このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる。(3)
[森羅万象]
2021年9月7日 23時0分の記事


「円盤に乗った青年のマジメな話」 
(昭和49年、北海道宇宙人事件の真相)
(平野威馬雄)(平安書房)1974/1/1



<ニコロでの記者会見>
田中:「小人の丈がだいたい1メートルくらい」

<タコのような宇宙人>
平野:「こんな感じ?・・・へえ、こんな、タコみたいなの?・・・そして、こんな、体中にブツブツのイボがあったの?」
田中:「ブツブツがいっぱい体中にあったのです」
藤原:「このブツブツは、ずーと体中、イボみたいになっていたんです」
平野:「ぼくもずいぶん宇宙人について書いたし、いろんな宇宙人の画も見たが、やっぱり、これと似ていたな」

<私の住む町に円盤か!?>
・よく『狐つき』に間違われたアブダクション(誘拐)・ケース

<藤原由浩君の独白>
<動き始めたマスコミ>
・藤原君を無理矢理、12チャンネルのテレビに出演させることになり、25日に数名のUFO関係者が集まった。四国までわざわざ介良村での怪小型円盤飛来の顛末を調べに行った林一男君、UFOの権威・荒井欣一氏、宇宙人らしいものをカラーで撮った浅野良雄君、日本大学教授・崎川範行氏、そして藤原君と小生が出た。『奥さん二時です』という川口浩司会の番組だったが、ほとんど時間がないので、何もいえずかえって誤解をまねくことになるのではないかと終って思った。
が、とにかく出演後、放送局のロビーにNTVの矢追純一さんらがいてくれて、日本テレビか矢追さんの指揮のもとに、本格的な取り組みをして、適切な方法で取扱、放送ということに話が決まった。



「UFO遭遇と真実[日本橋]」
(久保田八郎)(中央アート出版局)1998/4/1



・残念ながら、北海道をひんぴんとして飛ぶUFOリポートは、時日不足のため十分集めることができなかったが、いかに多くのUFOが、過去数十年間以来、北海道に現れたか・・・ということを記しておきたかっただけなので、その他、十勝上空や函館その他にも何百回となく出現している事実をもってしても如何に北限の地がUFOにとって楽しいコースであるか・・・が、わかってもらえると思う。

<北海道の新聞におけるUFO出現記事の多さ>
<北見の空はUFOの定期航路か><円盤と超能力とキツネツキ>
<由浩君円盤誘拐事件直後のインタビュー>
1メートルの小人の円盤にさらわれた!!

<北限の北見の僻村ニコロでのイベント>
<平野威馬雄さんと宇宙人のこと(横尾忠則)>
平野氏の恐怖的電話の内容というのは、実は北海道に宇宙人が現れて、円盤の中に青年が連れ込まれたという事件が二日前に発生し、この事実をある放送局がスクープし、ニュースで放送すべきかどうかという相談がたった今、北海道の放送局からあり、その放送局は大混乱してなんとか平野氏に北海道まで来てくれないかと頼んでいるといった。ぼくにも一緒に北海道まで行きませんかというようなことだった。

<旭川市郊外の夜空に展開した物凄い光景><目撃者;松村芳之>
<巨大な円形の物体、上富良野東方>
・11時を少し過ぎた頃、突然I君が「あっ、あれは何ですか?」と指した。見ると遠方の見かけ上、低く見える山脈の山と山の間のすぐ上の空中に、まっ白い円のような物がポカリと浮かんでいる。だが、月にしては色が白すぎる。あんなところに月が出るはずはないのにと思いながら凝視していると、なんとその丸い物体がみるみるうちに膨らんで大きくなるではないか!しかもその輪郭はまるでコンパスに描いたように完全な円形なのだ。
その円形物体は膨らみながら次第に天頂の方へ移動してきた。そして、私達が、立っている場所を中心にして、ますます膨らみ続けた!唖然としている二人の上空を完全な円形の物は巨大な円となって、ほとんど全天を覆うばかりに拡大した。しかも驚いたことに、円形物の周囲の縁には太い白銀色の輪がはまったような状態になり、それが凄まじい輝度でもって正視できないほど強烈にギラギラと輝くのだ。「うわーっ、こりゃ一体何じゃ!」

<UFOに乗ってエジプトまで飛んだ少年><目撃者;天中童(仮名)>
・四国・松山の5歳の少年が巨大な円盤に乗せられる。

<不思議なおじさんとの出会い>
・「坊や、出ていらっしゃい」。童坊やは起き上がると、そっと家の外へ出た。すると家のすぐそばに例の背の高い白い服を足元まで垂らしたおじさんが立っているではないか。「あ、また来た!」坊やは嬉しさのあまり笑顔で走り寄る。おじさんはとても優しくて温かい雰囲気を放っている。2メートルもある大男で頭は例のごとくオカッパ。顔は白人タイプで彫が深く、目は大きい。皮膚はツルツルして髭などはない。服装はアラブ人の着るガラベイヤという民族衣装に似たベルトのない足元まであるだぶだぶの服だ。髪も長く、靴も白くて、先がずんぐりした丸みのあるものを履いている。

<暗闇の中に巨大な円盤(直径40メートル位)が浮上>
<特殊な白い服を着ている男たち>
・どの男たちも、おじさんによく似た大男である。顔つきも白人タイプで、顔は金髪のオカッパ、服装も同じで白くて長いガウン。おじさんの服と違う点は、首と両腕の付け根の部分に丸い穴が開いており、そこから首と両腕を通して着るようになっていることだ。おじさんも船体の中に入ると長袖の服を脱いで、それに着替えた。

<金星人オーソンに酷似した人もいた!>
・男たちはみな若々しい青年ばかりで、五人だけは男だったが、一人だけ女のように見える人がいた。その人は、明るい茶色の上下続きの服を着ている。首の部分が丸く、腰には幅の広いベルトを締めている。下半身はズボン型で、裾の先は絞ってあって、長い袖の先も絞ってある。靴も茶色だ。この人だけは、他の人のオカッパと違って、金髪が異様に長く、両肩の後ろまで垂れていた。すごく綺麗な髪である。また、身長も他の人のように高くはなくて、160センチ、日本人の平均身長と同じくらいだった。



「聖別された肉体」(オカルト人種論とナチズム)
(横山茂雄)(風の薔薇)1990/10/1



<ルーン文字>
・『人類の最盛期』(1930年)において、頂点に達するゴルスレーベンの奇怪な神秘主義の中核を成すのは、リストから引き継ぐルーン・オカルティズムであった。彼はルーン文字を手掛かりに太古の栄えあるアーリア文明を再構築しようと欲し、ルーンとは「神の息子たち、アーリア人種」の人種=人間霊と世界霊との本当の関係から生じたものであり、これらの文字は真の探求者をその宇宙的故郷へと連れ戻し、神との神秘的合一を授けてくれる、と主張した。したがって彼は、紋章からピラミッドにいたるありとあらゆる場所にルーンの痕跡を「発見」することになった。

・白色人種はアトランティスから発生したものであり、アトランティスとは、神人の住んでいた理想郷、「ドイツの伝説のアサ族の地に他ならない」と記して、アトランティス伝説を自分の妄想体系の一部に組み込んでいる。アトランティスと並んだゲルマン民族の始源
を示すものとランツが考えたのは、ブラヴァツキーが第二根源人種ハイパーボーリア人の名前にも選んだギリシア神話で北国の彼方の極地の地に住む神聖な民とされるヒュペルボレオスである。かれは、ヒュペルボレオスとはゲルマン民族のことを意味するのだと断定した。

<アーリア人種>
・『20世紀の神話』において、アーリア人種が世界史の舞台でこれまでいかに大きな役割を果たしてきたかを彼らが常に支配人種であったことを、ローゼンベルクは力説する。そして、金髪白晢碧眼のアーリア=ゲルマン人種とその北方的文化の絶対的優位性を証明するために彼が導入したのは、アトランティス北方説及びアトランティス本地説に他ならない。

・ローゼンベルクによればこれらアトランティス=アーリア人たちは「白鳥の船及び龍頭の船に乗って」地中海からアフリカへと渡り、また陸路を通って中央アジアを経て、中国へ、また南北アメリカへと大移動を行った。彼はまたヨーロッパから北アジア、アイルランドへといった移動経路も想定している。それらの移動の「証拠」として、ローゼンベルクはたとえば、古代エジプトの支配階級の風貌には、アーリア=アトランティス的要素(つまり金髪白晢碧眼)が見出せると主張し、一方、その被支配階級ハム人種は「アトランティス人と異人類の原始民族の混合的変種であると断定する。さらに楔形文字やその他の地球上の文字の起源が「アトランティスの(祭祀的)象徴に遡る」可能性までが暗示される。



「黒魔術師ヒトラー」  (今、甦る暗黒時代の恐怖)
(ジェラルド・サスター)  (徳間書店)1984/8/1



<隠れたマスターたち>
・(トゥーレ)は、北の果てのどこかに消えた島と考えられていた。グリーンランドの沖合いか、それともラブラドール周辺だろうか。
トゥーレは、アトランティスと同じように消え去ったある文明の魔術的中心地であったとも考えられていた。エッカルトとその仲間たちは、トゥーレの秘密の全てが失われてしまったわけではないと考えていた。人間と外部世界からやって来た高度の知能を有する存在との間に介在する者達がドイツを再び世界の支配者へと導くために、またドイツを来るべき超人種族の揺りかごにいざなうために必要な力を彼らは、秘法伝授者に授けたのだ。

・いつの日か、ドイツの軍勢が地球の精神的運命を妨害している全てのものを取り払うために立ち上がることだろう。その軍勢を率いるのは「全てを知っている者たち」であり、エネルギーの源から力を引き出し、「古代世界の偉大なる者」に導かれている男たちである。このような神話の上にエッカルトとローゼンベルクのアーリア民族論が成立している。これらのいわば魔術的社会主義の「予言者たち」がヒトラーの霊媒的な心に吹き込んだのも、こうした神話なのである。

・トゥーレ・グループは真面目な魔術的な結社であった。単に神話体系の末梢的な研究を行ったり、意味のない儀式をやって見せたり、世界制服を夢想することだけではなかったのである。彼らは、入門者に魔法の諸技術の実践や自分自身の潜在力を目覚めさせる方法などを教えている。その中には、リットンの「ヴリル」とか、ヒンズー教の「クンダリニ」といった微妙な力のコントロールがあり、視覚化を通して望ましい状態を創出するという体系的な方法などがあった。「隠れたマスターたち」、あるいは「知られざる超人たち」といった前述の神秘的存在と交流する技術なども含まれている。ヒトラーは、これら全てのテクニックを学び、そして自分がすでに持っている意志の一点集中能力は、感情をたかめることによって著しくパワーを増大させることができることに気づいたのかもしれない。



「仙境往来」 (神界と聖地)
(田中文雄)(春秋社)2002/12/1



<「洞窟の内部」>
・現在の南京の周辺にあたる金陵という場所、豊かで奥深い地下の聖地を蔵していた。また、大地の肺臓のような世界、つまり空洞が広がっているとする。「肺」とういうのであるから、鍾乳洞の中のような様子を想像していたのであろう。ただ、そこを訪れる人は、その内実を知らないというのである。

・また、この山の洞虚の内部を見れば、内側に霊府(神々の役所)があり、洞庭(大きな空洞の庭)は四方に開けて、巌穴は長く連なっている。

・多くの洞は、お互いに通じ合っていて、それらの路を行くと、いくつかの路に分れる。四方に交わっていて、そこには真仙たちの洞館(すまい)があるとされる。さながら、地下王国の観がある。

・もう少し、具体的に洞天内の様子をみてみたい。洞虚は四郭(角)で上下はみな石である。上の平らのところは土の下にあり、ちょうど(その上の)十三、四里で地表面に出る。
東西は四十五里、南北は三十五里の真っ平らな方形で、その中の虚空の場所は、一百七十丈、下処は一百丈。下の土台は岡やうねなどがあるが、上の蓋は平らであるとある。つまり、洞天は、地中にあり、周囲一百六十里(約七十キロ)にも及ぶ巨大な石室である。下方は普通の土地のように起伏があるが、上方はまったく平らであった。
 この地中世界には、地上世界と同じように太陽と月がある。つまり、洞天内には「陰暉夜光」と「日精の根」があり、この内部を照らしており、明るさは日月と同じである。

<洞天内は、まるで現実世界と異ならない様相をしている。>
・また「句曲の洞宮に五門あり」と記され、この洞天への入り口が五つあったことがわかる。ただし、この洞門は外人(俗人)のためのもので、真人や仙人はここから出入りはしないという。たぶん、真人や仙人は、神界から門を通ることなく、直接にこの地にくると考えられていたのだろう。この門は、人間が入ることができる神界とこの世の接点なのである。

・洞天内には、虚空の中にみな石の階段があり、曲がりくねって門へとつながり、上下に往来することができる。そのため、人がそこへ入っても、まったくここが洞天内とはわからず、外の道路だとしか思えない。日月の光も、草や木、水や沢も、まるで外界と変わらない。また、鳥が飛び、風雪もあるので、{異界であることを}疑いもしない。洞天内は、まるで現実世界と異ならない様相をしている。
 この洞天は、地下道によって、他の洞天と結ばれる。つまり、東は林屋へ通じ、北は岱宗(泰山)に通じ、西は峨嵋に通じ、南は羅浮に通じる。その通路は、みな大きな道である。その間に小さな路が入り交じって通っている。前述の林屋山洞(第九大洞天、江蘇省・太湖)、東岳太(泰)山洞(第二小洞天、山東省)、峨嵋山洞(第七小洞天、四川省)、羅浮山洞(第七大洞天、広東省)と地下道で通じているとするのである。

・『真誥』の勾曲山洞についての記述は、著者の陶弘景がこの山を活動拠点にしたこともあってか、地下通路のセンターのように描かれる。地上世界と、それを取り巻く天体を、そのまま縮小したような小宇宙を形成している。それが地下にあるため、他の洞天との通路も地下道となる。

<「洞天内の建物と住人」>
・さて、この洞天のなかで暮らすことができるのは、どんなひとであろうか。住人は、かって道徳的に優れたことをした人々である。

・地下主者とは、「地下主者に三等(階級)がある。みなこの世で功徳があった者である」と区分がある。
一等地下主者は、もっとも下の者で、百四十年して一進して、はじめて仙階(仙人の世界)に進むことができる。
二等地下主者は、中間の位で、ただちに仙人階級になれる人で、百四十年して進んで官禁の位(世間の役人のようなもの)に補任される。
三等地下主者は、一番上の者で、仙人の住まいに出入りでき、神の世界にも遊ぶことができる。

・地下主者は、完全な神仙撰になる前の修業中の人といえる。仙人の仮免許を持った人といってもよいかもしれない。

・この易遷宮と童初府には、東海青童君という神が、不定期にやってきて、諸宮の人々を見まわる。これらの宮にいる仙人は、みな少しずつ昇進して、この宮に入ることができたのである。
・地下主者の高位者になるまで、百四十年が一単位として進むという。どの地下主者に振り分けられるかは、現世においてどれだけ功徳を積んだかによる。

・普通、仙人を階級的に分ける場合、『抱朴子』論仙篇にあるように、最上は白日昇仙(衆人環視の中で仙界に昇る)する「天仙」、次に名山に遊ぶ「地仙」、最も低いのは死んで後に行方をくらます「尸解仙」と三つに分けるのが普通である。しかし、上述の文献からは、さらにその下に地下主者がいることになる。



「オカルティズム事典」
 (アンドレ・ナタフ)(三交社)1998/7/1



<アガルタ、世界の中心=ナチとトゥーレ>
・<世界の中心>という考え方はギリシア文化、ヘブライ文化の中に見出される。それは、オカルティズムの中にも存在する。

・この「アガルタ」というチベット語は、「地球の中心にあり、<世界の王>が君臨する地中王国」という意味である。「地球の中心」は明らかに象徴的な場である。ギリシア人は大地の中心である「デルポイ」をいわばへそ(オンパロス)と呼んだ。大きな都市国家はすべて周辺空間を神聖化した。また、そうした都市国家をつくること自体、宗教的意味合いを持っていたから、それは「世界の中心」といわれたのである。中心がいくつか同時に存在したため問題を生じたが、これは政治的に解決された。

・<中心>という観念には興味をそそるものがある。というのも、その観念はミクロコスモスとマクロコスモスの照応を連想させるからだ。また哲学的にいうと、<普遍>と<個>との一致をも想起させる。<地球の中心>の観念はジュール・ヴェルヌが『地底旅行』で利用した神話とも暗に呼応している。しかし、中には、この神話をめぐって放埓な空想をほしいままにした者もいる。神秘主義者サン=ティーブ・ダルヴェードルは<アガルタ>という語をリバァイバァルさせた張本人だが、彼はそれに「霊的な親近性」を認めることで、自分のシナーキー運動を正当化させようとしたのである。

・探検家F・オッセンドフスキーの『獣、人間、神話』によれば、1922年、モンゴルで、アガルタに身を潜める<世界の王>の密使に出会ったという。『世界の王』という著作をものにした神秘主義者ルネ・ゲノンにいたって、ようやく放縦な空想からの誘惑に屈しなくなる。
 トゥーレのような<北方楽土>をめぐるシンボリスム(トゥーレはナチの御用学者ローゼンベルグ『二十世紀の神話』の中でゆがめられ、骨抜きにされている)が存在するが、それらはいずれもアガルタになぞらえることの可能な形象である。



「大いなる秘密」 レプティリアン(爬虫類人)
 デーヴィッド・アイク(三交社)2000/8/1



<フリーメイスン石工ギルド起源説は隠れ蓑>
・フリーメイスン石工ギルド起源説は隠れ蓑、「黄金の夜明け」創始者ウエストコットが明かした真の真相。

・秘密の知識を伝える者たちは、二つの流れに分けられる。その一つが、一般の人々の中にあって、知識を代々伝えていく者たちだ。彼らは、宗教的、政治的エスタブリッシュメントからの迫害を避けるため、神話やおとぎ話といった形でその知識を伝え続けてきた。

そしてもう一つの流れが古代バビロンの時代より続く超秘密結社バビロニアン・ブラザーフッドだ。知識を独占する彼らは、宗教的政治的エスタブリッシュメントを操作し、世界を支配している。前者は、後者のバビロニアン・ブラザーフッドから常に攻撃、迫害されてきた流れである。こうして合計25万もの人々が「魔女や魔術師」として虐殺された。英国だけでも約3万の人々が殺されているのだ。

・フリーメイスン・ムーブメントによってブラザーフッド・ネットワークの様々な要素が結び合わされた。フリーメイスンのロッジは、彼らの秘教ネットワークに属する人々の主要な集会場所となった。

・秘教的悪魔結社「黄金の夜明け」の創始者であるW・ウィン・ウエスコットは秘教的知識の地下水脈につながる者であり、フリーメイスンの真の真相に通じていた。彼は、その著書「魔術メーソン」のなかで、フリーメイスンの起源について述べている。すなわちエッセネ派、パリサイ派ユダヤ(レヴィ人)、エジプトやギリシアの古代神秘主義結社、ドイツ・ウェストファリアのフェーメ裁判所、ローマの神学校、フランスの修道会、そして薔薇十字会。これがフリーメイスンの起源であると、彼は言う。

<英国情報局、CIAなど世界のスパイ・ネットワークと異星人とのつながり>
・英国情報局、CIAなど世界のスパイ・ネットワークは悪魔的目的でベーコン、ジョン・ディーなど秘教の魔術師の影響で創設された。

・現在、英国諜報部として知られている、ヨーロッパ中に広がるスパイ・ネットワークが作られたのは、ベーコン、ジョン・ディー博士、フランシス・ヴェルシンガム卿など、秘教の魔術師たちの影響によるものだった。英国情報部を作ったのは、レプティリアンの血流からなるバビロニアン・ブラザーフッドだったのだ。後に大英帝国領全域にまで、そのネットワークを拡大した英国諜報部は、アメリカにも諜報組織を作り上げた。それらのネットワークは、現在でも存在している。

・CIA(合衆国中央情報局)は英国諜報部のエリート・メンバーたちによって作られた。日本への原爆投下を公式に命じたフリーメーソン33階級の大統領ハリー・S・トルーマンのときのことである。彼に指示を与えていたのは、CIAの前身たるOSS(戦略事務局)の長官を務めていたビル・ドノヴァンであった。

・英女王お付きの占星術師であったジョン・ディーは魔術師にして薔薇十字会のグランド・マスターであり、現在は秘密情報組織のエージェントであった。彼はどこからか「エノク書」を手に入れていた。彼は超能力者エドワード・ケリーとともに天使(レプティリアン)との交信を通じて「エノキアン・スクリプト」と呼ばれる文字言語を作り上げた。

・ディーは、自らの報告書に「007」と署名していた。ジョームズ・ボンドと同じだ。「007」シリーズの作者イアン・フレミングは、20世紀における英国諜報部員であり、黒魔術の大家アレイスター・クロウリーの友人であった。ディーは、情報を収集、伝達したりネットワークを拡充したりしながらヨーロッパ中を動き回った。

<68光年の彼方から火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人>
・アルデバランの人々は明確に二つのタイプに分けられるという。一つは、光の神と呼ばれる金髪碧眼のアーリアの支配種であり、もう一つは、気候変動によって遺伝子的に劣化していく種の亜人類である。5億年以上もの昔、アルデバラン太陽は、膨張とともにすさまじい熱線を放射しはじめた。そのため劣等な種族は居住可能な他の惑星へと避難させられたという。そしてついに、光の神アーリア人種も母星から退去を余儀なくさせられたのであった。

このような経緯で我々の太陽系にやって来た彼らは、まず最初に、惑星マローナを占領した。惑星マローナは、マルドゥクという名で知られており、ロシア人やローマ人はこの惑星をパエトンと呼んでいた。火星と木星の間に現在のアステロイドベルト軌道にあったとされるこの惑星は、古代シュメール人のいう惑星デイアマトに相当している。その後、金髪碧眼のアルデバラン星人は火星に植民し、続いて地球へと下りて、シュメール文明を打ち立てた。

・ヴリル・ソサイエティーのチャネラー(霊的交流者)たちによると、シュメール語はアルデバラン星人の言語であり、その音は「不可解なドイツ語」のようであるという。そして、ドイツ語とシュメールーアルデバラン語は、波長が同じであると彼らは、信じていた。

・彼らのテーマはこうだ。金髪碧眼のマスターレイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となった。彼ら支配種属は、高度なシュメール文明の発祥にインスピレーションを与え、この地球に純粋な血統を植えつけた。以来、このgodsは地下都市から地上の人類をコントロールし続けている。

・しかし、一つ、忘れられていることがある。それはアーリア人の中にはレプティリアン(爬虫類人)の血統が潜んでいるという事実だ。ブラザーフッド内部の者から聞いた話だが、レプティリアンは金髪碧眼の人間の血を必要としており、アーリア支配種の純粋性を維持するというナチスの教義はそのためであったという。

・トゥーレ協会の名は、伝説の都市ウルティマ・トゥーレに由来している。このウルティマ・トゥーレはアルデバラン太陽系からやって来たアーリア人が最初に入植したという北方の大陸ヒュペルボーリアにあったと言われている。さらにまた、このヒュペルボーリアはアトランティスやレムリア(ムー)よりもずっと以前の大陸だったとも、アトランティスそれ自体であったともいわれている。はたまた、地球の内部にあったという説すらある。

<地球乗っ取りを狙う金髪碧眼のアヌンナキ・人間の混血種>
・20万〜30万年まえ、レプティリアンの遺伝子交配プログラムによって同じく爬虫類型異星人であったアヌンナキと人間の混血種が創りだされた。そうだ、私は「レプティリアン以外の異星人が人類と交配することによってこの地球上にすばらしい様々な人類が創りだされた」という可能性を完全に認めているのだ。

・古代文献を調べれば分ってくることだが、アヌンナキと人間の混血種の大部分は金髪碧眼である。金星によってもたらされた大変動の直後「神々」の姿が大きく変わっている。

<世界の王族が受け継ぐ金髪碧眼、白く輝く双眸の血流>
・「死海文書」によるとレメク(カインの子孫)に奇妙な子供が生まれたと言うのだ。その子は、普通の人間とはまったく掛け離れていて、まるで天使の子のようだったと言う。このようなレメクの子は、白い肌とブロンドの髪をしており、その光り輝く目は、太陽のように家全体を照らし出したと語られている。

・金髪碧眼、白い肌、レーザー光線のように輝く双眸、これは何千年も昔から世界中で語られている「GODS(神々)」の姿である。

・非常に美しく残忍なオリオン星人は、レプティリアンとはなんらかの同盟関係にあるという。

・いわゆる公認の歴史ではシュメールやエジプト、インダスの文明は、それぞれ独自に自然発生したとされる。しかし、これらの文明はコーカサス地方から下りて来たアーリア白人種によってもたらされたものなのだ。このアーリア白人種の中には、私がレプタイル・アーリアン(爬虫類人の遺伝子を受け継(アーリア人)と呼ぶ遺伝子系統の者たちが含まれていた。

<異星人やUFO情報を巧みに操るMIB(メン・イン・ブラック(黒服の男たち))>
・いわゆる「MIB」(MIBと略記されたり「ブラック・メン」などとも呼ばれる)。
UFO研究所の周辺によく現れ、ときにCIAやFBIを偽称し、研究の妨害を行う。黒い帽子に黒い服を着ていることが多いため、この名がある。近年では研究所ばかりでなく、異星人やUFOに関する情報に深入りした人々に脅しをかけることで知られているが、彼らMIBが、実体化したり非実体化するのを見たと言う情報が数多くあがっている。それもそのはず、彼らは、次元と次元の間を自由に行き来する能力を持ち、あらゆる形態をとることができるのだから。エリート一族に見られる強迫的観念的同系交配は、このような変身能力を与えてくれる遺伝子構造を維持するためのものだ。彼らが、次元の間を行き来し人間の姿とレプティリアンの姿の間を自由にシェイプ・シフトできるのは、彼らが受け継ぐ特異な遺伝子構造のおかげなのだ。遺伝子構造がレプティリアンのオリジナルから離れすぎてしまうと彼らは、シェイプ・シフト能力を失ってしまうのである。



「月に別世界の宇宙船がいた!」
(宇宙飛行士ジム・アーウィンの証言)
(根岸邦明)(朋興社)1995/4/1



<アポロ15号 宇宙飛行士ジム・アーウィンの証言>
・アポロ15号(1971年)ジム・アーウィンほど、誠実で勇気ある宇宙飛行士はいないと思う。残念ながらアーウィンは、1991年にこの世を去ってしまったが、帰還後彼は、キリスト教の伝道者として、アメリカはもとより世界各地で数多くの講演活動を行い、多くの人々に感動を与えている。

・厳しいかん口令のせいかほとんどの宇宙飛行士はUFOについて堅く口を閉ざしている。しかしアーウィンは、1984年、日本のテレビ取材班の独占インタビューではっきりとUFOというよりも壮大なスケールの別世界のスペースクラフトが飛行していたのを月面で見たと驚くべき発言をしていたのである。

<月世界を統治する者>
・そしてツィオルコフスキーの予見したようにアーウィンらは現実に月の世界で、別世界のスペースクラフトに遭遇したのである。それはけた外れにスケールの大きな、遥かに優れた機能を持つ、美しく輝く宇宙船であった。

・しかも、アーウィンは月面でテレパシー的スーパーな能力を発揮したり、天使や神の臨在を強く感じたといっている。このことは、月は高度に進化した知性ある者に統治されていて、その環境、場が非常に高いレベルに維持されていることを意味していないだろうか・・・。

<月面の飛行物体>
また1982年アマチュア天文家の水島夫氏が東京自宅の望遠鏡に設置したビデオの映像にキャッチされてテレビで放映されセンセーションを呼んだ、月面上でUFOの数々の飛行活動もアーウィンの報告・証言はリアルに裏付けている。

・まことUFOはそこにいて、今でも活動しているのである。そこは彼らの活動圏なのだから・・・。



「UFOと陰の政府」
 (コンノケンイチ)(たま出版)1990/5/1



<ペガサス座のNGC7078(メシエ15)にある拠点>
・ネットワークの移動範囲には、ペガサス座のNGC7078(メシエ15)にある拠点を含むが、彼らの本拠地はレチクル座にある。レチクル人たちは天体研究と生命の分析に完全に焦点を合わせた文明を持っている。

・このため彼らの天体天文学の技術は進歩し、その結果、レチクル人たちは探査及び交易ルートを張り巡らし相互接触を図り、星間拠点や宇宙社会を築くことができた。

・ネットワークに所属する多数の宇宙船がこれまで、地球の上空で大気圏飛行を行ってきた。

・レチクル座Z1とレチクル座Z2は二重の発進基地で、地球から37光年離れている。宇宙船が分析指令宇宙船と絶えず連絡を取り、突き詰めた討論を行う能力は休みなく発揮されている。

・証言によると、すでに米政府では宇宙人の種類を4種類も確認しているということです。鼻が大きい「ラージノーズグレイ」、それに使われているクローン生物らしい小人タイプの「グレイ」、人間に似た美しいタイプの「ノルディック」、髪が赤い「オレンジ」というタイプで、中でも「ラージノーズグレイ」という宇宙人とは協定まで結んでいたというから驚きますね。この「ラージノーズグレイ」は、悪いタイプの宇宙人らしく、人間や牛をさらって切り刻んだり殺したりするし、それを米当局は黙認していたというから、いったいどうなっているのでしょうか。

・アメリカでは多いときには年間1万頭の牛が「グレイ」に殺されて彼らの栄養源になっているといいます。そんな大それたことを国民に秘密にしておくのは危険だといって公表しようとしたケネディは、そのため暗殺されたというから驚いたものです。



「天空人伝承」 (地球年代記)
(山岡徹・山岡由来) (たま出版)1999/12/1



<ホルスの母ハトホル女神と巨大電球の謎>
・有翼の円盤となったホルスの母、ハトホル女神を奉るハトホル神殿地下には、最近オーパーツ(out of place artifacts)として注目されているのは謎の図形がある。それは巨大なナスの形をした容器を表すレリーフで、まるで大きな電球を思わせる。もしこれが暗闇の地下世界を照らす照明器具だとすると、煤の汚れのない地下神殿の美しい装飾の謎が解けるようである。またこれと似た図形が「死者の書」といわれるパピルス文書の一つにも見られる。死者の書が成立するのは第18王朝だが、第21王朝コンスメスの「死者の書」に永遠の生命の印を両腕に通したジェド柱が、楕円形で真ん中にややうねったひも状のものがある物体を支えている。この楕円形の物体ないし容器が先のハトホル神殿のレリーフと同じものを表しているのである。しかし、黄泉の暗い旅路を照らす証明として描かれたのか、真意は定かではない。
・楕円形容器の中のひも状の物体は、ハトホル神殿のレリーフでは蛇になっている。何かの機械を思わせるジェド柱にしても、この電球状の形にしても我々の知らない古代エジプトの技術を案じさせるものである。



『『遠野物語』を読み解く』
 石井正己  平凡社     2009/5/16



<天狗伝説と寺や家の宝物の関係>
・維新当時、赤い衣を着た僧侶が二人、大きな風船に乗って六角牛山の空を南に飛び過ぎるのを見た者があったということを、佐々木は祖父から聞いています(拾遺235話)。「大きな風船」が気球であるならば、これは気球が遠野の上空を飛んだ話ということになります。実際に気球が飛んだ事実があったのかどうかは確かめられませんが、大きな風船の飛んだ話もあれば、飛行機の飛んだ話もあるというのは、着実に遠野の上空に近代文明が入り込んでいたことを表します。

・そもそも遠野で上空を飛ぶものと言えば、まず思い起こされるのは天狗でした。天狗は山に住む妖怪で、自在にあちらこちらを移動しました。早池峰山の前面に立つ前薬師には天狗が住むと言いますが、土淵村山口のハネトという家の主人はこの前薬師に登って、三人の大男に出会い、麓まで送ってもらったという話があります(29話)。

・「遠野物語拾遺」にも、天狗の話が二話あります。一日市の万吉米屋の主人が稗貫郡の鉛温泉に湯治に行って天狗と懇意になり、天狗は最後に来た時、「天狗の衣」を残して行ったそうです(拾遺98話)。もう一説は次のようになります。

99 遠野の町の某といふ家には、天狗の衣といふ物を伝へて居る。袖の小さな襦袢のようなもので、品は薄くさらさらとして寒冷紗(かんれいしゃ)に似て要る。袖には十六弁の菊の綾を織り、胴には瓢箪形の中に同じく菊の紋がある。色は青色であった。昔此家の主人と懇意にして居た清六天狗といふ者の着用であったといふ。清六天狗は伝ふる所に依れば、花巻あたりの人であったそうで、おれは物の王だと常に謂って居た。

早池峰山などに登るにも、いつでも人の後から行って、頂上に著いて見ると知らぬ間に既に先へ来て居る。そうしてお前たちは如何して斯んなに遅かったかと言って笑ったそうである。酒が好きで常に小さな瓢箪を持ちあるき、それに幾らでも酒を量り入れて少しも溢れなかった。酒代にはよく錆びた小銭を以て払って居たといふ。此家には又天狗の衣の他に、下駄を貰って宝物として居た。右の清六天狗の末孫といふ者が、今も花巻の近村に住んで、人は之を天狗の家と呼んで居る。此家の娘が近い頃女郎になって、遠野の某屋に住み込んで居たことがある。此女は夜分如何に厳重に戸締りをして置いても、何所からか出て行って街を歩きまわり、又は人の家の林檎園に入って、果物を取って食べるのを楽しみにして居たが、今は一ノ関の方へ行って住んで居るという話である。

・先の万吉米屋の子孫は、実際、天狗の持っていた「衣」「下駄」「網袋」「弓矢」「掛軸」「湯呑茶碗」を保管してきましたが、今は遠野市立博物館に寄贈されています。

・遠野南部家は八戸から移封されてきましたが、その後も無関係ではなかったはずです。藩主と寺院、民衆との間には何の関係もなさそうですが、天狗を置いてみることで、隠れたネットワークが見えてくるように思われます。




________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

(2021/9/7)

・天狗と「男色」の関係はよく言及されていたようです。「天狗の陰間」という言葉もあったようです。天狗の修行は非常に厳しいそうですが「ゲイの修行」だからからだでしょうか?また天狗の子分になりたがるものではないともいわれます。天狗は、どのような宇宙人かも知れませんが、多くの種類があり、トップクラスは、人間タイプで異人か神人が支配していたようです。天狗少年、寅吉の伝える天狗の位の高い杉山僧正の話もあります。天狗は鼻の高い赤顔のイメージが一般的ですが、人間タイプの天狗もいたといわれます。人間タイプの天狗は超能力が凄まじかったようです。

レプティリアンもマスターが管理していると指摘されています。ゲイの宇宙人としてはアンタレス人が知られていますし、有翼の宇宙人としてはドラコ人がいるといわれます。「烏天狗」のような有翼な宇宙人とかバイオロボットについても、よく分かりません。ネガティブ・グループのシリウス人がモンスタータイプの生物を創り、神に対抗したので神に嫌われたといわれます。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」そうです。
進化した宇宙人が、「鳥類の遺伝子」と「人間の遺伝子」を遺伝子操作して有翼の生物や、有翼の宇宙人、有翼の天使や有翼の大天使を創造したのかもしれません。進化した異星人の「異次元移動」についても私たち一般人には、理解不能です。鳥類の遺伝子を持った進化した宇宙人もいるようです。そして卵生の宇宙人もいるようです。
「テレポート(瞬間移動)は、人間にとり奇跡ですが、宇宙人にとっては、それほど難しくないテクノロジーだ」といわれています。テレコン(テレパシー・コンタクト)ができるほど宇宙人は想像を絶する進化をしているようです。

その昔、アンタレスにエーテル質量を操作できる異星人がいて、自由に宇宙旅行をしたといわれます。「アンタレス人は、トルコ人、ギリシャ人、スペイン人のDNAに関係し、同性愛者で生殖目的でのみ女を使用すると考えられている」そうです。
つまり「極めて知識が高く攻撃的である。彼らの社会の最深部まで入り込むことができた者は、ほとんどいない。女がいるところが観測されたことはなく、彼らは、同性愛者で、生殖目的でのみ女を使用すると考えられている。ただ、実は、ある母系集団が彼らの背後で権力を握っているとも考えられている」と指摘されています。高度に進化しており、女性や女神を創造する前の宇宙人種族だったのかもしれません。
「アンタレスに本拠地があるというホワイト・ブラザーフッドは、日本の「神道」と関係があるというよりも、そのものである」と指摘されています。アンタレスにはホワイト・ブラザーフッド(白色聖同胞団)の本拠地があるそうですが、「全宇宙の歴史や宇宙人種族」についての記録を伝えているといわれます。

天国には多くのゲイのマスターもおり、優れた業績を残しているといわれます。ゲイの宇宙人のこともよく分かりません。
「暗黒の勢力」と彼らが支配する悪の帝国(正式名は『正義を任ずる諸世界帝国同盟』)の本拠地は大熊座にあり、ドラコニスを主要作戦センターにしているといわれます。「竜座人(ドラコ)のレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球の支配を行っている」といわれます。ドラコの系列やアンタレスの系列の交雑種やバイオロボットが多種多様な「天狗」の系統なのかもしれません。
「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。
「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」といわれます。オリオンETグループが異次元のモンスター・タイプの生物を創り、人間と異種交配・混淆させ、生体実験で「人間化」させようとしているともいわれます。
「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」といわれます。その後の詳細は分かりません。多くの種族に分裂して宇宙に展開したのかもしれません。


ウィキペディアWikipediaによりますと、
「天狗攫いと男色」
人見蕉雨の『黒甜瑣語』(1795年)には、当時神隠しに遭って帰ってきた少年や男たちは「天狗の情朗」と呼ばれていたとある。情朗は「陰間」とも呼ばれ、神隠しの犠牲者は邪な性的欲求の犠牲者と認識されていた。この認識は広く浸透していたようで、平田篤胤も門人を介して寅吉に、天狗の世界では男色は行われていなかったかと質問したところ、寅吉は「ほかの天狗の山はいざ知らず自分が修行した山では男色の風などなかった」と返答している。柳田國男は『天狗の話』のなかで、天狗攫いは実際には悪質な修験者や「山の民」が、性的欲求を満たすために人里で美少年を拉致していたものだと推測している。

・戦後、カリフォルニアでは、「ゲイの宇宙人」の噂話もあったといわれます。日本でも昔から「男色文化」があったといわれます。また堕天使が地球の女を狙って降りてくるといわれます。堕天使の性的な能力は異常に高いともいわれます。目に見えない堕天使たちは、太古から売春とスパイと麻薬に関りがあったと語られています。
戦後、「売春防止法」ができるまで、日本中に普通に「女郎屋」「売春街」「色町、色街、花街、色里、遊郭、花柳街」があったようです。進化した宇宙人、社会化した異人が昔から遊郭や売春宿に来ていたのかもしれません。女好きの人間タイプの宇宙人は、昔から売春のネットワーク、売春宿や遊郭などに関係していたのでしょうか。

「天狗の所業のうち、もっとも怖れられかつ罪ふかきは神隠し・人さらいであろう」、「戦時下の天狗や現在の秩父地方の天狗が人間の生と死、運命も左右できるほどの存在であったという伝承は、山の神においても同様に、人間の生と死にかかわる伝承があるという仮定を成立させてくれる」と著者たちは述べています。
 山の神と人間の出産や死についてのさまざまな言説も多いといわれます。たとえば、異次元で神が憑依してはじめて人間の子どもができるという怪説もあるといわれます。見えない事象は科学の対象にしないということで、私たち一般人には、理解不能です。

・神々は女好きで淫乱といわれます。したがって、人間の子供も多いといいます。ところでインドの帝釈天も女好きで、猿神ともゲイの関係にあったといわれます。太古は神々が人間世界に混じっていたそうですが、その状況も子供を作るメカニズムも私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。鬼も女好きで、「鬼の末裔」という部落も日本にはあるそうです。猿鬼も女好きで、昔は人身御供を要求したという説もあります。鬼も異類混血で人間化していったのでしょう。「鬼の子孫」の「八瀬童子」が知られています。

神々の王様のゼウスやインドラ(帝釈天)等は、天国の神様のイメージと違います。神々も多種多様なのかもしれません。より上位の次元にいけば、肉体的な性欲はなくなり、精神的な情念のみになるそうです。
ちなみに、「グノーシス主義は反宇宙論( 宇宙自体は善なるものではなく、むしろ悪であり、受け入れるべきではないという思想 )・反造物主( 造物主は狂った下級の神であり、従うべきものではないという思想 )という点でヒンドゥー教と異なり、邪悪なものだとしても造物主を認めるという点で仏教と異なると指摘されています。「ゼウス」や「アポロ」も、すべてが「ニムロド」=「アンチ・キリスト」の別の呼び名だと指摘されています。

山姥は異類混血の過程で登場した異類のようです。これらの妖怪は、地上に棲んでいたというよりは、4次元世界とこの世を往来していたようです。今なお、底層4次元にモンスター・タイプの異類が生存しているともいわれます。
河童はエイリアン・アニマル、バイオロボットだという説もあるようです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。河童や天狗や鬼は、異星人だったのかもしれません。人間と交流・コンタクトできる河童もいたようです。マオリッツオ・カヴァーロによると「グレイも人間タイプが増えている」といわれます。そして「日本の河童はグレイの一種で、現在も異次元の海底基地にいる」といわれます。

「中国の太古の玃猿(かくえん)は、人を、ことに女性をかどわかして行っては犯す、淫なるものとされている」といわれます。
「玃猿が非常に特徴的なのは、人間の女をさらう目的が「子を生ませる」ことにあるらしいこと、生めば母子もろともその家まで返してくれることである。その人、“サルのハーフ”はたいてい楊(よう)という姓になる。今、蜀の西南地方に楊という人が多いのは、みな玃猿の子孫だからである、と『捜神記』に書かれている」と指摘されています。
宇宙人には動物タイプは3割ほど存在するともいわれます。動物タイプの宇宙人はネガティブなシリウス星人が創造したのかもしれません。
他にも爬虫類、鳥類、魚類、昆虫、植物などの生態から進化した人間もいるといわれます。

・天狗についても、いろいろな説があるようです。
「島田によると、山人界の階級は/誓隋↓∪膺諭↓山人、ぐ杰諭↓サ拈隋↓Χ鯢弌覆阿劼鵝砲紡臺未気譴襦この愚賓というのがいわゆる天狗のことだが、天狗は人間が命名した俗称であって、山人界では使わないという」、「愚賓は神仙から数えて6番目の下級官吏だが、そのなかにもまたこまかい階級がある。〇確遏並膓鯢弌法↓∋垣此幣愚賓)、L收隋↓さ汗隋↓セ概粥↓Χ鳥、Ш摸曄覆泙靴)がそれだ」といわれます。
 「仕事は、より上級の神界の下命に従って戦争に従軍したり、霊界や人間界をパトロールしたり、冥罰を下したりと、そうとう忙しい。大小の愚賓は、元来が武官だから、戦争になると鬼類などを従えて直ちに出陣する」、「加納郁夫という名の天狗の弟子となった「天狗の初さん」こと外川初次郎は、加納天狗の供をして満州事変に従軍したと言っているし、幕末の戦乱時に活動した才一郎は明治元年から2年にかけての戊辰戦争に冥界から参戦し、三尺坊の命令で、自分の出身国である尾張藩の隊長“千賀八郎”を守護していたと語っている」と記載されています。

・「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)等がエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。膨大な宇宙人情報がネットや書籍で流れており、国立のUFO研究所を作るべきだと言われます。当然ながら、米国では最優秀の学者が、UFOやリバース・エンジニアリング(逆工学)を研究しているといわれています。罰則が厳しいので、秘密は守られているようです。

・グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」。「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」等が存在するそうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。宇宙人「グレイ」の故郷もベテルギウス(オリオン座の恒星)なのだといわれます。1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張されています。「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に、人間タイプのオレンジと呼ばれる宇宙人が来て、その後に“東洋人タイプの異星人”が飛来した」といわれます。人類を創造したのは、ラージノーズ・グレイであり、また長い間、宗教や秘密結社、さらに魔女や悪魔崇拝、魔術やオカルトなどを通して人類を支配しているといわれます。ラージノーズグレイは中世の鉤鼻の魔法使いのお婆さんのイメージのようです。ラージノーズグレイもオリオン星人で、米国と秘密協定を結んだともいわれます。

・アブダクション(誘拐)やキャトルミューテーション(動物虐殺)で大騒ぎをした米国のマスコミも政府の国策に協力しているようです。『厳秘』扱いの宇宙人情報は情報公開法でも肝心のことは開示されないようなのです。クリントン大統領候補が、「自分が大統領になれば、政府の異星人情報を検討して公開したい」と述べていました。政府内部のそのまた奥にある、合衆国大統領でさえ手のだせない領域に、UFO目撃事件の開示を強い力で押さえこんでいる権力者グループがいるそうです。
 グレイなどのおぞましい生体実験の報告もリークされたりしました。米国の陸軍特殊部隊とグレイが秘密基地内で戦闘を繰り広げたとか、色々な話が流れてきます。日本のマスコミなどに宇宙人情報をリークした米国海軍の元情報将校も、別の脱税事件の件で、警官隊と銃撃戦となり射殺されたそうです。
 宇宙人の「人格転換」であるのではないかといわれるゲイ(LGBT等)。「ゲイ(LGBT等)の結婚」も米国では大きな社会問題となりましたが、法律や裁判所では認める傾向にあるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」、「異次元に宇宙人の多い国にゲイ(LGBT等)が多い」という説もあるようです。日本でもゲイ(LGBT等)が大きな社会問題になりつつあります。ゲイ(LGBT等)のトイレの問題も真剣に議論されているといわれます。「前世が異星人だったという記憶を持つ米国人」も多いそうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」、「宇宙人は科学の進んだ国に転生してくる」という説もあるようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人も近年知られ始めたそうです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。
 宇宙人が関わる話は闇の権力とかの荒唐無稽な話が多く、私たち一般人には、非日常的なことばかりで、全く理解できないという人々が多いようです。ちなみに、「何とかして宇宙人と言われている人に会いましたが、そこら辺にいる普通の人と全く変わらなかったので驚いた」と指摘されています。

・ゲイ(LGBT等)の話は、会社や社会の大きな話題になったりします。性的マイノリティーのために、さまざまな法的な便宜を考慮することに反対する人々もいるようです。私たち一般人には、LGBTについては理解不能なことが多いようです。しかし、社会生活や会社の経営者や大学の経営者等、マネジメント層には必須の要素になりつつあります。今の経営者、総務部や人事部には、それ相応の対応が必要になります。LGBT(性的少数者)は、刑務所に入れられたり、死刑になるような国も少なくないようです。ゲイの政治家も増えてくるのでしょうか。
 米軍にゲイ(LGBT等)を入れるかどうかで問題になったのは昔のことで、今では「米陸軍長官に初の同性愛者 オバマ大統領が指名」というニュースもあったようです。欧米の状況が日本にも影響を与えつつあります。LGBTと堕天使(進化した異星人)の関係も昔から、分からない話のようです。オネエタレントの活躍もありますが、ゲイバーで遊ぶ人々は少なくないのでしょうか。LGBTの学生の問題にも私たち一般人は、驚く内容のようです。LGBTと自衛隊の関係はどうなのでしょうか?リーマン・ブラザーズ証券は、リーマン・ショックで知られ、倒産しましたが、LGBTの人事の扱いは米企業ではトップレベルだったようです。日本の大企業でもLGBTは今の問題なのでしょうか?「職場のLGBT」の問題も、複雑な社会問題のようです。

・「大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」と述べられています。「大本には二人の教祖がいて、一人は開祖出口直、もう一人は出口王仁三郎だが、二人にはそれぞれの御霊を表す象徴的呼称があった。開祖は『変性男子』といい、王仁三郎は『変性女子』と呼ばれている。これは開祖のお筆先にも記されていた。『変性男子』とは、体は女だが心は男という意味で、『変性女子』とは逆に体は男だが心は女という意味だ」ということです。現代風にいうとゲイ(LGBT等)の一種なのかもしれません。「不思議なゲイの現象は、宇宙人の人格転換である」という説もあります。カリフォルニアではゲイ(LGBT等)の宇宙人の話もあったようですが、昔からの現象のようです。

・グランドマスター・クラスは、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所にニルヴァーナ(涅槃・天国)から瞬時に移動できるそうです。現代でもマスター(大師)と交信している人間が存在するようなので不思議です。「歴史上、様々な分野で尊敬されている著名なマスターたちは多くが同性愛者だ」といわれます。LGBTはマスター(大師)達がゲイであることが多いことも背景にあるのかもしれません。「アンタレス人は、トルコ人、ギリシャ人、スペイン人のDNAに関係し、同性愛者で生殖目的でのみ女を使用すると考えられている」といわれます。アバブ・トップシークレットの話ばかりのようです。その昔、アンタレスにエーテル質量を操作できる異星人がいて、自由に宇宙旅行をしたといわれます。アンタレス人と神との関係もよく分かりません。雌雄同体の異星人もいるそうですが、人間の知識はごく限られているといわれます。

・米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。『遠野物語』の「異人」はオリオン星人だったようです。「奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」ともいわれます。その後どうなったのか、100万年単位の出来事も分かりません。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるといわれます。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」といわれます。スター・ウォーズが様々な面で異星人の種族の進化に影響し、地球にも争いが波及してきているといわれます。ビリー・マイヤーと接触のあるプレアデス星人、「セミヤーゼの一派」がアシュタール及び「高度に進化した者」と対立している歴史もあるようです。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。プレアデス/プレヤールの年代記に良心のかけらもない卑劣で地球人類を服従させようとする陰謀的と記されているギゼー知生体の存在があるそうです。ホロコースト(大虐殺)にプレアデス人が関係していたとは驚きです。

「「あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。あなたは、十二宮をその時にしたがって引き出すことができるか。北斗とその子星を導くことができるか。」(ヨブ記)
遠い昔、オリオンはプレアデスに魔手を伸ばそうとしたので、鎖につながれる運命となったーがいまやオリオンはその魔の手を地球に伸ばそうとしているのだ。オリオンはプレアデスを従えさせようと企てたのであろう。つまり、彼らは、“死の陰”にいたわけであり、オリオンは宇宙法則によって制裁を受けた」と指摘されています。

・「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府はコンタクトがあるようです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いているともいわれます。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。ネガティブなオリオン・グループは“闇の勢力”を形成しているのでしょうか。「フランスの『美女と野獣』の話は、異類婚姻譚だ」そうです。イルミナティの空飛ぶ円盤はタイム・トラベルができ、「米軍の将軍が同乗していた」ともいわれます。


(2020/5/18)

・南米にアプ星人が飛来しているといわれます。イエス・キリストはアプ星人だったといわれ、様々な惑星に転生を繰り返しているといわれます。このように進化した異星人は、人間に憑依したり転生したりして、人間の歴史に関わってきたようです。アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。
イエス・キリストはアプ星人であってマスターですので、さまざまな惑星に現れるようです。リラ星にもイエス・キリストがいるという情報がありました。その他の惑星にも現れるといわれます。グレート・マスターはこの太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるといわれます。
ちなみにイエス大師に関する説話は、豊富にあるようです。「神智学協会から分派したアルケイン・スクールのアリス・ベイリーによれば、イエス大師はオカルティズムの概念である七光線(英語版)のうち、第六光線を司る」と指摘されています。

・進化した宇宙人がどれほど進化しているかは、「人間の夢の中でしかコンタクトできない」か「チャネリングでしかコンタクトできない」と言われます。昔から神仏や死者が夢枕に立つといわれます。物質化、非物質化が自由にできるのです。肉体で宇宙船に乗ってコンタクトする場合は、物質化している場合です。肉体のほかの、幽体や霊体を自由に転換操作できるようです。幽体や霊体で、アストラル界やエーテル界で活動しているといわれます。またウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)や別の形態で、人間社会に出てくる場合があるといわれます。「宇宙のワンダラーは宇宙船に乗って地球にやって来たのではない。彼らは、地球に生まれ変わったのである」といわれます。
「生きている人間の肉体を乗っ取り、霊体として支配する」という、憑依のようなスタイルをとる場合があり、これを「ウォーク・イン」といわれます。遥かに進化した異星人は、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他のさまざまな形態で人間界に出てくるともいわれています。「その昔、ワンダラーの集団が、人類の獣性から神性への旅を後押しするために宇宙の彼方からやって来た。彼らは、“グッドリー・カンパニー”」といわれます。グッドリー・カンパニーは、今なおさまざまな場所に住むさまざまな個人として地球上を歩いているといわれます。グッドリー・カンパニーは、12,3世紀の北米大陸にまとまって転生したともいわれます。
地球の全生涯を通じて、グッドリー・カンパニーの面々は、無限なる父の意思に基づいた遠大な計画を遂行すべく、群れをなして転生そうです。歴史上の「偉人」たちは、宇宙人に、精神や肉体に憑依されたケースが多いといわれます。グッドリー・カンパニーのような転生を操作できる天使クラスの異星人と、宇宙船に乗ってやって来る異星人の二種類があるといわれます。“光の仕事人”としても知られる彼らは、すでにいくつもの文明といくつもの生涯を渡り歩き、いくつもの天変地異とも関わり続けてきたといわれます。「ワンダラーは、地球上で繰り返し生き続けてきた。歴史に名を残す人物として、生きた者もいるが、ほとんどの場合は、歴史が記録することのない人物だ」といわれます。
「地球に来ているETソウル1億人のうち、 95%がワンダラー、残り5%がウォークインだという」という説もあります。知能指数が高いのでしょうか。偉大な発明や発見をした、いわゆる現代の「発明者」や「発見者」、「偉人」は、異次元のシリウス星人系列の宇宙人、高等知性体が憑依した結果という説もあるといわれます。高次元の進化した異星人が人間に転生するか憑依しないと全く新しい物事は始まらないともいわれます。そのように人類は、異次元の異星人の憑依によって進化してきたのかもしれません。
人間が宇宙人に憑依された場合、ポジティブな宇宙人で好ましい例ばかりでなく、悪霊や悪魔に憑依されて、ネガティブな人格になったり「狂人」になる場合もあるといわれます。狐憑きや憑き物の事例は昔から豊富にあるといわれます。

・イエス・キリストについては、世界中で様々な説や逸話があるようで、私たち一般人は、分かりません。高次元の神様ですから多次元同時存在の法則が作用するのかもしれません。例えば、「天照大神はイエス・キリストのことである。天照大神を天照大神たらしめる天岩戸開き神話は、イエス・キリストの死と復活の場面を想起させる」という説も、荒唐無稽で理解できる人は少なくないようです。西洋神界はスサノオ神とその系統の神々が1万年ほど前に拓いた地域で、シュメール族は「スサノオ神系」だといわれます。「スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。「ゲルマン神話の神々は日本の神々だった。まず、主神・オーディンは「須佐之男神」だった」という説も、理解不能だといわれます。「神々は最高神「イ・アム」を頂点として7つの位階に分類されるという。 神々の総数は10億を超え、それぞれ位階に応じて宇宙の各所を支配している」といわれます。高次元の神々は、性格として類似性があるようです。また「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」といわれます。神々や、天使、堕天使、悪魔にも様々な階級があるそうです。異星人も進化の程度に応じて、ランクがあるようです。「知る人ぞ知る」話なので、私たち一般人は、理解できません。神学や神智学を研究してる人々は、昔から多いようですが、私たち一般人は、当然詳しくはありません。なお「多次元同時存在の法則」で様々な奇跡の現象を説明できるのかもしれません。

・青森県新郷村(しんごうむら)戸来(へらい)という村にキリストの墓があるというオカルト 説が昔から言われております。イエス・キリストがアプ星人で、幽体や霊体でアストラル界やエーテル界を自由に移動できるとすれば、様々な不思議な現象も理解できるといわれます。「磔刑の時、イエス・キリストは見えない異次元の宇宙船に霊体が引き上げられた」といわれます。

・世界中に「自称イエス・キリスト」が数百人いるといわれます。
「キリスト(アプ星人)の一族が地球を管理している」という奇説もあるそうです。「キリストは新約聖書黙示録で輝く明けの明星(=金星人)であると述べ、またマタイによる福音書でも天雲(UFO)に乗って来る」といわれます。金星人オーソンは、“真理”という意味、実は仏教では明星天子、キリスト教ではイエス・キリストであり、アダムスキー全集では“オーソン”といわれます。夢の中でアストラル・トリップしてクリスタル・シティでキリストに出会ったという欧米のチャネラーが多いそうです。
 アプ星人は現代において南米に飛来しているともいわれます。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。アプ星人と現代でもコンタクティがいるのでしょう。大変な話です。

・アプ星人の本は、翻訳出版されているものとして『銀河間トラベラー「アプ星人」との170時間』(ヴラド・カペタノヴィッチ)徳間書店、『アプ星で見て、知って、体験したこと 拂眠澆覆ユーアイ・シデレウスの世界(ヴラド・カペタノヴィッチ)ヒカルランド、『アプ星で見て、知って、体験したこと◆拊狼綽佑砲覆辰織▲彑運佑呂海Δ靴椴鮖砲鯑阿した(ヴラド・カペタノヴィッチ)ヒカルランドがあります。大変興味深い内容の本です。
 このアプ星人の本では、イエス・キリストは、磔刑の時、「十字架にかかったのは、イエスのイメージ体 ⁉」といわれます。つまり、「青森県のキリストの墓に関する『竹内文書』によれば、ゴルゴダの丘で処刑されたのは身代わりの弟だったという」話とは、違うようで異次元での説明が必要のようです。なお『竹内文書』によれば、超太古、日本は地球の中心だったという説もあります。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。高度に進化した異星人は、自由に転生ができて過去に地球の偉人に憑依したことが多かったといわれます。

・千貫森の「UFOふれあい館」は、ネットでも見れますので、便利です。UFOが物質化したり非物質化したりして、見れる人もいれば、見えない人もいるようです。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくるという説もあります。想像を絶するテクノロジーのようです。「日本はUFO後進国だ」そうです。「世界や日本も金星人やアヌンナキ一派に、異次元から支配されている」という与太話もあるそうです。

・北朝鮮のミサイル実験で、Jアラート騒ぎもありました。Jアラートも「どこに逃げればいいのか」という声も多いようです。「ノーシェルター政策は、敵の一番の弱点を攻撃する核攻撃を招き寄せる」といわれます。「脳天気(ノー天気)な核シェルターもグローバルスタンダードを適用すべきだ」といわれます。
世界平和を数十年間唱えて活動していたら、今度は「核攻撃を懸念する国民が増え、政府不信になっている」といわれます。「平和運動が核攻撃を招き寄せる」といわれ「日本列島を核攻撃で沈める」という恫喝も頻繁に、現実に一般国民がうけています。B29の空襲に竹やりで準備していた国民の頭上に「焼夷弾」が落ちてきて丸焼け亡国で、属国となったと語られています。これからは核攻撃が怖くて、夜も眠れないという心配症ノイローゼの国民も出てくるのでしょうか。杞憂だと笑われますが、「政治家の劣化がひどい時代だ」ともいわれています。
「杞憂(きゆう)」とは、〔周代、杞の国の人が、天が落ちて来はしまいかと心配したという「列子天瑞」の故事による〕 、あれこれと無用な心配をすること。取り越し苦労を意味する言葉だそうですが。

・核兵器・生物化学兵器は人類が滅亡するので「使えない兵器だ」というのは、戦争狂人の将軍のいない「先進国」の話だそうです。「北朝鮮について脳天気(ノー天気)の良識の国会が、核攻撃を招き寄せる」と指摘されています。石油全面禁輸で、餓死者がたくさんでれば、追い詰めれば必ず暴発すると語られています。報道によれば、今年も食料問題があるそうです。「情報収集及び分析その他の調査に必要な経費」に分類される官房機密費は、北朝鮮の拉致事件の情報収集にどれだけ使われたのでしょうか。被害者もその家族も高齢化しており、亡くなっている者も多くおり拉致事件はどうなるのでしょうか。この程度の問題に40年以上もかかっているようでは政治家の非力が窺われると指摘されています。拉致事件の関係者はまことに可哀想だと語られています。
2018年6月12日の史上初の米朝首脳会談もあり、トランプ大統領との交渉で、北朝鮮や半島情勢が大きく動いていました。

・青森県の「キリストの墓」についても、キリストが異星人だったと理解すれば、フィクションと決め付ける必要もないでしょう。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。アプ星人は南米にも現れたようです。どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。アプ星人もウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の手法で、人間社会にいるのかもしれません。世界中に「自称イエス・キリスト」が数百人いるといわれます。
 チャネリングで宇宙の膨大な情報が流れてくるようです。マゴッチによると人間タイプの異星人の多くは地球人社会に溶け込んでいるそうです。幽霊現象や心霊現象も「宇宙人現象」と理解すればかなり分かるようです。“天女”の宇宙人との異類婚姻譚も世界中に多くあるようですので、「異類混血」が窺われます。

・東北地方の異星人やUFOの伝承は、金星の葉巻型の宇宙母船と関係があるのかもしれません。異類異形の宇宙人から人間タイプの宇宙人まで、「異人」の伝承が多い地域のようです。葉巻型の宇宙船は、世界中に目撃事例があり、日本でも目撃されることもあるようです。高空に滞空していると点にしか見えないので、気づかないことも多いのかもしれません。航空自衛隊の「松島基地」は、UFO目撃で有名な基地だそうで、透明なエンティティの宇宙人の目撃の話もあるそうです。自衛隊における異星人理解も現在では、かなり進んでいることが窺われます。エンティティが出たといわれる「謎の松島基地」の話は、その後どうなったのでしょうか。かなりきわどいコンタクト話でもあったのでしょうか?

・異次元の火星や金星には壮大な都市文明があるといわれます。いわゆる裏金星から「金星人」が飛来していたという話もアメリカ合衆国にはあります。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「不思議なゲイ(LGBT等)の現象は、高次元の宇宙人の人格転換である」という説もあるそうです。世界中の選ばれたコンタクティが毎年、宇宙旅行をしているのかもしれません。異星人は「宇宙連合」としてまとまって動いている種族も多いようです。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府とは繋がりがあるといわれます。

・「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。−遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。−遠野物語第八話」ということですが、犯人の“異人”はオリオン星人ともいわれます。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説もあります。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、異人の遺伝子を持つ末裔がほとんどともいえるようです。「キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船上で会見したという日本人がいた」そうです。金星のマスター(長老)や異星人のコンタクティも世界中にいるのかもしれません。サナンダは神智学では サナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。

・「岩木山 UFO」と検索してみますと、さまざまなサイトが分かります。岩木山のUFOは1600年ごろからも記録があり、現代でも新聞でも話題になるようです。インターネット情報によると、
「1605年2月20日午後8時頃、岩木山の南の肩から大きな光り物が出て、空中に輝いたが、まもなく北の方へ飛んで、赤倉の沢へ入った。
このとき、周辺が昼のごとく明るくなって、草木の色まで見分けられ、
堀越城や近辺の村々からも見えた」とのこと。「岩木山で木村さん以外にもUFOを目撃したという情報は多数ある」といわれます。「実は木村氏と言えばUFOコンタクティーとしてつとに知られた存在であり、一説には林檎の話よりもUFOの話のほうが得意だとさえ言われる」とも述べられています。「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象だ」ともいわれます。それは、時空を超えて、人間にコンタクトしようとする宇宙人の乗り物だからだそうです。

・「無農薬・無肥料のりんご栽培」で知られる木村秋則さんも豊富な神秘体験やアブダクション(誘拐)体験もあるようです。エイリアンとのコンタクトが「無農薬・無肥料のりんご栽培の成功」に導いたのかもしれませんし、その逆かもしれません。ほとんどの人々が、木村秋則さんのエイリアン体験を幻想、幻覚と見るのだそうです。エイリアンとのコンタクトで木村秋則さんも「変性」したのかもしれません。宇宙人とのコンタクトでコンタクティが「変性」する例がよくあるようです。「超能力」がつく例もあるといわれます。木村秋則さんの不思議な話は荒唐無稽で支離滅裂なので、ビジネスマンにはまともにとりあげられていなかったともいわれます。木村秋則さんのエイリアンの体験は荒唐無稽な内容も多いそうで、にわかに信じられないものも多いようです。しかし、「岩木山のUFO」は、かなり知られているようなのです。知る人ぞ知る世界のようです。
 エイリアンもはるかに進化しますと、天使や神々に近い能力を持つようです。リンゴ畑の近くで「身長130センチくらい、ネコのような目をした二人の異星人」とも遭遇していた木村さんですが、そのエイリアンはグレイタイプのようですがかなり進化しているようです。またソクラテスのような「神人」との話もありますが、人間タイプで見えない天使や神々に近い異星人のようです。明晰夢でしか、高次元の霊的な存在とはコンタクトできないようです。気づいたら「明晰夢」だったということでしょうか。

・グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」等がいると思われます。木村秋則さんがコンタクトしたのは、「ビーガン」クラスの、かなり進化したグレイなのかもしれません。日本でも多くの人に幽霊体験があるのかもしれません。木村秋則さんのようなエイリアンやUFO体験、アブダクション(誘拐)体験は、多いのかもしれませんが、ほとんどが「沈黙のコンタクティ」なのかもしれません。幽霊現象や心霊現象も「宇宙人現象」と理解すればかなり分かるようです。有名人ですと「体験談」が雑誌に載ったりします。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。
 1954年には、「ラージノーズ・グレイ」という種族が、ホロマン空軍基地に舞い降りた、と主張されています。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。

・インターネット情報によると、「岩木山というとUFOのメッカ。弘前市民は、ほぼ全員UFOを目撃していると聞く。ず〜っと見ていたが、残念ながら何も現れなかった。 飛行機はたくさん見たが・・・」と言う話も大袈裟です。
 その他のインターネット情報によると、「木村秋則さんの著書に出て来る不思議エピソードを読んでいると、やはり青森という土地には一種独特なものを感じてしまう。青森といえば恐山をはじめ、死者の霊を降ろすイタコ、キリストの墓や奇書とされる東日流外三郡誌といった不可思議なものが数多く伝えられている。
 また岩木山は国内有数のパワースポットとしても知られ、その近くではUFOの目撃談も非常に多い。かつて俺が上京したばかりの頃、同じデザイン学校の寮に住んでいた青森出身のT先輩は、高校生の時にUFOの大軍団を目撃した話をしてくれた。彼が下校途中にそのUFO軍団は現れ、その中の一機のUFOは彼の頭上スレスレの位置まで降下してきて、試しに彼が腕を伸ばしてみたところ、何とその機体に触れる事が出来たという !
その話を聞いて十数年の後、札幌で肥田式強健術のセミナーを開催した時の事、参加者の中に青森出身の女性が居り、彼女からも全く同様の話を聞いた ( UFO軍団を見たその時期も一致していた)」とのこと。奇妙なUFO体験が少なくないようです。

・木村秋則さんは、無農薬と無肥料のリンゴで有名になった人のようです。テレビ番組にも取材をうけたり、木村さんの半生が映画にもなっているようです。メディアでは人気者となり、公式のサイトもあり、現在の活躍ぶりが分かるようです。
 木村さんや農業については、詳しくはしりません。が、木村さんは「無農薬・無肥料のリンゴ栽培に挑戦するが、失敗続きで苦難の日々を送る」ということでしたが、「そのような大変な苦労をする必要があったのだろうか」という疑問がわきます。さまざまな理由があったようですが、無農薬のテストの栽培として、畑の一部を使えば、窮乏することはなかったと思います。農地の大部分を長年の農協の方針に従って、一部の農地だけは無農薬のテストをしておれば、自殺騒ぎもなかったと思いますが。大変苦労されたというような印象でした。リンゴには、農薬が必須という長年の常識を覆したのですが、大変、恐ろしいまた苦しい木村さんの体験だったようです。
 農家は、作物の敵の害虫や病気対策が大変な仕事だそうです。世界中で、異常気象のためか、バッタや害虫の大群の発生がメディアで報道されています。現代でも農作物が不作で飢饉も多くあります。木村さんはUFOを見たり、異星人とのコンタクト経験もあるようです。また北海道や東北地方は、グレイタイプや異星人とのコンタクト話やUFO目撃の多い地方だそうです。アブダクション(誘拐)の体験が、何か影響を与えているのかもしれません。

・amazonに「木村秋則」といれますと、81件の書籍が分かります。最近の本では『地球に生きる私たちにできること』(2016/1/25)(ロングセラーズ)『「心」が変われば地球は変わる』(2015/9/27)(扶桑社文庫)があります。その他には「自然栽培」の本が多いようです。人気があるのは「自然栽培」が農業関係者に注目されているからでしょうか。木村さんの半生の映画も作られたようですが、このブログで注目するのは、木村さんのいわゆる「霊媒体質」でしょうか。木村さんは、ある種のコンタクティであり、チャネラーなのかもしれません。木村さんも「終末の預言」でも受けたのでしょうか。「進化した宇宙人は人間の肉体や精神体に憑依するので誰にも分からない」そうです。木村さんのように「不思議な神秘的な体験」をした人は、少なくないのかもしれません。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。宇宙人は目に見えない人間の精神体やアストラル体に憑依するともいわれます。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ともいわれます。ですからコンタクティやチャネラーの素質は、誰にでもあるといえるのかもしれません。「霊界ははるか遠いところにあるのではなく地上1メートルのところにある」そうです。「あの世」から見ると「この世」は、すぐに隣にあるような感じです。しかし、私たち一般人は、目に見えない「あの世」の様相を見ることは、夢の中のようです。明晰夢とか正夢とか、夢で「あの世」の高等知性体とコンタクトできるようなのです。「夢の中でアストラル・トリップをしてクリスタル・シティでキリストに会った」という欧米のチャネラーが多いそうです。誰でも夢の中で不思議な体験をしているようなのです。しかし、ほとんどの場合、朝、起きると忘れてしまっています。荒唐無稽な話も多いようですし、幻覚や幻想で片付けられることも多いようです。
 神々や天使が、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依・人格転換)や、その他のさまざまな形態で「人間の姿」を装い、「この世」にでてくることがあるらしいのです。欧米では「天使(進化した異星人)」とのコンタクティやチャネラーも多いようなのです。彼らは街中の普通の人のように見えたといわれます。欧米で起こっていることは、日本でも起こっているようなのです。
 宇宙人は科学技術の進んだ国に現れるともいわれます。「宇宙人は“幽体”や“霊体”で目に見えない異次元に存在している」のですが、さまざまな形態で、この世に出て来ることもあるようです。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だそうです。地球上にはかなり多くの宇宙人が「同化」して住んでいるそうです。


・人間の転生を霊界で管理している天使や神々がいるようなのです。また転生をするときは、自分の新しい人生を天使と相談して自分自身が新しいシナリオを描くともいわれています。見えないパラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。出口王仁三郎の『霊界物語』のように神からのチャネリングにより多くのあの世の話・記録が残されています。「大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は「幽界」のように「この世」に似ている世界ですが非常に大きく違うアストラル界のような世界なのかもしれません。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成している」そうです。

・シャンバラの使者と言われたサン・ジェルマン伯爵は、ウォークイン(人間に憑依すること)のシリウス人か異星人だったのかもしれません。精神世界や歴史の裏話によく登場する記録の残る謎の神人のようです。日本にも登場したりするので、時空を超えるマスター(大師)なのかもしれません。日本でもホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の神人とコンタクトしている人もいるそうで驚きです。
 アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。シュメール文明を打ち立てたのが金髪碧眼のアルデバラン星人といわれ、牡牛座のアルデバランが故郷の惑星のようです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。地球から68光年の距離にある牡牛座のアルデバラン太陽系の二つの惑星からなる“スメーラン帝国”は現代でも栄えているのかもしれません。
 現代では「キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船上で会見したという日本人がいた」という話もあります。ちなみに「<金星>西洋では美の女神として知られる純白の金星は、インドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり、神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで、肉付きがよく、顔立ちも整っていて、男らしく、知的で、官能的です」という神話もあります。
 サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という名前が、アメリカの精神世界の書籍にはよく出てくるようです。アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスター)」の空挺部隊ともいわれます。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。マスター(長老)クラスは、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所にニルヴァーナ(涅槃・天国)から瞬時に移動できるそうです。現代でもマスター(大師)と交信している人間が存在するようなので不思議です。歴史上、様々な分野で尊敬されている著名なマスターたちは多くが同性愛者だともいわれます。LGBTはマスター(大師)達がゲイであることが多いことも背景にあるのかもしれません。マスターの影響力は私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。

・木村さんがメディアで注目されたのは、無農薬と無肥料でリンゴを作ったという実話です。しかし、木村さんの「不思議な体験」もオカルト雑誌「ムー」等に注目されたようです。木村さんのことはウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)でも分かりますし、サイトもあります。映画『奇跡のリンゴ』の反響はどうだったのでしょうか。木村さんの不思議な体験については、明晰夢、正夢、妄想、幻覚、幻視、幻想、荒唐無稽な与太話と片づけるのは簡単です。しかし、異次元の高等知性体である神々や天使、堕天使とのコンタクトは、夢のような幻覚のようなもののようです。
 木村さんがアブダクション(誘拐)体験のような目に遭ったのは、いわゆるグレイ・タイプと言われている宇宙人のようです。30年前の頃は、北海道などでグレイのような宇宙人とのコンタクト話が少なくなかったようです。UFOや葉巻型の宇宙船も東北地方や北海道で、よく目撃されているようです。あの世の人たちがこの世にでてくるというコンタクト話も興味深いものです。木村さんは、異次元の高等知性体から「地球の終末の預言」でもうけとったのでしょうか。

・日本でも「異人」の伝承は多いといわれます。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。−遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。−遠野物語第八話」という“異人”はオリオン星人といわれます。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。民俗学では異人の正体は不明です。柳田国男は当時の警察の「異人」の情報を調べなかったようです。柳田国男は『遠野物語』は民衆の作り話ではなく事実だと述べています。

・中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。オリオンETグループは、異類混血や遺伝子操作で、かなり人間化しているともいわれます。シリウス人も日本に来ていたという話もあり、現代でもシリウス人の影響があると思われますが、ネットワークを把握できる人はいないようです。
 グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。また「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている時代だ」ともいわれます。神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしているので誰も識別できないようなのです。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました。それがエササニ人のバシャールだ」というのです。
 「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に、人間タイプのオレンジと呼ばれる宇宙人が来て、その後に“東洋人タイプの宇宙人”が来た」といわれます。日本の神々も宇宙連合として、来ていたのかもしれません。アバブ・トップシークレットですので、非公開です。宇宙連合の地上のネットワークもあるのかもしれませんが、知る人ぞ知る世界のようです。

・グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」等の種類があるといわれます。ビーガンは、もしかすると、リラ星人よりも超能力があるのかもしれません。グレイ種も人間化しているそうです。「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)等がエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。エリア51で白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は米国の一人勝ちでしょうか。
 「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくるといわれます。宇宙人「グレイ」の故郷もベテルギウス(オリオン座の恒星)なのだという説もあります。「ハリウッド映画にもなった小柄な異星人グレイもバイオロボットだ」といわれます。グレイは核戦争を繰り返した人類の未来の姿だという奇説もあったようです。

・「シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である。「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人が、進化している」ともいわれます。「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」そうです。「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。イスラエル政府と契約の「宇宙の商人」がシリウス星人だそうです。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。

・「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」ともいわれます。「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」と問われます。あの世とこの世が交錯する体験は誰でもが、無意識的にか、または意識的にも、経験しているのかもしれません。

・TPPの大筋合意の詳細を政府が発表しました。国論を2分したTPPの大筋合意をめぐって国内では、どのような議論が展開されたのでしょうか。食料の安全保障の問題が、争われていたようです。「攻めの農業」も実務的にはどうなのでしょうか。トランプ大統領はTPPから脱退を宣言し、様々な独自な通商政策を求めてきていたといわれます。
 インターネット情報によると、「このりんご、日本から海外に輸出する果物の中で最も輸出額が多く、いわば、攻めの農業の代表選手と言えるでしょう。りんごの産地・青森県には、常に世界を意識し続けているベテラン農家がいました」という話もあり、TPPの影響はどのようなものになるのでしょうか。リンゴは世界中で作られていますが、零細農家にとって「攻めの農業」はTPPにより大変難しくなるようです。

・インターネット情報によると、「果物では、ブドウの関税(最大17%)をTPPの発効時に直ちに撤廃。リンゴとパイナップルは現在17%の関税を段階的に削減、11年目にゼロにする。オレンジは最長8年目、サクランボは6年目に関税をなくす。リンゴの場合、国内消費量の大半は国産品が占め、輸入品はニュージーランドなどからの0.3%にとどまる。ただ、農家の高齢化などで国内生産量は減少傾向にあり、関税撤廃で輸入が増える可能性がある」とのこと。TPPで「木村さんのリンゴ」や青森県等の農業への対応が気になりました。
 「夢の中でアストラル・トリップ(幽体離脱)をして、クリスタル・シティでキリストに会った」という欧米のチャネラーが多いそうです。夢の中で神のような人物に会っても運命が好転しないのならば皮肉ですね。コンタクティが夢の中かで、エイリアンの不思議な都市の上空を通過したと言う話もあるようです。
 宇宙人のマスター(大師)達からの情報は大変、貴重のようです。現代風に言いますと、「ガーディアン(守護神)――昔、人間であったが、霊的に進化し、霊的存在となった。人間世界の指導をしている。コズミック・トラベラー(宇宙の旅人)――ガーディアン委員会の下で、ガーディアン委員会の特命事項を遂行する宇宙人」(神人)からの情報を丹念に集める必要があるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、記憶が甦る人もいることでしょうか。ブラヴァツキー夫人には「ペテン話」もあるそうですが、真偽は分かりません。ブラヴァツキー夫人と不思議な神人、「未知の上位者」とのコンタクトは知られているようです。
 大震災から9年近く経ちましたが、松原照子さんは「東日本大震災を予言・的中させた」一人として、当時、話題になったそうです。「東日本大震災の予言をブログ『幸福への近道』に公開したところ的中。話題騒然となってアクセス数は急増し、1日平均約30万件にも達して一時はパンク状態に陥ったという」といわれます。
 松原照子さんは、ブラヴァツキー夫人やクート・フーミ大師などのアデプト(大師)などのコンタクティだそうですが、彼らにビジョンを見せてもらえ予言するそうです。そのメカニズムは、神のような人物からビジョンを見せてもらい予言の手紙を書くというブラジルの夢見のコンタクティ、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースを思わせます。

・amazonに「山川紘矢」と入力すると164件が検索されます。夫婦で活躍する翻訳家のようです。著者のような異常体験は、アセンションの時代ですからより多くの人々が体験するのかもしれません。マスコミが煩いので、「沈黙のコンタクティ」に徹している人々も多いようです。昔の西洋人なのに、日本人に日本語でチャネリングするという空恐ろしい話です。
 シャンバラの使者と言われたサン・ジェルマン伯爵は、ウォークイン(人間に憑依すること)のシリウス人か異星人だったのかもしれません。精神世界や歴史の裏話によく登場する記録の残る謎の神人のようです。現代の日本にも登場したりするので、時空を超えるマスター(大師)なのかもしれません。日本でもホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の「神人」とコンタクトしている人もいるそうで驚きです。「神人」はコズミック・トラベラー(宇宙の旅人)-ガーディアン委員会の下で、ガーディアン委員会の特命事項を遂行する宇宙人なのかもしれません。宇宙人は外見は若く見えても、とんでもないほどの高齢の年齢だったりするそうです。見えない「あの世」の宇宙人からは「この世」や「世の中の推移」がよくわかるようです。

・不老不死の魔術師サン・ジェルマン伯爵は、5万年前から転生を繰り返してきた謎の人物と言われ歴史的な記録も多いそうです。彼は、ウォークインのシリウス人だと考えればその超人ぶりも理解できるのではないでしょうか。サンジェルマン伯爵に関する膨大な資料は、パリの動乱で焼失したといわれています。謎が多く、評価が極端に分かれているともいわれます。が、歴史上オカルト的にはよく登場する神人のようです。マスター(大師)の1人ともいわれます。

・本からの情報によると「サン・ジェルマン伯爵は、現在サハラ砂漠となっている地上の楽園に生まれたが、紀元前1050年にエホバの神の預言者サミエルとして現れた後、イエスの父ヨゼフになる。3世紀には、キリスト教徒で殉教者となった聖アルバン、5世紀には、プラトン学派の賢者プロイラス、続いて、アーサー王の預言者マーリン、12世紀にはイギリスの僧で錬金術師だったロジャー・ベーコン、15世紀には、クリストファー・コロンブス、17世紀には、イギリスの作家で政治家のフランシス・ベーコン。そして、18世紀からは、サン・ジェルマン伯爵となって登場したと言われている。また、バラ十字団の創立者クリスチャン・ローゼンクロイツも、実は彼だったと付け加えられている」とのこと。にわかに信じられない話ばかりのようで、人によれば眉唾物扱いです。さまざまな人間に「輪廻転生」したようです。

・また本からの情報によると「驚くことに彼はどの人物に関しても詳しく覚えており、その当時のことをまるで昨日起きたことのように生き生きと語って聞かせている。その上に、ヨーロッパの言語は、全てその国民並みにしゃべれ、さらにラテン語、ギリシャ語、中国語、サンスクリット語も話すことができた。種々の楽器をみごとに演奏し、すばらしく精緻な絵を描き、詩を吟じた趣味人だった」そうです。
 またある情報によると「サン・ジェルマン伯はバラ十字団員で、また、フリーメーソンであったといわれている。サン・ジェルマン伯爵の活動の記録は数多く残されており、それが多岐多方面にわたることから、一人の人間の業とはとても信じられないほどである。サン・ジェルマン伯こそ、アガルタのシャンバラの使者であるといわれ、ドーリル博士も指摘しています」とのこと。神人、超人でマスター(大師)クラスの異星人で、タイム・トラベラーのようです。長い歴史上でしばしば人間とコンタクト話が残っています。マスター(長老)クラスの宇宙人も、さまざまな形態で人間の姿を装い、人間たちとコンタクトしているのでしょうか。
 はるかに高次元で進化したウォークイン(人間に憑依すること)のシリウス人のようなサン・ジェルマン伯は現代においても影響を与え続けているそうです。書物からの情報によると「彼は、1777年にドイツのヘッセン・カッセルで死んだと伝えられているが、1785年からフランス革命寸前まで、パリの宮廷に現れ、国王と王妃の死と王朝の崩壊を予言し、警告している。1817年、彼が死んだとされてから40年後、サン・ジェルマン伯は友人の前に現れ、これからヒマラヤに隠遁すると告げている。そして、1875年、霊媒師マダム・ブラヴァツキーは、神智教会を設立するのにサン・ジェルマン伯の力を借りたと報じた」とのこと。サンジェルマン伯爵にはさまざまな情報・与太話・説があるようです。

・また「これでまだ終わらず、1930年『アイ・アム』宗教活動の創始者ガイバラードの前に伯爵が現れ、彼を指導してくれたと、ガイバラードは宣言したのである。サン・ジェルマン伯爵の身体的な特徴も記録として残っており、肖像画も実在する。小柄な体をしており、美男子で常に40歳くらいで、50年前に会ったときと、全く変わっていないと驚いた貴婦人の証言さえある」とのこと。サン・ジェルマン伯爵が米国に時空を超えて現れたことになり、驚きです。
 『前世を記憶する子供たち』という本がありますが、前世を完全に記憶し、不老不死なのは宇宙人、超人としか考えられず、地上の記録に残るウォークイン(憑依)のシリウス星人が、サン・ジェルマン伯爵の正体ではないでしょうか。人間も何回も転生しているといわれますが、人間は完全に前世を忘却しています。転生を操作できるのは、高次元の異星人シリウス人等の高等知性宇宙人だけでしょう。

・「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」という説もあるようです。昔は「火星霊人と金星蛇人との戦争」といわれましたが、サン・ジェルマン伯爵は、むしろ火星霊人の系列でしょうか。多くの宗教の発端も天使、異星人が関与していることは、事実です。多くのウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)が地上を歩いておりますが、普通の人間は気づかないと言うことでしょう。火星人も米国に少数住んでいるという話もあるそうです。昔は火星人というとタコのような生物のイメージでしたが、金星人よりも進化した宇宙人、火星霊人なのかもしれません。現在では、金星と火星の異次元(アストラル界)には、壮大な都市文明が存在しているそうです。

・「サン=ジェルマンは、日本にも来ていた」という笑い話もあるくらいですが、詳細は不明だそうです。サン・ジェルマン伯爵について述べられた書物は多いのですが、リラ星人のエロヒムの『不死の惑星』のように、異星人は、外見上は若く見えても、大変な年齢(数百歳以上とか数万歳とか)の場合が多いと報告されています。リラ星人のように不死のテクノロジーは有しているのでhそう。
 サン・ジェルマン伯爵は『薔薇十字団員』であったという話もあります。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の話も現代ではチャネラーより知ることができます。サン・ジェルマン伯爵は歴史上に記録されているシリウス星人の化身だったのかもしれません。
 サン・ジェルマン伯爵は、17世紀のパリに現われた薔薇十字団員のように、謎の神人なのかもしれません。事典によると薔薇十字団員は「彼らは天の周辺に住む神的な一団である。彼らは、分身の術を備えていて、意のままに姿を変えて現れることができる。また、彼らは、自分の望む場所に移動することもできる。その他、団員は、占星術によって地震を予知したり、都市の疫病の流行を遅らせたり、空中を歩いたり、どんな病気でも治すことができた」ようです。現代風に解すると宇宙連合の宇宙人がヨーロッパに潜伏したということでしょうか。ウンモ星人がヨーロッパの社会に溶け込んでいるともいわれます。現代では「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」ようです。
 サン・ジェルマン伯爵はタイム・トラベラーであり、「キリストの磔刑を見物したといわれるイルミナティの空飛ぶ円盤の異人や神人」であったのでしょうか。キリストは、最高ランクの異星人種族ではないようです。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。何とかして異星人といわれる人に会った人によると、「驚くべきことに宇宙人は、その辺にいる普通のおっさんと変らないように見えた」そうですので、現代に現われた異人や神人を私たち一般人は識別できません。現代ではますます「訳の分からない話」となるのでしょうか。

・無数の他の銀河系から数え切れないほどの宇宙の存在がいるので、地球ばかりの進化にのみ神々が関与できないようです。マスター、大師クラスはめったに地球に来ないようですが、準大師クラスが時々、地球に来ているのかもしれません。異星人の宇宙船は光速を越えて異次元移動をするようです。ちなみに、進化の程度に格差のある2種類の宇宙人種族が対立抗争しているそうです。「サナンダは神智学では サナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています」と指摘されています。マスタークラスも全知全能で「沈黙の監視者」として存在しているのかもしれません。かってイエスであった存在は現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいるといわれます。サナンダはヤマトタケルでもあったという説もあるといわれます。神々はさまざまな歴史的な人物に変身すると指摘されています。

・重要な話として「ハトン銀河連合の艦隊がニルヴァーナ(涅槃・天国)に到着している」そうです。ですから大きな動きが宇宙に起こるのかも知れません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」ともいわれます。が、厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのため、過去60年間、異人や神人情報を非公開にしてきたようです。アバブ・トップシークレットのためとUFO担当者がいなくなったためか、最近では宇宙人に関する興味深い「UFOテレビ特番(特別番組)」もなくなってきているようです。
 普通の人々の中に、色々な霊体験、UFO体験をしている人も多いようです。体験談を日記などにしてインターネットで公開する人もいます。バシャールあや子さんも、セドナで宇宙人と会ったそうです。セドナでのUFO目撃は、非常に多くあり、マニアの聖地にもなっているようです。

・山川氏の「サン・ジェルマン伯爵との霊界通信かチャネリング」の心霊的な体験を本にして出版してもらいたいものです。三島由紀夫もUFOに関心を示していて、UFOの同好会に参加していたようです。「日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で天使の存在だった」という話は注目されます。見えない異次元の存在が、日本にも来て、原日本人を創って増殖させたのでしょうか。日本の幽界のようなパラレル・ユニバース(並行宇宙)にシリウス人がいるようです。「日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で、彼らは東北地方の青森県を中心に、下北半島、津軽半島、十和田湖周辺から秋田県の一部や岩手県全域に渡り活躍していました」ということで青森県は因縁の地なのかもしれません。

・宇宙連合の司令官アシュタールという名前は、精神世界の本によくでてきます。また、グレート・ホワイト・ブラザーフッド(光の銀河連合)のハトンもよく登場するそうです。宇宙艦隊の司令官というわけですから、何かスター・ウォーズを連想させます。

・著者の(スザンヌ・ワード)は、車で事故死した息子がニルヴァーナ(涅槃・天国)からテレパシー交信してきて、本を3冊書いた人だそうです。『天国の真実(マシューが教えてくれる天国の生活)』という本は、ニルヴァーナ(涅槃・天国)の状況について詳しく載っていますので、大変興味深いチャネリングのようです。それによると天国は地球と月の間の異次元に存在するそうです。
 カナダのコンタクティ、オスカー・マゴッチの『深宇宙探訪記』には宇宙連合とか「宇宙連合の中心都市」や宇宙旅行について詳しく載っているそうです。またスター・ウォーズについても載っています。神々の現在の住まいは、シンボリックに古代名称を用いてシャンバラと呼ばれているともいわれます。「虚空にシャンデリアのように輝く都市規模の宇宙母船を見た」とカナダのコンタクティが報告しているそうです。
「このクリスタル宇宙船は現在『地上の平和』号と命名されていて、あなたがたの太陽系の惑星間ヒエラルキーの最高の旗艦なのだ」といわれます。
 私たちの「目に見えない世界」で異次元の高等知性体同士の激しい争いがあるようなのです。彼らにとっては4次元以上の目に見えない世界が中心なのですが、人間社会にも大きな影響があるので謎です。巨大な宇宙母船も、数百万の宇宙船も私たちの目に見えない世界に存在するそうですが、異次元瞬間移動をするUFOも目に見えない形が通常のようです。2種類の進化の違う宇宙人の対立が続いているようです。

・人類を創造した宇宙人種族とのコンタクトは、退行催眠・催眠術によって、第3者が認識できるようです。進化した異星人は、高次元の観察者として、守護霊や天使のように、私たちのことを認識していますが、全く私たちには自覚がありません。数十億年程度の格差があるようです。異星人とのアブダクションは、記憶を消されていることが多いようです。アブダクティ研究者により、さまざまな異星人の情報や高次元の世界が分かるようになりました。「アストラル界下層にいる霊たちの多くは、地球上の種々の問題を引き起こす原因となります。彼らはテレパシーで地球上の人間と交信します」と語られています。エーテリヤン(霊人)は、非常に高い次元に属しており、多くの円盤を操縦しているといわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は、目に見えないが、すぐ隣にあるといわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は「幽界」のように「この世」に似ている世界ですが非常に大きく違うアストラル界のような世界のようです。

・寝ている時に幽体離脱をして異世界を往復して、異星人の情報を持ち帰る人々もいるようです。グレイタイプはバイオ・ロボットであり、人間タイプの異星人が創造者、天使や大天使と認識できれば、高次元の世界の情報も知ることができるようです。夢の中でアストラル・トリップしてクリスタル・シティでキリストに出会ったという欧米のチャネラーが多いそうです。そのように高次元の宇宙人とコンタクトしている地球人からもさまざまな異次元世界の様子が伝わってきます。当然のことながら、それらの話には、共通性があります。800ページの大著ですが、高い次元にある「図書館」からの情報もあり、興味深いものです。また催眠術によるヒーリングもアメリカでは、すすんでいるようです。残念なことに、著者は2014年10月、83歳で他界したとのことです。
 「この前の夏、過去世回帰療法を指導していたとき、ある参加者がシリウス星のガイアプロジェクト管理本部の光景をまざまざと見た。彼女自身が、本部ビル内の会議室にいたそうだ。本部ツインタワーの威容に、彼女はとても驚いた」というような話があります。高次元のシリウスの都市の巨大な超高層ビルの中の「管理本部」のようなイメージは、私たち一般人は、当然、全部をイメージできません。高次元の異星人の都市、アストラル界やエーテル界の高層ビルの中の「管理本部」というパラレル・ユニバース(並行宇宙)のような相似の世界なのかもしれません。人は皆、記憶喪失の異星人だと語られています。前世の異星人であった記憶をもつ人々もアメリカでは、少なくないといわれます。普通の人は、あの世で、前世の記憶を100%消して、輪廻転生してくるといわれます。

・「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。シリウスのレベルは、もうすでに非物質のレベルです。「世界の王はサナット・クマラと共に金星から降りてきた。この神人の一団はシリウス星と繋がりがある」といわれます。「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人がはるかに進化したといわれます。「その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来た」と語られています。現在では、金星と火星の異次元(アストラル界)には、壮大な都市文明が存在しているそうです。ここでいう金星というのは副金星、異次元の金星、アストラル界にある目に見えない金星のことのようです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だといわれます。イスラエル政府と契約の「宇宙の商人」が シリウス星人だそうです。またシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こると語られています。シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物であるそうです。政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。

・「シリウスの意識たちは、3次元にいる人間の目に見えるように、時々、自らの波動を変えて出現することがあった。数多くの古代エジプトの神々はシリウス人だった」といわれます。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」そうです。またマオリッツオ・カヴァーロは、「神々の都市」にも意識変性状態で行ってきたといわれます。クラリオン星の人々というのは今から約1億8000万年前に人類創造計画に参加した数多くの民族の一つと語られています。一方では、人類は45 万年前に地球にやってきたアヌンナキという異星人が、遺伝子操作によってつくった存在 だと語られています。「物質地球とともに、肉体の死を迎えた存在のために霊界もつくられた。輪廻転生のシステムも始まった」と語られています。

・シリウス人とオリオン星人の関係は複雑なようです。シリウスの二連星システムは、決してこと座文明に吸収されたことも、こと座の植民地にもなったこともないと語られています。『竹内文書』の内容で特筆すべきは天皇家の先祖が、宇宙の彼方、シリウスから飛来したと記されていることであると語られています。また天皇家の先祖がプレアデス星人という説もあります。「シリウス星からやってきた宇宙の神である彼らは、今もなおオリオン座との絆を大切にしています。それはひとえにオリオン座が、彼らの祖先である太陽族の故郷であるからです」と語られています。奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまったとも語られています。オリオン座は「神の星座」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。太陽族とシリウス星人が対立・抗争をしているという説も語られています。You TubeなどにUFOやエイリアンの必ずしもインチキとはいえない動画が豊富に載っていますので、その方面から若者たちの意識や社会が変わってくるものと思われます。「人の口に戸は立てられぬ」といわれます。

・シリウスの高度に進化した知性体は、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)を自由に操作できるようで、太古から地球を植民星にしているそうです。ウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)が増えており、「前世を記憶する」人々がアメリカでは増えているそうです。
 2012年のアセンションの時代を経過して、「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、前世での異星人の記憶を持つ人も増えているのでしょうか。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」ともいわれています。「街中の神々」といわれるように、神と一般人の区別がつかない時代です。「遥かに進化した高次元の高等知性体・異星人は、人間の肉体や精神体に憑依するので誰も識別できない」そうです。「神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしているので誰も識別できない」ともいわれます。

・「天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人」がいるようなのですが、人は死後自分が『霊人』であることが分かるそうです。宇宙人も進化がすすむと、霊体や幽体で非物質領域と物質領域を自由に往来できるようになるそうです。
 またネガティブなシリウス星人は「遺伝子操作でモンスタータイプの生物や人間を創り神に嫌われた」という話もあるそうです。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。
 「イスラエル政府と契約の宇宙の商人」がシリウス星人だということです。日本でも昔からシリウス星人とコンタクトするネットワークがあったのでしょうか。

・エイリアンの超テクノロジーを求めて各国の諜報機関は必死に暗躍しているようですが、イスラエルの秘密諜報機関モサドだからシリウス星人と政府契約ができたのでしょうか。アラブ諸国との対決で国家的な危機感を常に持つモサド。「宇宙の商人」との契約によってイスラエルは数千年の飛躍のカギを握ったことでしょうか。それに対して、どこかの国のように「国家機関の総力をあげてエイリアンの超テクノロジーを入手しようとする」動きが、気の利いた公務員の中からでてこない政府もあるようです。しかし、在日宇宙人問題を認識している人はほとんどいないといわれます。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。何か異人のネットワークが国内にあったのかもしれません。
 四次元の都市は、はたして「神々の都市」なのでしょうか。パトリシア・コーリの『シリウスの超叡智』の3部作は、翻訳出版されましたが「シリウス最高評議会の語り部」として注目をあびているようです。
「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、戦争がしょっちゅう起こる」という説もあるそうです。天使的なシリウス星人の間に立つ、サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人などの種族が、地球人とシリウス星人とのコンタクトを干渉しているようなのです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」そうです。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、正確には分かりませんが人類に数百万年以上(?)進化しているそうで、パラレル・ワールドに存在しているようです。人間の死後の『霊界』で誰でも天使的なシリウス星人に出会えるようです。現代のシリウス星人とのチャネラーやコンタクティからの情報は貴重です。宇宙人の情報は、公式にアバブ・トップシークレットのため、正確な情報は公開されないようです。
 「ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の連中(不思議な世界の人々)が、現代に(東日本大震災を予言的中した)松原照子さんというエスパー(超能力者)にコンタクトしている」そうですが、奇妙な話です。

・過去60年間、米軍は当然のように宇宙連合とコンタクトして、エイリアンの超テクノロジーを入手して、超兵器を完成しているそうです。また、莫大な宇宙人情報も蓄積していることでしょう。30年ほど前には、米国のマスコミも大騒ぎしたエイリアンのアブダクション(誘拐)やキャトルミューテーション(動物虐殺)事件もありました。現代では、国策に協力して、厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの宇宙人情報の機密は、官民一体で、今後とも守られるようです。
 「“間(はざま)”の次元から、たくさんのグレイが開放され、人類に実験を施す技術者として、あなた方の物質的な次元を自由に歩きまわれるようになりました」ということでアブダクション(誘拐)された人数が非常に増大したそうです。

・昔から「米軍の中に異星人が混じっていた」とも言われ、「異星人情報は米軍から始まって米軍で終わる」と結論できるそうですが、恐らく米軍は、『異星航路』に向かい、プレアデスやリラ、シリウスの領域へと進出していることでしょうか。それにしても"一杯食わされている"人々の多いことでしょうか。「アメリカ空軍の士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っている」そうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」と語られています。

・異次元にあるというアガルタ・ネットワークの地下都市の書籍も多いようです。アガルタの存在は、宇宙人とのコンタクティから知られるようになったようです。ドイツのヒトラーがアガルタの超科学による超兵器の獲得を目指して、何度か洞窟の探検隊を世界中に送りだしたそうです。当時の人々には「異次元世界」という概念がなかったようです。当時ナチスはゲルマンの神々(宇宙人)とコンタクトしていたのでしょうか。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。ちなみに宇宙人は科学の進んだ国に現れるそうです。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したといわれます。

・昔の人は「宇宙の異次元」という概念がなく、真面目に大規模に洞窟探検をしていたようです。また、私たち一般人も「異次元」という概念がないので、分からないそうです。死後の世界「霊界」なら理解できるようですが、アストラル・トリップ(幽体離脱)でしか入れないそうです。宇宙にはアストラル界やエーテル界という霊界に似た世界があると考えれば理解しやすいことでしょうか。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成している」そうです。人間の死後の世界、幽界や霊界、宇宙人のアストラル界やエーテル界も似ている世界ですが、私たち一般人は、当然詳しくはありません。

・国家が宇宙人とコンタクトをしますと当然ながら、数千年から数万年進化している超科学の知識を入手しようとします。米軍も「エリア51」などで、総力をあげて超兵器を開発しているそうです。「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)等」が、エリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。

・「地球上と同じように宇宙でも戦争が普通の状態で、平和が異常な状態」なのかもしれません。「人類の歴史を見ると、戦争の時代の方が平和の時代よりも長かった」そうですが、スター・ウォーズも大規模なものだと宇宙の一部を壊してしまうようなものもあったようです。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。
 あの小柄なグレイもスター・ウォーズを繰り返し、核戦争の原子爆弾の放射能で体が退化したそうで、「グレイは人類の未来の姿だ」という話もあったようです。人間の戦争にも「おぞましい話」が多いのですが、エイリアンのスター・ウォーズでは人間の想像力を超えるような「おぞましい話」も多かったそうです。
 「神に選ばれた種属」ユダヤ人がナチス・ドイツによって6百万人も虐殺されたのは、「何か神に関係することが理由」で狙われたという説もあるといわれます。近年、イスラエルがシリウス星人と交易協定を結んだ波及効果とは、アバブ・トップシークレットのようです。

・「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」ともいわれる天使的なシリウス星人と「実験室で人間を創った」サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人の抗争は、現代にも続いているスター・ウォーズなのかもしれません。人類の記憶にある「天の戦争」というスター・ウォーズとは?堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反乱したという「天の戦争」が続いているそうです。「シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている。奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまった」ということで驚きです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。堕天使が地球の女を狙って降りてくるといわれます。堕天使の性的な能力は異常に高いともいわれます。堕天使の目に見えない世界のことは、ほとんど誰も分からないといわれます。「堕天使にマインドコントロールされている人間も少なくない」という説もあります。

・「選民思想とは、自分たちが神によって選ばれた特別な民族・人種である、という信仰、確信であり、この最も代表的なものがユダヤ教におけるものである」そうです。エロヒムによると「ユダヤ人は神の選民だった」そうです。リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたそうです。
 古代ヘブライ人は、「神に選ばれた種属」ともいわれていたそうですが、その末裔のユダヤ人が、第2次世界大戦時に6百万人もの虐殺をナチス・ドイツから受けたのは、歴史上の謎のようです。「地球は、これまで、はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響を受け続け てきた。それは、東洋では『黒い竜』として知られている」といわれます。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」と語られています。
 「近年、イスラエルがシリウス星人と交易協定を結んだ」そうですが、これもアメリカ合衆国に深くくいこんでいるといわれるユダヤ勢力とのつながりや、秘密諜報機関モサドの暗躍が背景にあるようです。

・昔言われた「金星蛇人と火星霊人の対立・戦争」の構図がありましたが、現代ではリラ星人やシリウス星人とのコンタクト、宇宙連合とのコンタクトがアメリカ合衆国以外にも増えだしたということでしょうか。特にロシアは米国への対抗からか、諜報機関の総力をあげてエイリアンの超テクノロジーの入手に躍起になっているそうです。ロシアはタウ星人と当初コンタクトがあったそうです。「彼ら蛇人はすでにロシア共産主義勢力としてやってきており、マルクスとレーニンはその勢力のいわば幹部たちだった」という説もあるようです。「ロシア人はタウ人との協定を破棄し、同じ協定をリュウ座人の前衛部隊と 交わしてタウ人を追い払ったと考えられている」ともいわれ、謎が多いようです。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。

・戦後、米国に小柄なバイオ・ロボット、グレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックといわれる宇宙人の真の正体とは、プレアデス星人だったようです。グレイの「空飛ぶ円盤」に同乗していた「ナチス」とも言われている金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人といわれていました。「二派の対立とは火星由来のアーリア人に対するアヌンナキ・レプティリアン(爬虫類人)の争い、戦争」だったといわれます。
 「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」ともいわれる天使的なシリウス星人と「実験室で人間を創った」というサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が宇宙を2分してスター・ウォーズを始め、宇宙の一部を壊したと言われています?シリウス人は思念でモノを創れるともいわれます。この話も信じるか信じないかはあなた次第という与太話なのかもしれません?
 スター・ウォーズの原因は、「異類混血」でモンスター・タイプと人間タイプが異常にその遺伝子操作による容姿の変化を憎んだからだそうです。「ネガティブなシリウス星人が遺伝子操作でモンスター・タイプの生物を創り神に嫌われたそうで、神が大洪水でそれらの生物を全滅させた」という神話もあるそうです。4本足の人間を創ったりして、神に反逆したのかもしれません。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。

・地球は、プレアデス星人からシリウス星人の支配・統括へと変わる天の予定・計画があるそうですが、実現が遅れているとも語られています。この「透明人」も近年、地球に来ていたそうで、宇宙連合の飛来が窺われます。
 以前は「地球はレベルが低すぎて宇宙連合に加入できない」と言われていたそうですが、近年、イスラエルが『シリウス星人と交易協定』を結んだそうです。「ユダヤ人の頭脳は良い」といわれていたのですが、イスラエルの諜報機関が、『シリウス星人との交易協定』を結ぶことができたのでしょうか。どこかの国のように「UFO後進国」で、向こう百年以上たっても、『シリウス星人との交易協定』すら結べない国もあるといわれます。それともすでにコンタクトがあるのかもしれませんね。アバブ・トップシークレットですから秘密が守られているに過ぎないようです。「スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。西洋神界はスサノオ神とその系統の神々が1万年ほど前に拓いた地域で、シュメール族は「スサノオ神系」だといわれます。「ゲルマン神話の神々は日本の神々だった。まず、主神・オーディンは「須佐之男神」だった」と語られています。

・「日本はヘルメスが統治する国だ」そうですが、大天使ミカエルも活動しているのでしょう。シリウスの大天使の代表であるというヘルメスは、ギリシア神話に登場する青年神です。国常立神(くにのとこたちのかみ)はヘルメスだと言う説もあるといわれます。神は古代宇宙飛行士、すなわち地球を管理するカストディアンの種族なのだろうかと語られています。「神々の総数は10億を超え、それぞれ位階に応じて宇宙の各所を支配している。神々は最高神「イ・アム」を頂点として7つの位階に分類される」と語られています。神々と交信しているチャネラーもいるのでしょう。世界中に「自称イエス・キリスト」が数百人いるといわれます。
 エーテル質量のような非常に細かい粒子の世界、現代の量子力学では認識できない世界が、アストラル界やエーテル界であるといわれます。
非常に細かい粒子の世界、エーテル界に、幽体や霊体の異星人のアストラル界があるといわれます。シャンバラはエーテル界にあるという説もあります。

・「2012年に何かが起こる」という話や書籍の内容が多かったといわれます。20世紀に、唱えられた「世界終末予言」はめでたくも、すべて誤りとなりましたが、最近の予言者、超能力者、遠隔透視者の予言は、具体的で確度も高いそうで、無視できないといわれます。「地震の予言」は、当たってもらいたくないものです。世の中は心配事が多くて、予言が多彩で不気味だといわれます。心霊学では「“あの世”の出来事が時期をおいて“この世”に起こる」そうですので、「神の予言」のように必ず当たるものもあるのでしょうか。神と悪魔の対立が、宇宙の根本的な動力となっているのでしょうか。プレアデス星人とオリオン星人は、相対立する原理・理念で動いているといわれます。
「これからはプレアデス的統制からオリオン的統制へ変転する」と指摘されています。

・フットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOは、『悪魔の船』だったのでしょうか、それとも“神々”でも搭乗していたのでしょうか。「ドイツ語は悪魔の言葉」だそうですが、悪魔だったら幽霊でもでるのでしょうか。霊能力者は、通常、人が見ることのできない幽霊も見れるでしょうが、『幽霊のハンス』は、当時の米軍部隊内でも有名だったそうです。『幽霊のハンス』は、ヒトラー・ナチスが崇拝したという金髪碧眼の『アーリアの超人』たちとは関係がないのでしょうか。

・ジュセリーノのいう「助言者」は、神の領域に住むものでしょうか。助言者=異星人説もあるそうです。ブラジル本国ではジュセリーノの予言は国民的な注目を集めていたそうです。
ブラジルの予言者ジュセリーノの警告を知って、あらかじめ危険を回避すれば未来は変えられるといわれます。
ジュセリーノは、今後も公証役場や郵便局で証明をとりながらメッセージを送り続けるでしょう。また、事件予知の公表は種々の理由から難しいそうですが、数万件にも及ぶ予知夢による予言も公開されていくものと思われます。ジュセリーノを指導する「助言者」は、時空を超えたアストラル界やエーテル界の存在で、天使などの高等知性体なのかもしれません。異次元との知性体とのチャネラー(霊的交流者)は、世界中で増えているそうですが、マスコミにのる人々は少ないようです。しかしながら、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの予言は「当たらない」ということでメディアから無視されたといわれます。
ジュセリーノに未来を伝える「助言者」の正体とは、異次元の高等知性体なのでしょうか。目に見えない異次元と存在とコンタクトするチャネラー(霊的交流者)により、時空を超えた情報がもたらされることがあるといわれます。

・天災に関する遠隔透視が一番関心が高いようです。マクモニーグル
については日本のテレビでも行方不明者の捜索の番組出演で、知っている人も多いのでしょう。
マクモニーグルの遠隔透視は壮大であるばかりでなく、日本のテレビ出演などで知られているように「失踪者の探索」という事件解決においても実用的なようです。マクモニーグルの遠隔透視はアカシック・レコード(宇宙の記録庫)を見ることができるのでしょうか。

・参考図書としては以下のものがあります。
『ジョー・マクモニーグル未来を透視する』 (ソフトバンククリエイティブ)
『FBI超能力捜査官ジョー・マクモニーグルと「遠隔透視」部隊の真実』 (学研)
『FBI超能力捜査官ジョー・マクモニーグル』 (ソフトバンククリエイティブ)
『マインドトレックー遠隔透視の全貌ジョー・マクモニーグル』 (中央アート出版社)
『マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界』 (ハート出版)

・遠隔透視の超能力を持つマクモニーグルは、臨死体験の時に神の領域に入ったのでしょうか。FBI超能力捜査官マクモニーグルの遠隔透視の超能力は2度の臨死体験が原因なのでしょうか。

・FBI超能力捜査官マクモニーグルによると行方不明者の遠隔透視は効率が悪いようです。しかし、マクモニーグル遠隔透視などの超能力は、多くの未解決な犯罪捜査で威力を発揮したそうです。
マクモニーグルは日本のテレビでは行方不明者に関する遠隔透視の番組で有名になったといわれます。

・フットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOの遭遇経験は、過去に報告があるといわれます。映画『未知との遭遇』で、エイリアンの巨大な母船が地上に降りてくる場面がありましたが、巨大な母船も動きが軽快で瞬間移動により消失するそうです。巨大母船に搭乗する異人の正体とは不明です。
マクモニーグルがバハマで見たフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体とは、いわゆる「悪魔の船」だったのでしょうか。

・ジュセリーノは、最近の中国の地震でも注目されましたが、世界中の天災を予知する霊能者として、特筆される実績を持っているそうです。ノストラダムスの予言と違って明確な場所と時期を示す予知夢であり、ノストラダムスをはるかに超えているともいわれる所以だといわれます。不気味な予知夢が当たらないことが期待されている不思議な人物だといわれます。
 ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースによると「人類は細菌で衰退する」のでしょうか。神々の憑依により超能力や驚異の透視能力を発揮する新興宗教の教祖は、古今東西多いようです。現代では、米国において、遠隔透視能力“千里眼”をもつ超能力者を諜報機関や犯罪捜査機関が採用し、困難な事件を解決しているといわれます。遠隔透視能力“千里眼”は、神々の領域の能力としか思えないそうです。日本でも神々に通じているチャネラー(霊的交流者)を全国から見つけ出し、社会的に有効に活用する組織や制度を作らないと、この方面でも米国に遅れていることになるといわれます。

・ブラジルの超能力者ジュセリーノ氏の予知夢による予言は、検証され注目されたようです。
ジュセリーノの予言によると、過去に北朝鮮に拉致された被害者が、日本に帰国できるのは2016年頃といわれました。
 日本でも神々が憑依した新興宗教の教祖の予言は、確度が高いと言われています。何か神秘体験が原因で超能力が花開く例が世界中であるようです。エーテル界にあるというアカシック・レコードという宇宙の記録庫にアクセスできれば、過去・未来の出来事が分かるそうです。もちろん、ブラジルのジョセリーノの予言は100%でないのですが、確度はかなり高いので世界中のマスコミから注目されていたようです。今は無視されているといわれます。
 「マヤ暦の終わり(2012年)の後に何か“大変なこと”が起こる」という理論は最近の精神世界・オカルト界では流行していた話だそうです。識者の誰もが「日本では大地震はいつでも起こりうる」、「大地震“第二の関東大震災”の到来」を予想している日本では、行政的に対応手段がうたれているようですが、もちろん十分なものではありません。米国のCIA(中央情報局)やFBI(連邦検察局)などでは、超能力者や霊能力者を採用し困難な事件の解決を図っているといわれます。ジョセリーノ氏も米国政府から声がかかったそうですが、米国行きを断ったといわれます。
「第二の関東大震災」の予知夢を見るジョセリーノの予言の内容は不気味だといわれます。

・ジョセリーノの不気味な予言は以下の本で分かります。
「未来からの警告」(たま出版)、「続 未来からの警告」(たま出版)、「ジョセリーノ未来予知ノート」(ソフトバンククリエイティブ)、「ジョセリーノの予言」(テレビ東京))

・ブラジルのジュセリーノ・ノーブレガ・ダルースの予知は、時、場所、出来事において完全に100%というわけにはいかず、通常考えられないような予知だと誰も信じられなくなるのでしょうか。だが、ブラジルの霊能者ジョセリーノの予言は、90%の確率の予知夢ということで、確度が高いので注目されていたそうです。しかしながら、検証してみると当たっているのは少なく、マスコミから無視されたといわれます。
アメリカ大統領選の予言など多岐にわたるジュセリーノの予言の確度とは低いようで、今では問題にされていないといわれます。
 彼らの存在については、昔からシャスタ山の伝説として有名だそうです。神々や天使は時空を超えているからなのでしょうか。
 多くの欧米人のチャネラーが、「夢の中で幽体離脱(アストラル・トリップ)して、クリスタル・シティでキリストに出会った」という報告をしているといわれます。聖書の言う夢物語のような「天上のエルサレム」の降下のことでしょうか。異次元の理解がないと、この話も夢物語ということになるでしょうか。
シャスタ山の上の巨大なエーテル体の光の都市、「7光線のクリスタル都市」とは、現在でも機能しているのでしょうか。

・神々と何らかのコンタクトを持つチャネラー、予知夢を見る霊視者の予言は、昔から確度が高く、無視できないものがあるようです。ブラジルのジョセリーノの予言は、有名で、具体的で日時が正確で、膨大な量の予言は、ノストラダムスの予言をはるかに超えているのではないかともいわれています。が、突飛で荒唐無稽な予言も少なくなく、解釈・整理が必要なようです。「2008年の7月13日に、日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われます」という予言もあったといわれます。高次元の存在からの予知夢だそうですが、日本の場合は多くの識者が「大地震の到来」を予想しており、対策を十分にする必要があると言われています。ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースは
「2008年9月13日に中国で地震が起き、30メートル以上の津波が海岸を直撃します。震源地は、南寧と海南島です」と予言していました。しかしながら、当たらないのでメディアから無視されていったといわれます。

・昔から神々が人間に憑依したりして、その実在を世間に周知させることがありました。が、現代では、その超能力を示さず、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)など、何らかの形態によって人間になりすまし、一般社会に溶け込んでいるともいわれているそうです。憑依や転生を自由に操作できる異人の正体は、誰もつかめないようです。異次元に存在するといわれている神々や天使が、地上を徘徊することもあるのでしょうか。米国では「天使に遭遇した」という一般市民の話が多いそうです。「あの世」の出来事が時期をおいて「この世」に実現されるといわれます。そうすると、神々や天使が「この世」に影響力を行使しているのでしょうか。

・「ハイパーボーリア人が住んでいるシャンバラ・ザ・レッサーという都市が、アガルタ・ネットワークを統括していました」ということから高次元の高等知性体がハイパーボーリア人ということになるのでしょうか。高次元の高等知性体の正体は不明ですし、彼らをとりあげた書籍も少ないのですが、漠然と「神々とか天使」のイメージでしょうか。異次元にある『都市』とは、エーテル質量からできているのでしょうか?
アガルタ・ネットワークは異次元の「地下」の120の「光の都市」から成り立っているといわれます。
 「地下世界」の伝承は、世界中にあるようです。異次元世界に迷い込んだ伝説は昔から少なくないといわれます。しかし、現代では異次元を知覚できるチャネラー(霊的交流者)は少ないようです。また、普通の人間にとって「異次元とは夢の中とか死後の世界の精霊界を意味する」ようです。シャスタ山の地下都市「テロス」は人間には見えない異次元に存在するといわれます。

・異次元の都市の詳細な記述は、少ないようですが、エーテル界やアストラル界に都市があるというのは神智学の定説だといわれます。人間の死後の世界の精霊界がパラレルワールド(並行世界)で、現実世界と相似の世界だといわれていますが、高等知性体の住む高次元の世界は、現代科学が認識していない、エーテルのような精妙な非常に細かい粒子でできているといわれます。

・「火星人の生命波動も地球人の物理的な密度のものではありません」ということも理解が難しい原因なのかもしれません。昔は地球に係る異次元の「火星人と金星人」という対立の構図でしたが、火星人が秘密主義であるということは、コンタクティのほとんどが「金髪碧眼の白人種の金星人」とコンタクトしているという事実が物語るようです。火星人が秘密主義で正体がはっきりしないため、宇宙人理解の大きな障害になっているようです。火星人の系統から日本の神々の系列が分かるのかもしれません。日本民族はプレアデス星座のとある惑星に原郷があるという説もあるのですが。地球は波動レベルが低くて、未来数世紀経っても宇宙連合に入れないそうですので、確認しようのないことのようです。
ナチスが狂った金髪碧眼の白色人種アーリア人は異次元の金星から来たともいわれます。火星人の秘密主義のため情報は混沌としたものになっているといわれます。秘密主義に走るのは異類混血を進めているからでしょうか。

・「シャスタ山の小人」とは、グレイ・タイプのゼータ・レチクル星人のことでしょうか。ハイパーボーリア人、レムリア人、アトランティス人とか太古の種族と現代とのつながりとは存在するのでしょうか。「アガルタ・ネットワークは地下にある120の光の都市」とは、高次元の話といわれます。目に見えない異次元の話として理解しても把握が難しいようです。カリフォルニア州のシャスタ山のアガルタ・ネットワークとは、今も機能しているのでしょうか。
 金髪碧眼の白人タイプの人間型宇宙人は、よく報告されているようです。「グレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に東洋人タイプが来た」と米国の異星人の報告書にはあるそうですが、その後の情報はまったく流れてきていないようです。日本にも昔から異人の伝説が多いのですが、河童(グレイ)とともに飛来していた異人の正体とは、オリオン星人といわれます。東北地方には、プレアデス人とのコンタクト話が現代でもあるといわれます。

・アンドレアソン事件の小型ヒューマノイドは、異次元移動で部屋に侵入してきたといわれます。小人タイプ(グレイ)の遭遇の報告が衝撃的だったので、映画やテレビなどに多く取り上げられたそうです。日本でも河童(グレイ)の伝承が、明治時代まで、農村部では、日常的に語られていたようです。アンドレアソン事件は特に衝撃的で、当時、多くの書籍で取り上げられたといわれます。

・ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)によって、地上に異星人が人格転換して登場するという現象は米国に多いそうです。シリウス星人は、天国に出入りして、人間へのウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)を自由に操作できるといわれます。一般的には、宇宙人は異次元移動ができるものもいるようです。金星人オムネク・オネクも、ウォーク・インやワンダラーの形態によって地球の人間に転移したといわれます。異次元のエーテル界、アストラル界にも都市があるといわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)でしょうか。

・金星人オムネク・オネクも、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)の形態によって地球の人間に転移したそうです。ヒトラーとナチス・ドイツが狂い崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」とは、金星人オムネク・オネクによると「現在、アーリア人という呼び名で多くの人々が知っている白色人種は、金星から来ました」といわれます。金星と言えば、人工衛星が着陸する時代、『異次元の金星』ということの認識をはっきりしないと誤解するといわれます。
金星人オムネク・オネクのメッセージによりますと「都市を取り囲む輝く白壁は地球の最も高い摩天楼に十分肩を並べるほどでした」といわれます。

・「実験室で人類を創造した琴座(リラ)星人」と「遺伝子操作か思念(?)で人類を創造したシリウス星人」と二種類の宇宙人の対立があるという説もあり、人類の創造に関しては諸説あるといわれます。
 「キリストが日本に来ていた」ということは、昔から日本人がとりあげ、いくつもの書籍があるそうですが、米国人のチャネラーが言及したのは、珍しいことでしょうか。「個人には天使(背後霊)がついて助けてくれている」、「イルミナティ、フリーメイスンなどの秘密結社が、世界の政治経済を裏面から影響を与えている」とか、異次元に関することは、目に見えず、少数の者にしか理解できず、謎ばかりのようです。キリスト教徒が信じているらしい「イエス自身が、生き返った」ということも、荒唐無稽で、理解不能の信じられないことでしょうか。やはりキリストは日本に来ていたといわれます。イエス・キリストはアプ 星人で非常に多くの転生をしているそうです。

・太古の神話やUFO、宇宙人の飛来ということよりも、高等知性体の操作によりウオーク・イン(憑依現象)、ワンダラー(転生現象)などにより「人間自身が人格転換を受けている現象」が、米国などに増えている状況のほうが注目に値するといわれます。目に見えない高次元の高等知性体が、現実世界に影響力を行使しているそうですが、「天国に出入りしているシリウス星人」の情報などは、チャネラーからのものが多いそうです。4次元以上の高次元は、時空を超えているからだといわれます。「神々は高次元の宇宙人だった」と仮定すれば、理解がすすむようです。太古、日本は世界の中心だったという『竹内文書』の内容が思い出されます。
太古、広島の宮島の周辺には大規模な宇宙人の複合都市があったといわれます。

・チャネラーの情報とか、ウォーク・イン(憑依された者)やワンダラー(転生者)の情報は、貴重なものが多いといわれます。輪廻転生に関しては、「人は皆、記憶を失った異星人」だそうですが「前世の異星人の記憶」を持って転生してくる米国人が増えてきているそうです。ウィングメーカー(今からおよそ750年未来の地球人のタイム・トラベラー)についての書籍3部作、『ウィングメーカー』(ヴォイス社)がありますが、内容が非常に濃密なのでSFファンタジーと単純には片づけられない内容だそうです。タイム・トラベラーの概念もSF100%ばかりではないといわれます。
「未来の地球人、タイム・トラベラーとの遭遇もあり」なのでしょうか。

・グレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックが飛来して、その後に東洋人タイプが来たといわれます。プレアデス異星人のコンタクティによると日本民族の原流となった異星もあるそうですが、詳細は不明のようです。

・ゼータ・レチクル人は、多くの意味で地球人とは対照的な種族といわれます。グレイの一種が、ゼータ・レチクル人だといわれます。グレイは生体ロボットとか言われていますが、異次元移動ができるようです。やはり米国のUFO研究家は、情報豊富なようです。元アメリカ空軍の中佐でもあった有名なUFO研究家の Wendelle C. Stevensは、書籍やCD-Rなどで、以下の情報を集め販売しているといわれます。

「Message From the Pleiades - The Contact Notes of Eduard Billy Meier」、「UFO CONTACT FROM PLANET KOLDAS」、「UFO Photographs Around the World」、「UFO CONTACT FROM PLANET ITIBI-RA」、「UFO CONTACT FROM PLANET NEP-4」、

「UFO ABDUCTION AT BOTUCATU」「UFO CONTACT FROM PLANET KORENDOR:」、「UFO CONTACT FROM ALCYON OF THE PLEIADES」、「UFO CONTACT FROM PLANET KLERMER」、「UFO CONTACT FROM PLANET APU」、「UFO Crash at Aztec」、「UFO CONTACT FROM PLANET UMMO」、

UFO CONTACT FROM THE DAL UNIVERSE OF ASKET OF THE TIMMERS SOCIETY」、「UFO Contact from the Pleiades、Message from the Pleiades The Contact Notes of Eduard Billy Meier 4」、「Ultimate UFO Series: Andromeda」、「UFO Contact from Reticulum Update」、

「UFO CONTACT FROM PLANET BAAVI IN PROXIMA CENTAURI」、「UFO's Over Modern China」、「UFO CONTACT FROM PLANET ACART」、「UFO CONTACT FROM PLANET ZETI IN ORION」、「S-4 Leak: The Connor O'Ryan Story」、

「UFO Contact From Mars: Among The Saucers」、「UFO Contact from Andromeda」、「UFO...Contact from Planet Iarga」、「UFO Abduction At Maringa」、 

・グレイの人間誘拐といっても異次元移動をし、肉体というよりも人間の幽体を操作するとも言われていますし、記憶を消すといわれます。ドアを透き通るようにして部屋に侵入してくるグレイは気味が悪いそうです。グレイは、生体ロボットともいわれていますが、超テクノロジーは、凄まじいようです。宇宙人は本質的にタイム・トラベラーともいわれます。『竹取物語』のように日本民族とプレアデス星人とは、強いつながりがあり、日本民族の原郷は、プレアデス星座にあるという説もあるといわれます。エササニ人は、地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つだそうですが、異類混血が進んでいるのでしょうか。異類混血がスター・ウォーズの原因となるという説もあるようです。小柄な異星人は「グレイ」や「レチクル座のゼータ星人」とも呼ばれており、人間を誘拐する主要な宇宙人種であると考えられています。

・各国政府の取り組みは、低調のようですし、エイリアンとのコンタクトのある米国政府のみが、国家機関・資金の総力をあげて、エイリアンの超テクノロジーを入手しているようです。60年も経ってこのような状態なのは、事態があまりにもショッキングで、秘密主義に走ったのは、至極当然なのでしょうか。米国の軍人や公務員の守秘義務は、罰則も厳しく、厳格に守られているようですが、何らかの理由でリークする者もでてくるのでしょうか。英国の場合は、映画『女王陛下の007』シリーズで、世界的に有名になった“殺人許可証”を持つ諜報員ジェームズ・ボンドの所属する秘密情報部が、異星人情報を握っているらしいのです。英国情報部の歴史は長く、MI5、MI6とか、軍情報部もあって、第2次大戦後「英国情報部は男を女にする以外は何でもできる」といわれた時代があったといわれます。

・異次元へ移動する“窓”“ゲート”のような“スターゲイト”とはあるといわれます。英語圏では、UFO関連の書籍は約2万冊、現在、出版されているそうですし、インターネットやパソコン機器の普及で、UFO研究家が出版物を出すことが大変容易になったようです。個人が対応・把握できる量をはるかに超えているといえるでしょう。
また、米国人の現実志向、マネー志向(お金が動くところに価値がある)の人生態度も、UFO出版物の増大に拍車をかけているのかもしれません。異星人関連の映画・テレビ番組もジャンルとしては、大きなものになりつつあるようです。UFO・異星人に関する商業主義もますます大きくなっています。UFOやグレイのような宇宙人という事実よりも、注目されているのは、人間自身がウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)などによって、異星人としての記憶を持って地上に誕生するようになっているらしいのです。UFOよりも「人間自身が変性しつつある」ほうが大きな現象なのでしょうか。ウォーク・インやワンダラーの現象は、米国人に多く、その体験記などもビデオなどで販売・出版されているようです。
ちなみにWendelle C. Stevensという元米空軍の中佐でもあったUFO研究家によると英国と言えばインドなどを徘徊している「Itibi-Ra」星人が有名だそうですし、出版物もあると指摘されています。インターネット革命がこの分野でも大きな影響を持ち、既存のメディアをはるかに凌駕しつつあるようです。「インターネットを見る時間と個人の幸福度は比例する」というインターネット宗教の普及は如何ばかりのものでしょうか。
小柄な異星人グレイは、遺伝子組み換えのロボットといわれます。グレイと人間タイプの異星人の関係もよく分かりません。

・バスク語について、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用、
「言語学上の位置付け」
周りをラテン語に起源を持つロマンス語の言語に囲まれているにもかかわらず、バスク語はスペイン語やフランス語はおろか、世界のどの言語とも異なる極めて独特な言語である。
語源が注目される単語として「ナイフ←物を切る石」「天井←穴の上」等がある。イベリア半島では正体不明の非印欧語族の痕跡も見つかっている事から、そのため、インド・ヨーロッパ語族言語を話す民族がヨーロッパに入ってくる以前から話されていた、氷河時代の先住民族の言語ではとも考えられている。
日本語との親族関係も指摘された事があるが、さすがに支持されてはいない。後述の能格の存在から、カルトヴェリ語族に分類されることもあったが、現在は比較言語学上、孤立した言語に分類される。

・(バスク語学習の神話)
バスク語はその独特さゆえに欧州人には習得が難しいとされる。司馬遼太郎はその著書『街道をゆく』の中で「ローマの神学生のあいだで創られたバスク語学習にちなむ“神話”」として、悪魔でさえ、3年間岩牢にこもってバスク語を勉強する罰を課されると神に許しを乞うた、という話を紹介している。
また、英語のジョークとして「悪魔がバスク人を誘惑するためにバスク語を習ったが、7年かかって覚えたのは『はい』と『いいえ』だけだった。」、この変形として「バスク人は決して悪魔の誘惑を受けて地獄には落ちない。なぜなら、悪魔はバスク語を話せないからだ。」とのこと。

・現代スペインに現れた金髪碧眼のウンモ星人と太古のバスク人とは関係があるのでしょうか。エイリアンの言語に関しては、情報が少ないようですが、いろいろな書籍に載っているようです。バスク人については、私は詳しく知りませんが、「バスク人は、その違いは外見から一目瞭然、ブロンドでブルーやグリーンの眼をしていることに気づくだろう」ということだそうです。イタリアやスペイン等のラテン系民族は、「黒髪にブラウン系の眼」がほとんどだが、バスク人にはそれが当てはまらない。異民族との混血がほとんど進まなかったことの現れだといわれます。バスク人は太古のアトランティスの神人の末裔なのでしょうか。バスク人の8割以上(?)は「血液型がRHマイナス」ということで、バス。また、「ク人はヨーロッパで最も古い民族ではないかと推測されているそうです約4万年前に欧州で出現したと見られるクロマニョン人の唯一の末裔」とする説もあるといわれます。「バスク人というのは赤毛で目の瞳の色が緑色で、スペイン人とは見かけ上も異なる少数民族で、アイルランド人と近いケルト民族の末裔」という説によるとケルト民族のように、“金髪碧眼の白人そのもののイメージ“ということになるのでしょうか。ヨーロッパの人種は、全く多種多様のようで島国の日本人は理解ができないそうですが、奇説として「ジプシーがアガルタの住人の末裔」という説もあるといわれます。

・オムネク・オネクのようなウォーク・イン(憑依)により、地上の人間として活動する異星人(シリウス星人)は、米国に多いといわれます。ウォーク・イン(憑依により人間を人格転換して入れ替わる現象)は、異星人としての前世の記憶を持つ人々といってもいいのかもしれないそうです。
ヒトラー・ナチスが、「金髪碧眼のアーリア人の超人たち」に狂った原因は不明のようです。

・バスク人の移民は、昔は牛の世話での移民が多く、ネバダ州とか特定の州に集中しているとの説があるそうです。バスク人の特異性から「バスク人は、失われたアトランティスの住人たちの末裔である」という説がでたのかもしれません。ヨーロッパ人は昔から残虐で、歴史的にも、おぞましい虐殺や戦争を繰り返してきているようですし、近年では、ユーゴでの虐殺も凄惨なものだったようです。中世に大挙して“空飛ぶ円盤”がヨーロッパ上空に現れた記録があるようですが、それと中世の「魔女狩り」が関係しているのではないかと想像したりしますが、とにかく中世にはバスク地方やフランスの南部では、魔女狩りがとても多く、悲惨な犠牲者が多かったといわれます。こうしたおぞましい虐殺や紛争・内乱の原因となることから、ヨーロッパでは、人種の容貌に関することをはっきり書くことは、ナチスの例もあるように、タブーなようですね。「民に知らせるな」という警察の手法も一理あるといわれます。ウンモ星人の書籍は、数冊(“宇宙人ユミットからの手紙”“アメリカが盗んだ宇宙人ユミットのプラズマ科学”等)が日本語訳で出版されていますが、宇宙人はヨーロッパの普通の住人に交じると区別がつかないといわれます。スペインと言えば宇宙人ユミット、『金髪碧眼のウンモ星人』のコンタクトが有名だといわれます。

・フランスも昔からグレイ・タイプなどのエイリアンと異人伝承の多い国のようです。金髪碧眼のウンモ星人もヨーロッパの市民社会に紛れ込むと誰も識別できないと報道されています。グレイ・タイプの宇宙人の超テクノロジーも凄まじいようです。
米国などの先進国の公務員の守秘義務は退職後も適用されるし、違反者にたいする罰則なども厳しく、そのような事情が、60年間も続いた結果が、現在の状況なのでしょうか。米国の異星人情報は、『厳秘』だそうで、一般の人には、知る権利はないそうです。“情報公開法”ができても、公開される情報は、限定されているといわれます。空母2隻分くらいの大きさのUFOや、フットボール球場位の大きさのUFOの正体とは、「悪魔の船」だったのでしょうか。「宇宙人が実在するか」を真面目に議論している歴史家は遺跡を探索しておれば良いのでしょう。ちなみに、米国は、既にエイリアンの超科学を国家機関の総力をあげて入手しているといわれます。科学者とUFOは、昔からタブーとなっているといわれます。
人類はレベルが低すぎて、向こう数百年、例の“宇宙連合”に入れてもらえないといわれます。国家としてコンタクトするとなると、米国のようにアバブ・トップシークレットになるのでしょうか。ハリウッド映画“未知との遭遇”のように国家として異星人とコンタクトができれば、異文明も導入できるのでしょうか。
宇宙人に関する仮説は、色々あって定説がないといわれます。
ところで“エリア51”が公然の秘密となったために、米軍はその隣に“エリア52”を作ったといわれます。“エリア51”は、何度も映画に取り上げられ、UFOマニアの聖地となり、その周辺は観光地化したそうです。そこで、隣の広大な地域に“エリア52”という秘密基地を作り研究所施設などを移転しつつあるという話があるようです。米国の日本では想像できない広大な米軍基地を見ますと「何でもあり」という印象を受けるそうですね。今後の米国のUFOマニアや米軍ウオッチャーの活躍を期待したいものです。

・“UFO銀座”といわれる北海道もUFO目撃談が多いのそうですが、アイヌの伝承のコロポックルは、グレイの一種の高等知性体で、アイヌとの交流があったそうです。自衛隊のパイロットも北海道で多くUFOに遭遇しているといわれます。コロポックルは、小柄ですが、人間に捕獲されたことはないそうで、グレイと同じように異次元移動ができたのでしょうか。グレイ・タイプの異星人は、81種類以上もあり、生体ロボットという説もあるようですが、「北海道のUFOは、コロポックルや異人が乗っている」のでしょうか。

・コロポックルについて、
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「コロポックル (アイヌ語: コロポックル, koropokkur) は、アイヌの伝承に登場する小人である。アイヌ語で、一般的には「蕗の葉の下の人」という意味であると解される」とのこと。

・ミャンマーなどアジア各地にもUFOが太古から飛来していたといわれます。ミャンマーは大型サイクロンで深刻な被害をたびたび受けているのですが、60年前のビルマでの日本軍の戦争の記憶も現代日本では風化しつつあるようです。太古から宇宙人がアジアにも来ていて、各国で神々と異人の伝説になっているそうですが、宇宙人や宇宙人をイメージした遺跡も多いようです。現代にもUFOは飛来しているのでしょうか。また、宇宙人が人類を創造したそうなのですから、宇宙人が来るのも当然なのでしょうか。「神々が地球に飛来した宇宙人だった」という説が多数説になりつつあるようです。

・「アミ小さな宇宙人」で有名なエンリケ・バリオスというチリ出身の作家の本で、13冊くらいが日本では翻訳出版されているそうです。SFファンタジーの夢物語が多いそうですが、スクリーンのような『スターゲイト』のことが書いてあり、面白そうなので載せてみました。
『スターゲイト』が太古のエジプトなどの神殿にあり、「神々がスターゲイトから出入りしていた」という説が、宇宙老古学者などが唱えているそうです。そういえば、ハリウッド映画『スターゲイト』にも異次元の門・扉がありました。この種の話は、正確性を求めるのは無理なことで、ナンフイクションとフイクションの話の境界が不明のものが多いそうです。『スターゲイト』の技術は、異空間を歪めて互いに隣接させるような超テクノロジー、エイリアンの超技術では可能なのでしょうか。UFOもポータルを通過して、異空間を瞬間移動するそうですが。宇宙人のテレポート(瞬間移動)や異次元移動も行き先が不明のようです。人間には、奇跡に見える『テレポート』も宇宙人によると「それほど難しくないテクノロジー」だといわれます。 UFOで飛来していた異星人も進化すると超テクノロジーの『スターゲイト』を通ってくるのでしょうか。映画『ナルニア国物語』のような「異次元の扉」は、SFファンタジーには多い手法だそうです。また、伝説にも「暗い穴を通って異次元の別世界に行って来た」という伝承が世界中にあるようです。
(映画「ナルニア国物語」の異次元への扉などの「異次元への門」、『スター・ゲイト』の話も少なくないのですが、SFファンタジーの話と考えたほうが無難でしょうか。

・アブダクション(誘拐)の現場に現れる金髪碧眼のノルディックと、ナチスと関係とは、膨大な量で、私たち一般人は、到底把握できません。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」といわれます。
「戦後、ヒトラーやナチスの幹部が多数に南米などに逃げた」、「UFOから降りてきた人物がナチスのSS(親衛隊)の制服を着ていた」とかの話もあり、ナチスの謎も計り知れないようです。ナチスの人体実験とアブダクション(誘拐)の人体実験(インプラント)、米国の地下基地での人体実験の噂など、「生体実験や人体をいじくりたい」謎の宇宙人種族がいるらしいといわれます。
アブダクションの宇宙人はドイツのナチスのようだったという話もあったようです。

・地球外起源の超テクノロジーに関しては、ヨーロッパをはじめとするほかの諸国がもはや取り返しのつかない遅れの中に取り残されてしまったといわれます。ヨーロッパに現れた宇宙人ユミットも金髪碧眼だそうで、米国に登場した金髪碧眼のノルディックと近い種族なのでしょうか。グレイ(小柄な異星人、ゼータ星人)ですら色々なスター・システムに81種類以上もいるそうですので、人間タイプの異星人も多種多様なことでしょう。国家機関・資金の総力をあげて、60年間に渡ってエイリアンの超テクノロジーを取得しつつある米国の独走態勢にフランスの科学者も気づいたのでしょうか。異人は、諜報機関、スパイ機関に溶け込んでいるようなイメージをテレビ映画「Xファイル」などを見ますと印象付けられるといわれます。

・河童(グレイ)や異人の乗り物がUFOだそうですので、日本には、昔からUFO目撃談が多いのも当然でしょうか。題名は忘れましたが、「河童が宇宙船に乗って地球を去っていく」というストーリーの日本映画もありました。太古から河童(グレイ)や異人が日本人を観察していたようです。日本の伝説には、河童や異人と農民との不思議な交流伝承が多いようです。ちなみに明治時代に消えたという日本のジプシー『サンカ』が、“アガルタの住人の末裔”であるという奇説もあるといわれます。長い間、UFOディレクターと言われた矢追氏の今後の活躍、出版物を期待したいものです。テレビという現代の武器で、私たちにUFOを知らしめた矢追氏の功績は大きく、後任のディレクターの活動次第では、状況も変わってくると思われます。自衛隊のパイロットのUFO目撃談の公表は、公務員の守秘義務でタブーだといわれます。

・アーリアの「超人」たちは、テレポート(瞬間移動)ができるようで、大戦後、米国に現れた金星人も「テレポート」ができました。このテレポート(瞬間移動)の技術が奇跡のテクノロジーということで、「神」と誤解される原因となったようです。米空軍も異星人に関しては、ショックを受けて、『厳秘』にしているのでしょうか。金髪碧眼のノルディックは、ゼガリア・シッチン「地球年代記の著者」のいう惑星ニビルから飛来したアヌンナキ(エロヒム、ネフィリム)という異星人で「天から降りた人びと」(神)であるという説もあり、シリウスの星系からきているといわれます。例のグレイ(ゼータ星人、バイオ・ロボット)もすくなくとも81種類以上ぐらいあり、その上に君臨する人類を30万年前に創造し、シュメール文明を授けたアヌンナキ(金髪碧眼のノルディック)が飛来しているという説が事実なら大変なことでしょう。アヌンナキは、ギリシャ神話のゼウス、インド神話のインドラのモデルともなったという説もあるそうです。ゼウスは、「神の中の神、王様」ともいわれているのだからすごいことでしょうか。現代米国に現れた金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人だという話もあり、米空軍が公表しない限り正体不明なことでしょう。
メン・イン・ブラックが、テレポート(瞬間移動)ができるオリオン星人だというチャネラーの話もあるようです。異類も遺伝子操作や異類混血などで、「人形(じんけい)」に近づきつつあるという説もあるようだ。なぜなら「神の似姿が人間だからだ」そうです。デーヴィッド・アイクの1000ページの「トンデモ」本だという人も多いのですが、内容が濃密なので参考になるのでしょうか。2本のハリウッド映画にもなった『メン・イン・ブラック』の正体も不明で、『厳秘』と公務員の守秘義務のため、何もかもがはっきりしないようですね。

・映画では、『宇宙警察』、『諜報員』、『スパイ』のイメージのようでした。『厳秘』を扱う軍情報部とかCIAなどの諜報組織に異人が紛れ込んでいるといわれます。また、力関係からすると「異人が諜報組織を動かしている」とも言えるそうです。地球に来ている異星人は、いわゆる“情報目的”で来ているので、諜報組織に隠れるのが当然でしょうし、昔から諜報員の世界ですし、まるでハリウッドの映画のように「異人しかできない諜報活動」もあるのでしょうか。敗戦国の日本は現在ですら実際上「本格的な情報組織を持てない」そうで、このようなことに関しては、60年遅れている“スパイ後進国”なのでしょうか。当然、国家の諜報組織としては、自国に飛来する異星人とはコンタクトしているでしょう。「本格的な諜報機関を持てない国家は、歴史上衰退してきたし、衰退する国家になる」といわれます。

 ・戦後、ナチスの情報部員の幹部の多くが、米国の情報部に移籍し、米ソの冷戦に対応したそうですし、米国のCIA(合衆国中央情報局)と英国諜報部、フランス情報局は、形成過程で、フリーメイスンなどの共通の基盤を持っているといわれます。現在「諜報機関が異人に対応している」そうで、当然CIA・米軍情報部は、「“厳秘”の豊富な異人情報を持っている」と思われます。

・<ナチスの狂気>「ナチスの迷宮」というブログによれば、「レーベンスボルン(生命の泉)計画」のことが記載されてあるといわれます。
(参考文献)「ぼくはナチにさらわれた」(アロイズィ・トヴァルデツキ)(共同通信社)
「・1940年5月にヒムラーは、東方の子供たちを毎年人種選別する計画を立て、1941年の後半から、占領地区で「アーリア的」な子供を探して誘拐することを開始したのであった。

・戦争中、ドイツに占領されたポーランドの西部の町々ではナチスにより2歳から14歳までの少年少女が大勢さらわれたが、その数は20万人以上といわれている。

・大変に特徴的だったのは、その子供たちがみな「青い目で金髪」であったことである。彼らは名前をドイツ名に変えられ、修正された出生証明書とともに、選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは、自らがポーランド人であることも知らなかった。(このため、戦後になると両親とも不明の孤児が多数出現するという悲惨な事態を招いた)。

<ノルウェーのレーベンスボルン>
・「生命の泉」計画は主としてドイツ国内で実施された。しかし、ヒトラーは「金髪」「碧眼」「長身」といった身体的特徴を持つノルウェー人を「より純粋な」アーリア人と考え、ドイツのアーリア化をノルウェーにおいても促進した。

・ドイツ降伏後に当時のノルウェー政府が「対敵協力者」の処分を行い、ノルウェー人女性14000人を逮捕、そのうち約5000人が18ヶ月の間強制収容所に入れられた。特にドイツ兵と結婚した女性についてはノルウェー国籍を剥奪された。このように政府が「公式に迫害」したのはノルウェー政府だけであった」と記載されています。

・<ウィキペディア(フリー百科事典)>によると
<占領地域下での子供の誘拐>「生命の泉」計画ではポーランド、チェコ、フランスと言った占領地域下での子供の誘拐が行われた。ポーランドではおよそ5万人から20万人の子供が誘拐された。検査後に「アーリア人」の条件を満たすとされた子供は修正された出生証明書と共に選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは、自らがポーランド人であることも知らなかった」といわれます。

・ヒトラー・ナチスの「人類に対するおぞましい犯罪」については多くの書籍があります。が、「金髪碧眼のアーリアの超人」願望への具体的な施策は、戦後明らかになったようです。歴史のおぞましい陰の部分が多すぎるようです。なぜ、ヒトラーとナチスは、金髪碧眼の子供たちを狙ったのでしょうか、そしてその協力者たちの正体は、異人たちだったのでしょうか。米軍もグレイ(小柄な異星人)と金髪碧眼の宇宙人ノルディックを『厳秘』にしています。しかしながら、不思議なおぞましい話も漏れてくるようですね。
「金髪碧眼のアーリアの超人」たちに狂ったヒトラーとナチスの「金髪碧眼の子供の誘拐」の謎もあったと指摘されています。

・河童(グレイ)とともに飛来したと思われる“異人”の伝説が全国各地に存在しますが、彼らの正体は依然、謎のままのようです。“異人”すなわち異星人が、全国各地を徘徊していたのでしょうか。また、米国では、異人が、一般人として、巧妙に一般社会に溶け込んでいるといわれます。

・ヒトラーやナチス・ドイツが崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」は、現代の米国に現れた金髪碧眼のノルディックであるようです。ノルディックは、オリオン星人かプレアデス星人なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。
ノルディックが大昔、レプティロイド(爬虫類人)を異次元の地下や他の恒星、4次元や5次元に追い払ったといわれます。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。
「最も肝心な論点は、この 『レプティリアン(爬虫類人)』を地球産の爬虫類とまったく同じ種と見てはならない!ということである」そうです。宇宙には、様々な生命形態があるといわれます。
悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)、ヒトラーの正体は謎だったといわれます。現代の米国に姿を現した金髪碧眼のノルディック、ラージノーズグレイたちの正体は、アバブ・トップシークレットにされています。
悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)のヒトラーという解釈のほうが誤解をまねかないでしょうか。一説では「ヒトラーは、菩薩(邪神)に憑依されていた」とか「ヒトラーは、かってホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の団員だった」とか「ヒトラーはベルリン陥落後も生きていた」とか、いろいろな説があるようですが、一般人が誤解するような説では説得力がないのでしょう。
「ヒトラーはブラジル人の愛人と95歳まで生きていた」という話もあるようです。ヒトラーやナチス・ドイツが崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」とは、現代米国に現れた金髪碧眼のノルディックという宇宙人のようです。当時のドイツは世界一の科学の進んだ国といわれ、宇宙人は科学の進んだ国に姿を現すともいわれているといわれます。ユダヤ人の大量虐殺を遂行したヒトラー・ナチスが渇望したエイリアンの超テクノロジーは、大戦後の米国が入手しつつあるようです。もちろん、金髪碧眼のノルディックもグレイと同様に異次元移動ができるそうなので、「見えない超人」にヒトラーは恐怖したといわれます。ヒトラーは霊媒で、宇宙人のアブダクション(誘拐)に遭遇し、映画のように『人格転換』を受けたのかもしれません。

・米国は既にエイリアンと交渉し超テクノロジーを入手しつつあるそうです。ハリウッドの映画にもよく登場する“エリア51”付近は米国の戦略兵器の研究所が数多くある、『禁断の地』だといわれます。戦後米国と対峙していたソビエト連邦が、簡単に崩壊したのも経済的な理由というよりも、何か金髪碧眼のノルディックが絡むフリーメイスン組織のイルミナティの力でも働いたのでしょうか。米国の喜劇俳優のチャップリンと風貌が似ているヒトラーは、金髪碧眼のハンサムなアーリア人種とはほど遠い風貌だし、ユダヤ人の血も混じっていたといわれています。
ヒトラー伍長が、第三帝国の総統にまでのぼりつめたのは、何か「超常的なもの」の力が作用したといわれているそうです。ヒトラーは現代風にいうとチャネラーであったようです。ヒトラーは、異次元の悪魔に『霊媒』として、人格転換を受け「霊界から来た男」ともいわれ、ドイツ民族に君臨し、世界大戦を引き起こしたようです。悪魔とは、『邪悪なオリオン星人』か、ヒトラーが恐れた『金髪碧眼のアーリアの超人』たちなのでしょうか。「米ソはいまもアガルタ探検を続け、超科学を入手しようとしている」という文章は、「米国はすでにエイリアン(金髪碧眼のノルディック)の超科学を入手している」と変えた方がよいそうです。ヨーロッパの昔からの複雑な人種問題はタブーであり、島国の日本人には誰も分からないそうです。ヨーロッパに昔登場したジプシーが、“アガルタの住人の末裔”という説もあるようです。

・米軍が金髪碧眼のノルディックやグレイなどの異星人情報を核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』にするのも当然でしょうか。が、広報活動の一環として、映画などで、意識的にリークする手法もあるようです。『公然の秘密』にすることによって、真の実態を隠す手法でしょうか!?人体実験とかのおぞましい話もどこまでがナンフイクションなのか分からないのでしょう。アメリカ・インディアンも昔からエイリアンと交流があったと指摘されています。それゆえに、インディアンが、異星に行って進化した可能性も十分考えられるそうです。
ニューメキシコ州のダルシーの地下軍事基地や『ダルシー戦争』なども有名だといわれます。『ダルシー戦争』での米軍特殊部隊とエイリアンとの交戦の話しとか、「米国はエイリアンと戦争状態だ」とかの噂が頻繁に流れてくるといわれます。UFO墜落事件のロズウェルを舞台にした、テレビ放映され評判をよんだ海外ドラマ『ロズウェル 星の恋人たち』という作品がありましたが、SF&青春ラブストーリーとは思えないような新鮮な内容だったといわれます。また不思議なインディアン役が登場していたといわれます。とにかくどこかの国と違って、エイリアンの情報を『厳秘』にして、国家組織・科学者陣の総力をあげてエイリアンの超科学を入手し、異星に留学生を送っていると思われる米国の優位、「一人勝ち」は、向こう数世紀にわたって続くものと思われるそうです。デーヴィッド・アイクの本は、『トンデモ本』だという人たちも多いのですが、異次元の話が入ると混乱するのでしょうか。しかし、その内容の量には圧倒されるようです。
ちなみに「金髪碧眼のノルディックは神だ」という説によると、グレイよりはるかに位の高い金髪碧眼のノルディックが『地球の主神』で、米国をしいては世界を間接に支配しているという仮説になるそうです。神々の世界も厳格な階級制度があるのでしょうか。
我々が住む3次元に、4次元、5次元を連想することは無理のようですが、『死後の世界』、『夢の中の世界』と思えば、少しは理解が進むそうです。我々にとっては「異次元の地下世界」という観念も理解不能の観念のようです。アブダクション(誘拐)にしても、あの小柄な異星人グレイですら、「締め切ったドアを透き通るようにして侵入してくる」といわれており、異次元移動ができるエイリアンには、どうしようもない現象だといわれます。人間の肉体をアブダクション(誘拐)するというよりも人間の異次元の体、幽体(アストラル体)を操作するようです。そして、記憶を消すのですから始末がおえないようです。「半神半人」であり「神と人との混血」(レプティリアンの混血種)という概念もエイリアンとの異類混血も太古から現われている現象のようです。
「蛇の種族」は、アガルタ王国やシャンバラ王国に暮らす「金髪碧眼のノルディック」と支配権を争ったといわれます。

・小型人工惑星で、船内に三ヶ月間にわたって数千の人々の生活と楽しみに必要な一切の物がたくわえてある超大型宇宙船で宇宙旅行を楽しんでいるようです。金星といっても「異次元の別概念の金星」と観念したほうが、現在の科学知識においては誤解しなくてもよいのだそうです。ちなみに、金星人といっても『金星の宇宙基地を経由してくる宇宙人』と解釈したほうがよいというコンタクティもいるといわれます。1950年代において、現代における米国のグレイ(小柄な異星人)とともに現われた金髪碧眼のノルディックに、アダムスキーはアリゾナの砂漠で遭遇したものと思われるのですが。UFOのインチキ写真を問題にするものがいたようですが、グレイや金髪碧眼のノルディックの情報が大きく、宇宙人問題の環境や人々の認識を変えたようです。米国の一般市民の意識やUFOマニアたちやマスコミの動向が、この種の問題に関して世界をリードしていくものと思われるといわれます。

・1950年代には金星人とか火星人とかが話題になっていたようです。
1950年代は、金星蛇人とか金星の美人宇宙人とかの表現に混乱があったようです。火星霊人の話もあったようです。今日、グレイ(小柄なヒューマノイド)と金髪碧眼のノルディックが同時に宇宙船に搭乗する話が、米国のアブダクション(誘拐)の話に多く登場するようになって50年代の謎の話が分かりだしたといわれます。宇宙には太古から2種類の宇宙人が存在し、争い殺し合いを繰り返してきて、戦争(スター・ウォーズ)が頻繁に起こっているといわれます。神と悪魔の争いでしょうか。太古の地球上では、金星蛇人に対して金髪碧眼のノルディックが勝利したといわれます。金髪碧眼のノルディックが、政治・経済を牛耳るといわれている秘密結社イルミナティを間接的に支配しているのでしょうか。

・日本でも神仏に憑依されて新興宗教を起こした人の実例があるように、人間に異次元の知性体が憑依して、当人を『人格転換』させ、社会に大きな影響を与えることもあるそうです。ヒトラーは霊媒だったといわれます。『人格転換』といえば、ゲイ(LGBT等)もその例でしょうか。「米ソは今もアガルタ探検を続けている」とありますが、現実に米国は、エイリアンと遭遇接触し、金髪碧眼のノルディックの原郷『アガルタ』へ到る道しるべを手に入れたのでしょうか。ドイツ人が古くから信じてきたゲルマンの神々の都ヴァルハラや北欧神話の神々の地アスガルドへは、金髪碧眼のノルディックの案内で容易に行けるのでしょうか。ナチス・ドイツが狂い崇拝した『金髪碧眼のアーリアの超人』たちは、現代の米国に登場した金髪碧眼のノルディックだったのでしょうか。また、金髪碧眼のノルディックが、地球の政治経済を牛耳るといわれている謎の秘密結社イルミナティと関係があるのでしょうか。
「ヒトラーは悪魔に憑依された」と解釈した方がよさそうだといわれます。

・「ドイツやオーストリアの昔の領主はすべて異人であった」という説もあるようです。異人側の策動により異人の正体は不明にされたようです。柳田国男の「遠野物語」などに現れる異人は河童(グレイ)とともに飛来した異星人だったのでしょうか。グレイは人間を誘拐するときに現れる異星人で、ヒエラルキーでいえば、一番下。現場の作業を行う種族。グレイはランクが一番下だそうですが、ランクが上の人間タイプの宇宙人、異人は、何も分からないことが多いのでしょうか。

・宇宙人遭遇のコンタクティの元祖アダムスキーの遭遇した金星人の母船は長さ数キロメートルのものもあり、宇宙旅行都市ともいえるといわれます。アダムスキーは、コンタクティ(「宇宙人と会見した」と自称する者の総称)の元祖として知られるポーランド系アメリカ人)として有名なのですが、「当時は、当局から「詐欺師、ペテン師」扱いを受けたこともあり、コンタクティとしては、宿命の扱いを受けている。しかし、正当に評価する人も勿論多数存在するし、著作も量的に多く(日本語訳も10冊くらいある)、コンタクティの元祖として内容も濃厚なものだ」といわれます。
シャンバラが『都市型の超巨大宇宙母船』であるというのは、最近のカナダのコンタクティの書籍からのものだといわれます。プレアデス星人のコンタクティのスイス人ビリー・マイヤーによると直径100kmの宇宙母船もあるようです。つまり現代の米国に現れた金髪碧眼のノルディックの母船も巨大で、『都市型の超巨大宇宙船』もあるということでしょうか。
コンタクティの元祖アダムスキーの遭遇した宇宙旅行都市があったと指摘されています。

・現代の米国にグレイや金髪碧眼のノルディックの宇宙連合の一派が飛来しているということと、日本に昔から河童(グレイ)やコロポックル、異人が飛来していたということは相似現象のようです。一部の河童(グレイ)やコロポックルは、高等知性体で異次元移動などができるので、捕獲されたことはないのでしょうか。エイリアンと農民との交流などが伝説に残っているといわれます。異類混血や遺伝子操作などで、グレイ・タイプも一部は人形(じんけい)に近づいてきているという説もあるといわれます。

・米国人のUFOに関する一般人の広報・情報活動は興味深いものだそうです。テレビや映画が、一種のリークの役割を果たしており、新しいやり方なのでしょうか。インターネットが、情報革命を起こしているので、この面からもリークがすすむでしょうか。ラスベガスに近いエリア51も映画で多く取り上げられたりして公然の秘密になったようです。
エイリアンの超テクノロジーの解明は容易でないといわれます。異星人の陰謀で隠蔽工作は完ぺきなのでしょうか。

・異人は昔も今も正体不明の存在だったようです。異人は神だったのでしょうか。異人はオリオン星人だったのかもしれません。河童の正体が、動物ではなく異星人(グレイ)であるという説が広く支持されだしたようです。「宇宙人がいるかどうか」を真面目に議論している学者も多くいるそうですが、現代の『地動説』『天動説』ということでしょうか。公務員の守秘義務もコンプライアンスの徹底で厳格に守られているようです。ドイツやオーストリアの昔の領主はすべて異人であったといわれます。

・別の宇宙惑星や異次元世界を地下帝国の伝承にしかとれないところに昔の人たちの限界があったようです。某雑誌に「米軍はグレイの惑星に留学生を送った」というリークの記事がありましたが、エイリアンとの交流の一環として、当然米軍人が異星に行っていることと思われますが。『厳秘』の壁は厚いといわれます。テレビ映画『Xファイル』では、米軍の諜報組織に異人が紛れ込んでいるという印象を与えるシーンがありましたが、今後の米軍ウオッチャーの情報を期待したいものです。1950年代から50年を経て、異星人情報がテレビなどに流れるようになり、関係者の努力の賜物というところでしょうか。
どの書物も金髪碧眼のノルディックやグレイなどの描写は当然似ているのだが、ノルディックの詳しい情報が漏れてこないのは、当然でしょう。情報源が同じなので、どの本の情報も似てくるのは当然だといわれます。

・多くの人たちが『空飛ぶ円盤』に熱中した時代があったと指摘されています。現在でもそうなので、UFO書物は売れているのでしょう。
当時、CBA(宇宙友好協会)は、大きな影響力を当時、持っていたそうだ。巨大母船の2キロの通路など面白い話です。宇宙連合の情報員が当時、日本にも来ていたといわれます。
宇宙友好協会の元祖、松村雄亮は、野毛の喫茶店で金髪碧眼のノルディックの美人宇宙人とコンタクトしたといわれます。
円盤の飛行原理も空間を曲げて飛ぶとかいわれているそうですが、米国のように国家機関・科学者の総力をあげて、エイリアンの超テクノロジーを研究している国でも、難解な超テクノロジーなのでしょう。テレポート(瞬間移動)も普通人にとっては、「奇跡の超テクノロジー」で、「神様のような怪奇現象」ですが、宇宙人にとっては、「それほど難しくないテクノロジー」だといわれます。1950年には、小人の宇宙人の本が米国でベストセラーになっていたといわれます。
エーテリヤン(霊人)の存在は、普通人は、死後の世界(精霊界)に入ると知覚、遭遇するかもしれません。シリウス星人は、『天国』に出入りしているそうですので、その種の高次元の高等知性体が、人間にコンタクトすることがあるそうです。
宇宙人は、UFO、宇宙船でやってくるのではなくて、より進化すると『スターゲイト』を通じて地球にくるともいわれています。スターゲイトは「異次元の通路、ドア」とも解釈できるでしょう。簡単に言うと異空間を曲げて、互いに隣に密着させる技術だそうです。「スクリーンのようなドアを入れば別の星座の別の惑星のとある庭にはいる」そうですが、SFぽっくて信じられない話ですが、スターゲイトをとりあげた書物も増えてきているそうですし、ハリウッドの映画『スターゲイト』にもなったそうです。インドの神話に「宇宙を3歩で歩ける神々」の話がありますが、神々は『スターゲイト』を通って地球に来るのでしょうか。現代の神話は、SFの話のようになるようです。「天使は崇拝すべきではない」、「異人の非条理」とかの話でしょうか。エイリアンとの交流は、『厳秘』事項だといわれます。

・どこかの喫茶店で宇宙人とコンタクトしたという話が、日本人のコンタクティ(接触者)に、あるといわれます。なんてのどかな時代だったのでしょうか。四国にも昔から河童(グレイ)の伝承があり、共に飛来した異人たちは、一般社会に紛れ込んでいるのでしょうか。異人が巧妙に社会に溶け込んでいるので、何も知る必要はないという話もあるようです。

・岡山市の安井清隆(ペンネーム)氏も金髪碧眼の白人種のノルディックと遭遇したといわれます。昔よく話題になり本にもよく載った岡山市の安井清隆(ペンネーム)氏は、金髪碧眼のノルディックの故郷惑星、つまりアガルタ、シャンバラに行ったということなのでしょうか。 コンタクティの話は、金髪碧眼の宇宙人、『厳秘』の異星人、ノルディックに相当する宇宙人と遭遇したという体験談が多いそうです。 金髪碧眼の美人と美男子の宇宙人ばかりでなく、黒目黒髪の東洋人タイプも来ているし、もちろん、美人・ハンサムばかりではないそうです。グレイとかレプティリアンのようなモンスター・タイプも宇宙人といえば、数は多いので人間タイプ以外は除くとした場合、金髪碧眼の典型的な白人タイプの異星人ばかりではないことに注意すべきだといわれます。 昔から神々や女神、異人は映画スターのように容貌は良いといわれているそうですが、異類もおり、例えば、顔が真っ赤だとか、十人並みとはいかない異人も多いようです。それぞれの国を代表するような神々は、容貌が良いのでしょうか。昔から神々の伝承が多いということは、人間として地上に降臨していたということでしょうか。

・マスコミでも活躍している秋山氏は、カシオペア座の付近の惑星に行って来たといわれます。同氏は、著書も多く、マスコミでは有名人であり、その後の話が続いていないのが残念ですが、金髪の宇宙人の正体とは、白人タイプの金髪碧眼のノルディックのことでしょうか。同氏は、「私は宇宙人と出会った」(ゴマブックス)(秋山眞人)など50冊くらいの本を出版している人ですが、メイジャーな情報になりきれないところに限界があるようです。国家機関の総力をあげてエイリアンの超テクノロジーを入手している米国の「一人勝ち」の状況が向こう100年間、はっきりと予想されるといわれます。エイリアンは、日本でも評判を呼んだテレビ映画『Xファイル』の中でも見られたように米国の市民社会に溶け込んでいるのであなた方は、何も知る必要はないそうです。新聞などのマスコミも追いかけないようです。日本に河童(グレイ)とともに飛来したといわれる異人も社会に紛れ込んでいるのでしょうか。昔は金星人とか火星人とか言われましたが、現代では、金髪碧眼のノルディックがグレイの母船に同乗するオリオン星人ではないかといわれているようです。また、プレアデス星人という説もあるようです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。
宇宙人の“長衣”に関しては、1960年代後半にサンフランシスコを中心としたアメリカの若者の間で生まれたムーブメントで『ヒッピー』というのがありましたが、ヒッピーがよく着ていた“長衣”を思い出しました。何か契機があったのでしょうか。
ちなみに今話題の[YouTube]で、若いころのスコット・マッケンジーという歌手が“長衣”を着て、ヒッピーたちを背景にして、日本でもヒットした“サンフランスコ”を歌っているのを見ることができます。
また、驚くほど年老いたスコット・マッケンジーも[YouTube]で見れるので時代を感じます。
金髪の異人とは、米軍の情報にあるノルディックのことではないのでしょうか。当然ながら、異人の描写は『相似』するようです。こう言った話は完全性を求めることは無理なことで、フィクションとナンフイクションの境界が分からない話が多いようです。天中童(仮名)も金髪碧眼のノルディックとコンタクトしたといわれます。
昭和49年ごろは、北海道はUFO銀座ともいわれたことがあり、平野氏などの作家や多くの知識人が関心を示したそうです。昔から河童(グレイ)や異人が日本に飛来していたといわれます。

・北海道のアイヌの伝説に小人のコロポックルの話がありますが、グレイ(河童)の一種で、高等知性体だったようです。当時も今も小人のコロポックルの正体は不明のようだといわれます。ヨーロッパでも妖精伝説が多いようですが、コロポックルの伝承もそれと似ている話のようです。現代の小柄な宇宙人グレイの登場で、昔からの妖精伝説の正体が、分かりだしたといえましょうか。
金髪碧眼のノルディックとコンタクトしたという日本人もいたそうです。

・(アガルタ、シャンバラ関連の文献)
参考文献、A・ローゼンベルク『二十世紀の神話』(中央公論社)、オッセンドフスキー『動物と人と神々』(生活社)、R・E・ディックホフ『アガルター虹の都』(密教科学社)、J・ベルジェ&L・ポーウェル『神秘学大全』(サイマル出版界)、

T・レブンズクロフト『運命の槍―オカルティスト・ヒトラーの謎』(サイマル出版界)、A・トマス『シャンバラ』(ユニバース出版社)、G・サスター『黒魔術師ヒトラー』(徳間書店)、E・バーンバウム『シャンバラへの道』(日本教文社)、R・ゲノン『世界の王』(平河出版社)、

D・スクラー『神々と獣たちーナチ・オカルティズムの謎』(大陸書房)、M・フィッツジェラルド『黒魔術の帝国』(徳間書店)、J・ゴドウィン『北極の神秘主義』(工作舎)、N・レーリヒ『シャンバラの道』(中央アート出版社)、J・ヴェルヌ『地底旅行』(岩波文庫)、横山茂雄『聖別された肉体―オカルト人種論とナチズム』(白馬書房)、『歴史読本=超人ヒトラーとナチスの謎』(新人物往来社)』

・金髪碧眼の異星人ノルディックと宇宙都市(都市型の超大型宇宙母船か)アガルタ、シャンバラの物語がこれからの書物にはいろいろと取り上げられるのではないでしょうか。オカルト的な話と地球に飛来した異人のストーリーが解明されていくものと思われます。金髪碧眼のノルディックは、70年前のナチス・ドイツを狂わしたといえるほど、その超能力は凄いのでしょうか。

・『厳秘』のため金髪碧眼のノルディックの情報のリークは乏しいようです。米国の太平洋艦隊の元情報将校のリークが大きな衝撃を呼んだといわれます。ノルディックのような神々(?)を隠す勢力が昔からあったのでしょうか。金髪白晢碧眼のアーリア=ゲルマン人種は、ナチスが崇拝した『超人』のノルディックだったといわれます。邪悪なオリオン星人とは、グレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックのことでしょうか。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。
70年前にドイツに現れた金髪碧眼の『超人』(ノルディック)たちと第2次世界大戦の勃発との関係は、あったと指摘されています。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。
50年前に米国にグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックたちにより、キャトルミューティレーション(動物虐殺)やアブダクション(誘拐)が起こりましたが、米国政府の公式調査はないと指摘されています。歴史的な異変の裏にいる金髪碧眼のノルディックの正体とは、プレアデス人だったといわれます。ゲイのように人格転換を受けたチャネラー(霊的交流者)のヒトラー、ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺という『人類史上最大の犯罪』の一つが起こりましたが、『ハム族、セム族という神々(悪魔)の争い、殺しあい、戦争』が太古から続いていたという遠因があったという説もあるようです。人類史上、「戦争の時代が平和な時代よりも長かった」といわれます。
ハム人種とセム人種との闇の争いがあったと指摘されています。「かくも多くのナチス・ドイツ人が金髪白晢碧眼のアーリア=ゲルマン人種という『超人』たちに影響を受けた」という歴史的事実は何を物語るのでしょうか。

・知られざる超人たちとは、ネガティブなシリウス星人のことでしょうか。ヒトラーはゲイ(LGBT等)のような人格転換者で、チャネラーであったので、ノルディックのような超人たちに「器」として利用されたのかもしれないといわれます。ヒトラーは一種の霊媒だったといわれているそうです。

・オリンピックで注目される中国も昔から異人の宝庫で、フリーメイスンが歴史を動かしてきた面もあるそうです。「神々の役所がある」という概念が面白いですね。
中国の仙人の世界は、階級意識の強い世界であるようです。真人や仙人とは異星人ということでしょうか。夢物語なのでしょうか。異星人でも階級意識や階級統制にこだわるのはオリオン星人の特色であるという説もあるといわれます。異次元にある異界は誰も夢想すらできないのでしょうか。
死後の世界の『精霊界』など、異次元については、人間は誰でも関係があるのですが、4次元、5次元といわれてもイメージがわきません。我々は、3次元に存在しているのですが、4次元、5次元に魂の実体があるそうです。現代物理学は非常に細かい粒子の世界については不明だといわれます。高次元のシリウス星人は、いわゆる『天国』に出入りしているといわれます。

・ナチス・ドイツが崇拝した金髪碧眼のトゥーレの『超人』たちは、現代の米国に現れたグレイとともに母船に同乗する金髪碧眼の異星人ノルディックと同一の種族でしょうか。ノルディックがアガルタ王国やシャンバラ王国に住んでいたという説が異次元の地下王国とからめて唱えられているといわれます。金髪碧眼のノルディックの登場ですべてが明らかになるようですね。金髪碧眼のノルディックと同様に、髪の毛がオレンジで『オレンジ』と呼ばれる異星人も米国に飛来したといわれています。日本の茨城県の海岸の浜に江戸時代にUFOで漂着したといわれる『蛮女』も髪の毛は『赤毛』であったといわれます。「うつろ舟の蛮女」は、ウンモ星人といわれます。米国にあらわれた金髪碧眼のノルディックは、アガルタに住んでいたといわれているようです。

・レプティリアンは、地球人がイメージする爬虫類人とは全く違うと理解しないと、デーヴィッド・アイクの説は理解できないといわれます。『トンデモ本』の範疇に入るとこの著作者(デーヴィッド・アイク)もよく批評されるようだが、実に特異な見解のようです。金髪碧眼、白い肌、レーザー光線のように輝く双眸のイメージは「GODS(神々)」の姿というよりもミカエルなどの天使のイメージでしょうか。金髪碧眼のノルディックと爬虫類人レプティリアンとグレイなどの間の関係も戦争状態になったり、休戦平和になったり複雑怪奇のようです。とにかく、映画でイメージができたグレイ、ラージノーズグレイ、ノルディック、オレンジと言われる4種類の異星人が来ていたと米国の公文書にはのっているといわれます。
メン・イン・ブラックたちも異星人が混じっているという説もあるといわれます。「進化した異星人」だからテレポート(瞬間移動)もできるのでしょう。このテレポート(瞬間移動)を人間が理解できず、「奇跡」は秘密にしようとするパワーがはたらくようです。グレイの巨大母船に同乗する金髪碧眼のノルディックはレプタイル・アーリアン白人種ということなのでしょうか。「異星人の情報」も多くの人たちの情報公開法やリークとインターネットの普及で、『厳秘』の状況がくずれてきつつあるともいえましょうか。

・月とUFOについても、マスコミに出るのは、両極端の話になるのですが、トルーマン時代からの隠蔽政策が、維持されているといわれます。
ラージノーズグレイのキャトルミューティレーション(動物虐殺)の話題も最近の米国事情はどうなっているのでしょうか。ケネディ元大統領の暗殺事件までからまったりして、陰謀論は、事実認定が難しいようです。陰の政府の陰謀論も盛んに流布されているようです。
日本にも河童(グレイ)とともに飛来した異人の伝承が豊富にあるそうです。

・市井の人になった天狗とのコンタクト・ストーリーもあったようです。天狗は異次元移動ができたようです。「神々も市井の人となり普通の生活をしている」ともいわれ、その超能力が示されなければ、誰にも分からないようです。宇宙人と人間の区別ができなくなったようです。遠野物語の異人や天狗も異類混血などやさまざまな方法で、人間と変わらなくなったようです。赤い顔も代を重ねると薄くなるのでしょうか。異人のネットワークもあるのかもしれません。
 異人や天狗も異星人だったようで、アストラル界の住人だったのかもしれません。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という話もあり、異人や天狗は邪悪なオリオン星人だったのかもしれません。そしてアストラル・トリップなどで自由自在に異次元を移動できるのかもしれません。昔から神人の翁や異人、故人が夢の中でコンタクトしてきたという伝説は多いようです。
 テレポート(瞬間移動)というのは人間には奇跡のような現象ですが、宇宙人にとって「それほど難しいテクノロジーではない」そうです。米国で宇宙人のアブダクション(誘拐)などで大きな問題となった小柄な宇宙人グレイは、「壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」ともいわれます。またアイゼンハワー大統領の前で、グレイが空中浮遊をしたとリークされています。あまりにもエイリアンのテクノロジーが凄まじかったので、驚愕して、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたそうです。
 『ペンタゴンの陰謀』(二見書房)という本によれば、米国はエイリアンの超テクノロジーを兵器などに応用しているようです。またロズウェルに墜落したUFOの事件は事実だったということです。アバブ・トップシークレットにして着々と国家の総力を挙げてエイリアンの超テクノロジーを導入研究している米国が1人勝ちになることでしょうか。またロシアなど世界的に異星人とのコンタクト・ストーリーがあるそうです。
 こういった面にも日本的な対応がなされているそうです。「あなたはUFOや宇宙人を信じますか」という段階でしょうか。私たち一般人は、UFOや宇宙人について研究する時間はありませんが、「UFOは人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象」だそうです。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視調査し社会生活をしている」そうです。



********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」
「シリウス星人の故郷である天体イジュニュは、もっと高い周波数で共振する6次元の天体であり、地球の宇宙と同時に存在するパラレル・ユニバースに存在するのだろうか」

グーグルのブロガー(多言語翻訳)にも書いています→UFOパラレル・ワールド









【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/karasusan1122/463681
くる天
プロフィール
ヤマドリ1122 さん
日本は津波による大きな被害をうけるだろう  UFOパラレル・ワールド
地域:秘密
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
チャネラーやコンタクティの情報を集めております。
森羅万象も!
カテゴリ
全て (1314)
UFO (484)
森羅万象 (793)
アクセス数
総アクセス数: 104042
今日のアクセス: 17
昨日のアクセス: 72
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved