このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天

必読の書です。

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2023年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (1360)
日本の政治 (1272)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
10/04 08:14 ジャニーズ問題は性加害者・被害者という当事者間の問題だけではなく、もはや社会問題でもある
09/26 19:39 キシダ政権の経済対策=戦略の転換が必要な時につらつら戦術を語っても意味はない
09/15 01:48 やはりキシダ政権はアンコンシャス・バイアス(無意識の思い込み)内閣
09/13 16:03 キシダ政権の改造内閣=アンコンシャス・バイアス内閣
09/10 22:40 ジャニーズ問題でポイントと考えられること その1
09/01 23:55 日本における福一からの排水問題の議論は原発推進派のためにあるのではないか?
08/28 09:18 中国の成長の40年と回収の20年
07/16 23:50 日韓の政治責任者が国民の災害被害を完全に無視してNATOやウクライナに拘泥する背景
07/10 23:33 キシダは明日から豪雨の被災地をくまなく視察し、対策せよ
06/14 23:57 新型コロナ第9波 尾身氏の指摘は大変に的確と考える
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
移民を増やすとさらなる人口減少を招く
[日本の政治]
2023年1月11日 23時50分の記事

宮城県知事の村井氏が『外国人をどんどん受け入れていくことも考えるタイミングだ』と移民労働者奨励を述べたと以下のように報じられています。この記事を読んで、ここまで政治家のレベルも落ちたかと心底呆れました。これでは結局、人口減少が加速されるだけであろうと考えます。私は排外主義ではなく、英米をはじめ多くの友人がいますし、これまでアジアや中東の方々とも交流してきましたし、これからはさらに中国、ロシアの人ともしっかりとじっくりと親密に交流すべきと考えています。

・ 『村井知事「外国人をどんどん受け入れていくことも考えるタイミングだ」少子化・人口減少対策で持論展開「技能実習生受け入れの本音は労働力不足を補うこと」』(2023年1月11日 TBS)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


村井氏は外国人の移民を入れて人口減少に対処するというのですが、外国人の『移民』には何か特別に強力な繁殖力でもあるのでしょうか?
日本で働くと言うことですから、それは当然、移民です。そういう方々を受け入れていけば、当然、人口は一時的には増えます。上記記事で村井氏は『ドイツも少子化が進展しているが、移民受け入れで人口は減少していない』といっているわけですが、そんなことは当たり前です。
でも、このドイツの事例を持ち出すのは、明らかに適当ではありません。問題は短期的な人口動態を考えるのではなく、長期的に考えなければならないからです。
現在の日本人の繁殖力、生殖能力に問題がないのであれば、少子化、人口減少は、政治・経済や社会的な価値観を含めた社会の構造的問題で、それは長期的な問題です。
そうなると、この長期的・構造的な問題を解決しないと、移民を入れて一時的に人口を増やしても、その移民もまた少子化ということになり、人口減少傾向は改善されないということになります。
そして、そうなると、再度、この村井氏の言うように人口減少だから外国から移民を入れろということになり、それを延々と繰り返すことになりまる。その結果、論理的には、今後、日本には日本人はいなくなるということになります。それが、この村井氏の言っていることです。
問題なのは、移民の有無ではなく、少子化、人口減少をしている社会の問題点にあるわけで、その根本問題である、長期的・構造的な問題に取り組み、改善しない限り、事態は改善しないわけです。
そして、その根本問題に率先して取り組まなければならないのが『政治家』であって、その政治家である村井氏が、何も根本問題に取り組み、改善させていないのに、移民ばかりを奨励しても、何の改善にもならないのです。話にならない。
村井氏はまさに典型的な日本の55年体制の政治家で、村井氏のように実行力と発想力が貧困なこれまで自民党政治で同じことが繰り返されてきたので、現状のような惨状になっているわけです。
この村井氏は本当にレベルが低い。ビックリするほどです。宮城県というのは一体どうなっているのかと正直思います。


○ 村井氏が意図することは別にあると考える
この村井氏の発言の真意は別にあるのではないかいと考えます。
上記記事によると村井氏は『技能実習生受け入れの本音は労働力不足を補うこと』と述べています。この言葉に村井氏の真意があるものと考えます。
村井氏の発言は、少子化、人口減少にあるのではなく、『労働力不足』に力点があるように記事を観て考えます。
では『労働力不足』とは何か? それは、『賃金高騰』なのです。労働力不足回避を言っていると言うことは、賃金高騰回避をいっているに過ぎないのです。
外国人労働者、それも村井知事が擁護する『技能実習生受け入れ』は、以下の記事のように長らく奴隷労働と言うことが言われてきました。それは何を意味するかと言うこと、外国人労働者の受け入れによって、その外国人の奴隷状態は改善されずに、さらに日本人の賃金が引き下げられると言うことなのです。要するに日本人労働者の低賃金のアンカー(碇)が外国人労働者ということです。そういう非正規労働者の職場は沢山あるのではないでしょうか?

・ 『<社説>技能実習制度 「奴隷労働」は止めねば』(2022年8月19日 東京新聞)

・ 『世界が「奴隷労働」とみる技能実習制度の虚構 「移民大国」日本・私の提言ァ戞複横娃横闇12月8日 朝日新聞)


それは企業などの儲け主義の故なのですが、そういう状況に直面した日本の労働者は、必然、結婚、出産にいたる経済力を身につけられないわけです。無論、それは移民してきた外国人も同じ。これが、日本の少子化、人口減少の最大の問題なのです。むろん、これがデフレの最大ともいえる要因です。
少子化対策のために、結婚、出産してから子育てに援助するのは結構ですが、そこまで行き着くことができるようにすることが何よりも肝要で、最初にやることです。
つまり、これまでの自民党政権のように、移民や非正規雇用を奨励してきたことが、必然的にその結果として少子化、人口減少になるわけです。今の少子化、人口減少は、自民党政治の結果にすぎないのです。
そして、村井氏がさらに外国人労働者を入れろと言えば、必然、現在の少子化、人口減少は構造的に促進されていくのです。日本人の賃金が上がらなければ、日本国民の経済的な苦境はさらに深まり、少子化、人口減少はさらに深まる。無論、日本に移民した外国人も結果として子孫を残すことはできません。まさに不毛の土地に日本がなっている。その根本原因が、自民党政治であり、まさしくこの村井氏のような政治家の存在と考えます。
無論、同時に社会性が希薄な企業中心社会の弊害も厳然としてあります。この社会性が希薄な日本の企業社会はSDGsとかいうことには一生懸命なのですが、少子化、人口減少という社会の根本についての問題への取り組みは非常に後ろ向きです。そもそも移民で解決しようとしているのですが、そこに日本を大事にしない社会性の希薄さがあるのです。こういうのは明らかに本末転倒な反社会性の表われです。
社会があっての経済であり、この根本を外せば、企業も社会も滅びるのです。日本の企業社会はそういうことへの責任感がまったく皆無です。昔の日本人の『商人道』が完全に失われています。


○ これからは日本からの移民という問題が浮上する
しかし、このように自民党政治によって衰退してきた日本は、今や新たな状況に直面しています。その状況とは、日本人労働者がこの低賃金地獄から抜け出すために、日本から脱出して移民を選択するということです。
要するにこれからは日本人が、日本からどんどん抜けていく。
しかし、自民党政権はアベ時代から賃金上げる、賃金上げると言いながら、まったく上げることはできていません。要するにそもそも賃金を上げるつもりはないのです。このことは本ブログで数え切れないほど何度も指摘して、批判してきました。実際に2012年12月のアベ政権発足直前にチャンネル桜で言っていますから、このように10年以上は言っています。
この10年余りを観れば、結論としてキシダ政権だろうがなんだろうが、自民党政権では賃金アップをやる気はないと断言します。どうしてそう言えるかと言えば、アベ時代から時の総理が賃金上げろといっても、具体的な行動は何もしていないからです。
キシダ軍拡増税内閣では、まさに大軍拡を決行し、それに関連した閣議決定をまさに民主主義の手続きを度外視して矢継ぎ早に行なっています。
本気ならこんな無謀なことをやる。しかし、これと同じことを賃金についてやるかと言えば、まったくやらないわけです。法整備もするつもりはない。だから、現状ではこれからも賃金は上がらないと断言できる。
そして、インフレ傾向の中で、国民の購買力は減り、さらに大増税です。必然、結婚、出産までいけない状況はさらに促進されます。
それなら、国力衰退が著しく、GDP世界3位からの転落も目前の日本から抜け出そうということになります。
そうなると根本的なポイントが浮上します。それは、このような日本にそもそも外国人が移民として来るのだろうかということです。国力を落とし、大増税時代、賃金は安く、円も相対的に安くなったときに、日本に魅力を感じると言うことの方が難しいと考えます。国債や増税という負担を移民が背負うことを選択するのかも疑問です。そういうことを知らないで移民をしてきても、知ったときにいずれ母国へ帰るでしょう。
そういうことで、移民には税免除などの優遇措置をしても、結局何の解決にもなりません。移民奨励業者が儲かるだけです。そして、それでは今度は日本人が日本を捨て海外に移民し始めます。
アメリカン・ドリームというのは、そもそもアメリカに移民を引き寄せるためにつくり出されたということが言われています。そういう観点から言えば、すでに日本には夢を見いだせなくなっているのです。何せ、当の日本人自身が夢を見いだせなくなって、結婚も、出産もできなくなっているのですから。それで、外国人の移民が来ると考える方が甘い。
そういう思考と認識の甘さが村井氏にはあるわけです。よくこの程度で知事をやっているなと正直驚きました。この村井氏は、ただ発言しているだけで、その内容は話にならないものと考えます。はっきり言って思考力がなく、日本のかつての栄光のステレオタイプで考え、本質的に新自由主義的な思考があると考えられるのが、この村井氏だと考えます。そして、そういう政治家が現在の日本をつくったのです。
そして、新自由主義はこれからは日本にトドメを刺します。



最終編集日時:2023年1月13日 0時41分

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/481089
アベ政治を忘れない

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!

必読の書
必見の作品
オリバー・ストーン監督の真実を世界に告げる二つの作品

◎ Ukraine on Fire


紹介記事とビデオへのリンク:『ウクライナ・オン・ファイア』(2016年)

◎ Revealing Ukraine 2019

紹介記事とビデオへのリンク(日本語字幕ビデオはすでに閲覧不可):『リビーリング・ウクライナ2019』

YouTube 英語字幕版



ウクライナ系米国人の武器商人について、実際の出来事に基づいて作られたこの映画を観ると、戦争の本質がわかります。現在、どれだけのフリーランスの武器商人が暗躍していることか。
必見の作品

実話に基づいて作られ、カンヌ国際映画祭で大絶賛、映画賞を総ナメにしたこの映画を観れば、北朝鮮のミサイルの意味、現在、東アジアで何が本当に起り、これから何が起るかがよくわかります。最低限の教養のための必見の映画です。

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

必見の作品

この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。

必読の書です。
必見の作品

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)



[この本の書評]
新しい時代はこの一冊から
国民新党の先生方のご著書
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


アクセス数
総アクセス数: 626396
今日のアクセス: 219
昨日のアクセス: 370
Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved