このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (849)
日本の政治 (776)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
08/05 23:59 単なるバカ
08/04 03:42 感染拡大防止なくして経済は成り立たない
08/03 23:50 感染拡大防止なくして経済は成り立たない
08/02 02:47 アベ穀潰し政権の敗北宣言
08/01 19:32 素晴らしいお言葉
07/31 23:58 沖縄県のとても良い判断
07/30 23:59 しっかりとやっている人は、ちゃんといる
07/29 23:47 大阪はすでに東京より悪い
07/28 23:58 大阪はすでに東京と同程度
07/27 23:58 またまたやっている感か、それとも単に間が抜けているだけなのか
ブログ内検索

RSS
新しい日常などと言っている間は増え続ける
[日本の政治]
2020年7月10日 23時50分の記事

本日の東京での新規確認感染者は243名。ホストなど接待を伴う飲食店などを集団検査していることが強調されています。
この集団検査の特徴は無症状者が多いことです。つまり半ば強制的に検査をしていることによって無症状感染者の検出が可能となっているわけで、ここにすべてのポイントがあります。


(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


集団検査以外の場合、基本的に症状があるから検査を受けていると考えられますので、必然、通一般における無症状感染者は通常、検知されず、野放しになっているわけです。しかし、この集団検査によって、一定の割合で市中に無症状感染者がいることがはっきりしたわけです。以下の毎日新聞の記事では発症しない感染者の割合は4割とあります。

「実践!感染症講義 -命を救う5分の知識- 新型コロナ 発症しない人からもうつる?」(2020年7月8日 毎日新聞)

そして、この無症状感染者が感染拡大の非常に大きな要因になることは当然考えられるわけです。なぜなら無症状感染者が、検知されず、野放しになるからです。ですので、このことを前提にかなり厳しく防疫対策を行わなければならないことは、かなり前から明確であったわけです。しかし、果たして、小池都政にはその厳しさがあったのでしょうか? 私はなかったと考えます。そのことを本ブログでは何度も指摘し、批判してきました。つまり、現状の感染拡大の責任の大きな一端は小池都政に間違いなくあると言うことです。


上記の毎日新聞の記事では、無症状感染者からの感染があるか、すなわち無症状感染者がスプレッダー(感染を拡大させる人)になるのかと言うことについて書かれています。
記事では、この無症状を二つのタイプに分けて考えています。一つは、発症前の無症状期の感染者で、このタイプの感染者からの感染はあります。記事では「新型コロナの2次感染の半数近くは、1次感染者が発症する数日前に起こっています」(同上)とありますから、このタイプの無症状感染者は当然、感染をさせるのです。
であれば、新型コロナウイルス対策において、早期のPCR検査などが間違いなく必要で、37.5度の熱が4日以上続いたら相談という目安では、感染をただただ拡大させるだけなのです。
さらに、4日経って、それでも検査や保健所に連絡ができないのですから、はっきりいって話になりません。それで37.5度の熱が4日という相談目安を言ったのか、言ってないとかの話しですが、国民の大半はそう受けて止めています。そして、その基準を守って保健所などに電話をしてもどうにもならないので、検査難民という言葉が生まれたのです。
アベ政権は国民への医療措置と感染者を野放しにしたわけで、こんな破綻した状態で、緊急事態宣言発令前に感染者数がピークアウトするはずはあり得ません。当時、検査は不十分、政府公認で絞っていたわけで、そもそも実態を把握できていないわけです。ただ、限られた検査態勢での数字だけでも感染が爆発的に拡大しているのが確認できると言うだけなのです。
そして、発症までの期間が一律ではなく、また、上述のように無症状感染者の存在があるわけで、このタイプについては把握されていないわけです。その上、非常に不十分な検査環境にあっては、緊急事態宣言発令前に感染者数がピークアウトしていると結論づける方が頭が狂っていると考えます。本当に頭が狂っている。
これでは日本の防疫を任せておくことはできません。単なる責任逃れでしょう。こんなことを言っているようでは、同じ失敗をまた繰り返すでしょう。日本政府の能力はその程度なのです。アベ一強で政治が完全に劣化しているのです。
そもそも、議事録も残していない会議の結果の信憑性なんて言うのは極めて低いのです。考える必要がないレベルなのです。議事録がないからそれが正統という根拠は何もないですし、議事録がないというのは誰も責任をとらないということなのです。だから、正統として存在しないに等しいのです。ただ、結果責任は何年もかけて必ず追及されるでしょう。

「感染ピーク、緊急事態宣言の前だった 専門家会議が評価」(2020年5月29日 朝日新聞)

「安倍政権がコロナ『専門家会議』の議事録を残さないと明言!『37.5度以上4日以上』の相談目安に異論があったことも隠蔽か」(2020年5月30日 リテラ)

感染者がピークアウトしたのは、緊急事態宣言発令で人の接触機会が減ったからです。それ以外にはありません。
そして、明らかに緊急事態宣言発令前、検査体制と感染者への対応は、完全に破綻していたの日本の実態、日本政府の姿なのです。韓国と同等の十分な検査態勢を構築できなかったことで、万死に値します。無能で何もできないアベ政権は即刻責任をとって辞職せよというの本当のところでしょう。それが普通の国の常識だ。
(つづく)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/446964
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 276777
今日のアクセス: 64
昨日のアクセス: 218
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved