このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年01月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (938)
日本の政治 (861)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
03/05 00:00 キーワードは私物化 その2
03/04 20:50 やはりイギリスが言い始めた その4 
03/03 23:46 やはりイギリスが言い始めた その4 
03/02 02:01 山田真貴子氏問題の側面は2つ 
03/01 23:51 山田真貴子氏問題の側面は2つ 
02/28 23:44 とても素晴らしいメッセージ
02/27 02:34 当たり前のようにやりはじめたバイデン(ハリス)の戦争【イギリス・英連邦・バイデン〔ハリス〕の戦争】
02/26 23:54 当たり前のようにやりはじめたバイデン(ハリス)の戦争【イギリス・英連邦・バイデン〔ハリス〕の戦争】
02/26 00:19 問題の核心は言論弾圧、民主主義の破壊 
02/25 23:48 問題の核心は言論弾圧、民主主義の破壊 
ブログ内検索

RSS
問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
[日本の政治]
2021年1月3日 1時7分の記事

昨日の本ブログ「問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン 廖複横娃横映1月2日)の続きです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


アスリートファーストではない、国民不在の非民主的な大会
以下の記事では、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗氏が、東京オリンピック開催について発言しています。同氏は今年の7月の開催は中止にできない、しかし延期もできないと語っています。記事を読んで、これではアスリートファーストではない、国民不在の非民主的な大会でしかないと心から思いました。

「コロナ後、世界中から振り返られるような五輪式典に」(2021年1月1日 日刊スポーツ)

新型コロナウイルス問題が解決していない中で、果たしてオリンピックをやろうとしているのだろうかと考えます。日本国民はそんなことは望んでいません。まず、何よりも新型コロナウイルス終息を望んでいます。しかし、日本政府は公衆衛生をまったくせずに、感染者は毎日うなぎ上りに増えているわけです。そして、終息の目途はどこにも存在していません。
それなら、現時点で今年7月のオリンピック開催を言うのは明らかに非現実的で非常識というものでしょう。そして、世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっているわけで、あと7ヶ月後に大会を開催するというスケジュールは明らかにアスリートファーストではありません。アスリートファーストではなく、なおかつ国民不在の非民主的な大会というのが、この森氏の発言を読んでの論理的な帰結なのです。
私も東京オリンピック開催はすべきであると考えています。幻となった1940年の東京オリンピックを開催をしていれば、恐らく翌年からはじまる日米開戦は避けることができたと考えます。その理由はこの1940年のオリンピック開催を返上させたのが軍部だからで、すでにその時点で日米開戦は当然、スケジュールにあったからです。軍事とはそういうものです。つまり、1941年に日米開戦をやることを決めていたので、軍部はオリンピック開催を返上させたと言うことです。
そして、現在もオリンピックという平和の祭典を中止させるということは同じ意味があると考えます。誰が中止にしようとしているか、この過去のことから考えると意外な答えになると考えます。
いずれにせよ、森氏やアベ氏というのは、オリンピックを中止にするほどスポイルしているのは間違いありません。それほど不祥事が多発しました。これももしかしたら、作為的なのかもしれません。

国民不在
この記事を読むと、観客の入場制限に関して指示をするのは日本政府ということがわかります。IOCではないのかと驚きましたが、基本的には国、都、組織委員会という枠組みで決めていて、その最も権限があるのは、この記事を読むと日本政府ということがよくわかります。
日本政府は国民の信託で成り立ち、その福利は国民が享受するという、国民のために存在するものです。それなら、国民のために2022年に延期するということも当然できるはずです。ただ、それが最後でしょうが。
実際、本ブログ「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(2020年12月31日)で取り上げた「森会長が語る舞台裏 『なぜ1年』問われ首相は断言した」(2020年4月1日 朝日新聞)では、森氏自身がそもそも2022年開催の可能性を言っているわけです。
しかし、上記の1月1日の森氏のインタビュー記事での森氏は、中止についてはできないと断言し、再延期については「できるはずがないじゃないですか」と恫喝ともいえる言い切りをしていますが、その理由は主権者である国民にまったく開示されてきていないのです。それでいて、新型コロナウイルスの感染収束の目途すらたっていないのに、今年に無理矢理ごり押しで大会を開催しようというのですから、その国民無視の専断ぶりは驚くほどのものです。まさに民主主義の原則に反します。オリンピック開催は民主主義を破壊するためのものなのかと言えるほどのものです。
実際、森氏には民意をくみ取る能力も、その意思もないのは、現役の国会議員時代から明らかで、だからこそ首相としてもまったく機能しなかったわけです。そのような人間がオリンピック開催の責任者でいて、あわせて軍国主義復古のアベ氏が一緒にやっていたのですから、それは専断的になり、オリンピック開催が民主主義を破壊するものになるのは当然でしょう。明らかに平和の祭典にこの二人は不適任なのです。はやく辞めさせるべきでしょう。

発想のレベルがあまり幼稚すぎる
そして、この記事を読むと考える人間のスケールが小ささ、発想・構想のスケールが小ささがよくわかります。型にははまっているが、思考がなく、独創性もないということを痛感します。今のつまらないテレビ番組と基本は同じと考えます。
この新型コロナウイルス発生後は、東京オリンピックを世界に向けてやるのではなく、『世界のオリンピックを東京でやる』、そういう発想転換をしないとダメですし、だからこそ日本と世界にとって意味があるものになるのです。東京オリンピックを世界に向けてやるというのは、おらが村の発想ですし、それはまったくもってクールジャパンの発想で、まさに田舎モノの発想なのです。おらが村が世界にわかってもらってウレピーと昇天してしまう自慰的なレベルなのです。このメンタリティがクールジャパンの本質で、だから田舎政党の自民党が旗を振ったわけです。でも、当然のごとく、まったく何のプラスにもならず、たんに税金だけが浪費されたわけです。
その同じ発想でやろうとしていることが、この記事の表題である「世界中から振り返られるような五輪式典に」というところにはっきりと表れています。要するに振り向いてほしいのです。ナルシシズム、バブルの発想、おらが村が世界にわかってもらってウレピーと昇天してしまう自慰性なのです。
そこには新型コロナウイルスで大変な想いをした人類に対する愛がないのです。ただただ自分の方に振り向いてほしいさもしさ、自分が愛されたい自己中、ただ、それだけなのです。そこには傷ついた世界を愛し、リードしようという発想が微塵もないのです。まったくこの発想の貧困さは、情けないばかりです。
傷ついた世界を愛し、世界をリードするという発想することが今の日本に求められているのです。それが責任ある大人の考えで、2020年にオリンピック開催となったことで、日本がその役割を与えられた天命なのです。それを日本が試されているのです。
しかし、まったくこの森氏の記事を読むとその発想の貧弱さに怒りをおぼえます。本当に発想が貧弱です。
新型コロナウイルス問題という人類史的な出来事が発生した後にやるオリンピックは人類史的なセレモニーなのです。それがどれだけの意味があり、どれだけ責任重大であるか理解しなくてはならないのです。人類を愛し、将来へのビジョンを日本が示し、その責任を日本が果たさなくてはならないのです。そう言う気概を一切感じさせないのが、この森氏の発言であり、日本政府の姿勢なのです。まさにバブルの残滓。バブル脳。名誉欲だけで地位についている森氏ははやく辞めさせるべきなのです。ろくでもない。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/454021
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 331292
今日のアクセス: 207
昨日のアクセス: 417
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved