このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
ウソで塗り固めた結果、ウソのない滅亡という現実に直面しているこの皮肉 その1
[日本の政治]
2022年10月10日 23時39分の記事

各分野のノーベル賞が発表されています。そして、ノーベル経済学賞には元FRB議長のバーナンキが選ばれたということが、報じられています。

・ 『ノーベル経済学賞に元FRB議長・バーナンキ氏ら3人 金融危機の仕組み解明 元中銀トップ、異例の受賞』(2022年10月10日 日本経済新聞)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


上記、日経の記事には、バーナンキの略歴が出ていますが、そこに『現在は米ブルッキングス研究所の特別フェロー』ということが載っています。そして、バーナンキの今回の受賞のポイントのすべはここにあると考えます。
丁度1年前、私のオンラインセミナーで、この『ブルッキングス研究所』について取り上げました。そのポイントは戦争と戦争経済です。もちろん、このことについては現状分析に必要だから取り上げたわけですが、そのことは今回のバーナンキのノーベル賞受賞のポイントと間違いなく重なります。
バーナンキがよく言っていた『ヘリコプターマネー(ヘリコプターからお札をばらまけばよい)』は、これまで再三指摘してきた『戦争経済と汚職(腐敗)』になることを徹底して抑止なければならないことです。無論、現在の日本、キシダ自民党政権の最大のポイントもここにあるのは、昨年から指摘している通りです。丁度1年前に出した以下の2つのブログ記事は現在でもまったくのポイントと考えますが、特に上の2021年11月9日のブログはやはり必見です。ここに『フランクリン・ルーズヴェルトのニューディール政策が戦争経済になったように、同じことが起るでしょう』というのは、現在において明らかなポイントなのです。

本ブログ『《日本の政治》 やはり岸田政権の言動はおかしい』(2021年11月9日)

本ブログ『《日本の政治》 国難の正体 アベ・スガ体制の継続に過ぎない』(2021年9月30日)


もちろん、このブルッキングス研究所は『フランクリン・ルーズベルト、ニューディール政策』に関係します。
そして、ブルッキングス研究所は、まさに戦争屋ネオコンの巣窟です。言うまでもなく、現在のロシア・ウクライナ情勢をつくり出しているのは、プーチン・ロシアではなく、このブルッキングス研究所と言い切ることができるほどものです。このブルッキングス研究所と戦争との関係は、設立当初からまったく変っていません。
そういうブルッキングス研究所のフェローが、『ヘリコプターマネー』のバーナンキであるわけで、そこでは当然、戦争と戦争経済ということがポイントになります。無論、バーナンキの受賞はこれから西側の暴落や経済破綻ということが、当然のごとく織り込まれているというありきたりのポイントもあります。
そして、今の最大のポイントは、世界大戦と世界の破滅です。人類は明らかにCO2よりも、はるかに戦争による滅亡の危機に直面しています。西側がウソで塗り固めた結果、ウソのない滅亡という現実に直面しているという皮肉な状態になっているのです。まさしく、この状況を後押しするのが今回のノーベル経済学賞の選考と考えます。
今やノーベル賞自体が平和をつくり出すものにしっかりとなっているのか、世界の平和を乱すものになっているのか、そういうことを私たちはしっかりと評価する時期に来ています。単なるダイナマイト屋の賞というだけの話になるのか、ならないのかという状況であるのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/478127
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年10月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カテゴリ
全て (1330)
日本の政治 (1242)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
01/28 23:50 『終末時計』が『人類最後の日』まで最短となった意味を考える その3
01/27 23:50 『終末時計』が『人類最後の日』まで最短となった意味を考える その2
01/26 23:50 『終末時計』が『人類最後の日』まで最短となった意味を考える その1
01/25 23:50 与野党とも過去の歴史からまったく学んでいない
01/24 23:50 ブラジルとアルゼンチンの『共通通貨構想』が意味すること
01/23 23:50 やはり『最近の若い者は・・・』と言わなければダメ その2
01/22 23:50 やはり『最近の若い者は・・・』と言わなければダメ その1
01/21 00:26 早急にすべきは5類移行の発表はなく、犠牲者を減らし、ゼロにすることである キシダ政権は即刻退陣せよ その5
01/20 23:50 早急にすべきは5類移行の発表はなく、犠牲者を減らし、ゼロにすることである キシダ政権は即刻退陣せよ その4
01/19 23:50 早急にすべきは5類移行の発表はなく、犠牲者を減らし、ゼロにすることである キシダ政権は即刻退陣せよ その3
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved