このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年01月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (938)
日本の政治 (861)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
03/05 00:00 キーワードは私物化 その2
03/04 20:50 やはりイギリスが言い始めた その4 
03/03 23:46 やはりイギリスが言い始めた その4 
03/02 02:01 山田真貴子氏問題の側面は2つ 
03/01 23:51 山田真貴子氏問題の側面は2つ 
02/28 23:44 とても素晴らしいメッセージ
02/27 02:34 当たり前のようにやりはじめたバイデン(ハリス)の戦争【イギリス・英連邦・バイデン〔ハリス〕の戦争】
02/26 23:54 当たり前のようにやりはじめたバイデン(ハリス)の戦争【イギリス・英連邦・バイデン〔ハリス〕の戦争】
02/26 00:19 問題の核心は言論弾圧、民主主義の破壊 
02/25 23:48 問題の核心は言論弾圧、民主主義の破壊 
ブログ内検索

RSS
問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
[日本の政治]
2021年1月2日 23時0分の記事

いただいた年賀状を拝見すると、とにかく手書きのコメントに新型コロナウイルスへの不安の言葉が多いのに改めて驚かされます。このコメントを見ると本当に多くの方々がこの感染症・伝染病の早期の収束・終息を心から願っていることがよくわかります。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


それでは、果たして、日本政府や地方自治体はその国民の切望を真摯に受け止めて動いているのでしょうか? 言うまでもなく、動いてはいないのははっきりとしています。なぜなら、毎日発表される新規確認感染者数は、ほぼ毎日新記録を更新し続けているからです。そして、この状態に対して政府が何かをやっているかと言えば、何もやっていません。だから、ほぼ毎日新記録を更新し続けるわけです。物事は実にシンプルなのです。
新型コロナウイルスなどの感染症・伝染病というのは、ねずみ算式・幾何級数的に感染者が増えていくものです。だから早め早めに対処するのが基本であるのは当然のことであり、それが最も犠牲者を少なくさせます。しかし、日本政府はそうしているかと言えば、いつまでも感染収束策にならないGOTOキャンペーンを延々とやり続けていたというありさまです。これで、感染者や犠牲者が増えない方がおかしいと言えるものです。
先日、立憲民主党の羽田雄一郎議員が新型コロナウイルスの犠牲者となりました。羽田議員は私と同年代なので、私の周りでは結構、衝撃的な出来事として受け止められています。しかし、新型コロナウイルスの犠牲者は羽田議員だけではありません。今や毎日毎日、40名、50名の方が亡くなっています。毎日、新規確認感染者や重症者数が報じられますが、実はもっとも大事な数字はこの犠牲者数なのです。政治の場面で考えれば、この数は最大の人権侵害になるのです。この数字をいかに低く抑えるか、それが問われているのです。そのためには新規感染者を減らし、重症者数を減らすと考えなくてはならないわけです。
しかし、この犠牲者数がまったくテレビのニュースで報じられないのは非常に問題ですし、このような報道姿勢は、ある種、作為的とすら考えます。だからこそ、人々の行動に感染防止の方向性が希薄になるのです。それに『新しい生活様式』などといまだにテレビでは言っていますが、『感染防止の生活』とはっきりと明確なメッセージを送らない限り、人々の行動は変わりませんし、混乱するだけでしょう。そう言う意味で、現状の感染拡大と毎日多くの方々が犠牲になっている原因は、明らかにテレビなどのマスメディアがつくり出していると考えます。
どうして、政府はそのことを指摘・指導しないのでしょうか? しかし、実相は、犠牲者数は報じない、『新しい生活様式』と言えと政府が言っているから、テレビなどのマスコミがそれにしたがっているということと考えます。もし、そうならこれは最大の政府による国民への裏切り、人権侵害です。ただ、いずれにせよ、テレビメディアはその大罪を免れないと考えます。
新型コロナウイルスによる犠牲者というのは、ウイルスが人から人へと伝染した結果です。その伝染の連鎖に無症状感染者がいても、その感染者は最終的に人の命を奪う要因となっているわけです。犠牲者を減らすには、その伝染を早期に止め、伝染の連鎖を切るしかないのです。

明らかな憲法違反
しかし、日本政府はそのことをまったくしていません。そして、これは明らかな憲法違反です。憲法25条には以下のように国は公衆衛生の向上及び増進に努めなければならないと明記されています。


第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


新型コロナウイルス感染症が日本に上陸した当初に感染拡大が生じてしまったことが、憲法25条に違反しているというのは酷な部分もあると考えます。もちろん、そう言うことも可能ですし、アベ政権下で不作為が多々あり、それは追求されるべきです。
しかし、緊急事態宣言をして感染を一端は収束させた後は、公衆衛生の向上及び増進に努めなくてはなりませんから、二度と感染拡大をさせていけないのです。夏の再拡大、そして現在の再々拡大とは、明らかに国が公衆衛生の向上及び増進に努めていないということなのです。国の明白な不作為、怠慢なのです。それか防疫政策の完全な失敗で、いずれにせよ、政権・日本政府の責任問題なのです。
それに中国のようにワクチン以外の方法で感染を抑え込んでいる国があるわけで、日本がそれをやらないというのは明らかに国民を裏切る不作為、憲法違反なのです。
憲法を無視する遵法精神に欠ける人々が経済を回せと感染拡大を推進していますが、これは明らかに政治的には大罪です。
そして、憲法前文には以下のようにあります。


そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。


現状のアベ・スガ政権は、明らかに民主主義の原則に反し、だからこそ国民誰もが望む新型コロナウイルス収束・終息と経済・社会活動の正常化という福利を国民が享受することができないのです。自民党政権は明らかに非民主的な非常に問題ある政権です。

「問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン◆廖複横娃横映1月3日)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/454020
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 331300
今日のアクセス: 215
昨日のアクセス: 417
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved