち(主にチベットの地下に集まっている)が、意図的にコントロールしていた。

・この爬虫類人を支援していたのが、仏教思想を開発したシリウスB星人であり、その他に爬虫類人支配下でこと座(リーラ)文明を再生させようと企むこと座人(リーライアン)の裏切り者集団もいた。奇妙な相棒だ。

・エジプトは、爬虫類人の神々は、オシリスとイシスとして知られていた。エジプトの万能薬的な効力を持つ神々には、極めて多様な合成物(半人半獣)が含まれていた。

・これはアトランティスの交配実験を懐古する気持ちがエジプトの文化になって表われたといえるが、爬虫類人の乗っ取りに向けてエジプトの文化を準備していたシリウス星人普及させたものである。

・アトランティス人は、昔からのこと座の信仰体系に揺るぎない愛着があったため、爬虫類人が文化的な拠点を築くまでに数千年の時間が必要だった。

<「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人>
・その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来たこと、そして、その生物種は、この現実界に由来するものではないことを伝えた。さらに、その生物種は、遠い過去に旅をして戻り、ある品種を作り(これは爬虫類人のことだ)、人間をテストするために敵対させたと伝えた。

・また、シリウスA星のシリウス人の協力を得て爬虫類人を作り、りゅう座(ドラコ)に配置したとも語った。シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である。シリウスの二連星システムは、決してこと座文明に吸収されたことも、こと座の植民地にもなったこともない。

<シリウスA   イスラエル政府と契約の宇宙の商人>
・背の高い細身のシリウスA人は、青と白の長いローブを着ている。両腕を横にまっすぐ広げると、身体全体でアンク(エジプト十字架)の形になる。これが彼らのシンボルである。宇宙の商人であり、技術と情報を売買して、排他的な取り引きルートと特別な優遇を得ている。彼ら自身に向けて使用される恐れのある技術は絶対に提供しない。彼らは、オハル星人に創作されたが、本来の目的を見失っている。

<シリウスB  老子、孔子、釈迦に叡智を与えた銀河の「哲学者」>
・ジャングルか湿地のような惑星の洞窟状空洞や地下で隠遁生活を送っていることが多い。寿命は極めて長い。大半は、家族形態とは無縁である。


 
「シャンバラからの伝言」
(魂の修業と宇宙の真理)シャンバラの謎に迫る
(成瀬雅春)(中央アート出版社)2008/3/1



<深層シャンバラへの鍵>
<クォークより細い>
・人間との関わりを超えた部分というのは、百万、一千万、一億、十億の単位です。百万億の拡がり、百万分の一の細かさというともう普通だとわけがわからなくなってくる。それは、青空を見て、それ全部が一人の人だと言ったら理解できるでしょうか。たとえば、青空全体を見た時に、それが一つの意識、一つの存在であるというのがきちんと把握認識できるのか、百万以上のレベルです。となると地中に入っていった場合に地中のここのポイントでもどこでもいいんですが普通に人間の肉体を持った状態で関われない部分なんです。というふうに大きく広く青空で考えてもよいし、たとえば、素粒子とか、そういうものよりもっと細かい状態のことを考えなければいけない。本質的な純粋意識状態っていうのは、今考えられているクォークやトップクォークというのよりも、もっともっと細かいです。もっと全然細かい。その純粋意識状態というのがきちんと認識できて、そこにつまりチャンネルを合わせられると情報が入ってくるし、深層シャンバラの状態というのが見えてくる。それをじゃまた言葉で出すっていうとまた粗雑になってくるから難しい部分があるんです。

<理想郷としてのシャンバラ>
・中国の古い伝説では、西方、この世の果ての崑崙山脈のさらに先の山中に深い狭間があり、そこには仙人や仙女がすべての苦しみを離れ、永遠の若さと自由の魂の中に遊ぶ、夢のような世界があるといわれている。道教の開祖とされ、伝説上の人物でもある老子は、晩年その地に入ったとされている。
秦の始皇帝でさえ権力と財力の限りを尽くして、その秘密を手に入れようとしてかなわなかった仙境。陶淵明が「桃花源記」に歌う桃源郷の世界がシャンバラである。

・チベット密教は仏教や古来からある民俗信仰とシャンバラからの教えが融合して生まれたものである。チベットの首都ラサにポタラ宮殿ができる前の時代、古ポタラ宮がチベットの中心であった頃、その宮殿の地下の一室からシャンバラへとつながる地下道が開いていたという。



「2013:人類が神を見る日」 
(半田広宣)(徳間書店)1997/4/1



<プレアデス的統制からオリオン的統制へ>
・―人間が意識進化を起こすためにはプレアデス的統制の成熟を待たねばならないーとオコツトは言った。これは言い換えれば、物質とは何かという命題を解かない限り、人間は決して精神の真の目的を獲得することはできないということを意味している。

・では現代物理学がゲージ原理を用いて展開している様々な素粒子の数学的概念を意識場の構造として解釈していくことが果たして可能なのだろうか。もし、それが可能ならば、プレアデス的統制はオコツトの言葉通りオリオン的統制として変態を起こし、新しい知の体系を私達にもたらしてくれることになるだろう。それによって私達の外なる世界と内なる世界が見事な調和を持った天使人類の空間領域、そう、あの伝説の楽園へと帰還していくことができるのだ。

<2013年、人類は5次元世界を発見する>
<悪―プレアデスが進化を失っている状態>
<西暦2013年・・・・・!>
・「マヤ人たちは、この260日の暦と365日の暦に基づきながら長期計算法と呼ばれる5200年周期全体を見渡せるカレンダー・システムを持ち込んできます。さらには2万6000年やフナグ・ク・インターバルと呼ばれる10万4000年の周期のカレンダーを持っていたのです。

・「これらすべての周期が時を同じくして、実は2012年の12月23日で終わってしまうのです」「2012年で終わる・・・」・・・2012年でーこの周期が終わる・・・。その時私の全身は凍りついたようになってしまった。オコツトからの情報とマヤ人たちが持っていた意識は完全にリンクしている。私は、この時そのことを確信した。オコツトは2013年から人間の意識が変換し人の意識次元に変移すると言っていた。人間が反転した空間の形を発見し、位置の変換を行うという例のないことのようだ。私は、強烈な興奮を感じながら質問を続けた。



「FBI超能力捜査官マクモニーグル」
「遠隔透視」部隊の現実  
(並木伸一郎・宇佐和通) (学研)2007/2/1



<幽霊のハンス>
・幽霊もよく見る。亡くなった妻の母も会いにきた。あれは感謝祭の夜で、妻の母は、その年の8月に亡くなっていた。家族が感謝祭で集まったとき、私は、どうしようもない眠気に襲われて、二階の寝室で横になったんだが、ふと目が覚めると義母がベッドのわきでほほ笑んでいた。私は、嬉しくなって「すべて順調だから心配しないで」と話しかけた。すると義母の姿が消えた。

・陸軍時代、ドイツでも幽霊を見た。長旅を終えて新しい宿舎に着いた夜のことだ。洗濯をしようと地下に行ったが、どの部屋が洗濯室なのか分からずうろうろしていると、年老いたドイツの男性と出くわした。ドイツ人だと分かったのは、民族衣装を着ていたからだ。彼に『洗濯室はどこです』かと尋ねると『ああ、こっちだよ。ついて来なさい』といわれ、『ここだよ』と、部屋まで案内してもらった。私は、礼を言って洗濯を始めたが、目をあげると、彼の姿はもうなかった。私は、ドアと彼の間に立っていたから、彼が出て行くのに気付かないはずはない。不思議に思って、あちこち探したが見当たらなかった。
 
・同僚たちの部屋に向かう途中で、ふと当り前のことを思い出した。そこは情報関係の建物で、ドイツ人が出入りできるわけがないのだ。部屋に入って、『あのドイツ人は誰だ?』と聞くと『ああ、それは幽霊のハンスだよ』と、あっさりいわれた。部隊では有名な幽霊だったようだ。悪さをしないが、頻繁に姿を見せるという。現れたり消えたりしながら、アメリカ兵とのコミュニケーションを楽しむらしいのだ。その建物に取り付いているのだろう。ドアを開け閉めすることや、あるいは皆がいる部屋に入ってきたり、ポーカーをしているテーブルの脇でじっとしていることもあった。兵士の一人が怒って灰皿を投げつけたら、灰皿はハンスの体を通り抜けて壁に当たった。



『雑誌「ムー」2008年2月号』


 
<「ジュセリーノの大予言」驚異の的中率を誇るブラジルの予知能力者>
・ジュセリーノによれば“予言は生き物”であり、彼の警告を知ってあらかじめ危険を回避すれば、未来は変わるものなのである。

・スマトラ沖で発生した地震では、大津波が甚大な被害を及ぼすことになった。残念ながらこうした自然災害の場合、災害そのものを防ぐ手立てはないのだ。

・「あなたの学校で、スンヒという名の韓国人が、32人を殺害し、自分の犯行を説明するビデオをマスコミに送ります。その事件は、2007年4月16日に起こります」(バージニア工科大学の銃乱射事件の予言)
なんと!驚いたことにジュセリーノは「スンヒ」という名前まで具体的にあげて、事件の発生を警告していたのだ。
事件の8年前も前に書かれたこの手紙は、確実に大学に郵送されたはずだが、事件を回避することはできなかったようだ。

・ジュセリーノによれば、予知情報は、夢の中で「助言者」たちによって与えられる。「助言者」たちが、彼に「声で指導する」のである。声の調子がいつも同じなので、「助言者」だと認識することができるのだという。

<日曜日を除いて毎日、予知夢を見るブラジルの予言者ジュセリーノ>
・ジュセリーノは、通常は朝早く起きると、目を覚ますためにシャワーを浴び、予知夢の下書きをする。手紙を送る相手の身元を確認して、タイプライターで要点項目を、だいたい2枚以内で書き上げる。そして、そのメッセージを投函するために、公証役場や郵便局へ出向いて行くのである。

・そんな彼が世間に広く知られるようになったのは、つい10年ほど前からである。ブラジル国内のテレビ局をはじめ、さまざまな媒体に顔をだすようになり、予言のメッセージが特集された雑誌なども売られるようになったのだ。
 こうして今では、ブラジル本国では、彼の予言をメディアがこぞって取り上げるようになり、国民的な注目を集めているのである。

・そのなかでジュセリーノは「2007年あるいは2008年の7月13日に日本で地震が発生」と明記しているのだ。彼はその日、日本は巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われると予言していたのである。
 そしてー新潟中越沖地震が発生したのは、2007年7月16日のことだった。マグニチュード6.8の規模で、幸いにも死者こそ11名だったが、重軽傷者は2000名にも及んだ。
 この地震とジュセリーノの予言には3日ほどの誤差があるが、彼が日本で起こる巨大地震を予言していたことは間違いないだろう。

<警告を受け入れれば未来は変えられる!>
・ところで、警告文を公表すれば、事件が回避される可能性が高くなることはすでに述べた。
しかし、それだからこそ、「事件予知の公表は難しいのだ」と韮澤氏は説明する。
「予言を聞いて行動を変えてしまうと、事件を回避できるため、やはりイタズラだったのか、ということになってしまうからです。大きな出来事の場合など、風評被害と言われ、訴訟すら起こされかねません。そもそも事件の発生をあらかじめ伝えられていても、どのような対策を取ればいいのか、当事者は、当惑してしまうでしょう。だから事前に未来の警告を発することは、かなり難しいことなのです」

・また実際のところ、ジュセリーノがブラジル国内である殺人事件の予言を行ったところ、その事件が本当に発生してしまったため、共犯の疑いをかけられてしまったこともありました。
 それでもジュセリーノはメッセージを送り続け、事件の回避のために尽力しているのです。

<「神」とつながる聖なる回路!?「助言者」が知らせる未来図!>
・ちなみにブラジルの予言者ジュセリーノは目が覚めているときも、ときどき耳に手をあてて何かを聞いている仕草をするときがあるという。これは「助言者」たちが、夢以外のところでもジュセリーノに何らかのメッセージを送っているためのようだ。

<助言者=異星人説>
・ジュセリーノはおびただしい予言を行っていますが、その予言の規模、スケールの大きさを見ていると、単なる守護霊的な存在が言わせているだけとは思えません。
ジュセリーノの口を通して、彼らが最終的に何をいいたいのか?そのことを考えると、私(韮澤氏)は地球外の知的生命体による関与があるのかなと考えてしまいます。地球外の知的生命体といっても、なにも肉体を持った異星人というわけではありません。どのような形態をしているのかは、想像もつきませんが、地球を含めた宇宙をコントロールしている存在といえばいいでしょうか。



「未来を透視する」
 (ジョー・マクモニーグル) FBI超能力捜査官
(ソフトバンク・クリエイティブ) 2006/12/21



<日本の自然災害>
・2010年、長野で大きな地震が起こる。

・自然災害は、誰もが最初に関心を寄せる話題だ。講演会などで話をするときも、一番多く受ける質問は、自然災害に関することである。
だが、母なる自然はいつも気まぐれで、移り気で意表をついてくるものだ。透視結果を見ても、うろたえず、注意程度にとらえてほしい。ただし、最悪の事態には備えておいて何も起こらないことを願おう。こと天災に関しては、透視は間違っているほうがありがたい。

<遠隔透視とスターゲート・プロジェクト>
・マクモニーグル氏の持つ超能力は「遠隔透視」と呼ばれ、離れたところにあるものや人物を言い当てることができるといものだ(日本では「千里眼」とも呼ばれる)。かって米国陸軍に所属していた同氏は、「スターゲート・プロジェクト」という軍の極秘計画に参加して以来、実践と研究の両面から遠隔透視に長年携わってきた。その経験に裏付けされた知識と信念が氏の評価を高めているのは疑いようのないところである。

<時間を超越する遠隔透視>
<地球の裏側を見る男>

<今後日本で発生する大地震> 
2007年 晩秋 高槻市 北25km   マグニチュード   6弱、6強
2008年 初夏 伊勢崎市 南西20km  マグニチュード  6弱
2010年 初夏 長野市 北東35km  マグニチュード  7
2012年 夏 伊丹市 東北東5km  マグニチュード  6弱
2018年 晩夏 東京都 西40km  マグニチュード  6弱
2020年 夏 市川市 北東10km  マグニチュード  6弱
2037年 初秋 鈴鹿市 南西3km  マグニチュード  7

<日本を襲う津波>

2008年 夏 津波波高 11.2m
2010年 晩夏  13m
2018年 秋 10.5m
2025年 夏 16.8m
2038年 初夏 14.5m
2067年 夏  20.5m


・北海道の北部海岸の都市部はとくに津波に弱い。徳島市、和歌山市、浜松市、鈴鹿市、新潟市、石巻市も同様である。
このほかにも、津波に無防備な小都市は数多くある。

<気象変動>
・来るべき気象変動により、2008年からこの台風の発生回数は増えていくと私は、予想している。とくに2011年は過去に例を見ない台風ラッシュとなり、大規模な暴風雨が吹き荒れる深刻な年になるとの透視結果が出ている。この台風ラッシュは、2012年にずれこむかもしれないが、可能性は低い。嵐の増加を促す地球の温暖化は、現在も急速に進行中だからである。

<探究セッション>
(同氏は、イエス・キリストとか人類の起源を透視した)

・1983年、私は、バージニア州ファーバーにあるモンロー研究所で実験に参加していた。その際、体外離脱現象の研究者であるロバート・モンロー氏とともに「探究セッション」と呼ばれるものを何回か行った。

・モンロー氏は、ある種の包括的な「情報の場」というものが存在して、そこから情報が引き出されるのではないかと考えていたようだ。

<西暦3000年 税金もなく戦争もない>
・人類が西暦3000年まで生き延びることができたらー今のところ出来そうに思うがー世界は文字どおり生物圏でおおわれているのが、私には見える。

<子ども>
・人口はとても少ないとすでに述べた。理由を探る過程で、大戦争が過去に少なくとも2回あったことが感知できたが、直接の原因ではないだろう。6百年以上も昔の暗黒時代、密かに作り出された細菌によって世界中に恐ろしい伝染病が蔓延したのだ。そして、現在は意図的で正確な人口抑制が実施されている。出産は必要と個々の要望によって計画的になされる。一方、死が訪れる時期は、いまだに運次第だ。

<アジア全域>
・2015年より前に、アジアの大都市で大地震が発生する。

・アジアでは2020年までに水をめぐる大規模な戦争が少なくとも一度起きているはずである。

・日本テレビ系列の特別番組「FBI超能力捜査官」では、“地球の裏側を見る男”として出演し、数多くの失踪者を発見している。



「マクモニーグルが語るリモート・ビューイングの世界」
(植田睦子)(ハート出版)2007/5/30



<ジョーを変えた2度の臨死体験>
・たくさんの臨死体験者が蘇生後、それまでにない超常的な能力が芽生えたと証言しているからです。臨死体験をきっかけに、物理的には見えないはずのものが見えたり、聞こえないはずの音や声が聞こえたり、未来に起こることなどが予測できるなど、直観力が鋭くなったりする人が多いのです。また、それまでとは人生観が大きく変化し、生き方が変わったという証言も数多く報告されています。

・ジョーも、1970年代の初めころに、ヨーロッパとタイでそれぞれ1回、計2回の臨死体験をしています。

・あるときジョーは、友人とレストランで食事をしている最中に、けいれんを起こして倒れました。そして舌が喉に詰まってしまい、呼吸ができなくなり心臓が止まってしまったのです。ジョーは自分の心臓が止まっているあいだ、自分の体に何が起きているのかを、不思議な思いで上空から眺めていました。ジョーの肉体が死の淵を彷徨っている間、ジョーの意識は肉体を抜け出して辺りを観察していたというのです。

・体外離脱後の最中にジョーはいままで見たこともないような、白くまばゆい光に満たされた空間にたどり着き、突然、喜びや平穏や愛の感情で胸がいっぱいになるのを感じます。次に、それまでの人生の一瞬一瞬が、ものすごい高速で再現され生涯を通じて自分が関わってきた全ての人の感情や意図を理解することができたというのです。
・その後、ジョーを現実に呼び戻す声が聞こえ、次の瞬間には、病院のベッドだったそうです。



「マインドトレック」
(ジョー・マクモニーグル)(中央アート出版社)2006/3/1
遠隔透視の全貌



<遠隔透視は物を発見するのに役立ちますか?>
・実は反対なのです。遠隔透視が実際の分野で最も不得意なのは行方不明になった人やなくなった物の発見なのです。
人の居場所や物の所在についての詳細な記述が問題解決に役立つことはあります。でもそれはその特定の対象について、他の多くの手段で得られた結果との組み合わせによる場合に限られるのです。

・統計的に見ると、遠隔透視を用いて、何かの所在を発見する成功率は、他の目的に使われる場合と比べてかなり劣ります。これは何も遠隔透視が物の在りかを発見できないということではありません。一般論として、あまり期待できないというだけです。



「FBI超能力捜査官マクモニーグル」
「遠隔透視」部隊の現実 
 (並木伸一郎・宇佐和通) (学研)2007/2/1



<UFO、幽霊、数々の超常体験>
―UFOや幽霊を見たことは?

・いくらでもある。まずUFOの話から始めましょう。あれは1966年のバハマだった。深夜、宿舎へ帰るので、同僚のスティーブ・ロバーツと一緒に浜辺を歩いていた。ビールを飲んでいたから、いい気分だったが、ひどく酔っていたわけではない。すると突然、目の前の砂山にまぶしい光が当たった。まるで昼間の太陽のような明るさだ。空を見上げるとフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体が浮かんでいて、光はこの物体から発射されていた。高さは400メートルくらいだったと思う。
私たちは、この光に包まれる形で立っていて、不思議なことに浜辺にいながら波の音が聞こえなかった。物体は金属的で、ところどころ継ぎ目が見えた。茫然として見ているとしばらくして急に光が消えた。と同時に物体も姿を消した。

・UFOを目撃した翌朝は、ひどく気分が悪かった。しかも、二人とも火ぶくれに近いような日焼けをしていた。スティーブの症状は、特に深刻で、軍病院に入院したが、私は、薬で10日ほど治療するだけで済んだ。スティーブの体には、今でも日焼けの痕が残っているらしい。あの夜、体に浴びた光は、かなり強かったのだろう。私は、勤務で毎日海に出ていて、すでに日焼けしていたから、スティーブほど深刻にならずに済んだと思う。



「ジュセリーノ 未来予知ノート」 
(ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース)
(ソフトバンククリエイティブ)2007/12/18



<ジュセリーノの予知夢の影響力>
・8万9千通にもおよぶ手紙を各方面に送り、その90%を的中させることは信じがたいほど素晴らしい業績。

・ちなみにブラジルでは霊能力者や超能力者が超常的な力を持って、警察の犯罪捜査に協力している。


<地震の予言>(日本)

2008年2月15日〜28日 マグニチュード6.3(川崎)
2008年4月または5月14日 マグニチュード6.7(千葉)
       8月6日 マグニチュード6.5(東京)
       9月13日マグニチュード8.6(東海)3万人が被災し600人以上の死者。この地震は日本ではなく中国で起きる可能性もある。その場合は日本より被害が拡大する。

2009年1月25日 マグニチュード8.9(大阪・神戸)死者数十万人
2009年11月17日 マグニチュード8.2(大阪・神戸) 死者数千人
2010年5月14日 マグニチュード7.7(東京)
2010年9月15日 マグニチュード8.4(東京と横浜) 死者7万人以上
2011年6月26日 マグニチュード6.8(熊本)
2012年11月12日 マグニチュード5.7(大分)
2012年 マグニチュード8.9(大阪)
2013年8月26日 マグニチュード5.4〜7.9(香川・岡山・広島)三つの地震が立て続けに発生
2014年3月18日 マグニチュード6.3(横浜)
2014年5月30日 マグニチュード5.8(千葉または滋賀)
2017年10月24日 マグニチュード6.9 (横浜)
2018年6月21日 マグニチュード10.6(東海) 死者千人以上、史上最悪の地震。
2019年7月25日 マグニチュード6.7(川崎)
2023年2月4日 マグニチュード7.4(東京)
2025年6月30日 マグニチュード8.7(京都または千葉または滋賀)

<2014年から2016年に、300人もの日本人幼児が北朝鮮に拉致される> 
<アジアの未来>
・2011年から2013年に、エルス(Herus)というウィルスが出現する。発症すると、4時間で死にいたるという恐ろしいウィルスだ。
・2014年から2016年に、300人もの日本人幼児が北朝鮮に拉致される。
・2019年、大きな原発事故が北朝鮮で起きる。これによって数千人の死者が出る可能性がある。

・中国経済は2010年まで急速な発展を遂げるが、2011年からは大きく経済危機に見舞われる。多数の失業者が出て、国に経済システムが立ち行かなくなるだろう。そして、国民は経済制度の改革を求めるようになる。

<予知能力の発見>
・ジュセリーノ氏の生来の能力が表に出始めたのは、少年時代に体験したある出来事がきっかけだったと思われる。少年ジュセリーノが同年代の子供たちと遊んでいたとき、まぶしく輝く黄金の球体が裏庭に降りてきたという。空間に浮いた炎が放つ不思議な光は、太陽光よりも鮮やかで温かった。球体はいきなり燃え上がるかのように光を増し稲妻が落ちたかのように思われたので、ほかの子供はみな逃げてしまった。だが、世の中には、銀を金に変えようとする人もいれば、土の中で劣化しない金属を求める人、見えない波動をキャッチしようとする人もいる。少年ジュセリーノも危険をかえりみず、球体をしっかりと手につかんだ。そして、その後1年くらいをかけて、予知能力は次第に開花していったのである。

<ジュセリーノの予知夢による予言>
<国際関係>
・ブッシュの次にアメリカ大統領となるのは?
ジュセリーノ:アル・ゴア氏です。

・過去に北朝鮮に拉致された被害者は、まだ生きていますか。今後、日本に戻ってくるのでしょうか?それはいつごろ?
ジュセリーノ:何人かは生きていらっしゃいます。日本に帰国できるのは2016年ごろでしょう。

・今後50年間に発展が著しい国はどこですか?
ジュセリーノ:ドイツ、日本、中国、イギリス、アメリカ、フランス、ブラジルです。

・私が「灰色の時代」と呼んでいる2013年から2043年にかけて、自然環境はかなり深刻な問題に見舞われますが、聡明な日本人の技術がブラジルを助けてくれます。二国間の結びつきはさらに強まり、兄弟と呼んでいい関係になるでしょう。

・民主党は今後政権をとれるでしょうか?
ジュセリーノ:はい、近いうちに政権をとる可能性は大きいと思います。

・2010年の最大の案件は?
ジュセリーノ:ニューヨーク株式市場の暴落です。



「未来からの警告」(ジョセリーノ予言集1)
 (マリオ・エンジオ)(たま出版)2007/3/31



<黄金の光球の体験>
・しかし、このように予知夢を与える主体「助言者」とは何者だろう。これについては、予知情報がどのように与えられるかということを体験的に説明している。助言者たちは、夢の中で彼に指導する。声の調子は、いつも同じなので彼は認識できるという。

・言葉で情報が与えられる場合は、その送り先の宛名と住所も教えられる。ビジョンで来る情報は立体的な情景の中に、自分がいて、まるでその出来事の最中にいるかのようだという。彼はそれらを把握し、その声はしっかりと彼の心の中に刻まれる。それを目覚めた直後に描写し、下書きとして書いていく。

<幼いころは黄金の光球を毎日見ていた>
・そして、夢を見ないときは、この助言者の指導する言葉だけが来るという。「その助言者の夢を見たことはありますか」と私は、尋ねた。
「いいえ、彼に関する夢も、彼の顔も見たことがありません。今は、私にとって彼は自然な存在であり、それでいて私という個人が関与できない、まったく別のものなのです。7歳のときから、助言者の出現が始まりました」

・その指導者は、私が“金の母(黄金色の光の球で、ブラジルの伝承に伝わる神的実体)“と呼んでいるものと関わりがあるのかどうかは分かりませんーこれは、前にも言ったと思いますが、子供の頃、よく私の前に現れた”金の母“のことを覚えていますか?
助言者の出現は、あの光が影響しているのかもしれません。あるいはそれが活性化したのかもしれません。しかし、そのとき以来、二度と出てきませんから、その光球が何であるのかは私には分からないのです。

・8歳のころに、毎日出現するその黄金の球を私は、見ていました。そして私の内部である現象を起こし、9歳から私の人生を変化させて、別なものを私の内部に形成していったのです。そういう変化といいますか、そうした実体との融合はすぐに起きたわけではありません。光球の出現から助言者が現れるまでには、1年ほどの時間がかかっています。



「続 未来からの警告」 
(ジョセリーノ予言集2)(たま出版)
(ジョセリーノ・ノーブレガ、ルース・サンドラ・マイア)2008/4/5



<東海地方で起こる地震>
・私としては2018年に東海地方で起こる地震が心配です。なぜならそれはマグニチュード10(もしくはそれ以上・・・)に達するからです。

<日本で起きる地震>
・まず気になるのは日本で起きる地震の予知である。これは主として関東、中部、大阪に分かれている。
・関東では、2010年が問題で、この年は5月のマグニチュード7.7と、9月にマグニチュード8.4というのがあり、特に9月は「第二の関東大震災」といわれる規模になると考えられる。

・また中部地区で起きる地震は、いわゆる東海地震、あるいは東南海地震になるわけだが。
2008年9月13日(名古屋ならマグニチュード8.6、中国ならマグニチュード9.1)がまず注意すべきタイミングであろう。その次が2018年のマグニチュード10.6があり、これは大きい。

・関西地区では2009年1月のマグニチュード8.2と2012年にマグニチュード8.9という大きい地震が予知されている。

「文書31」 世界の宗教者あてに「ファティマの聖母のメッセージ」(2003年11月2日)

・人類は絶滅のふちに置かれているという警告にあなたは、声をあげなければならない。人類を滅亡に追い詰める災難の種は、人の手によって植え付けられた。そしてそのひとつが自然破壊である。マヤ暦の終わり(2012年)に巨大な破壊の雲が生まれる。それでも暴力は無知な人の心をまだ支配する。

・これからの年々に、巨大な環境破壊による変動が起きる。まず地球温暖化で水が大地にとどまることができず、不足し、そして海が多くの大陸を奪い、かくして新しい疫病が生まれる。

・注意せよ。聞きなさい。なぜなら地球はマヤ暦の終わりから31年以上は生き残れないからだ。人の政府は、善意の下で、懇願する住民の真の求めを満たすことをしない。

<予知が起きても誰も証言しない>
・これまで、ジョセリーノ氏が、発信してきた文書は、2008年に入ってトータルで8万9千件を超えたと言われている。発表されているのは、単純に計算して0.2%である。あとは、公表されていない。

<2008年のアメリカ大統領選挙でアル・ゴア氏が勝利すること>

「文書4」 アル・ゴア氏からのメール(2007年10月12日)とジョセリーノ氏の返信予言(2007年10月18日)
予知内容―(2008年のアメリカ大統領選挙でアル・ゴア氏が勝利すること)

「拝復 アル・ゴア様   2007年10月18日
今、あなたには大統領選に勝利するチャンスが訪れたのです。あなたがそのチャンスを見分ける前に、私は、その予知をお教えしましょう。その可能性を実現する確率は90%であると、私は、思っています。
            ジョセリーノ・ノーブレガ・ダールス」

この返信のオリジナル・メッセージがアル・ゴア氏に送られた2時間後に弊社にも、掲載したメール文書が届けられた。

・この時点では、まだゴア氏は大統領選出馬の意思表示はしておらず、ニュースにでているのは民主党ではヒラリー・クリントン上院議員やオバマ上院議員、共和党ではマケイン上院議員といった名前である。

・およそ1年もかかるこの選挙において、誰が大統領になるのかは、まったく予断を許さない。夏の全国党大会で、過半数に達する候補がいない場合、予備選挙における拘束がなくなり、新しい候補者が指名されることがあるという。ここで思いかけない人物が登場する可能性を指摘する専門家もいる。

・2008年1月に2度目の来日の際に、この予知内容を聞くことができた。それは以下のようなものであった。「ゴア氏は今立候補すると、ノーベル賞を政治に利用することになるので、できませんが、いずれ多くの人が彼を推挙することになります。そこで彼が立つならば、高い確率で当選を果たすことになるのです」とのことだった。



「レムリアの真実」
(シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ)
(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ)(太陽出版)2007/5/18



<山の内部に住んでいるレムリア人>
・山の内部に住んでいるレムリア人は、優雅な存在で、2.1メートル以上の背丈があり、長い髪を自然に垂らしている、と一般的に言われています。白いローブに身を包み、サンダルを履いているとされていますが、とても色鮮やかな衣装を身に着けているのを見た人もいます。彼らの首と体は細長く、美しく忠告されたビーズや貴重な石で作られた首飾りをしているようです。第6感が発達したので、テレパシーでお互いにコミュニケーションすることができます。自分の意志で瞬間移動することも、姿を消すことも可能です。彼らの母国語はソラーラ・マルー語と呼ばれるレムリアの言語ですが、少し英国訛りのきちんとした英語も話します。彼らの住む位置がアメリカなので、英語を第二言語として学ぶことを選択してきたからです。

<シャスタ山の上には巨大なエーテル体の「光の都市」>
・山に奇妙な光が見えた、という報告がたくさんあります。山の内部深くの飛行場から、絶えず宇宙船が出入りしているという説もあります。シャスタ山はレムリア人にとって住処というだけで惑星間と銀河間の他次元のポータルでもあります。シャスタ山の上には巨大なエーテル体の光の都市があり、「7光線のクリスタル都市」と呼ばれています。近い将来のある時点で、順調にいけばこれから12年から20年以内に、光の驚くべき都市が私達の物理的領域に降りてきて、そしてこの惑星の地上に目に見える形で現れる最初の光の都市となるでしょう。これを実現させるためには、ここに住む人々がこの周波数を彼らの意識に調和させる必要があります。



「未来からの警告」(ジョセリーノ予言集1)
 (マリオ・エンジオ)(たま出版)2007/3/31



<(予知夢を見るブラジルの霊能者ジョセリーノの予言)>
・「事件11」 中国、日本の大地震と南米の強風被害(1990年予知―2001年〜2008年発生)

・私は長い間、世界の出来事をあらかじめ夢で見てきましたので、その重要な事柄をここにお伝えいたします。ほとんどの場合、問題が起きることが事前に把握できます。

・「第3項」は漠然としたものであるが地震に関して書かれている。

・「アジアで大きな地震が発生し、10メートルの津波によって7つの国が被害を受けます」これは、2004年12月に起きたスマトラ沖大地震とそれによる津波であると思われる。

・「第4項」は、アジアで起きる近未来の災害である。「2008年9月13日に中国で地震が起き、30メートル以上の津波が海岸を直撃します。震源地は、南寧と海南島です。これによる死者は、百万人以上に上ります。地震の前に小さな地震が頻発し、国家と国民を不安にします」これは北京オリンピック閉幕の直後ということになる。
この詳細については、別にブラジルの中国大使館に手紙を出している。

・「第5項」は、日本を特定している。「2007年もしくは2008年の7月13日に、日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われます」

・「事件21」 米国テロ再発、アジア、日本の地震、小惑星の衝突ほか(2001年予知→2025年までに発生)

・2003年に日本で新たな地震が起きさらにひどい地震が2005年と2009年に発生し、死者は、50万人以上となる。場所は大阪市や川崎市です。(「監修者注―この一文は2010年までの日本の主要な地震を列記している。まず、2003年として川崎市で、2005年に、さらに2009年に多数の犠牲者を出す地震が大阪市で起きるということが他の文書から分かる。日本で起きる巨大地震については、これ以外の年に関する文書がある。
「事件25」 新潟県・中越地震、北朝鮮の核、ほか(2003年予知→2004年発生)

・「第18項」―2004年から2005年に大きな地震が日本に衝撃を与え、死者は数千人にのぼる歴史的な災害となります。この時期に日本で起きた地震では、2004年10月24日の新潟県中越地震がある。

「第22項」は、北朝鮮問題で、この国がアメリカに対して挑発的行動に出るというもので、これはすでに核開発から原爆の所持を匂わせている。



「レムリアの真実」
(シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ)
(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ)(太陽出版)2007/5/18



<シャンバラとその役割>
・シャンバラという都市は、もはや物理的な都市ではありません。かなり以前から物理的ではなくなっています。現在、5次元・6次元・7次元の波動を保ち、まだエーテル界に存在しています。基本的にはこの惑星のエーテル界の本部で、サナート・クマラと彼を手伝う存在がいる場所です。現在、サナート・クマラは公式的には金星に戻っていますが、引き続きシャンバラに焦点を合わせていて、今でも私達の惑星を援助をしています。シャスタ山とワイオミング州のロイヤル・ティトン・リトリートとシャンバラには、この惑星の霊的な管理階層が住んでいて、集まって会議をする主要な拠点となっています。シャンバラと今述べた2つの場所は、常にこの惑星の霊的政府の中心地です。もちろん、他にも惑星の至る所に、主要なエーテル界の中心地がいくつもあります。

<地球の内側に住む人々>
・地球の中心部と内部には、大昔に他の世界や宇宙から来た太古の文明人が大勢住んでいます。彼らは、皆、アセンションを遂げた意識の状態にいますが、なかにはある程度の物理的状態に留まっている人たちもいます。大部分が5次元と6次元の気づき、またはさらに高次の気づきをもって生きています。

<アガルタ・ネットワークを統括する都市テロス>
・アガルタ・ネットワークは「地下」の120の光の都市から成り立っており、ほとんどがハイパーボーリア人の都市です。少なくとも、4つの都市にはレムリア人が住んでいて、2、3の都市にはアトランティス人が住んでいます。地下都市に暮らす存在で、地上の波動にかなり近い人たちも、アセンションを遂げた状態にいますが、物理的状態をある程度は保っています。シャンバラ・ザ・レッサーという都市が、アガルタ・ネットワークを統括していました。そこにはハイパーボーリア人が住んでいます。つい最近、都市テロスがアガルタ・ネットワークを統括する都市になったところです。

<シャスタ山の地下都市「テロス」>
・シャスタ山では、奇妙な光や音がよく見聞きされます。レンズ雲や影、抜群に美しい夕焼け空がこの山のオーラをさらに神秘的なものにしています。レムリアの時代から5次元の都市が今もなお存在していますが、都市への入り口やポータルが数多くあります。シャスタ山には、1万2千年前にムー大陸が沈んだ時に生き残った現代のレムリア人も住んでいます。その通りです、私達のレムリアの兄弟姉妹は生きています。シャスタ山の地下都市「テロス」で、身体を持って幸せに暮らしてきましたが、私達の目にはまだ見えない5次元の存在です。「地上」の波動は、目下、3次元から4次元/5次元の現実へと移行中です。
周りには多次元が存在していますが、地上のほとんどの人は、まだ多次元を知覚できるほどには意識を進化させていません。



「私はアセンションした惑星から来た」
 (金星人オムネク・オネクのメッセージ)
(オムネク・オネク) (徳間書店)2008/3/1



<スピリチュアルな波動が放たれる惑星の首都レッツ>
・高原を超えると目の前の風景は山のような緑の丘陵と、なだらかに起伏した草深い牧草地でした。この地点に達すると私たちはいつも青々とした緑の谷間がもうすぐ見えてくることが分かっていました。そこにレッツの都があるのです。眼下の遠方には壁に囲まれた魅惑の都市、私たちの惑星の首都がありました。レッツは円形の都市で、素敵な外観の学院、花園、噴水、そして美しい彫像に囲まれているシンプルなものでした。上空から都市を見れば建物や歩道が2つに重なった十字の形をしているのが分かります。レッツは周囲をそびえたつ壁に囲まれていて、それはきらめく淡いブルーの色合いをもつ大理石で出来た白壁でした。両端に尖塔のある巨大な木彫り扉で出来たアーチ型のメインゲートは、地球のイングランドに見られる重厚な大聖堂の様式を思わせるものでした。

・私たち一行が都市に近づくにつれて、いくつかの高い寺院の頂部が見えてきました。都市から放たれる波動に私たちは畏敬の念に包まれてうっとりと魅せられてしまいました。何度ここを訪れることがあろうと、毎年その美しさは私たちを圧倒しました。レッツは地球上に見られるどの都市にもまったく似ていませんでしたが、地球のファンタジー物語に出てくるような場所にはとてもよく似ています。ここは想像し得る限りの調和とバランスを実現した建築物のファンタジー表現なのです。金星の首都として、レッツは精神的な教えと芸術や科学のための学芸院を備えるスピリチュアルな都市です。他の大部分の金星都市とは異なり、レッツには多くの人たちが居住していて、その中には偉大な英知のマスターたちもいます。

<金星人、火星人、土星人、木星人の特徴>
・現在、アーリア人という呼び名で多くの人々が知っている白色人種は、金星から来ました。私たちはしばしば背の高い“天使のような存在”として、あなた方の世界のUFOコンタクティたちに語られています。私たちの身長は通常2メートル15センチから2メートル40センチほどで、長いブロンドの髪と、青また緑色の瞳をしていることでよく知られています。

・黄色人種は火星から来ました。彼らは、細身で背が低く、髪は金色または濃い茶色をしていて、肌はオリーブ色から黄色がかった感じの人たちです。目は大きく、つりあがっていて、瞳の色は灰色から濃い茶色の間で人それぞれです。火星人は秘密主義の傾向があり、SFのイラストに描かれるような、幾重にも重なった精巧な未来都市を築いていることで知られています(火星人の生命波動も地球人の物理的な密度のものではありません)。火星人は東洋や太古のスペイン民族の歴史と関係しています。

・地球を訪れた赤色人種は土星系の人たちでした。彼らは、最初は水星で進化を遂げていました。ところが水星の軌道が変わり、太陽により近くなってしまったために生存環境が厳しいものになり、彼らは、土星へ移住したのです。土星人の髪は赤色から茶色で、肌は赤らんでいて、瞳は黄色から緑色をしていることで知られています。体格は背が高く、がっしりとしていて、太陽系内では、筋骨たくましい人たちとして知られています。アトランティス人やネイティブアメリカンはそれぞれ土星人を祖先にもつ民族のひとつです。中でもエジプト人とアステカ族は、とりわけ土星人の影響を強く受けています。

・黒色人種は木星系で進化を遂げた人たちです。彼らは、背が高く、堂々たる風貌をしていて、顔のサイズは大きく、角張った顎をしています。髪の色はつややかな深い黒で、瞳は茶色から青紫です。木星人はその声の美しさと、隠し事をしない開放的な性格でも知られています。彼らの子孫はアフリカやその他の地域に分布しています。


「レムリアの真実」
(シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ)
(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ)(太陽出版)2007/5/18



<アガルタ・ネットワーク>
・レムリアの時代、現在カリフォルニア州となっている地域はレムリアの土地の一部でした。レムリア人たちは彼らの土地が滅亡する運命にあると悟ったとき、彼らの文化と記録を保存するため、シャスタ山の真下に都市を建設させてほしい、とシャンバラ・ザ・レッサーという当時のアガルタ・ネットワークの中枢部に願い出ました。シャンバラ・ザ・レッサーは、優に4万年以上前にこの惑星の地上からいなくなったハイパーボーリア文明の人たちが住んでいたところです。ハイパーボーリア人は、当時、アガルタ・ネットワークの責任者でした。現在、アガルタ・ネットワークは地下にある120の光の都市で構成されていて、そのほとんどをハイパーボーリア人が占めています。このネットワークのうちの4つの都市にはレムリア人が、2つの都市にはアトランティス人が住んでいます。

・シャスタ山があまりにも荘厳なため、シャスタ山には「大いなるスピリット」が創造したとしか考えられないものが存在する、とアメリカ先住民は信じています。目に見えない小さな人たち、約1.2メートルの背丈しかない人たちが、山の守護者として山の斜面に住んでいるとも信じています。この驚くべき小さな人々は「シャスタ山の小人」として、よく噂されてきました。彼らも物理的な存在ですが、普段は私達には見えない波動を持っています。時折、山の周辺で目撃されることがあります。



「宇宙人大図鑑」  
(中村省三) (グリーン・アロウ社)1997/2/1



<バーンサイド事件、英国、1980年11月13日>
<宇宙人の身体的な特徴>
・宇宙人は男女のカップルで、2人とも身長1メートル65センチ程度だった。どちらもブロンドの髪の毛を肩まで垂らしていた。肌の色が異常に白いことを除けば、2人の宇宙人は人間にそっくりだった。しかも、その宇宙人たちはこの世のものとは思えないほど美しい顔立ちをしていた。

<アダムスキー事件、米国カリフォルニアの砂漠、1952年11月20日>
<宇宙人の身体的な特徴>
・宇宙人は身長165センチ程度で、肩までの長さの金髪をしていて、滑らかな肌で、髭がない。人間によく似ていて美しかった。

<服装>
・スキースーツのような服を着て、腰に幅の広いベルトを巻いていた。底に奇妙なマークのついた靴を履いていた。

<宇宙人の行動>
・宇宙人は身振りとテレパシーを用いてアダムスキーと意思疎通をした。その宇宙人は、自分を金星人だと自己紹介した(アダムスキーは彼にオーソンという名前をつけている)。

<アンドレアソン事件、米国マサチューセッツ州サウス・アシュバーンハム、1967年1月25日>
<事件の概要>
・停電の後、5人の宇宙人が閉ざされていた正面のドアを通りぬけて入って来た。ベティ・アンドレアソン夫人以外の家族は凍りついたようになった。

<UFOとの関連度>
・宇宙人は目撃者をUFOの内部に連れ込んで、身体検査を行った後、目撃者をUFOで奇妙な世界に連れて行った。

<宇宙人のタイプ>
<ヒューマノイド(小人型)>
・5人の小型ヒューマノイドのリーダーであるクアズガは、身長は150センチ程度。部下のヒューマノイドは120センチ程度。西洋ナシのような形の頭をしており、額が広くて顎が細かった。幅の広い猫のような重なりのある目をしていた。鼻は、単に2つの小さな穴があいているだけだった。耳はごく小さかった。口はスリット(切れ目)のようで動かず、夫人は傷口を連想した。このタイプの宇宙人は、時折やせ細った腕や脚をしていると報告されており、人間の胎児にきわめて似通っている。

<チャーコン事件>
1979年9月25日  米国アリゾナ州 マラナ
目撃者 ラルフ・チャーコン

<宇宙人の身体的な特徴>
宇宙人は全体的には、人間の形をしているが、それが無数のドット(点)によって構成されていた。

<宇宙人の行動>
目撃者を説得して、自分たちの惑星に連れて来る。

・ドットマンは、オリオン座のゼティ星から来たナーテルという者だと自己紹介し、そのうちにチャーコンも自分たちと一緒にゼティ星に行くことになると告げた。

・UFOは猛スピードで南米大陸の上空を南下していた。チャーコンが目にした地上の光景ははるか過去のもので、美しい古代の都市やピラミッドが眼下に広がっていた。

・その後もドットマンは何度も出現し、チャーコンを宇宙船に乗せて、二つの大陸が沈んでいく過去の世界に連れて行ったり、未来の世界をかいま見せたりした。

・また、イグチトックという別のドットマンは、チャーコンをゼティ星に案内し美しい都市を見せてくれた。ナーデルによると太古に彼らの先祖は大挙して地球を訪れ、当時地球上で偉大な文明を築いていた民族と接触した。その際に、宇宙人と地球人の混血人種が誕生した。古代のエジプト人やマヤ人の多くが、宇宙人の血を受け継いでおり、現在はドットマンになっているという。

・その後のコンタクトの時、チャーコンは、古代エジプト人がピラミッド建設に用いた宇宙人の浮揚装置をもらっている。

<宇宙人のタイプ−アパリッショナル(幽霊)タイプ>
・このタイプは、幽霊のように異次元の存在ではないかと思えるようだ。宇宙人や人間とは似ても似つかない宇宙生物が含まれる。彼らは、次のような能力を備えている。
A,自由自在に物質化したり非物質化して消え失せたりできる。
B形態を色々と変化させることができる。
C,特定の目撃者にだけ出現し、そばにいる他の人には姿を見せないようにできる。
D,目撃者を含めて、物質を意のままに動かすことのできる超能力を持っている。



「私はアセンションした惑星から来た」
(金星人オムネク・オネクのメッセージ)
(オムネク・オネク)(徳間書店)2008/3/1



<アストラル界の上層―首都サハスラ・ダル・カンワルの言葉にできない素晴らしさ>
・ここの首都であるサハスラ・ダル・カンワルには、私がこれまで目にした中でも最も美しい場所の一つがありました。そこはズレフと呼ばれていました。私はなぜ多くの宗教がここに彼らの天の館をもっているのかが分かる気がします。ズレフの花園はとても言葉で描写することはできません。それはその世界の居住者を楽しませるために存在しています。もし人が肉体の逝去の後にここを訪れたら、ここが死後に到達できる最高の極みであると確信するでしょう。しかしここも長く厳しい旅路の第一歩であるにすぎないのです。私たち一行はここで立ち止まっている時間はなく、またアストラル界の多くの興味深い領域を探索する時間的余裕もありませんでした。そのようなツアーをすれば、地球の時間で換算して、ゆうに7回分の人生が過ぎてしまうからです。

・サハスラ・ダル・カンワルの住人の祖先であるセレス族についてオディンが説明してくれている時に、眼下には最も壮麗な光景の一つが広がっていました。この天界のような純白の都市の中央付近には、巨大な像が立っていて、その近くを飛んでいる私たちのドーム船はまるで空の斑点のように小さなものに見えました。

・セレス族は、物理的な世界の私たちの太陽系の惑星に最初に植民したスペース・ピープルであったそうです。巨人たちの中で、後にアトランティスとなる場所に定住したのはセレス族の一部でした。

・この都市自体が地球のひとつの大陸ほどの大きさがありましたので、そこにある多くの名所はその全体の寸法だけでも壮観なものでした。

<物理的世界と多くの生命体を維持している光の山>
・都市を取り囲む輝く白壁は地球の最も高い摩天楼に十分肩を並べるほどでした。最中央部には荘厳な光の山がそびえていて、そこはこの世界の源泉でした。光の山の頂上からは無数の彩光が流れ出ていて、どの光も生きていました。それは全く息をのむ光景でした。うなりをあげる光の海の音が天空を満たしていました。空に溢れ出した光の波は全方向へ流れ込んでいき、物理的な世界とそこにある多くの生命体を維持しているのです。光の山は物理的な宇宙にあるどの山よりも高くそびえています。私たちの船がその真上を通過した時、私はおもわず瞬間的に目を閉じてしまいました。アストラルの目にとってすらも、その光はあまりにも強烈で痛みを感じるほどでした。

・オディンは、ここはより高次に進化した惑星の人々にとって非常に大切な都市であると説明してくれました。それはアストラル界と物理的な世界がクロスオーバー(交差)している都市であり、私にとって将来にとても重要なものとなるということでした。

・ここはアストラル存在が物理的な肉体を顕現することを可能にする場所であるのです。ここの人々はとても美しく、その容貌は深い英知を宿していました。流れるようなチュニックを身に着けてサンダルを履いた姿は地球の古代ギリシャ神話に出てくるような人たちのようでした。この都市に住む存在の中には、創造主の荘厳なる共働者たちがいて、私たちはその存在たちを天使と呼んでいました。金星の私たちの文化と同じように、ここでも人々は人生の一瞬一瞬をクリエイティブな表現として生きていました。

<旅の終わりー天国での暮らしを心に強くとどめておく>
・純白に輝いて、ところどころにちょっぴり青みがかっていたあの都市を、言葉も出なくなるようなあの壮観な建造物たちをどうして忘れることができるでしょう。私たちが空の旅の中で訪れたいくつかの村落は、なんとも言いようがないようなメロディに包まれていました。それは各々の村そのものの音でした。



「宇宙人遭遇への扉」
 (リサ・ロイヤル&キース・ブリースト)
(ネオ・デルフィ社)2006/2/1



<琴座は地球が存在する銀河系宇宙の領域における、人間型生命体の発祥地である>
<銀河系宇宙共同体>
・エネルギーのレベル、あるいは物質のレベルで、地球の発展とかかわりを持つ、物質的および非物質的な宇宙人の各種族を指す。琴座の各種族、シリウス人、プレアデス人、ゼータ・レチクル人、オリオン人を始めとして、本書で述べられていない多数の宇宙人種が、銀河系宇宙の一族を構成している。

<ヒューマノイド>
・肉体的な特徴が地球人と似ている宇宙人を指す。ヒューマノイド(人間型宇宙人―地球人もこれに含まれる)の血統上の起源は琴座に求められる。

<琴座>
・地球上には事座に関する神話が古くから残されてきた。なかには琴座とプレアデス星団との関係について述べたものもある。琴座は地球が存在する銀河系宇宙の領域における、人間型生命体の発祥地である。シリウス人、オリオン人、地球人、プレアデス人、ベガ人、ゼータ・レチクル人、ケンタウルス人、アルタイル人を含むさまざまな宇宙人は、すべて琴座で発生した種族の子孫である。

<ベガ>
・琴座の一等星で、琴座にありながらその中のどの星系よりも距離的には地球に近い。琴座の中で、統一性がある独自の文明を形成した最初の星の一つである。アルタイル、ケンタウルス、シリウス、オリオンなどを始めとして、ベガ人が人種の創成や入植を行った星系は多数ある。

<アストラル・プロジェクション>
・「星気体の投射」の意。西洋神秘学によれば、「星気体」(アストラル体)とは、肉体よりも精妙な周波数からなり、通常は肉体と重なり合って存在する「身体」のことである。ある種の人々は意志の力によって、この「身体」を外部に投射でき、通常の感覚を保ったままで、これを通して旅をすることができる。

<日本の東北地方に残る「キリストの墓」>
<やはりキリストは日本に来ていた>
・東北地方には「イエス・キリストの墓」とされる伝承の地(編訳者注―青森県三の戸郡新郷村)があります。果たしてイエス・キリストは本当に日本を訪れて、そこに骨を埋めたのでしょうか?
 宇宙人たちは、イエス・キリストが誕生するはるか以前から、血統上の融合が進んだ種族をつくる計画を継続的に実施してきました。私たちは、イエス・キリストの誕生を、人類を進化の新たな段階に引き上げる計画の一環として捉えています。聖母マリアのいわゆる「処女懐胎」にまつわる物語が、現代の宇宙人による人間の拉致事件に通じる部分があ
るように映るのは、興味深いことです。

・イエスは十字架の上では死なずに、多くの子孫を残しました。いわゆる「磔」の後、イエスは、南欧、インド、日本などを訪れて、そこで子孫を残しました。私たちの理解では、日本の東北地方に残る「キリストの墓」には、キリスト自身ではなく、彼の子孫の一人が埋められています。東北の十和田湖の近くには「迷ヶ平」とよばれる場所がありますが、太古の昔、そこでは遺伝子実験が行われていました。そこが「エデンの園」(編訳者注―宇宙人の視点からすると「遺伝子実験場」)であったとする伝承は、実際に的を得ています。私たちからすると、イエス・キリストが生きていた頃は、宇宙人による遺伝子実験が広汎に実施された、今から最も近い時代でした。

<宮島の周辺には大規模な宇宙人の複合都市があった>
・プレアデス人は地球の大半の古代文明とかかわりを持ちましたが、中でも日本とは、深いつながりがありました。古代のプレアデス人にとって、とても縁が深い場所の一つに広島県の安芸の宮島があります。実はあの周辺には、その昔、大規模な宇宙人の複合都市がありました。ある地域は通信基地として、またある地域はプロトタイプの遺伝子実験や教育の場として使われていました。宇宙人の居住地域として使われた所もあります。

・宮島は一大文化交流センターでもありました。日本はレムリア文明圏に属していましたが、アトランティスとの交流もあり、宮島近郊のある都市には、アトランティスからの使節が派遣されて文化交流が盛んに行われていました。

・宇宙人との交流が盛んだった古代の日本は、当時、南米にあった文明とも交流していました。同じ宇宙人たちが、当時の南米や日本と交流していたとも言えます。

・このほか日本には、奈良県の天川、丹後半島の天橋立、宮城県の松島を始めとする東北地方など、超古代に宇宙人が行っていたプロトタイプの創成・教育計画と縁の深い地が数多く、特に宮島周辺は、プレアデスと地球をつなぐ世界有数の「扉」の一つです。

・宮島周辺でプレアデス人がプロトタイプを教育していたのは、約3万年前から10万年のことです。約1万1000年前、アトランティス文明が崩壊し、世界の多くの地域が大洪水などの天変地異に見舞われた頃で、こうした都市には人々が住み栄えていました。

<チャネリングによって得られた宇宙人の情報>
・本書の情報の大半は、自らを「サーシャ」と呼ぶ4次元の肉体を持つプレアデス人の女性が、チャネリングのプロセスを通して語った内容に基づいている。サーシャ本人によると、彼女が住む惑星の近隣には、約250の有人惑星があるという(その大半地球から見えない恒星系に属している)。

・故郷の惑星を彼女は、「マンダラ」と呼んでいる。宇宙連合に属すさまざまな宇宙人の種族と共に、研究やプロジェクトを実施しているが、彼女の体験には、プレアデス人が歴史的な経緯を経て抱くようになった考え方や、彼女なりの視点が反映されているという。

・ここでサーシャが主に述べているのは、地球人と遺伝子レベルの親戚関係にある、進化した宇宙人種属(プレアデス人、エササニ人、未来の地球人など)と地球人との出会いについてである。

<ゼナ人は白人系のヒューマノイド(人間型生命体)で、外見は地球人に似ており、痩せ形で長身、毛髪は淡い色合いの金髪です>
<どの惑星にも必ず宇宙人文明に門戸を開く時が来る>
・宇宙人文明に対して門戸を開いた、ある惑星文明について、これからお話ししましょう。ちなみにこの文明(ここでは「ゼナ」と呼びます)は、最近私がかかわった任務で、公式コンタクトの対象になったところでした。ゼナは地球から約五万年光年離れたところにあり、地球上の精度の高い天体望遠鏡を使えば、微かに見える程度の目立たない星です。その光度は皆さんの太陽と同じ程度で、直径は太陽よりも少し小さく、緑色をしています。
 
<言語はそれを使う人々の思考パターンを反映する>
・ゼナ人は白人系のヒューマノイド(人間型生命体)です。外見は地球人に似ており、痩せ形で長身、毛髪は淡い色合いの金髪です。

・私はプレアデス人と琴座人の血統を汲む種族に属しており、ゼナ人と同じく白人系なので、このチームに加わりました。

<ゼータ・レチクル人は、個でありながら、まるで、蜂のように集合意識の一員として生きている>
・こうした現状を踏まえると、現在、地球人がゼータ・レチクル人と遭遇していることには大きな意味があります。ゼータ・レチクル人は、多くの意味で地球人とは対照的な種族です。彼らには、個性と呼べるものがほとんどなく、個でありながら、まるで、蜂のように集合意識の一員として生きています。ゼータ・レチクル人は、彼ら種族の集合意識と一体なのです。地球人が個の喪失を恐れているなら、彼らは、集合意識から切り離されて個になることを恐れています。ゼータ・レチクル人と地球人との出会いは、まさに両種族にとっては必然です。彼らとの出会いは「一人一人が集合意識の一部である」と気づくきっかけを地球人に与えているのです。

<プレアデス人は、地球人と最も深い遺伝的なつながりを持つ>
<チャネリング>
・無限に存在する異次元の現実から情報を得るプロセス。チャネリングは文筆、話言葉によるコミュニケーション、芸術活動、作曲、また、他のあらゆる創造的活動を通しても行われる。

<プレアデス星団(スバル座)>
・プレアデスは地球から約410光年の距離にある、牡牛座の散開星団。250から500の恒星があり、そのうち9つの星に呼び名がある。地球の古代文明はプレアデスに七つの星があると記録している。古代ギリシャでは、これを「アトラスの七人の娘」と呼んだ。プレアデス人は、地球人と最も深い遺伝的なつながりを持つ。

<コンタクティー>
・何らかの形で宇宙人との接触がある人、あるいは、接触があると主張する人。

<エササニ人>
・地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つ。ただし、現時点の地球人からすると、彼らの種族は、ゼータ・レチクル人が地球人を対象に行っている遺伝子実験がもたらす複数の可能性のあるうちの一つである。

<未来の地球人>
・現代の地球人よりも遺伝子レベルの融合や意識面の進化を遂げた地球人のこと。通常、人は物質的な現実(3次元)だけが、唯一の現実であると確信しているが、本来、人は多くの異なる次元にまたがって生きる多次元的な意識である。

<逆行催眠>
・暗示によって催眠中に時間を遡らせて、本人が顕在意識で記憶していない過去の出来事を思い出させること。

<集合意識>
・ある集団が共有する単一のアイデンティティー。たとえば、地球一人一人の意識が集まってできる単一のアイデンティティーが地球の集合意識である。

<ゼータ・レチクル人>
・身長約90〜150センチ、皮膚の色はグレイ、白、またはベージュで、通常、毛髪はなく、体に比べて大きな頭を持つ宇宙人種。鼻はまったくないか、とても小さい。目はとても大きく、瞳の色は、通常、黒で白目はない。男女の肉体差がなく、体外の生殖器は見当たらない。「グレイ」や「レチクル座のゼータ星人」とも呼ばれており、人間を誘拐する主要な宇宙人種であると考えられている。



「政府ファイルUFO全事件」 
  機密文書が明かす「空飛ぶ円盤」50年史
(ピーター・ブルックスミス)  (並木書房)1998/1/1



<進まぬイギリスの情報公開>
・イギリス人は民主主義のあらゆる権利を享受しているものの、実際にはこの国の公民ではなく、法的には依然として王室の臣民なのである。この重大な憲政上のポイントによって、公務員は国民に何かを公表するという義務を一切持たないのである。なぜなら、彼らは、国民ではなく王室に雇われているからだ。

・1911年の公職秘密法は、しかるべき許可がないかぎりは、政府職員食堂のメニューのような些事を公表することさえ懲罰の対象とする内容だった。後の立法措置によって、政府の不正を内部告発した者は、逆に情報を漏らした疑いで告発されても、国民の利益の優先を弁護手段として使うことができなくなった。

・政府と官僚は、情報公開法制定の要求に何十年間も抵抗し続けている。

・イギリス政府と軍の記録を閲覧することはできるが、その対象は、30年以上たったもので、国家安全保障に影響をおよぼしたり、存命の人間を当惑させない内容に限られている。

・こうして第2次世界大戦中の多くの秘密はいまだにベールにおおわれており、1936年のエドワード8世の退位に関する文書は2036年まで秘密にされている。こうした手順は、UFO研究者にとって望ましいものではない。

・ロンドン(AP)
・「英国立公文書館は14日、未確認飛行物体(UFO)の目撃情報を収録した政府の公文書を公開した。これまで極秘扱いになっていたもので、英国防省が調べたUFO情報数百件が、1000ページ以上にわたり記されている。今回公開されたのは1978年から87年にかけての8文書。UFO研究者の要請で公開された。ただ、UFOの存在を熱烈に信じる人たちにとっては、失望を招くものとなった。
 83年の国防省のメモは「国防省にとってのUFO目撃情報に関する関心は、防衛に関係するかどうかだ」と指摘。目撃情報は、宇宙ゴミの大気圏突入による炎上や、珍しい形の雲の形成、気象観測用の風船などによって説明することができるとしている。その上で、地球外生命体の乗った宇宙船が地球に着陸した証拠はないと結論付けている」と報道されています。



「これから宇宙人が救いにきます」 
(UFO搭乗、あなたはできる人?できない人?)
(田村珠芳)(ハギジン出版)2008/4/1



<ところで、前述のロズウェルで見つかった宇宙人といわれている人たちは>
・遺伝子組み換えのロボットだったんです。生き残ったロボットが交信して呼んだのは、私達のと同じかちょっと背の高い、170センチから180センチある宇宙人なんですが、とてもハンサム、とても美しい人たちです。
 私の見たところ、プレアデスではないかなという気がします。プレアデスの人たちは、ちょっと大柄なんです。

今、その人たちが金星ゲートを通って、地球にきています。今、地球に来るゲートは、金星ゲートしか開いていないんです。ですから、金星ゲートを通ってどの星の宇宙人もきます。
 プレアデスも、シリウスも、みんな金星のゲートを通ってきます。金星のゲートは宇宙連合の中にある銀河連邦の人たちが交代で見張っていて、ゲートが壊されないように見守っていますから、金星ゲートだけはいつでも安定して通ることができるんですね。ゲートを通るとなぜいいのかというと、目的地に瞬時に到達できるんです。

・要するに、この宇宙には歪みがあって、歪みと歪みをくっつけると、瞬時にある場所から別の場所へ行かれるから、何万光年も通ってこなくていいんです。

・いわゆるワープというんですが、ワープすることで瞬時に移動ができるんですね。この地球にも、いくつか窓とよばれる出入り口があります。
その窓は、エジプトのピラミッドの上空にもあります。アメリカの五大湖、オンタリオ湖の上空、日本ですと富士山の上空にもあります。
そういう窓といわれている所は、安定していないので、今でも閉じたり開いたりしているんです。使おうと思ってきてみたら閉じていたというと、ほかへ回らなくちゃいけないんですね。
瞬時に動けるからどこだってよさそうなものですが、地球にはいくつも安定した窓があったんですが、かって宇宙戦争が起こった時に、ほとんど全部閉められました。



「政府ファイルUFO全事件」 
  機密文書が明かす「空飛ぶ円盤」50年史
(ピーター・ブルックスミス)  (並木書房)1998/1/1



<バスク人と異星人との関わり>
・『アクエリアス』は、過去2万5千年間にわたってこの惑星上に存在してきた異星人の歴史と、フランスとスペインの国境地帯に山地に住むバスク人たちとの間で最盛期を迎えた異星人と人類との関わりの歴史を編纂する計画である・・・」
 
・バスク語は世界でも特異な言語で、彼らの民族的叙事詩には自分たちが失われたアトランティスの住人たちの末裔であることが歌われている。



「私はアセンションした惑星から来た」 
(金星人オムネク・オネクのメッセージ)
(オムネク・オネク)  (徳間書店)2008/3/1



<火星人は東洋や太古のスペイン民族の歴史と関係しています>
・黄色人種は火星から来ました。彼らは細身で背が低く、髪は金色または濃い茶色をしていて、肌はオリーブ色から黄色がかった感じの人たちです。目は大きく、つりあがっていて、瞳の色は灰色か濃い茶色の間で人それぞれです。火星人は秘密主義の傾向があり、SFのイラストに描かれているような、幾重にも重なった精巧な未来都市を築いていることで知られています(火星人の生命波動も地球人の物理的な密度のものではありません)。火星人は東洋や太古のスペイン民族の歴史と関係しています。

<太古の昔、地球に植民がなされた>
・太古の人類は、現代人が考えるよりももっと頭脳明晰であったのです。そして彼らは決してこの宇宙の中で孤立した存在ではありませんでした。私が生まれ育った金星の都は、チュートニアという名前で「ドイツの子孫」という意味です。それは、むかし金星を訪れて私達の発展に貢献した才能溢れるあるドイツの科学者を記念して名づけられたものです。(訳注:それは西暦1900年前後のことだそうである)。子供の頃には私はその地球の男性の物語をチュートニアの歴史学院で教わりました。そこは学校というよりは、タイムマシーンのようなところでした。

・現在、アーリア人という呼び名で多くの人が知っている白色人種は、金星から来ました。私たちは、しばしば背の高い“天使のような存在”として、あなた方の世界のUFOのコンタクティたちに語られています。私達の身長は通常2メートル15センチから2メートル40センチほどで、長いブロンドの髪と、青または緑色の瞳をしていることで知られています。



「バスクとバスク人」
(渡辺哲郎)(平凡社)2004/4/16



<海外移民という産業>
・「大航海時代」のバスク人の活躍に刺激を受けて海外に活躍の場を求められた19世紀半ばまで、移民は、ガリシアなど他の地方とともに、バスクの伝統的な「産業」である時代があった。それを受けて、「真のバスク人は、家の原点を示すバスクの苗字を持ち、バスク語を話し、アメリカに親戚がいること」という格言がある。

<バスク一体化の難しさ>
・18世紀、バスクに関する歴史的解釈は新たな展開を迎えた。マドリードからの中央集権の圧力に抗して、バスクのアイデンティティが追及され、記録のない先史時代からバスクは独立した国であり、バスク人が自由な市民であることの「証明」が語られ、それを神話化する試みが始まったのだ。バスク人が創世記にあるトゥバルの子孫であったり、聖ヤコブ(サンティアゴ)がバスクに近い地に現れたりする。バスクにはキリスト教以前の原始的な一神教があり、バスク人が、その時代から使途的な役割を持つ選民である、とも主張された。

・バスク人の風体を思い浮かべるとき、その角張った顔をおおうばかりに目深くかぶったベレー帽姿が印象にある。

・風変りな集団、その集団の住む所がバスクであるが、想像する外観ほどには日常生活をするうえで、異様さを感じさせない。バスクそのものが人口も少なく、地域も小さい、スモール・サイズである。しかし、山椒も小粒のたとえではないが、異彩を放つ。



「UFOが・・・・ 飛んでいる!」 
 フランス政府機関の観察と研究
(ジャン・ジャック・ヴラスコ/ニコラ・モンティジアニ)
(宝島社)2008/2/21



<フランス市民によるたくさんの目撃例>
・二つの影があった。光を当てると「潜水夫」のような姿をした二人の小さな人物が照らし出された。肩幅が極端に広く、身長1メートルもないぐらい。ヘルメットをかぶった人間のような生物であった。
・そのときだった、直径3mくらいもある円盤が、自分の庭にあるのが目に入った。彼は肝をつぶした。円盤の中から顔中毛だらけで目はたった一つしかない、お化けのような「小さな人間」が出てきた。身長は、1m20センチくらい小さく、すばしっこい動きでルカのほうに近づいてきた。

・円盤のような形の乗り物が着陸して、それには小さな「生き物」がいて、接触を試みてくる。そして素早く姿を消すといったパターンだ。

・身長が低く(1mか1m20センチ、ひょろりと細くて、顔も細長く、あご髭のようなものがあった。猿のような長い腕をしていて、子どもというよりむしろ、小人であった。小人4人はじっとしていなかった。

・兄妹がいることに気づいたからか、小人は球体の中に戻っていった。といってもドアはなく、頭の先から垂直に飛び込んでいくのだった。3人が吸い込まれたところで、球体は離陸し始めた。ひとりは取り残されそうになったが、すでに高度を上げていた球体に向かって飛びあがって中に吸い込まれていった。

<日本航空のボーイング747の機長に目撃された空母2隻の大きさの「円盤」>
・寺内機長はその後すぐに、この信じられないような話を報道関係者に明らかにする。だが、このことによって彼は日本航空のパイロットをおろされ、地上勤務に回されてしまった。

<UFOを否定したがる人々>
・「陰謀説」を信じる人々は、とりわけ軍部が情報隠しをしていると糾弾している。しかし、私自身は、事実を導き出すために十分な情報はすでに入手可能だと思っている。それよりも、私は、この本を書きながら、世の歴史学者たちがUFOに対してこれまでいかに無関心であったかということに驚いている。これほどの資料が揃いながらアメリカのみならず世界の歴史を書き換えるような材料がありながら、数万ページにもわたる資料の大半が捨て置かれているのである。

<知っていた人々>
・世界最強の軍隊が、正体不明で不死身の物体による領空侵犯を許している・・・そんな状況を、もしも一般の人々が知ったら、軍はその不名誉を考えると、居ても立ってもいられなかった。UFOをあたかも伝染病のように扱い、そのまわりに人を寄せ付けないように必死だった。

<ペンタゴンの宇宙人来訪説>
・47年7月10日、午後5時ごろ、ラパスは、フォート・サムナー(ニューメキシコ州)に妻と息子たちと一緒にいた。その時彼ははっきりと見た。雲の下に巨大な物体が静止していた。楕円形で色は白。正体は分からなかった。突然その物体は、ゆれ動きながら上昇し、雲の後ろを過ぎて少し離れた場所に姿を現した。移動はあっという間で、従来の航空機ではあり得ない速さだった。

<科学者とUFO、タブー>
・残念ながら、これら「UFO研究の学者」たちは、国家安全保障や政治戦略、軍事戦略の秘密に抵触するという理由で、自分たちの立場を明らかにできなかった。

<有力な仮説>
<知的レベル大差説>
・我々人類の文明は「彼等」の目から見て原始的なものにすぎず知的レベルがきわめて低いために興味を惹かないのだとする説。彼らの通信技術は人知をはるかに超えた物理法則に基づいており、人類は近代文明が存在することすら知らないジャングルの未開人のようなものである。

<人類未熟説>
・現段階の人類とは対等なやり取りが成立せず、受け身のコミュニケーションに終始させる恐れがある。接触するには時期尚早と考えているとする説。

<動物園説>
・人類は銀河系の自然保護区域に隔離された原始文明の住人であるとする説。私達人類が地球上の自然保護区域に立ち入らないのと同じ理由で「彼ら」も人類への干渉を差し控えている。この仮説を採用するなら、UFOは自然保護区域の警護に当たっているのだという、SFじみた筋書きが思い浮かぶ。

<第一級国家機密として守られた極秘地域>
<謎の物の出現が多い地域>
・謎の物の出現が多いニューメキシコ州アルバカーキ、テキサス州サン・アントニオ、それにワシントンDC周辺には政府、民間、軍のインフラストラクチャーがひしめいている。とくにアルバカーキ周辺には「空飛ぶ円盤」が集中している(未確認物体の出現の21.4%)。ここには秘密の軍事基地があり、戦略兵器(原子爆弾)の開発、改良、テストを行っていた。

・ロスアラモス(核兵器のマンハッタン計画の本拠地)、アルバカーキ(「全軍特殊兵器プロジェクト」を行うサンディア研究所の所在地)、ホワイトサンズにある試験場(ミサイル性能試験場)、カートランド空軍基地(特殊兵器部隊)、アラモゴルド(45年7月6日に初めてプルトニウム爆弾を爆発させた「トリニティ実験を行った砂漠」、さらにロズウェル(509爆撃大隊:アメリカ唯一の原子爆弾投下部隊)。

これらはいずれも第一級国家機密として守られた極秘地域なのである。

・「通常ではない航空機」「異常な飛行物が実在」の209の事例のうち、74.4%は秘密基地上空の目撃事件である。

・29.4%はロスアラモス上空、18.7%はアルバカーキ、サンディア研究所、カートランド空軍基地の上空、9.6%はアラモゴルド、ホロマン空軍基地、ホワイトサンズ試験場の上空、1.4%はロズウェル上空である。残りの15.3%はテキサス州にある別の2つの戦略基地、核兵器保管施設のあるフォートフッド基地と世界最大の陸軍基地キリーンだ・・・このような飛行にはいったいどんな意味があるのか?

<空飛ぶ円盤の存在を証明する>
・目撃事件の数が際立って多いのは、いわゆる「急所」である。つまり「戦略的な」ゾーンに集中している。



「写真で見る日本に来た?!UFOと宇宙人」
 (矢追純一)(平安)(昭和51年)



<北海道函館市にはUFOの基地がある?>
・北海道の南端、函館市をのぞむ小さな港町、上磯では、しょっちゅうUFOが目撃されるそうだ。

・地元でもUFO目撃者の数が多い。

・吉川さん親子も白昼、巨大なUFOが頭上を通過して行くのを見た。それはまるで巨大な扇風機が飛んでいるようだったという。丸い円盤型のUFOで、全体がものすごい勢いで回転しているように見えた。そして、アッという間に急速にスピードをあげ、海上に消え去ったという。

・小坂さんたちは、ひんぱんに現れるUFO基地を探してやろうと毎晩のように近くの山々を探検してまわった。そして、ついに大沼山近くの、通称、貧乏山という山の裏側にUFO着陸跡らしい巨大な円形の焼け焦げを見つけたのである。

・グループのメンバーは毎晩交替で見張ることにした。そして、UFOらしい大きな怪光がオレンジ色に光りながらこの貧乏山を出入するのを8ミリにおさめることに成功したのである。



「UFOが飛来する国 ミャンマー」 心優しき人々との出会い
(小寺ゴン太、なしなし・ひらつか) 
(文芸社ビジュアルアート)2007/3/1



<(アジア各地の太古からの宇宙人とUFOの伝説)>
<UFOが飛来する国 ミャンマー>
・今から60年前、この国を舞台に日本軍とイギリス軍との間で壮絶な殺し合いが行われ、何十万もの尊い命が失われたことを知らない。
・ミャンマーはアジアで最も貧しい国の一つ。

<カロー>
<UFOが飛来する国・ミャンマー  [ゴン]>
・「カローは、空気が澄んでいてとても静かな町ですよ。イギリスの避暑地だったので、洋風のモダンな建物が建っています。ここは、竹でできた仏様が有名です」

・ここからなら、朝霧に覆われたカローの町が一望できる、桃源郷に来たような気分だ。
「おや、あそこに変なものが飛んでいるぞ。UFOじゃないか」と、突然J氏が叫んだ。
「どこどこ、何もみえないぞ」
「ほら、あそこ。向かいの山の頂上だよ」
「ええ。どこ、どこ」
「すごいスピードで、折れ曲がって飛んで行った。あれは絶対にUFOだ」
彼は山原を指差し、口からアワを飛ばし力説した。残念ながら私には未確認飛行物体を発見することはできなかった。
しかし、そんなものが飛び交っていても何らおかしくないカローであった。



「ツインソウル」
 (エンリケ・バリオス)(徳間書店)2008/1/10



<別世界への入口>
・「公平よ。ルーカス。あなたは、その試練を受けなかった。でもこんなことはできないでしょう」そう言うと手のひらを前に向け両手を伸ばした。すると目の前に真昼のある庭の風景が現れた。それは高さ2メートル、横1.5メートルほどの3次元のスクリーンのようで、まるで別世界の入口のように思われた。

・「これはプレアデス星団の、ある惑星の庭へと続く階段よ」そう言いながらスクリーンへと近づき、ドアの中に入ってその信じられないような幻想の世界の中からぼくのほうをふり返った。奇妙な藪にしげる紫色の広い葉をなでながらぼくを呼んだ。

「あなたも来たらいいわ」ぼくは仰天した。「きみはプレアデス星にいると違うの?」
エリナは、スクリーンからぼくのほうへ向かって出てくると、空を見上げてプレアデス星を探し始めた。その星団を見つけるとこう言った。「あんな遠くまで旅をする宇宙船を作るにはすごく費用がかかるし、到着するまでには何世紀もかかるでしょうね。でも、この近道を使えば・・・・」

・エリナは、再びスクリーンの庭の中へ入っていった。「すごく速いし簡単よ。あなたが、苦労しなかった分の価値はあるわ。こっちに来て」ぼくは前に進んだ。異次元の入口にさしかかったとき体全体に凝縮された低い電圧のようなものを感じた。それに驚いて後ろに退いた。彼女は笑った。

・「私達の心は今ひとつになったから、もう一度プレアデス星へ行くことができるかどうかためしてみましょう」彼女がそう言って両手を前に出して集中すると、異次元へと続くスクリーンが現れた。今度現れたのは、以前見た庭の風景ではなく、昼間の小川だった。地球の日中の光ほど眩しくない、スミレ色やピンクや薄紫といった感じの色調に近い光が差していた。



「ナチスとNASAの超科学」
 (ジム・キース) (徳間書店)2007/12/11



<支配者たちがUFO/エイリアン/煽動操作の迷宮を作り出す意図とは?>
<アブダクションの宇宙人はドイツのナチスのようだった?!>
・バーニー・ヒルは誘拐者のリーダーの第一印象を「あいつはドイツのナチのようだった。あれはナチだよ」といっている。

・ヒットラーは、また人類が新時代の人類と人間以下の種族との二つのタイプに進化しつつあるといっていた。「我々は、この二つの種類を神人と動物集団と命名する。人は神になろうとしているのだ。人は生成途上の神である」

・トゥーレ協会とヴリル協会は過激な優生学的世界観の中で、“劣勢種族の根絶とアーリア人による超人種族の創造”を提起した。

・ヒットラーは、また非アーリア系の「亜人類」をこの宇宙的宿命を完遂するのに必要な労働力―最終兵器V2号建造のため地下施設で働く数百万の働き蜂―とみていた。



『アメリカが盗んだ「宇宙人ユミットのプラズマ科学」』
 (ジャン=ピエール・プチ)(徳間書店)2007/12/1



<アメリカは、エイリアンの超テクノロジーに関しては、圧倒的優位に立っている。>
・原爆開発のマンハッタン計画や宇宙開発のアポロ計画に匹敵する規模で、アメリカの闇の権力者たちによる超極秘プロジェクト「ブラック・プログラム」が年間1000億ドル以上もの秘密予算で深く進行している。そして、これら特殊プロジェクトの根幹には、地球外起源の科学が深く関与している・・・・・。

・こうしてプチ氏のフランスにおけるMHD(磁気流体力学)研究が、本人も知らないうちにアメリカで想像絶するほどの成果に結びつき、ヨーロッパをはじめとするほかの諸国がもはや取り返しのつかない遅れの中に取り残されてしまったのだ。

・アメリカがこのような圧倒的優位にたっていることは、我々の誰もが漠然と感じていることではあるが、ここまで明確かつ理論的に解明したのは本書が初めてであろう。原爆開発から60年あまり、なるほどもっと強力な兵器が誕生したとしても不思議ではあるまい。



『写真で見る日本に来た?! UFOと宇宙人」』
 (矢追純一)(平安)(昭和51年)



<全日空パイロットもUFO目撃>
・同じく千葉上空で、全日空パイロットが、UFOを目撃した事件がある。昭和50年1月15日、夜のことである。広島発・羽田空港行きの全日空680便の副機長、樋口俊樹さんは、着陸待機のため、千葉県上空を旋回中、UFOに遭遇した。時刻は午後6時8分。当時の飛行日誌に記入されているので、間違いはない。当時、樋口副機長の乗っていたYS―11機は、羽田空港に向かって、海側から内陸部に目指す方向に飛行中だった。その時、樋口副機長は副操縦席の窓から機よりやや上空を通過する青い光点の列を見たのである。

・そのものの本体は暗くて見えなかったのだが、前部に10数ヶ所の青い光の窓のようなものが整然と並んでいて、そのすぐ後方に、やはり同じ色の光点が5ヶ所、これまた整然と光っていた。
それらは、ちょうど薄い雲のようなものに覆われていて、巨大な飛行体についている窓の灯りのように、きちんと並んで美しく光ったまま樋口副機長の前をゆっくりと通り過ぎて行った。

・それが幻覚などではない証拠には、その物体のさらに向こう側を自分の機とは反対方向に、やはり着陸待ちで旋回中の日航機が通り過ぎていくのが見え、その日航機が一瞬、その物体にさえぎられて見えなくなったという。ちょうど副操縦席の窓を通して、それが視野から消え去るまでの数10秒間、樋口副機長は、そのUFOらしいものを見続けた。



「竜であり蛇である我々が神々」
 (闇の権力を操る爬虫類人の地球支配/管理)
(デーヴィッド・アイク) (徳間書店)2007/8/1



<陰の主は「超人」 / 「黄金の夜明団」 「ヴリル協会」 「トゥーレ協会」>
・ナチスの副総統ルドルフ・ヘスは1941年に不運なイギリス単独潜行を実行して、ロンドン塔に拘留されるまで、熱心なオカルト信者で、ゲーリングとともに、「エーデルワイス結社」のメンバーになっていた。

・エーデルワイス結社はノルディックの支配種(ノルディックとレプティリアンの混血種、つまり私がアーリア人(白人種)と呼ぶ人種)の存在を信じていた。ヘスは、ヒトラーを「救世主」と崇めていた。もっとも、ヒトラー総統は金髪碧眼とはほど遠いため理由は不明だ。ナチスは邪悪なマスターに操られ、金髪碧眼のノルディックの血族間で交配を行うプログラムを煽動したのである。

<MIB(メン・イン・ブラック(黒服の男たち))/ ハート形割れ顔、緑色うろこ肌に変身>
・変身するレプティリアンの報告は世界中にあり「MIB」現象もまたそれらと関係している黒いスーツに身を包みUFO研究者や誘拐体験者を脅迫する連中である。一見政府関係者のようでも見えるが、普通の感覚で見て、「人間」では思えないようなしぐさなり、表情なりがある。彼らは、奇妙なオーラに包まれ、突然「姿を消す」ことができるという証言が多くある。

<日本にも河童という半水棲のレプティリアン・ヒューマノイドがいる>
・中国の伝説では、地下の世界へは東岳泰山(とうがくたいざん)から入ると言われたり、牛頭鬼、馬頭鬼と呼ばれる残忍な鬼が守っている。そこが中国の「地獄」で地獄の十王たちは、地上の竜王と交渉があったといわれている。

・日本の「地獄」あるいは地下ネットワークも似たようなもので、人間と違う生物として、河童という半水棲のレプティリアン・ヒューマノイドがいるほか、山中や地底、海中に姿を変化させる生物が住んでいる。

・もし「妖精」の人々の伝説と今日の「宇宙人」の物語が同じ生物を述べているということにまだ疑いを持つ人々がいるなら、マイケル・モットが要約した世界中の民間伝承に出てくる地下の住人の共通の特性を挙げてみよう。

・彼らは、おおかたレプティリアンか、レプティリアン型ヒューマノイドか、肌の白い「ノルディック」だ。彼らは、抜群の精神力とテレパシー能力を持ち、彼らは、変身し、イリュージョンを作り出せる。彼らは、人間を支配したがり、人間の血、肉、生殖用個体を必要としている。

・彼らは、進歩したテクノロジーを持つ。彼らは、不死の秘密を持っている。彼らは、自分自身の力、またはテクノロジーを使って飛ぶことができる。彼らのほとんどは、人間に対して邪悪なアジェンダを持っている。彼らは、直射日光が当たるところでは、長い間生きられない。

<レプティリアンたちがこの星で栄え、後に他の宇宙人のグループ、特に金髪碧眼のノルディックに敗北した>
<地下の住人の共通の特性>
・彼らは、地上から追放されるか地上の人間および(あるいは)太陽から隠れている。彼らは、自分たちの宝、知識、秘密の真実のアイデンティテイを保持し続けようとしている。彼らは、地上世界の出来事を密かに操っている。彼らは、地上の人間を宗教、カルト、秘密結社を通じて働かせている。彼らは、(硫黄のような)腐った臭いがする

・あるレプティロイド(爬虫類人)は、大昔、自分たちは地表に住んでいたが、戦争(神々の戦争)によって追い払われたのだとカステロに話した。彼らは、地下や他の恒星、4次元や5次元にさえ逃げた。この話は、レプティリアンたちがこの星で栄え、後に他の宇宙人のグループ、特にノルディックに敗北したと語る、クレド・ムトウをはじめとする誘拐体験者の話とぴったり合っている。

<人類の起源と闇の支配一族レプティリアンの血統>
<レプティリアンは、地球産の爬虫類とは全く異質>
・超太古の時代から地球では何種類かの高度に発達した文明を持つ異星人が来ていた。最初、彼らは、地球を観察した。それから、アトランティス大陸、ムー大陸に文明を構築した。そして、最後に、レプティリアン(爬虫類人)型の異星人(アヌンナキ)は、地球に定着して秘密結社を作り、地球原住民を彼らの奴隷もしくは彼の家畜人間として使役した、という。

・ここで我々読者が注意すべきは最も肝心な論点は、この「レプティリアン(爬虫類人)」を地球産の爬虫類とまったく同じ種と見てはならない!ということである。

<主要三異星人の「タイタン調査計画」規則を逸脱したレプティリアン>
・オリオン座、シリウス、すばる(プレアデス)、火星などの星系、惑星、恒星からの来訪者は、大きく三種類に分けられる。

・「金髪碧眼」の白色人種、さまざまな形態の爬虫類型異星人、そして最近のUFO伝説において「グレイ」と呼ばれている宇宙人だ。ほかに高等な黒色人種や、人類以外の生物による誘拐を体験したという人の話によると、昆虫のような姿をした者もいるという。これは、UFO研究家のあいだで、「インセクトイド」として知られている。条件づけされた現実観からこれらの事実を受け入れ、理解することは難しいだろう。


<悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)、ヒトラーの危険な魅力(カリスマ)>
・ヒトラーが霊媒だと考えない人はいない。霊媒は普段、普通の取るに足らない人間だが、霊魂、超自然的な力が宿ってきて、ほかの人間とは隔絶した存在になる、つまり霊媒が憑依されるのだ。この重大な局面が去ると、霊媒は凡人に戻る。

・ヒトラーが彼自身の外側にある力に乗り移られたことには間違いない。その力とはヒトラーという個体を一時的な媒介物として取り憑いた悪魔のような力だ。凡庸と超自然の混在は、どちらがそのときの意識を司るかによって耐え難い二面性を生み、それは秘められた力の穏やかならざる痕跡があいまったアンバランスな精神状態を映した異様な顔を見るようだった。

・ヒトラーは、「超人」の恐怖にさいなまれていたようだ。ラウシュニングによると、ひどい悪夢にうなされ、「当人にしか見えない存在」への恐怖から叫び声を上げて目を覚ましたことが何度もあったという。



「謎のアガルタ宇宙文明」
 (高橋良典) (自由国民社)1986/12/1



<ヒトラーの制作したUFO”ヴィマーナ”>
<失われた楽園と地下都市の秘密を探る>
<すべての権力の陰にアガルタの秘密がある>
・ヒトラーが最初に手掛けたのは第一にナチに内部に確固たるゲルマン精神を身につけた親衛隊を組織し、極秘のうちにユダヤ人の秘密をつかむことだった。その秘密とは何かーそれはアガルタの秘密であった。

・ユダヤ人の恐るべき才能は、思想、芸術、科学、経済、政治の到るところで明白に認められた。共産主義の創始者マルクス、精神分析学の開祖フロイト、相対性理論の提唱者アインシュタインばかりでなく、ロシアの革命指導者レーニンやトロツキー、ワイマール共和国のエーベルト大統領、アメリカ合衆国のルーズベルト大統領はユダヤ人だった。ピカソやシャガール、チャップリンやマリリン・モンローなどの天才、名優を生み出したユダヤ人は、一方でロスチャイルドやロックフェラー、モルガン、ワールブルクなどの世界的財閥をも輩出している。近代科学の主な発明と発見の歴史に登場するのが、ほとんどはユダヤ人だ。

・ユダヤ人がこのように優秀で、かってなく豊かになったのはなぜだろうか。彼らは、何か我々の知らない秘密をつかんでいるのではなかろうかーヒトラーとナチの幹部たちがそう考えたのも当然であった。彼らは、ユダヤ人が他の民族より優秀なのは地底世界の秘密を握っているからではないかと考えた。

<ナチは全世界の洞窟情報を収集した>
<米ソはいまもアガルタ探検を続け、超科学を入手しようとしている>



「竜であり蛇である我々が神々」
 (闇の権力を操る爬虫類人の地球支配/管理)
(デーヴィッド・アイク) (徳間書店)2007/8/1



<ダルシー戦争>
・フイル・シュナイダーは、新世界秩序のアジェンダのために131もの地下軍事基地が平均して地下1.5キロの所に建設されているのを知っていると言った。彼が関わった中に、ネバタ州のエリア51とニューメキシコ州のダルシーもある。

・ダルシーは、人口が約1000人の小さな町で、標高2100メートルあたりには、ヒカリヤ・アパッチ族の居留地がある。ダルシーやその周辺では、UFOを見たUFOが着陸した、「エイリアン」に誘拐された、人間や動物がばらばらにされた、レプティリアン(爬虫類人)を、見たといった報告が絶えず聞かれる。

・ダルシー基地では1979年にレプティリアンとグレイが人間の軍隊や民間人と戦った「ダルシー戦争」があったとされる場所でもある。両陣営とも多数死者が出たが、フイル・シュナイダーもこの衝突に参加していたのだそうだ。彼はレーザー兵器で撃たれたといっており、すでに公にされているとのこと、彼の胸には異様な傷跡が残っている。

<ET基地の地底生物たち / 光を嫌い異種交配を欲す>
・レプティリアンやその他の人間ではないものたちが、地球内部の私達が、今日「基地」都市、トンネル・ネットワークと呼んでいるところで、暮らしているという話は、古代の物語にも広く見られる。インドやアジア一帯、極東のナーガあるいは「蛇の種族」は、おもにポーターラとボーヴァティーという二つの地下都市で暮らしていて、ヒンドゥーの伝説によると、彼らは、ここでアガルタ王国やシャンバラ王国に暮らす「金髪碧眼のノルディック」と支配権を争ったと言われている。

・ヒンドゥーでは、パーターラはベナレスの「シュシェナの井戸」から入ることができ、ボーヴァティーはヒマラヤ山脈の内部にあると信じられている。地下洞窟やトンネル洞という、似たような物語は、チベットや中国にも見られる、ギルガメッシュは「神々」のような永遠の生命を探し求める「半神半人」であり「神と人との混血」(レプティリアンの混血種)だった。



「宇宙からの訪問者」
(ジョージ・アダムスキー)(文久書林)1976/1/1



<大船団による宇宙旅行>
・「人間はもともと偉大な探検者です。したがって惑星間の旅行は少数の人の特権ではなく、万人の権利です。三ヵ月ごとに各惑星の住民の4分の1がこれらの大船団に乗り込んで宇宙旅行に出発し、途中で他の惑星に着陸しますが、これは地球の客船が外国の港へ寄るようなものです。こうして私達は、大宇宙を学び、地球のバイブルに述べてあるように、“父”の家の中の“多くの館(やかた)”をもっと多く直接に見ることができるのです。

・各惑星にある知識の殿堂には多くの機械設備があって、それによって他の惑星の状態、太陽系、宇宙自体を研究することもできます。しかしあなたがたと同じように私達にとっても実際の体験以上にすぐれたものはありません。それであそこに描かれている母船のような大母船団を建造しているのですが、これらは文字通り小型人工惑星といってもよいでしょう。船内に三ヶ月間にわたって数千の人々の生活と楽しみに必要な一切の物がたくわえてあります。
大きさは別として、惑星と母船の主な相違点は、惑星は形が球体で神の力で創造され、中心の太陽周囲を長円形の軌道を描いて運行しますが、これらの小さな人口の惑星(母船)は、円筒形で、意のままに宇宙空間を巡行できるということです」

私に伝えられたこの言葉をよく考えているうちに、星をちりばめた天空の概念が心の中で次第に大きく展開してきた。カルナのいう“他の惑星”とは何を意味するのだろう。

心中の疑問に答えてオーソンが口を開いた。
「私達の宇宙船団は、この太陽系の惑星全部ばかりでなく、近くの太陽系の惑星にも行きます。しかし、宇宙にはまだ私達の到達していない無数の太陽系に無数の惑星があるのです」



「アガルタ」(虹の都)
(R・E・ディクホフ)(密教科学社)1961/1/1



<火星の超人科学者たちは「悠遠の太古」に宇宙空間を越えて飛来した>
・彼らは宇宙船で宇宙空間から地球に飛来し、そこに移住する計画を立てたとき、当時の熱帯地域である南極大陸をその総司令部とし、移住実験地帯として選択決定したのであった。火星の超人科学者たちは「悠遠の太古」に宇宙空間を越えて、飛来したのであったが、当時火星人は彼らに対峙し挑戦していた敵を持っていたのである。それは金星人であって、火星人と関係し、宇宙遊行に関する原理について理解していた。そして、金星人は火星から地球に飛来してきた半神半人の超人たちより少し遅れて地球に到着した。彼らは、人間のような手足を持った蛇やクロコダイルに似た生物であった。
この爬行生物については、聖書創世記の中にも人類の敵たる老いたる蛇、直立歩行し言葉を語り智慧と判断力を持つ蛇として描写されている。
このような金星蛇人は、最近火星人の霊魂を現代人の肉体の中に受け継ぎ、みずから「太古の三聖」と呼ぶ「虹の都」の統治者によって逮捕された。



「謎の地底王国アガルタ」 
(アレック・マクレラン)(徳間書店)1983/10/1



<ヒトラーを熱中させた”ブリル・パワー”とは何か?>
<ヒトラーは、ゲルマンの神になろうとしていた?>
・我々は、以上のように各地に古くから伝わる地底世界の伝説を大至急でふりかえってみた。だが、これらの伝説の存在は、我々に何を物語っているのだろうか。それらは、何ら実体のないおとぎ話なのだろうか、それとも、何らかの根拠ーつまり世界各地の地下にはりめぐらされた太古のトンネル網や都市の実在ーにもとづいて生まれたのだろうか?

・ハウス・ホーファーは、これらの伝説をかえりみて、地下都市がどこかに実在すると考えた。そして、ドイツ人が古くから信じてきたゲルマンの神々の都ヴァルハラは、おそらくチベットの地下にある神々の都シャンバラに違いないと考えた。それは北欧神話の神々の地アスガルドが、チベットやモンゴルでアガルタと呼ばれているという事実ではないか!

・第一次大戦に敗れ、民族の誇りを失ったドイツの人々にとって世界各地に残された地底王国アガルタの存在を示す数々の記録は、ゲルマン民族の魂の故郷に到る道しるべであった。

・ゲルマンの神々の都ヴァルハラが実在するかもしれないという期待は、ワグナーの交響曲を生み出すのに十分であった。そして、当時のバラ十字会ドイツ支部、後のナチのオカルト局アーネンエルベ(太古の遺産)に集まった科学者たちにとって、世界各地の地底王国に関する伝説地は、失われたエデンの園、アトランティスの遺産を秘めた地下都市の入口を示すものであった。

<米ソは今もアガルタ探検を続けている>
・彼らは、現在UFOとして知られるアトランティス時代の宇宙船”ヴィマーナ”の完成を目指して動力の秘密の解明に取り組んでいる。



「異人その他」 
 (岡正雄)  (岩波書店)1994/11/16



<秘密結社>
・メラネシアまたは、ポリネシアの社会生活の根幹となるものはいわゆる秘密結社である。

<メラネシア社会史の日本文化史への暗示>
・メラネシア社会史の記述によって暗示指向された日本経済史研究への前提的考察を必要とする諸項目をあげてみよう。

1、異人が幾度にかまた季節を定めて訪来したこと
2、異人は先住民より亡魂または死者そのものと考えられたこと
3、異人は海の彼方から来るものと信じられたこと。後には山中の叢林より来るとも信じられるにいたったこと
4、異人は畏敬されつつも平和的に歓待されたこと
5、異人は食物の饗応殊に初成物を受けたこと
6、異人は海岸地に住まずして山中の叢林中に住みしこと
7、異人は二重組織(秘密結社)の構成の原因となりしこと
8、異人が土民の女と結婚する必要のありしこと
9、異人とその女との間に出来た子孫が特殊な社会的、宗教的性質を有せしこと
10、異人は入社式、男子集会所の起源をなした事
11、異人はその異人たることを表徴する杖及び「音」を有せしこと
12、仮面が男女二つあること。女異人が山中に住むということ
13、異人が訓戒、悪事摘発をなし、豊作をもたらし、またはもたらさしめんことを任務としたこと
14、異人が季節殊に収穫季、冬至に関係したこと
15、異人は季節が来るとその出現が期待されたこと
16、異人もしくは神は常に村にとどまらないと信じられたこと
17、異人の出現の際は女子、子供は閉居したこと
18、異人のタブーが財産の起源となったこと
19、異人がフォークロア化して遊行歌舞団となったこと
20、旅行人は畏装し、杖と音とを有し、饗応を強制し、あるいは略奪を敢えてし得ること
21、旅行人が神話、神の系譜を語り、あるいはこれを演技で表現すること。多く季節と関係して。
22、遊行歌謡団から伊達者が発生したこと
23、彼らは、民間信仰においては、侮蔑されつつもまた高き階級に属すとされたこと



「宇宙からの訪問者」
(ジョージ・アダムスキー)(文久書林)1976/1/1



<長さ数キロメートルもある母船>
・今度は長いテーブルを隔てた真向かいの壁にかけてある大母船の絵が目についた。私が、乗っているこの母船を描いたものだろうかと考えてみた。この思いが心に浮かんだとき、金星の小柄な婦人が訂正して言った。
「違います。私達の母船はあれに比べると非常に小さいのです。あそこに見えるのは、母船というよりも宇宙旅行都市とでも言うほうがよいでしょう。本船は、全長が600メートルにすぎませんが、あの長さは数キロメートルもあるのですからー」

・読者がこんな規模・大きさを信じそうにもないことはわかっているし、私自身もこんな空想的な物を全然予期しなかったことはもちろんである。しかし、ここで心にとどめねばならないのは、機械力に頼る代わりに、ひとたび我々が、偉大な自然のエネルギーを動力に利用することを知ったならば、地上に建設するのと同じほど容易に巨大な宇宙船内に都市を建設できるということだ。ロンドンやロサンジェルスは、未熟な機械力と人力で大規模に築かれた幅64キロメートル近くもある都市であるー本来はたいした業績などだがー。しかし、一度引力の問題が征服されたならば、私達の宇宙都市も実現可能となるだろう。

・カルナが説明した。「このような宇宙船はたくさん建造されています。金星ばかりでなく火星、土星、その他多くの惑星で造られているのです。しかしこれらは一つの惑星が独占的に使用するのではなく、宇宙の全同胞愛のもとにあらゆる住民の教育や遊びに使用する目的を持っているのです。



「エイリアンの謎とデルタUFO」
(飛鳥昭雄・三神たける)(学研)2003/5/27 



<グレイは地球産UMAだ>
・とくに、グレイは日本人にとっては非常に馴染みが深い動物であるといってもいい。日本でもグレイは住んでいるからだ。昔から日本人はグレイをしばしば目撃してきた。ただ捕獲された正式な記録はないので動物というより、妖怪変化にされてしまっただけである。日本におけるグレイ、それは「河童」である。一口に河童といっても、そこには古代の被征服民や神話、それに呪術に至るまで、様々な要素が含まれる。その中のひとつに、実は未確認動物UMAとしての河童があるのだ。アイヌの伝承に登場するコロポックルや奄美地方のケンムン、沖縄地方のブナガヤやキムジナーもまた、そうした河童の一種でいわばグレイなのである。



「大謀略」  (UFO異星人VS米スパイ機関)
(異星人との密約による地球支配の陰謀の謎に迫る!!)
(中村省三)(グリーンアロー出版社)1990/12/1



<物理学者ラザーの証言で脚光を浴びたS−4施設>
・このセンター・フォー・アクション提供のラジオ番組が『ピリー・グッドマン・ハプニング』で、1987年4月までほぼ1年間にわたってラスベガスのKVEG局から放送されていた。そこでクーパーがゲストとして登場したりネヴァダの地下基地で作業したという作業員が電話で証言したりというように。異星人による陰謀説が話題の中心になっていた。

・そして1989年11月21日はボブ・ラザーという名前の科学者が出演している。ラザーは政府機関で働く物理学者でネヴァダのエリア51の近くのS―4という極秘施設で回収されたUFOの推進システムの研究に携わっていた。彼の証言によると、S―4には9機のUFOがあり、そのうちの数機は完全な保存状態で何機かは、過去から現在にわたってパイロットによるテスト飛行が続けられてきたという。

<UFOの超テクノロジー>
・ラザーによると異星人の宇宙機は地球上では合成できない115番元素(いわゆる超ウラン元素)を燃料に使用しているという。この自然元素は超新星もしくは二重星の星系(スター・システム)には存在しているので、そうした星の惑星からもたらされたものと見なされる。宇宙機は34グラムというごく少量の燃料しか使用しない。この元素には、プロトン(陽子)で衝撃を与えると、116番元素へ遷移する。その際に元素から放出された反物質が物質と対消滅反応を起こす。この反応では基本的に物質がエネルギーへと100%変換されるので、たとえごく少量の燃料でもきわめて効率がいいわけである。
なかなかもっともらしい説明だが、現在の人類が達成しているテクノロジーをはるかに上回っている内容なので、正しいかどうか判断のしようがない。しかも、この情報を裏付けるものとしては、ラザーの証言しかないのだ。また、ラザーはUFOについての極秘情報を公表したために彼のこれまでの学歴と職歴を政府機関によってすべて末梢されてしまったと主張している。こうしたことが本当かどうかは、ラザー自身が具体的な証拠や裏付けを提供して立証すべき事柄だろう。



「異人その他」 
(岡正雄) (岩波書店)1994/11/16



<異人>
・異人もしくは外人は、未開人にとっては常に畏怖の対象であった。あるいは彼らは、異人は強力な呪物を有していると考えて畏怖したのであろう。あるいは悪霊であるとも考えたのであろう。

・自分の属する社会以外の者を異人視して様々な呼称を与え、畏怖と侮蔑との混合した心態を持って、これを表象し、これに接触することは、吾が国民間伝承に極めて豊富に見受けられる事実である。山人、山姥、山童、天狗、巨人、鬼、その他遊行祝言師に与えた呼称の民間伝承的表象は、今もなお我々の生活に実感的に結合し、社会生活や行事の構成と参加している。



「宇宙人についてのマジメな話」
(平野威馬雄)(平安書店)1974/1/1



<地下王国アガルタ>
<小柄なヒューマノイド(類人)>
・それから、円盤の中には我々の世界のウェファースによく似た食物が貯蔵されていた。モルモットに食べさせてみたら、たちまちまるまると肥えた。飲料と思われる地球上の重水に組織の似た液体も船内に蓄えられていた。

<1955年のUFO専門家のストラウス中佐の途方もない説>
・円盤の発進地はどう考えても地球上で、決して他の遊星から飛んでくるのでは絶対ないというのである。
・円盤はことごとくわが地球の地下の世界から飛んでくるのだ。そして、この地下の世界というのは、仏教徒や精神論者たちのいう、いわゆる“アガルタ”なのだ・・・という。
・ところがこの“地下説“というのがあの有名なデ・ソーザ教授の創意だが、ほとんど根拠がない。アトランティスの後裔が地底に国をつくっていて、地下王国の住人たちは地上の人類の想像も及ばないような機械や殺人光線のような強力な光線によって人類の作った核爆類なんか瞬時に無効にしてしまうというのだ。要するに空飛ぶ円盤は、太古の高度の文化を持った地球人たるアトランティス人が作った空間を飛ぶ普通の交通機械だ・・・というわけだ。こうした説も楽しいものだが・・・・。

<知られざるプラズマ戦闘機の開発とロズウェル事件の真相を暴露する!!>
・しかも異星人は一種類だけではないらしい。少なくとも4種類の異星人が存在する。具体的にそれらは、グレイ、ラージノーズグレイ、オレンジ、ノルディックと呼ばれている。
グレイは人間を誘拐するときに現れる異星人で、ヒエラルキーでいえば、一番下。現場の作業を行う種族。グレイを統括するのが、ラージノーズグレイ。ラージノーズグレイは、その名の通り、大きな鼻が特徴で、グレイよりも一回り体も大きい。
オレンジとノルディックは、さらに上の階級で、その容貌は地球人に似ている。オレンジは髪が赤毛でオレンジ色をしている。ノルディックは皮膚と髪の毛が白く、北欧系の人種を連想させることから、この名があるという。

<爬虫類エイリアン・爬虫類人レプトイド>
・レプトイドという語は「ダルシー文書」に登場する。グレイとは別系統の種族であるという。NSAは映画やテレビのメディアを通して、こうしたイメージを流す。大ヒットした{V/ヴィジター}というテレビ番組があるが、ここに登場するのは人間の皮を被った爬虫類エイリアンで、まさしくレプトイドそのものだった。アイデアを出したのは、かのエドワード・テラーだといわれている。UFOと陰謀論が結びついた昨今、エイリアンの主役はグレイからレプトイドへと流れが変わってきている。デビット・アイクらは、シュメールの神はレプトイドであり、ユダヤ人はその子孫だと主張。血統はヨーロッパの王家やエスタブリッシュメントの間に受け継がれ、やがて世界支配を企んでいるという暴論を振りかざす。ここまでくると偽情報以前の問題であるといってもいい。

<宇宙人に会った日本人>
・最初の人、安井清隆(仮名)さんは、ぼくと非常に昵懇な友達なので、本当なら文句なしに「これは事実だ」と声を大にしていいたいのだが、生まれつきスペプティックにできているので、おいそれとは太鼓判を捺すわけにはいかない。次の松村雄亮さんも、ひところ、かなり親しくおつきあいをしていたので、この人についても文句なしに肯定したいのだが、やはり、そのまま納得するにはへだたりがある。だから伝えられ叙述されたままにここに移し判断は、皆さんにお任せすることにした。

・この安井清隆(仮名)の予告はやはり円盤狂の作家、北村小松氏(故人)をへて、三島由紀夫氏(故人)に伝えられ、三島氏は深夜の仕事をしながら円盤の出現の時刻を待ち受けたのである。その時の経験を昭和35年の“婦人倶楽部”9月号にこう書き残している。
「・・・(午前)4時半になると、待ちかねて仕事も手につかないでいた。私は、妻を叩き起し寝ぼけ眼の彼女をうながして屋上へ昇った。私は、双眼鏡を肩にかけ、妻はカメラを携えていた。・・・5時25分になった。もう下りようとしたとき、北の方の大樹の陰から一抹の黒い雲が現れたーすると、その雲が、みるみる西方へたなびいた。・・・・妻が『あら変なものが・・・・』といった。みると、西北の黒雲の帯の上に、一点白いものがあらわれていた。それは薬のカプセルによく似た形で左方が少し持ち上がっていた。そして、あらわれるが早いか同姿勢のまま西へ向かって動き出した黒雲の背景の上だからよく見える。私は、円盤にも葉巻型というのがあるのを知っていたから、それだな、と見たー」
安井さんの予告通り、空飛ぶ円盤が現れたのだ。
観測者は、三島由紀夫氏、今となってはその生きた証言はきけないが、三島氏がウソを書くはずがない。今年に入ってからも円盤実見のケースは無数である。カメラでとらえた人も百人を超えている。だが、円盤に乗った宇宙人と会い、そのうえ、円盤にのって“あの星”へ行ったという地球人は、世界広しといえども、安井さん一人であろう。

<母船内部の円盤発着場から降り立ち、廊下へ出ると、再び地上に降りたのではないかと錯覚するほどであった。それは渋谷か新宿の大通りの観を呈していた>
<CBA(宇宙友好協会)>
CBAの元祖、松村雄亮という人の世にもフシギな足取り。

<直接コンタクトが始まる(1958年)>
・そこで、二人は野毛の「ヨテアモ」という喫茶店で相対して会った。北欧系のある種の神秘をたたえた美しい顔からは、終始、微笑が絶えなかったー年の頃は、21、2歳であろうかーワンピースの上は首からさげた直径5センチほどの装飾品が絶えず7色に光り輝いていた。

・ここで、彼女は、自分は最近日本へ配属された宇宙人であること、現在横浜に3人、東京に4人の宇宙人が来ていること、キャップは東京にいることなど打ち明け、あなたは東京のキャップに会うようになるだろうといった。

・左肩をポンと叩かれた。振り返ってみると品のよい外国の紳士が立っていたという。一目見ただけで、ああこの人は宇宙人だ・・・と分かった。これは私にとっては新しい経験だった。見ず知らずの一人の人間を一目で宇宙人とわかる・・・これもやはりテレパシーの一種だったらしい。
さて、宇宙人は松村を近くの喫茶店に連れて行った・・・17日に桜木町である美しい女性に言われたことが早くも実現したのだ。この人が、日本における宇宙人のキャップだった。

・直径30メートル位の円盤の乗員は12名で、一人だけが日本語を上手に話した。他は、皆英語しか話せなかった。

・母船内部の円盤発着場から降り立ち、廊下へ出ると、再び地上に降りたのではないかと錯覚するほどであった。それは渋谷か新宿の大通りの観を呈していた。ただ歩いているのが外人ばかりで、すれちがっても誰も振り返ろうともしない。

・三々五々、散歩するごとく、また用事ありげに通行しているのである。この大通りは母船の中央を貫き、長さ2000メートルはあると思われる。

・これで、日本におけるただ二人だけしかいない、コンタクティーの素描を終える。ダニエル・フライやベサラムやアダムスキーやその他の多くの外国のコンタクティーの話を信じない人は、この日本の二人の話も信じないだろう。信じる信じないは、どうでもいい、ただこういう体験をしたと、物語った二人が日本で今、健在だということだけを記せばいい。

<「空飛ぶ円盤の背後」のフランク・スカリ>
・フランク・スカリは、ロサンゼルスのコンタクトマンの一人で1950年の9月『空飛ぶ円盤の背後』という本を書いたといわれ、ベストセラーになったのだから、いかに円盤に関心を持つ人が多いか分かる。

・その円盤の中には、いずれも人間を半分ほどにちぢめたような小人生物が乗り込んでいた。この連中が地球以外の天体からやって来たことには一点の疑問もない。おそらく金星から来たのだろう。この小さな生物は身長90センチ、その筋に確認されたものは、着陸時、すでに円盤内で死んでいたが、そうでないものも着陸後まもなく死んでいる。その死骸は空軍部隊の手で円盤と一緒に何処かへ運び去られた。なんでも解剖後、ホルマリン溶液につけて、某所に保存されていると、スカリは言っている。

・彼らは、16体の小人の死体を中から運び出して、それを地面の上に並べた。身長は90センチから1.05メートルだった。いずれも、濃紺のユニフォームを着ていた。小人といっても見世物で見られる不具者と違い五体の釣り合いは我々人間とは全く同じだ。ただ、一同が奇異に感じたのは、何か高熱にでも遭ったように、その肌はチョコレート色に光っている。丸焼きにされた七面鳥のような感じであった。

・とにかく、非常に軽いのである。直径30メートルに及ぶかなり大きなこの船体で、2、3人の力で、らくらくと持ち上げられるのだ。アルミニウムのようにもみえるが、どうやらアルミニウムとは似ても似つかない。一万度の高熱による150回の試験にもびくともしなかった。同時に船体の解体も不可能だった。

<宇宙人は4次元に存在する>
・メード・レイヌは「円盤は4次元に存在」という。
・音と色のスペクトルがあるように(我々には聞こえない音と見えない色がある・・・ということ)、非常にデリケートで不可触の“触覚”のスペクトルがある
・ここまではいいいが、彼の理論がだんだん佳境に入ってくるにつれ幽界だの、神霊界の世界が飛び出してくるので、ちょっとややこしいが。
・円盤および宇宙人をエーテル体と仮定している。
・宇宙人というのは我々が、常日頃考えているような遊星間訪問者などではなく、他の次元―いうなれば、4次元―の世界に住む非常に優れた実体なのである。

・宇宙人の実体をエーテリアン(霊人)と呼び、彼らの乗用する円盤のことをエーテル船(霊船)と呼ぶべきだと言っている。

・これらの幽界的な通信者たちは、“霊媒を支配する霊”として知られる。
・我々の物質は非常に希薄な種類の原子によってできている。原子の構成分子が非常に高速で震動しているために、著しく濃厚になった別種の物質を頭に描いてごらんなさい。このような物質は風や水が1ミクロンの大きさの網の目をとおりぬけることができるのだ。一例として、幽霊が石壁をスーツと通り抜けるのなどそのたぐいだ。もちろん、これは幽霊の存在を肯定してのことだが。このような幽霊を構成している物質は高度の震動速度をもっているのだから、我々の知覚の範囲を超えているわけだ。したがって、常に異なった速度で、震動している異なった物質は、我々が、全く気づかぬのに、すぐそばに存在し、我々の体をつきぬけていくことができるのだ。
・レイヌと、その通信霊たちの語るところによると、エーテリヤン(霊人)は、非常に高い次元に属しており、多くの円盤を操縦しているという。

・彼らは、よほどの事情がなければ、地上で人間として住むようなことはないが、彼らは、自らを地上の人間と同じに考えている。つまり人間の持つ理解の力と同程度の知性を備えている。

・彼らは、偉大な科学的、精神的進歩をとげているのだから、必要な時はいつでも我々地上の人間の目に見えるような姿で現れることができる。つまり震動速度の色々な変化を自由にコントロールすることによって、人間の眼にみえるようになったり、消えたりできるのだ。
この震動の速度が我々の持つ普通の速度まで下がると、彼らは、その乗っている円盤と一緒に、人間の眼にみえるようになってくれるのである。

・こうした変貌自在の操作を一般に「物質化」と「非物質化」とか呼んでいるが、レイヌの省略的表現によると「マット」「デマット」というわけだ。

・UFOがまるで謎か神秘としか思えないほど、突然形を変えたり、パッと姿を消したりすることを報じている多くのUFOリポートも、この「マット」「デマット」の理屈さえ飲み込めば、それほど難しいものではない。

<彼ら(宇宙人)の仕事といえば、我々の生命に対する科学的研究のノートを作ることにある>
・彼らの多くは金星(我々は、普通、この遊星を物質として考えている)ではなくて、金星によく似たエーテル体の副金星からやってくるとされている。彼らは、他の遊星からも、また銀河のかなたからやってくるーこれらの地域を同様に非物質的基盤と考えるならばである。

・彼はまた恐ろしい地震も予言した。ルンツ教授は、円盤にはそれほど重大な目的などはなく、彼ら(宇宙人)の仕事といえば、地球自体の物質条件とともに、我々の生命に対する科学的研究のノートを作ることにある。

・あらゆる方面で文化が著しく進歩をとげたときは、その頂点を超えだし、単に衰亡の一途をたどるのが一般である。エーテル(宇宙人)たちは、必要とする情報を十二分に入手したら、彼らは、それをその文明が崩壊するまで、保持している。別の文明がおこり、それがまた、ある点まで発展をとげたなら、不思議な神秘的な組織を通じて、それらは再び地球の人類に手渡される。

・かくて、宇宙人(円盤人)は、ある意味では人類の保護者として、また時には科学的観察者として、あるいはまったく利害関係のないオブザーバーとして存在している。

・霊界を支配する霊たちは、次のように警告する。「エーテリアンの抱いている道術の理念は我々のそれとは全く異なり、エーテリアンは、我々の大切に思っている全てのことを,アブラ虫のごとく軽く見ているらしい」。しかし、すべての宇宙人がエーテル人(霊人)だというわけではない。宇宙にはあらゆる形、あらゆる色の生命体がいる。これら、非物質的実体に加うるに、おそらく、現実の固体としての円盤が存在していて、我々の面(物質の面)で、永久に同座して、他の物質的な天体から、本当に飛んでくることも確かだ。



「UFOに乗った少年」 
(星野明彦)(ストーク)1999/10/1
(あなたはアブラハムの子)(天中童(ペンネーム)の体験)



<郷土の伝承とUFO>
・四国・松山の隣りである砥記町のある池では、夜になると水面に浮かんだ金の亀の中から金色の王子が出てきて、甲羅の上で遊んでいるのが、しばしば村人に目撃された。
(そのものズバリ、見たままが伝承された貴重なもので、恐らく宇宙服を着た搭乗者がなにか作業をしていたものと思われる。

<UFOの推進原理>
・その真偽は別として以前テレビのUFO番組でアメリカの軍事施設エリア51では、CIAがエイリアンと共同で極秘に様々な研究をしていると報告されていた。そしてそこで、かってUFOの推進原理を研究していたとされるロバート・ラザー博士がエイリアンのUFOに地球ではまだ発見されていない元素物質が推進リアクターとして使用されていたと発表したが、天中氏の説との関連で興味深い。

<地球に住む宇宙人>
・著者が天中氏にどうして宇宙人と分かるのかと聞くと何となくテレパシックに印象が違うそうで、とにかく地球人と受ける波動が違うそうである。



「宇宙人についてのマジメな話」
(平野威馬雄)(平安書店)1974/1/1



<空飛ぶ円盤に憑かれた男><岡山市の安井清隆(60歳)(ペンネーム)(故人)>
・ 星の住人は、ちゃんと男女の性別があり、目は碧く、髪は金髪だったという。

・ 地球人ともっとも違うのは、その生存期間です。百歳はまだ幼児期で、平均寿命は3万年から4万年ということでした。それに「老」「病」がなくて、3万歳の人も青年みたいな風貌をしていました。

・ 住民は小型円盤がそのまま、マイハウスになり、高層建築に見えるものも、小型円盤の積み重ねだったという。

・ 空飛ぶ円盤なので、移動はむろん簡単。

・ 星全体が単一国家でほしいものは定められたところへ行けば、すぐに支給されるので、争いもなく戦争も皆無の理想郷。



「UFO遭遇と真実 [日本版]」
(久保田八郎)(中央アート出版)1998/4/1



<円盤や母船に乗って別の惑星に行ってきた!  体験者;秋山眞人>
<肉体のまま母船に乗って>
<他の惑星の大文明>
一人は背の高い金髪の白人タイプだった。その人は、非常にこまやかな印象を与える人であるが、他の人は、大体に165センチから170センチくらい。面白いのは髪の毛はいつも散髪したばかりというようなきれいな状態で、もみあげなどないピシャッと決まっている。皮膚は、ツルツルして、ひげは、見当たらない。
女性の異星人は、日本人タイプで、髪は黒いし、身長は女にしては少し高めで、165センチ以上はあった。出身惑星は金星人が三人と水星人が三人。最初の静岡駅前の地下街の喫茶店で会った人は水星人だという。

・秋山氏が大母船に乗せられて訪れた惑星は水星と金星、それにカシオペア座の方向に存在している一惑星へ連れていかれたことがある。
・その惑星の人間は大きくて身長は2メートル前後。人々は金髪の白人タイプで、すごくいい感じである。みな映画スターみたいに顔立ちがきれいにととのっている。

<急に姿を消す技術とは>
急に姿を消すのはあくまで科学的な方法であって、異星人はこんなことは、朝飯前にやっているとも付け加えた。
<同質結集の法則>(宇宙には法則は三つしかない)

1、物事は繰り返す。2、同じ質のものは集まる。3、物事はほぼ相対的な性格をもって成り立っている。

<金星人の服装と姿>
・服装は4種類くらいある。まず、ガウンのようなすらっとした衣服をベルトでとめているのが一つ。アダムスキーが砂漠で金星人に会ったときに、その金星人が着ていた両袖と両足首の所がすぼまったタイプの服は、一種のホームウェアで、行動する時の専用服装だ。
長老クラスの異星人になると昔のギリシャ人のような服装を身につけている。布一枚をぐるっと体に巻きつけたような格好だ。しかし、長老に対する表現の言葉は思いつかない。あまりにも高貴で荘厳であるからだ。その容貌はギリシャ人的な顔で、まるで聖書の挿絵に出てくる感じである。白ひげをあごにスーッと伸ばした長老もいれば、全くひげをはやしていない長老もいる。




【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/karasusan1122/463679
くる天
プロフィール
ヤマドリ1122 さん
日本は津波による大きな被害をうけるだろう  UFOパラレル・ワールド
地域:秘密
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
チャネラーやコンタクティの情報を集めております。
森羅万象も!
カテゴリ
全て (1314)
UFO (484)
森羅万象 (793)
アクセス数
総アクセス数: 104043
今日のアクセス: 18
昨日のアクセス: 72
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved